• Share
  • Email
  • Embed
  • Like
  • Save
  • Private Content
Open-FCoE_osc2011tokyofall_20111119
 

Open-FCoE_osc2011tokyofall_20111119

on

  • 2,222 views

How to FCoE FCoE Target & FCoE Initiator

How to FCoE FCoE Target & FCoE Initiator

Statistics

Views

Total Views
2,222
Views on SlideShare
2,219
Embed Views
3

Actions

Likes
5
Downloads
26
Comments
0

1 Embed 3

http://a0.twimg.com 3

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    Open-FCoE_osc2011tokyofall_20111119 Open-FCoE_osc2011tokyofall_20111119 Presentation Transcript

    • Open-FCoEのすゝめ SCSTで作るFCoE Target & Initiator
    • 目次 自己紹介 FCoEとDCBのおさらい 準備するもの 構築の肝 今後の展望 参考リンク 2
    • 自己紹介 名前: 高橋 将人(たかはし まさと)  Twitter: @metamd  Blog: http://d.hatena.ne.jp/metonymical/ 仕事: 某独立系NIerのネットワークエンジニア(来春から大学生)  得意分野: 無線LAN、認証、VoIP (LAN&WANは人並みにゴリゴリと) 住まい: 23区の南端 コミュニティ: 自宅SAN友の会  島崎さんの「Openfilerで自宅につくるFibreChannelSAN」に魅了される  そして、契約、、、じゃなくて自主的に入会 趣味: アウトドア、ドライブ、自宅インフラ検証 性格: 照れや、ちょい頑固 3
    • FCoEとDCBの おさらい
    • FCOEとDCB FCoE(Fibre Channel over Ethernet)  FCフレームをEthernetでカプセル化する技術 DCB(Data Center Bridging)  10GB Ethernetを拡張したIEEEの通信規格  複数機能で構成(輻輳通知,拡張伝送選択,PFC,DCBX,TRILLなど)  類似する呼び名: CEE、DCE CEE(Converged Enhanced Ethernet) IBM提唱 参加企業多数 DCE(Data Center Ethernet) Cisco独自 好きですな~w 5
    • FCOEとDCB つまるところ(少々乱暴な言い方をすると)  FCoE FCフレームを単純にEthernetでカプセル化するだけ  DCB 「ロスレスを担保しないEthernet」⇒「ロスレスを担保するFC」へ 限りなく近づけるために必要 ぶっちゃけ勉強用や検証用であれば!!!  CNA(ConvergedNetworkAdapter)が無くても、、、 10GB NICが無くても、、、 DCB動かなくても、、、 『FCoEだけ』なら安価な1GB NICで動作可能 6
    • 今回は?  FCoEのみにフォーカスを当てる  理由は、DCBはまだ規格化が若干流動的。  DCBはFCoEフレーム用途だけに利用される技術ではなく、 Ethernet全体に影響を与える幅広い規格。 例えば、 iSCSI over DCB、STPの撲滅etc…  なので! FCoE こっちやります DCB こっちはまた追々で 本気でやるなら、『LIOで作るDCB』Wikiから転載 7 みたいなサブタイトルを付けますから!
    • 準備するもの
    • 最低限必要なモノ 物理筐体*2台 これ重要!  家庭用PCでOK  会社にあったDELLのOptiplex755(スリム型DesktopPC)*2台で動作確認済み  VM上(仮想マシン)では動作不可 詳細は後述 NIC*2個 これも重要!  Intel e1000系ドライバで動作するチップ←これが必須!!!  チップは825xx系  ちなみにDELLのOptiplex755は82566DM-2  私が愛用しているのは、これ↓ 型番:Intel EXPI9301CT (82574Lチップ:Amazon実売4000円以下)  DCBもやりたい方はIntel X520(82599系)を準備。でもお値段7万円くらい(涙) LANケーブル*1本  そりゃあEthernetですからね  光ケーブルなんぞ使わずに普通のUTPでいきたいわけですよ 9
    • 気になるお値段は? 今回使ったモノ 品目 数量 単価 HP ML115 G5 (諸々の理由で既にゲット済み) 2 ¥13,000 Intel EXPI9301CT 2 ¥3,182 (2011/11/19 amazonで調査 送料無料) UTP 1 ¥300 (自宅に1本くらいあっても変態じゃないでしょ?) 合計(単純トータル) ¥32,882 合計(新規購入分のみ) ¥6,364 なので、、、呑み会を1~2回スルーすれば FCoEの自宅検証環境がゲットできるwww 10
    • TARGET & INITIATORの構成 DAS構成で行く!  TargetとInitiatorは必ず物理マシン同士でDAS接続  VM上では必ず仮想スイッチ経由となるため動作不可  Console用PCは最悪無くてもOK。  Console用PCはシェルを叩ければ何でもOK。  RS232Cは以下の場合の代替手段なため無くてもOK。  UTP2用のNICが準備できない場合、NIC2枚挿しができない場合etc 11
