Your SlideShare is downloading. ×
Devsumi2013 15-C-1 実践!スマホアプリのマネタイズ!! ~マーケット把握術と iPhone&Androidプログラミングテクニック~
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

Devsumi2013 15-C-1 実践!スマホアプリのマネタイズ!! ~マーケット把握術と iPhone&Androidプログラミングテクニック~

9,386

Published on

実践!スマホアプリのマネタイズ!! …

実践!スマホアプリのマネタイズ!!
~マーケット把握術と
iPhone&Androidプログラミングテクニック~

0 Comments
42 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
9,386
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
7
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
42
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. DevelopersSummit 実践!スマホアプリのマネタイズ!! ~マーケット把握術と iPhone&Androidプログラミングテクニック~ 株式会社メタップス代表取締役CEO 佐藤航陽 パナソニックAVCマルチメディアソフト株式会社 加藤勝也 瀬戸健二15-C-1 パナソニックAVCマルチメディアソフト株式会社 パナソニックAVCマルチメディアソフト株式会社 日高正博#devsumiC Developers Summit 2013 Action !
  • 2. DevelopersSummit 登壇者紹介佐藤 航陽 加藤 勝也@metaps_sato @kacchi0516スマートフォンの iOSプログラミング未来を創る のスペシャリスト瀬戸 健二 日高 正博@rongon_xp @mhidaka課金システムの Android大百科地雷を知り尽くす 野生の羊 Developers Summit 2013 Action !
  • 3. DevelopersSummit I suggest your Next Action! Developers Summit 2013 Action !
  • 4. Developers Summit Action!MY RECOMMEND NEXT ACTION! モバイルアプリの可能性を感じてください デブサミで受けた刺激、アイデアをかたちに。 千里の道も… 最初の一歩を一緒に踏み出して見ませんか? Developers Summit 2013 Action !
  • 5. DevelopersSummit アプリのマネタイズ 個人ディベロッパーがアプリで稼ぐための収益化 戦略15-C-1 佐藤 航陽#devsumiC 株式会社メタップス 代表取締役CEO
  • 6. Developers Summit 自己紹介佐藤航陽Katsuaki Sato株式会社メタップス代表取締役CEO1986年 福島生まれ東京・US・シンガポール・香港で活動サービス導入アプリは累計5,000万DL以上http://www.metaps.com/
  • 7. DevelopersSummit アプリ市場のトレンド売上トップ25位以内に占めるフリーミアムの割合 100% 96%
  • 8. Developers Summit アプリはどれぐらい儲かるの? Google Play AppStore売上1~5位 1億円~ 2億円~売上6~10位 6,000万円 1億円売上11~20位 3,000万円 6,000万円売上20~30位 2,000万円 3,000万円
  • 9. DevelopersSummit 最も典型的な成功例 CPI広告 CPC広告
  • 10. Developers Summit 法人アプリが主流へ• 売上ランキング100位以内の95%が法人• トップディベロッパーは初月に1,000万円以上 のプロモーション予算を投下している 個人開発者は不利?
  • 11. Developers Summit 個人ディベロッパーの狙い目• Google Playはまだまだ個人でも通用する• 小型ディベロッパーが大ヒットを飛ばしている3 4 1
  • 12. Developers Summit Google Playの特徴• AppStoreのように広告と順位は比例しない• 面白いアプリはノンプロモでDLが集まる AppStore Google Play クオリティ重視 自由放任主義 順位変動が激しい 順位変動が少ない 人の目で判断 アルゴリズムで判断
  • 13. DevelopersSummit お金をかけずにDLを稼ぐ方法 ランキングの把握 ソーシャルメディアの活用 ASO(アプリストア最適化)
  • 14. DevelopersSummit Google Play ランキングロジック インストール数 アンインストール数 アプリの起動 評価 【★の数】 アンインストされなければDLが少なくとも上位は狙える
  • 15. Developers Summit Androidはリリース30日が勝負• 30日間だけ掲載される「人気の新着」を活用 人気の新着 30日目 人気の新着(非表示) 人気 人気 売上トップ 売上トップ
  • 16. DevelopersSummitGoogle Play 新着から流入数開始7日間の獲得件数 人気の新着(無料) デイリーの自然流入数 50,000件 10位以内 3,000~5,000件 30,000件 10位~19位 2,000~3,000件 20,000件 20位~29位 1,000~2,000件 15,000件 30位~39位 500~1,000件
