Your SlideShare is downloading. ×
3Dプリンタを使おう - 20131110
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×

Introducing the official SlideShare app

Stunning, full-screen experience for iPhone and Android

Text the download link to your phone

Standard text messaging rates apply

3Dプリンタを使おう - 20131110

583
views

Published on

年初めに公開したスライドを某ワークショップ用に手直ししたもの …

年初めに公開したスライドを某ワークショップ用に手直ししたもの

Published in: Education

0 Comments
3 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
583
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
3
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. 3Dプリンタを使おう @mgwsuzuki 2013/11/10 2013/11/9 @mgwsuzuki 1
  • 2. 3Dプリンタ概観 材料(フィラメント) フィラメントを溶かして描画する extruder プラットフォーム 110℃程度になるので注意!! • これ以外にも製造方式がある • 以下、The Replicatorの使い方を説明する 2013/11/9 @mgwsuzuki 2
  • 3. どうやって製造してるの? • 直径0.4mmの糸を積層するイメージ • 土台が無ければ積層できない!! – サポートの自動挿入で対応はできる • 約0.1mm以下の積層はできない!! – これがデザイン上の制約 – ただしXY平面の解像度は高い 2013/11/9 @mgwsuzuki 3
  • 4. ツールと役割 • CAD – Computer Aided Design – 作りたいもののデザインを支援する – (原則として)製造方法は考えない • CAM – – – – 2013/11/9 Computer Aided Manufacturing 製造するための方法を支援する 機械をどのように動かせば製造できるか Toolpath (機械を動かすパス)を考えてくれる @mgwsuzuki 4
  • 5. ソフトウェアとファイルのつながり 3D CAD ツール例: SketchUp STL ファイル 3Dの形状のデザインデータ CAM Gコード ファイル 3Dプリンタ ツール例: Makerware ツールを動かす手順ファイル ex: ヘッダの位置、吐出制御 オブジェクトの出力 • Toolchainとか言われる 2013/11/9 @mgwsuzuki 5
  • 6. 3D CAD • 少し前なら数十万円する高価なソフトウェア • 最近は無償アプリが出てきた – SketchUp – DesignSpark Mechanical(要ID登録) – Autodesk 123D Design(要ID登録) • STLファイルが出力できればよい 2013/11/9 @mgwsuzuki 6
  • 7. SketchUp • • • • 動作快適でわかりやすい プラグイン拡張可能 http://www.sketchup.com/intl/ja/index.html STL出力は要プラグイン 2013/11/9 @mgwsuzuki 7
  • 8. CAM • Makerware (MakerBot社専用) • STLファイルを読み込んでツールパスを作る • モデルの操作は最小限 - 移動、回転、反転、スケール 2013/11/9 @mgwsuzuki 8
  • 9. 出力 • Buildボタンを押したら後は待つだけ • プラットフォームは100℃以上なので注意 2013/11/9 @mgwsuzuki 9
  • 10. SketchUp 最初の一歩 • SketchUpの準備 • オブジェクトを作る • STLを出力する • このスライドを作るために作ったファイル – https://github.com/mgwsuzuki/memo_stand 2013/11/9 @mgwsuzuki 10
  • 11. SketchUpの準備 • SketchUp 8(Proではない)をダウンロード – http://www.sketchup.com/intl/ja/download/ • STLを出力するためのプラグイン – http://rhin.crai.archi.fr/rld/plugin_details.php?id=429 – su2stl.rbsを以下のディレクトリへ – C:¥program files¥google¥google sketchup X[バージョン]¥plugins – Macなら以下のディレクトリへ – Users/ユーザー名/Library/Application Support/Google SketchUp X[バージョン]/SketchUp/Plugins • Pluginsは多数あるのでお好みで – http://www.sketchup.com/download/plugins.html – http://www.sketchup.com/intl/en/download/rubyscripts.html 2013/11/9 @mgwsuzuki 11