    • 中間まとめ 勉強用&検証用であればFCoEのみ(DCB無し)でも良い DCBは10GB NICが前提のためお金が掛かる Intel 825xx系(e1000系ドライバ動作)NICが必須 DAS構成必須 VM(ESXi,Xen,KVMなど)上では動作しない 変態扱いされにくい!!!  サーバが無くても、スリム型DesktopPCでスマートに検証できるw 12
    • 構築の肝
    • 手前味噌ですが 今回のセミナー内容の詳細手順は、Blogにアップ済み How to FCoE FCoE Target & FCoE Initiator http://d.hatena.ne.jp/metonymical/20110207  Fedora13にてFCoE Target&Initiatorの構築手順を記載  注意 ちなみに私の過去Blog(http://metaphor1.exblog.jp/13532137/)で、 「Linux FCoE その3 インストール手順」をアップしてますが、 ググってヒットしても情報が古いので信用しないこと 今回は重要ポイントのみに絞って説明 次項より概ね上記サイトの各項目に沿って説明 14
    • 構築の流れ FCoE Target構築の流れ 1. 事前準備 2. 各種パッチ当て 3. KernelのBuild 4. scst,scstadmin,fcst,fcoeadmのインストール(コンパイル含む) 5. VLANやHDDの設定とModuleの読み込み 6. SCST設定とFCoE Target有効化設定 FCoE Initiator構築の流れ 7. FCoE Initiatorのインストールと設定 8. Targetサービス自動起動設定や疎通確認 9. FCoEフレームキャプチャ(Blog未記載の番外編) 15
    • 1.事前準備 LinuxKernelソースをDL Ver2.6.35 SCSTソースをDL Ver2.0.0.x  上記VerはFedora13上にて動作確認済み  他Verでは組合せによりNGな場合も有 その他、細かなln –sとかmkdirなど 基本的にBlogの内容をコピペすればOK  コピペでFCoEを構築できる レベルまで落とし込み済みw  こんな感じで⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ ⇒ 16
    • 2.各種パッチ当て SCSTソースからKernelにSCST本体を当てる SCSTソースからKernelにFCSTを当てる ←これが重要 SCSTとは  iSCSI  FC(qla2x00t)  FCoE(FCST)  InfiniBand(SRP)  DATテープ装置(mhvtl) などのTarget機能をLinux Kernel上にソフトウエア的に実装 FCSTとは SCST上でFCoE Target機能を実装  READMEには 「FCST is a module that depends on libfc and SCST to provide FC target support.」 と書いてあるけど。あんまり気にしない。 17
    • 3.KERNELのBUILD Linux KernelのMakefile設定  基本的に設定変更不要 どのような設定になっているか?を確認していくのみ  逆に下手な変更を加えないよう気を付けて Linux KernelのBuild  ガッツリ時間が掛る  ML115G5にAMD Phenom X4 9350eの場合で90分程度  ML110G6にIntel Core i7 870の場合で50分程度  なので make bzImage && make modules && make modules_install && make install && shutdown –h now とコマンドを打ち、一風呂浴びて麦ジュース♪ 起動Kernelの選択 再起動 18
    • 4.SCST,SCSTADMIN,FCST,FCOEADMのインストール scstのインストール scstadminのインストール fcstのインストール  この辺はコピペで  SCSTやFCSTのパッチが正常に当たってないとscstのインストで泣く fcoeadmのインストール  yumでfcoe-utilsをインストール  『yumは絶対使わない!』という漢な方はソースからのコンパイルも可能  今回の手順通りなら、/usr/src/scst/trunk/fcstにあるREADMEの 「7. Install the FCoE admin tools, including dcbd and fcoeadm.」を 解読すれば出来ます。但し、開発者向けなのでお勧めはしない。  ソースはOpen-FCoEのサイトからDLする。 その際、open-fcoeとLinux KernelのVerは合わせるべし。 http://www.open-fcoe.org/openfc/downloads/2.6.35/open-fcoe-2.6.35.tar.gz 19
    • 5.VLANやHDDの設定とMODULEの読み込み VLANの設定 その1:FCoEのcfg-ethx.yyyの設定  vi /etc/fcoe/cfg-eth1.100にて開いたらConfigをコピペ  cfg-eth1.100の「1」はNIC番号、「100」はVLAN番号  ★1は今回DCBを使用しないため”no”とする。  ★2も同様だがAutoVlanスクリプトが動作しないため手動設定(涙) ## Type: yes/no ## Default: no # Enable/Disable FCoE service at the Ethernet port FCOE_ENABLE="yes" ## Type: yes/no ## Default: yes # Indicate if DCB service is required at the Ethernet port DCB_REQUIRED="no" ★1 ## Type: yes/no ## Default: yes # Indicate if VLAN discovery should be handled by fcoemon AUTO_VLAN="no" ★2 20