  • 17. Developers Summit ソーシャルメディアへのポスト• ゲームクリア時、アプリ起動時、スプラッシュ• 人の招待をうまく活用する Email facebook twitter mixi GREE LINE KAKAO日本 45% 4% 6% 3% 7% 36% 0%韓国 22% 5% 4% 0% 0% 0% 69%
  • 18. DevelopersSummit Bokete(ボケテ)の例 • 広告投下なしで10万DL 以上(Android版) • Twitterで面白い画像を ユーザが投稿して紹介 • 常に口コミがアプリ外で起 こり続ける
  • 19. Developers Summit レビュー媒体• 大小50以上の媒体が存在する• 紹介してくれるかどうかはネタ次第
  • 20. Developers Summit ASO(アプリストア最適化)• キーワードによっては1日数百件程度の流入• タイトル・ディスクリプションにワードを設定• アイコン・スプラッシュなどデザイン面 キーワード アイコン スクリーン
  • 21. DevelopersSummit ユーザは何を検索するか? 時事ネタ・人物名・欲望系・アプリ名 アドバイスツーツでボリュームを判断 複合ワードはサジェストで判断できる
  • 22. DevelopersSummit アイコンは命 色 枠 線 細かさ 文字 光沢
  • 23. DevelopersSummit AppAnnieをフル活用 http://www.appannie.com • 競合調査 • アイコントレンド • 順位の把握 • 売上の把握
  • 24. DevelopersSummit Thank you!!
  • 25. DevelopersSummit iPhone(iOS)のアプリ内課金 実践!スマホアプリのマネタイズ!! ~マーケット把握術とiPhone&Androidプログラミングテク ニック15-C-1 加藤 勝也 パナソニックAVCマルチメディアソフト(株) Developers Summit 2013 Action !
  • 26. Developers Summit 自己紹介• パナソニックAVCマルチメディアソフト(株)• 業務でもプライベートでもスマートフォンアプリの 開発してます – でも元(?)組込み屋なのでハードも少々嗜む• Twitter @kacchi0516• 個人サイト http://www.crossbridge.biz/ Developers Summit 2013 Action ! 2
  • 27. DevelopersSummit 何を販売できる? Developers Summit 2013 Action ! 3
  • 28. Developers Summit 販売できるプロダクト• コンテンツ(Content) – 電子書籍、雑誌、写真など有形のもの、 ゲム中のキャラクターやアイテムなど ー• 機能プロダクト(Functionality Product) – 事前に組込んでいた機能を購入することによって 解除して提供する Developers Summit 2013 Action ! 4
  • 29. Developers Summit 販売できるプロダクト• サービス(Service) – 音声のテキスト化や翻訳など一度限りのサービ スをユーザーに提供する• 定期購読(Subscription) – コンテンツやサービスを継続的に利用できるよう にする Developers Summit 2013 Action ! 5
  • 30. DevelopersSummit 販売できないプロダクト• 実物の商品やサービス – アプリケーションの中で提供できるものは 電子商品または電子サービスに限定• ポルノ、誹謗、中傷、ギャンブルに関するもの – 当然と言えば当然・・・ Developers Summit 2013 Action ! 6
  • 31. DevelopersSummit Appleの審査• 販売するプロダクトにもアプリ同様に Appleの審査が行われる つまりリジェクトされる可能もある Developers Summit 2013 Action ! 7
  • 32. DevelopersSummit どんなものがリジェクトされる?• カメラやジャイロセンサなどのiOSが提供する 基本的な機能に対して課金• 現実世界でも利用できるアプリ内の通貨 Developers Summit 2013 Action ! 8
  • 33. DevelopersSummit どんな販売形式がある? Developers Summit 2013 Action ! 9
  • 34. Developers Summit プロダクトの販売形式• Consumable(消費型)タイプ• Non-consumable(非消費型)タイプ• Auto-renewable subscriptions (自動更新購読)タイプ• Free Subscription(無料購読)タイプ• Non-renewing Subscription (非更新購読)タイプ Developers Summit 2013 Action ! 10
  • 35. DevelopersSummit Consumable(消費型)タイプ• 名前の通り消費するプロダクト – ユーザが何度でも購入できる – 回復アイテムとかゲーム中の通貨とか – ユーザがついつい課金してしまう ゲームバランスが大事?! • にゃ○こ大戦争のネコカンとか・・・ Developers Summit 2013 Action ! 11