  • 12. 単位とtemplete • • • 実際にモノを作るので、具体的なサイズを意識する必要がある 小型の3Dプリンタなので、お勧めの単位はミリメートル 起動直後のtempleteで”Product Design and Woodworking – Millimeters”を選択す る 2013/11/9 @mgwsuzuki 12
  • 13. 軸と平面 Large Tool Set View->toolbers-> Large Tool Set Z軸: 青 Y軸: 緑 XY平面 X軸: 赤 • XY平面は3Dプリンタのプラットフォームに対応する平面 • XY平面に図形を書いてpush/pullでZ軸の高さを指定する 2013/11/9 @mgwsuzuki 13
  • 14. 四角形を作る • “rectangle”でXY平面に四角を書く • “push/pull”で四角を上にドラッグする • 横方向にも引き出すことができる 2013/11/9 @mgwsuzuki 14
  • 15. 視点の移動 • 左のアイコンが回転、右のアイコンが移動 • マウスのホイルボタンを押したら回転 • Ctrl+マウスのホイルボタンを押したら移動 2013/11/9 @mgwsuzuki 15
  • 16. STL出力 • Plugins → Export STL • 単位はMillimetersとする 2013/11/9 @mgwsuzuki 16
  • 17. メモスタンドを作ろう • 横70mm, 奥行30mm, 高さ17mm 2013/11/9 @mgwsuzuki 17
  • 18. グリッド線を書く • grid.skp参照 2013/11/9 @mgwsuzuki 18
  • 19. 底面をスケッチする • bottom_sketch.skp • スケッチした図形が紫色になるようにする 2013/11/9 @mgwsuzuki 19
  • 20. 底面に厚みを持たせる • • • bottom_pushpull.skp 下方向に厚みをつける タブキーを押して”1.2mm”と入力すること 2013/11/9 @mgwsuzuki 20
  • 21. ポールをスケッチする • pole_sketch.skp • グリッドの交点に半径4mmの円を書く • タブキーを押して”4mm”と入力する 2013/11/9 @mgwsuzuki 21
  • 22. ポールを高くする • pole_pushpull1.skp • 円が網掛けになっていることを確認してクリック • タブキーを押して”15mm”と入力する 2013/11/9 @mgwsuzuki 22
  • 23. 同じ高さにする • pole_pushpull2.skp • push/pullで持ち上げた後、同じ高さにしたい面をクリック 2013/11/9 @mgwsuzuki 23
  • 24. 完成 • • • memo_stand.skp 3つめのポールも作って完成 STLファイルにexportする 2013/11/9 @mgwsuzuki 24
  • 25. アレンジしてみる 2013/11/9 @mgwsuzuki 25
  • 26. MakerwareでSTLを読み込む • • Addを押してSTLファイルを指定する Put object on paltform? というダイアログが出るのでMove to Platformを選択 2013/11/9 @mgwsuzuki 26
  • 27. Extruderを割り当てる • オブジェクトを選択 (黄色の枠が付く) • 左下のObjectをクリック • ExtruderをLeftに設定する 2013/11/9 @mgwsuzuki 27
  • 28. 出力する • Makeボタンをクリック • ダイアログのように設定 2013/11/9 @mgwsuzuki 28
  • 29. 絵からロゴを起こしてみる • 絵を用意(jpg, pngなど) • File -> Importで絵を選択 • 最初に原点を設定し、次にサイズを決める 2013/11/9 @mgwsuzuki 29
  • 30. LineとArcで文字をスケッチする • • • XY面が正面に見えるようにorbitで視点移動 LineとArcは要所でスナップするので便利 閉曲面を作ること (紫色に変わる) 2013/11/9 @mgwsuzuki 30
  • 31. 字を盛り上げる • Push/pullツールを選択し、スケッチをクリックする • 3mmに正確に盛り上げるためキーボードで”2.5mm”と直接入力する • 右下に入力されたことを確認してenter 2013/11/9 @mgwsuzuki 31
  • 32. 出力 • 裏に磁石を接着すればホワイトボード用マグネットの完成 2013/11/9 @mgwsuzuki 32