    • 5.VLANやHDDの設定とMODULEの読み込み VLANの設定 その2:FCoEのconfigの設定  vi /etc/fcoe/configにて開いたらConfigをコピペ  ★をDefaultファイルから変更 「DCBが動いてないぞ!」メッセージが大量に出るため ## Type: yes/no ## Default: no # Switch on/off debug messages (script & C code) DEBUG="no" ## Type: yes/no ## Default: yes # All the messages go to syslog and stderr (script & C code) USE_SYSLOG="yes" ★ ↓ USE_SYSLOG="no" 注)その他、Linux上でVLAN Interfaceを作成する手順と原則同じ。 これが難しいと感じたら、(手前味噌ですが)まずは以下を試してください。 LinuxによるVLAN Interface作成方法を把握するとより理解が深まります。 VLAN Interface設定 http://d.hatena.ne.jp/metonymical/20110106 21
    • 5.VLANやHDDの設定とMODULEの読み込み HDDの設定  以下のような感じでパーティションを作成  これも通常のLinuxでHDDのパーティション切る作業と同じ # sfdisk -l /dev/sdb ディスク /dev/sdb: シリンダ数 60801、ヘッド数 255、63 セクタ/トラック ユニット = 8225280 バイトのシリンダ、1024 バイトのブロック、0 から数えます デバイス ブート 始点 終点 #シリンダ #ブロック Id システム /dev/sdb1 0+ 30399 30400- 244187968+ 83 Linux /dev/sdb2 30400 60800 30401 244196032+ 83 Linux 22
    • 5.VLANやHDDの設定とMODULEの読み込み Moduleの読み込み確認  読み込みの順番を間違えなければ大丈夫w  最終的には以下のモジュールが起動すればOK ◆=特に重要,★=重要 # lsmod Module Size Used by ◆ fcst 14292 0 ◆ scst_disk 8690 0 ◆ scst_vdisk 49497 0 ◆ scst 344380 3 fcst,scst_disk,scst_vdisk ◆ fcoe 15375 0 ◆ libfcoe 10524 1 fcoe ◆ libfc 66050 3 fcst,fcoe,libfcoe ★ e1000e 158454 0 ★ scsi_transport_fc 33685 3 fcoe,libfc ★ scsi_tgt 8506 1 scsi_transport_fc  VLAN Interface作成時にMTUを2500へ変更してるので再起動を! これ地味に重要です。 Ethernetの場合はMTU=1518+4(802.1qね)とかだけど、 FCoEの場合はMTU=2112なので。 23
    • 6.SCST設定とFCOE TARGET有効化設定 SCST設定 その1:Module読み込み  /usr/libexec/fcoe/fcc.shにてmodprobe前後のステータス確認  Module読み込み前 # /usr/libexec/fcoe/fcc.sh FC HBAs: HBA Port Name Port ID State Device  Module読み込み後 # /usr/libexec/fcoe/fcc.sh FC HBAs: HBA Port Name Port ID State Device host7 20:64:00:1b:21:49:82:fa - Offline eth1.100  この時点ではInitiatorが動作していないのでOfflineでOK  Port NameはWWPNになるためメモること! 24
    • 6.SCST設定とFCOE TARGET有効化設定 SCST設定 その2:補足Ⅰ WWPNの構成  WWPN=20:64:00:1b:21:49:82:faの構成を記載。 2 決まり文句 (WWNNの場合は「1」) 0:64 16進数表記のVLAN番号 (256*0+16*6+1*4=100)※ 00:1b:21:49:82:fa NICのMACアドレス ※ 例えば、拡張VLAN(VLAN4010)であれば、 10進表記4010=16進表記0xFAA 従って {256*15(=F)}+{16*10(=A)}+{1*10(=A)}=4010となる。 WWPNとVLAN番号が密接に関係している ようするにVLANを増やすとHBAを追加したイメージとなる 25
