Culture shock
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

Culture shock

on

  • 819 views

Study guide for Unit 3: Culture Shock in Identity

Study guide for Unit 3: Culture Shock in Identity

Statistics

Views

Total Views
819
Views on SlideShare
819
Embed Views
0

Actions

Likes
0
Downloads
4
Comments
0

0 Embeds 0

No embeds

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Microsoft Word

Usage Rights

CC Attribution-NonCommercial-ShareAlike LicenseCC Attribution-NonCommercial-ShareAlike LicenseCC Attribution-NonCommercial-ShareAlike License

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

Culture shock Culture shock Document Transcript

  • Shibaura Institute of Technology Unit 3 – Culture Shock Study GuideUnit ObjectivesBy the end of this unit you will be able to: 1. Translate the following words and phrases:Culture shock =<→cultural shock> * experience one culture shock after another 次から次へとカルチャーショックに襲われる * suffer culture shock to move to other region 別の地域{ちいき}に引っ越しをしてカルチャー・ショックを受ける * The international student seems not to have so much culture shock. その留学生は、それほどカルチャーショックを受けていないようだ。 * case of culture shock カルチャーショックを受けた人 * get culture shock カルチャーショックを受ける * reverse culture shock 逆カルチャーショックKeep up with〜に遅れずについていく・ I cant keep up with all this homework. 遅れずにこのすべての宿題をすることはできない。・ It is difficult to keep up with growing end user demands. ますます増加するエンドユーザーの需要について行くのが難しい。・ I was keeping up with him. 私は彼と互角に渡り合った。/〔レースなどで〕私は彼のペースについていくことができた。Stand out【名・形】 <→standout>【句動-1】 突き出る、突出{とっしゅつ}する、〔血管{けっかん}などが〕浮き出る【句動-2】 目立つ{めだつ}・ I really stand out at work because of my loud voice. 私は声が大きいので、仕事場でとても目立ってしまう。【句動-3】 卓越{たくえつ}する、傑出{けっしゅつ}する、光彩{こうさい}を放つ、際立つ{きわだつ}、顕著{けんちょ}になる、頭角{とうかく}を現す・ Youre standing out like a beacon. かがり火のように光り輝く存在である。【句動-4】 あくまで頑張る{がんばる}、あくまで抵抗{ていこう}する【句動-5】 外側{そとがわ}に立つ、介入{かいにゅう}しない、岸から離れた針路{しんろ}を取る【句動-6】 自分{じぶん}の立場{たちば}をはっきり表明{ひょうめい}するFlexible【形】 〔考えなどが〕柔軟性{じゅうなんせい}のある、柔軟{じゅうなん}な、自由自在{じゆう じざい}な、順応性{じゅんのう せい}のある、適応性{てきおうせい}のある、柔順{じゅうじゅん}な・ He has a flexible mind. 彼は柔軟な精神の持ち主だ。・ How flexible are you? あなたはどれくらい融通が利きますか。・ Remain open, flexible, curious. 開放的で柔軟性を持ち、好奇心旺盛に。・ Cant you be more flexible? ちょっとは融通を利かせてくださいよ。/そんな固いこと言わないで。Adapt自動】 状況{じょうきょう}に合わせて変化{へんか}する、適応{てきおう}[順応{じゅんのう}]する◆improvise と違って、結果が出るまでにある程度の時間がかかる。◆【用法】adapt to + 名詞・ My wife couldnt adapt to the new neighborhood, so we moved away. 妻が新しい地域になじめなかったので、私たちは引っ越した。・ Children tend to adapt to new things more quickly than adults. 子供は新しい物事におとなよりも早く順応する傾向がある。【他動-1】 〜を適合{てきごう}させる、なじませる、合わせる、適応{てきおう}させ
  • る、順応{じゅんのう}させる【他動-2】 〜を改作{かいさく}する、脚色{きゃくしょく}する、編曲{へんきょく}する、翻案{ほんあん}する【レベル】4、【発音】эdaept、【@】アダプト、【変化】《動》adapts | adapting | adapted、【分節】a・daptPersonality Type性格特徴{せいかく とくちょう}、性格型{せいかくがた} 2. Discuss your own experience of culture shock 3. Discuss the culture shock experiences of other people.
  • Western Woman - Japanese Farmer Marriage Possible?Liz & KazuhiroHiragana Times http://www.hiraganatimes.com/hp/marriage/kiji-036e.htmlAfter TSURUTA Kazuhiro finished high school, he embarked on a young farmingtrainees program that took him to California to work on a farm - speaking English -for a year. On his return, he continued practicing his newfound language skills andentered the school where Liz, a New Zealander, was teaching. It was 1997. "Kazuhiroasked me out and at the time he was a student so I told him I couldnt date a student,"Liz recalls. "He quit the school and we started going out." They married in 2001 andnow live in Gunma prefecture. It is rare that a western woman marries a Japanesefarmer."Although we are