  • 36. DevelopersSummit Non-consumable(非消費型)タイプ• ユーザが一度だけ購入できる (消費されない)• 広告の削除とか機能制限の解除とか – アプリ自体は無料(広告付き)、アプリ内課金で 広告を削除する• リストア機能がある – 再インストール時や他の端末に インストールしたとき Developers Summit 2013 Action ! 12
  • 37. DevelopersSummit Auto-renewable subscriptions (自動更新購読)タイプ• 一定期間有効なプロダクト – 期間が終了すると自動的に更新 – 期間は、1 週間・1 ヶ月・2 ヶ月・3 ヶ月・ 6 ヶ 月・1 年• 雑誌とか新聞の定期購読 Developers Summit 2013 Action ! 13
  • 38. DevelopersSummit で、実装は? Developers Summit 2013 Action ! 14
  • 39. DevelopersSummit StoreKitフレームワーク• 基本的にStoreKitを通して(使って) AppStoreとやりとりを行う Developers Summit 2013 Action ! 15
  • 40. Developers Summit 最もシンプルな購入の流れ アプリ内課金が アプリケーション StoreKitフレームワーク AppStore利用できるかチェックプロダクト情報は問い合わせること Developers Summit 2013 Action ! 16
  • 41. DevelopersSummit 突然のリジェクト Developers Summit 2013 Action ! 17
  • 42. Developers Non-Consumable(非消費型)タイプにはSummit リストア機能が必須 リストア機能が実装されていないと
リ ジェクト対象• リストアが簡単にできる機能があるが開発者 が実装する必要!• リストアのためのボタンを設ける Developers Summit 2013 Action ! 18
  • 43. DevelopersSummit その他、注意点とか Developers Summit 2013 Action ! 19
  • 44. DevelopersSummit アプリ内課金の脆弱性 アプリ内課金のコンテンツを 無料で入手できてしまう Appleのサーバとのやり取りを、
別サーバに アクセスさせ改ざんしてしまう iOS5の時に問題になってAppleがiOS6で対策 開発者は独自サーバ経由で問い合わせるか 下記の対応をhttps://developer.apple.com/library/ios/#releasenotes/StoreKit/IAP_ReceiptValidati on/index.html Developers Summit 2013 Action ! 20
  • 45. DevelopersSummit テストするポイント• Non-Consumable(非消費型)プロダクトが 正しくリストアできるか• 意図せず複数個購入してしまわないか – ボタンを連打してしまっても大丈夫なように• 購入処理中にネットワークが切断されても 正しく処理が復旧するか etc... Developers Summit 2013 Action ! 21
  • 46. DevelopersSummit 最後に ぜひ、皆さんのアプリに アプリ内課金の導入を Developers Summit 2013 Action ! 22
  • 47. DevelopersSummit Androidのアプリ内課金   In-app Billing of Android15-C-1 瀬戸 健二 パナソニックAVCマルチメディアソフト(株) Developers Summit 2013 Action !
  • 48. DevelopersSummit 自己紹介 Developers Summit 2013 Action !
  • 49. Developers Summit 自己紹介 •  瀬戸 健二(28)   –  パナソニックAVCマルチメディアソフト(株)   –  航空機エンターテイメントシステム開発、   モバイルアプリ開発   –  Android、Linux、マイコンなどが得意   –  元TechBoosterメンバー   –  Twi9er   •  @rongon_xp   Developers Summit 2013 Action !
  • 50. DevelopersSummit Androidのアプリ内課金 Developers Summit 2013 Action !
  • 51. Developers Summit 本日のテーマ •  アプリ内課金プログラミング完全ガイドでは   In-­‐app  Billing(IAB)  v2について解説  •  発売直後にIABv3が発表・・・。  •  今日はIABv3について   お話させて頂きます   Developers Summit 2013 Action !
  • 52. Developers IABv3特徴 Summit •  実装がとても簡単に。   –  v2では100行以上、v3では50行程度に。  •  非同期処理の排除とローカルキャッシング   –  高速なAPI実行が可能に。   –  セキュリティ向上  •  購入情報の管理  •  アイテム情報の参照   Developers Summit 2013 Action !
  • 53. Developers Androidアプリ内課金  -­‐  概要Summit •  Playストアサーバ上に存在する購入情報を更新する  •  アプリからはPlayストアアプリを介してPlayストアサ ーバにアクセスする   購入情報 Developers Summit 2013 Action !
  • 54. Developers IABv2の購入シーケンスSummit Developers Summit 2013 Action !
  • 55. Developers IABv2のアプリ構成 Summit•  課金リクエストを送信するためのサービス  •  非同期メッセージを受け取るためのブロードキャストレシーバ  •  アプリケーションに通知するためのレスポンスハンドラと   オブザーバ Developers Summit 2013 Action !
  • 56. Developers IABv3の購入シーケンスSummit getBuyIntent() Bundle (RESPONSE_CODE, BUY_INTENT) Play   Your   Store   App startIntentSenderForResult() App IAB API Bundle (RESPONSE_CODE, INAPP_PURCHASE_DATA, 同期レスポンス INAPP_SIGNATURE) Developers Summit 2013 Action !
  • 57. Developers IABv3のアプリ構成Summit •  同期処理になったため、アプリ構成がシン プルになった Playストアアプリ アプリ本体 InAppBilling   bind Service セキュリティ Developers Summit 2013 Action !
  • 58. DevelopersSummit アイテムの購入 Developers Summit 2013 Action !
  • 59. Developers Summit アイテムの購入(1) •  IInAppBillingService.getBuyIntent()で購入画面を 起動  //  購入画面を起動するためのインテントを取得  Bundle  buyIntentBundle  =  mService.getBuyIntent(3,  getPackageName(),        sku,  "inapp",  "bGoa+V7g/yqDXvKRqq+JTFn4uQZbPiQJo4pf9RzJ");    PendingIntent  pendingIntent  =  buyIntentBundle.getParcelable("BUY_INTENT");    //  インテントを使って購入画面を起動する  startIntentSenderForResult(pendingIntent.getIntentSender(),        1001,  new  Intent(),  Integer.valueOf(0),  Integer.valueOf(0),        Integer.valueOf(0));   Developers Summit 2013 Action !  
  • 60. Developers Summit アイテムの購入(2) •  購入結果はonAchvityResult()に返される @Override  protected  void  onAchvityResult(int  requestCode,  int  resultCode,  Intent  data)  {          if  (requestCode  ==  mRequestCode)  {                                    int  responseCode  =  data.getIntExtra("RESPONSE_CODE",  0);              String  purchaseData  =  data.getStringExtra("INAPP_PURCHASE_DATA");              String  dataSignature  =  data.getStringExtra("INAPP_DATA_SIGNATURE");                                if  (resultCode  ==  RESULT_OK)  {                  //  購入処理              }        }  } Developers Summit 2013 Action !
  • 61. DevelopersSummit アイテムの消費 Developers Summit 2013 Action !
  • 62. DevelopersSummit アイテムの消費(1) •  IABv3ではすべての購入情報がPlayストア サーバで管理  •  消費しないと再購入できない –  消費型 :  購入が完了したら消費処理を実施   –  非消費型 :  購入が完了しても消費処理をしない   Developers Summit 2013 Action !
  • 63. Developers Summit アイテムの消費(2) •  消費型アイテムの場合はconsumePurchaseを実 行することで再購入できるようにする   •  INAPP_PURCHASE_DATAに含まれている purchaseTokenを指定する int  response  =          mService.consumePurchase(3,  getPackageName(),  purchaseToken); Developers Summit 2013 Action !
  • 64. DevelopersSummit トラブルシューティング Developers Summit 2013 Action !
  • 65. DevelopersSummit うまく動かないとき(1) •  テストアカウントを設定していない   –  Androidデバイスのプライマリアカウントに設定  •  公開鍵をアプリに設定していない   –  Developer  Consoleで取得可能  •  Playストアにアプリ/課金アイテムを登録し た直後   –  反映されるのに数時間〜数日かかることがある   Developers Summit 2013 Action !
  • 66. Developers Summit うまく動かないとき(2) •  アプリの署名が不正   –  Playストアに登録している署名と一致している 必要がある  •  アプリの公開設定   –  公開設定にすると動作する場合も・・・。 Developers Summit 2013 Action !
  • 67. DevelopersSummit どちらを使えばいいのか? •  v3は定期購読未サポート   –  アプリ内課金アイテムのみであればv3でok  •  簡単に実装したいのであればv3   Developers Summit 2013 Action !
  • 68. DevelopersSummit•  ご清聴ありがとうございました Developers Summit 2013 Action !
  • 69. DevelopersSummit 参考資料 Developers Summit 2013 Action !