farmers in Japan we dont live on the farm. In our case we have avariety of different land types, such as an enormous vegetable plot, several fields andbarns, and we breed some stock, for selling on to others," Liz explains about theirdaily life."In terms of our roles, basically Kazuhiro manages and works on the farm everysingle day of the year, he helps his mother with planting and harvesting the small ricecrop we have, and he also has two full-time staff who work on the farm with him. I donot work on the farm at all; initially I was employed full-time in the ESL teachingfield which was a better use of my skills, and now I am a full time mum to ourdaughter and soon to be second child."While many international couples face big issues with parents, this was not the casefor Liz and Kazuhiro. Since Kazuhiro is a farmer, he has much in common with Lizsfather who has considerable farming experience in New Zealand. "My fathers ideasare new and different to what is standard practice in Japan, so it gives Kazuhiro a newperspective and sometimes he can implement changes which incorporate some of ourtechniques." says Liz.One of the topics for the couple has been trips to New Zealand. "We have talkedextensively about the difficulty of balancing regular trips home with our financialsituation," Liz says. "Many people here seem to think that my going home to see myfamily is somehow a lucky holiday, and they tell me how envious we are. While Ilove the time in NZ, it is normal life for me there, not 5-star hotel with room service!Going to NZ is not a holiday but a necessity for my mental health and also a need Ihave to be with the people I love."As with most international couples, living together involves making some oftenuncomfortable compromises. "Although there are many wonderful things I love aboutliving in Japan, I am not in love with all things Japanese," Liz explains. "For example,I dont really like or eat Japanese food. The compromise for Kazuhiro is that at homewe dont eat traditional Japanese food, and there is no seafood cooked in our house,ever!"Kazuhiro comments about international relationships by saying, "It was a coincidencethat we, two people who have similar values, met each other and married. Sonationality and age have nothing to do with it.
  • 西洋人女性が日本の農家に嫁ぐ?リズさん&一弘さん鶴田一弘さんは高校卒業後、カリフォルニアの農場で働く若者向け農業研修プログラムに参加し、一年間英語で生活した。帰国後、英語をさらに勉強するために入った学校にニュージーランド人のリズさんが教えていた。1997 年のことだ。「一弘は私をデートに誘ってくれたけれど、彼は生徒だったので、生徒とはデートできないと言いました」と、リズさんは当時を思い浮かべる。「彼は学校をやめ、私たちは交際を始めました」。2001 年に二人は結婚し、群馬県に住む。西洋の女性が日本の農家に嫁ぐことは非常に珍しいことだ。「私たちは日本で農業をしていますが、農場に住んでいるわけではありません。私たちの場合、大きな菜園、いくつかの田んぼ、納屋などさまざまな土地を所有しています。また、家畜を養育し販売しています」。リズさんは日常生活を説明する。「私たちの役割は、一弘が一年間毎日農場で働き、管理します。また、田植えや稲刈りなどで母親の手伝いもします。彼には農場で働く二人のフルタイムの従業員がいます。私は農場では全く働きません。私の技能を活かし英語の先生として毎日働いていましたが、今は娘のフルタイムの母親で、もうすぐ二人目が産まれます」。国際カップルの多くは、両親、特に父親との関係が一番の問題であるが、リズさんと一弘さんの場合は違う。一弘さんが農業をしているので、ニュージーランドで農業経験のあるリズさんの父親とは共通の話題が多い。「私の父親の考え方は新しく、日本で一般的に行われている基準とは違います。一弘に新しい考え方を教え、ニュージーランドの技術と合体させることもあります」とリズさん。カップルにとっての話題の一つは、ニュージーランドへの旅行だ。「経済的なこともあり、定期的に帰国することの難しさについて、私たちはよく話し合います。日本の人は私が自分の家族に会いに行く事を、楽しい旅行に行くように思って、うらやましいと言います。ニュージーランドでのひとときは大好きですが、そこでの生活が私にとって普通のことなのです。ルームサービス付の五つ星ホテルに泊まるわけではありません。旅行ではなく、私にとっては精神安定上大切なことです。愛する人たちに会うことは必要なことなのです」とリズさん。ほとんどの国際カップルと同じように、一緒に生活するとなるとしばしば妥協を伴う。「日本に住んでみてすばらしいことはたくさんありますが、日本のすべてが好きというわけではありません。例えば、私は日本食が嫌いで食べません。一弘が妥協したことは、家では伝統的な日本食は食べないということで、我が家では魚料理を作ることは決してありません」と、リズさんは説明する。一弘さんは、国際結婚についてこう語る。「私たちはたまたま価値観が似ている同士が知り合い、結婚しただけで国籍、年齢は関係ありません。むしろ相手の知らない部分が多いほど楽しめると思います。閉鎖的な社会の日本で、私の孫やひ孫の時代にうちの爺さんはすごかった! と言われたいと願っています」。