  • 70. Developers Summit アイテムの販売形式 •  消耗型   –  ゲーム上のお金、ポーションなど使用すると消耗してしまうもの  •  非消耗型   –  アプリ上の機能制限のアンロックなど、購入することで永続的に効 果が持続されるもの  •  購読型   –  定期的な課金によって効果が持続されるもの Developers Summit 2013 Action !
  • 71. Developers IABv3  Sample  AppSummit Developers Summit 2013 Action !
  • 72. Developers IABv3  Sample  App Summit •  サンプルアプリケーションをダウンロード   –  Extras  -­‐>  Google  Play  Billing  Library  •  Eclipseにインポート  •  サンプルアプリを修正   –  パッケージ名を変更   –  公開鍵を設定  •  アプリをPlayストアにアップロード  •  アップロードしたapkをadb  install Developers Summit 2013 Action !
  • 73. Developers INAPP_PURCHASE_DATA Summit •  Playストアより得られる購入情報 02-­‐11  10:27:39.908:  D/IabHelper(7688):  Extras:Bundle[{INAPP_PURCHASE_DATA={  "orderId":"12999763169054705758.1368594429841055",  "packageName":"org.dyndns.ideon.trivialdrivesample",  "productId":"gas",  "purchaseTime":1360578449000,"purchaseState":0,  "purchaseToken":"w…,  RESPONSE_CODE=0}] Developers Summit 2013 Action !
  • 74. DevelopersSummit 購入シーケンス(IABv2) Developers Summit 2013 Action !
  • 75. DevelopersSummit 購入シーケンス(IABv3) 購入情報 購入情報 IABv3では不要 Developers Summit 2013 Action !
  • 76. DevelopersSummit アイテム情報の参照(1) •  購入可能なアイテム情報を取得可能   –  セール価格など簡単に実現 getSkuDetails() Bundle Play   Your   (RESPONSE_CODE, DETAILS_LIST) Store   App App Developers Summit 2013 Action !
  • 77. Developers Summit アイテム情報の参照(2) •  getSkuDetails()でアイテム情報を参照 //  サービスIDのリストを作成  ArrayList  skuList  =  new  ArrayList();  skuList.add("premiumUpgrade");  skuList.add("gas");  Bundle  querySkus  =  new  Bundle();  querySkus.putStringArrayList(“ITEM_ID_LIST”,  skuList);    //  アイテム情報を取得  Bundle  skuDetails  =  mService.getSkuDetails(3,  getPackageName(),  “inapp”,  querySkus); Developers Summit 2013 Action !
  • 78. Developers Summit アイテム情報の参照(3) •  アイテムの価格を取得する int  response  =  skuDetails.getInt("RESPONSE_CODE");  if  (response  ==  0)  {        ArrayList  responseList                =  skuDetails.getStringArrayList("DETAILS_LIST");                for  (String  thisResponse  :  responseList)  {              JSONObject  object  =  new  JSONObject(thisResponse);              String  sku  =  object.getString("productId");              String  price  =  object.getString("price");              if  (sku.equals(“premiumUpgrade”))  mPremiumUpgradePrice  =  price;              else  if  (sku.equals(“gas”))  mGasPrice  =  price;        }  } Developers Summit 2013 Action !
  • 79. DevelopersSummit アイテムの消費(1) •  消費しないと再購入できない –  消費型 :  購入が完了したら消費処理を実施   –  非消費型 :  購入が完了しても消費処理をしない getPurchase() Bundle (INAPP_PURCHASE_ITEM_LIST, etc) Play   Your   consumePurchase() Store   App App SUCCESS/FAILURE Developers Summit 2013 Action !
  • 80. Developers Summit Playストアからの非同期レスポンス(IABv2) •  com.android.vending.billing.RESPONSE_CODE   –  レスポンス  •  com.android.vending.billing.IN_APP_NOTIFY   –  Playストアサーバ上にある購入情報が更新されたことを示す  •  com.android.vending.billing.PURCHASE_STATE_CHANGED   –  1つ以上のトランザクション情報 Developers Summit 2013 Action !
  • 81. DevelopersSummit It’s your turn. ご清聴ありがとうございました Developers Summit 2013 Action !
  • 82. Developers Summit 書籍紹介RECOMMEND BOOK• iPhone&Androidアプリ内課金プロ グラミング完全ガイド• http://www.seshop.com/product/ detail/14945/• http://www.amazon.co.jp/dp/4798 128279 Developers Summit 2013 Action !

×