    • 6.SCST設定とFCOE TARGET有効化設定 SCST設定 その3:SCST設定投入  以下のコマンドでTergetデバイスを設定 1.論理デバイスの設定 # scstadmin -open_dev dev00 -handler vdisk_blockio -attributes filename=/dev/sdb1 Collecting current configuration: done. -> Making requested changes. -> Opening device dev00 using handler vdisk_blockio: done. -> Done. All done. 2.LUNの設定 # scstadmin -add_lun 0 -driver fcst -target 20:64:00:1b:21:49:82:fa -device dev00 Collecting current configuration: done. -> Making requested changes. -> Adding device dev00 at LUN 0 to driver/target fcst/20:64:00:1b:21:49:82:fa: done. -> Done. All done.  fcstをiscsiやqla2x00tに変えると、iSCSIやFCのTargetになる  ここはscstadminの操作となるのでhelpも要参照 26
    • 6.SCST設定とFCOE TARGET有効化設定  SCST設定 その4:補足Ⅱ (セキュリティ)グループ作成  「SCST設定 その2:SCST設定投入」と異なる点のみをピックアップ  scstadminのサンプル設定が無いため、実際にやってみたw1.論理デバイスの設定# scstadmin -open_dev dev00 -handler vdisk_blockio -attributes filename=/dev/sdb12.グループの設定# scstadmin -add_group host00 -driver fcst -target 20:64:00:1b:21:49:82:faCollecting current configuration: done.-> Making requested changes. -> Adding new group host00 to driver/target fcst/20:64:00:1b:21:49:82:fa: done. -> Done.All done.3.LUNの設定# scstadmin -add_lun 0 -driver fcst -target 20:64:00:1b:21:49:82:fa -group host00 -device dev00Collecting current configuration: done.-> Making requested changes. -> Adding device dev00 at LUN 0 to driver/target/group fcst/20:64:00:1b:21:49:82:fa/host00: done. -> Done.All done. 27
    • 6.SCST設定とFCOE TARGET有効化設定 SCST設定 その5:設定保存と設定ファイル確認 1.設定保存 # scstadmin -write_config /etc/scst.conf 2.設定確認 # vi /etc/scst.conf HANDLER vdisk_blockio { DEVICE dev00 { filename /dev/sdb1 } } TARGET_DRIVER fcst { TARGET 20:64:00:1b:21:49:82:fa { enabled 0 LUN 0 dev00 } } 28
    • 6.SCST設定とFCOE TARGET有効化設定 FCoE Target有効化設定 1.WWPNのディレクトリ確認 # ls -Fal /sys/kernel/scst_tgt/targets/fcst 合計 0 drwxr-xr-x 3 root root 0 2010-10-25 23:33 ./ drwxr-xr-x 3 root root 0 2010-10-25 23:33 ../ drwxr-xr-x 5 root root 0 2010-10-25 23:33 20:64:00:1b:21:49:82:fa/ 2.FCoE TargetのEnable化 # cd /sys/kernel/scst_tgt/targets/fcst # LPORT=20:64:00:1b:21:49:82:fa # echo 1 > $LPORT/enabledFCoE Targetの構築はこれにて完了 29
    • 7.FCOE INITIATORのインストールと設定 FCoE Initiator(fcoeadm)のインストール VLAN Interface設定 FCoEサービスの起動設定と再起動  基本的にはTarget時と同様の操作なのでさほど難しくない  Initiator固有の値(MACアドレスなど)がTarget側と被らないよう留意 構築中かなり不安定な挙動を示す場合もある 何か変だと思ったら迷わずOS(筐体)を再起動 30
    • 7.FCOE INITIATORのインストールと設定  FCoE Initiatorの動作確認 その1:NIC&LUN動作確認NIC動作確認 LUN動作確認# fcoeadm -i eth1.100 # fcoeadm -l eth1.100Description: 82574L Gigabit Network Connection Interface: eth1.100Revision: 00 Roles: FCP Target, FCP Initiator Node Name: 0x1000001B214982FAManufacturer: Intel Corporation Port Name: 0x2064001B214982FASerial Number: 001B21570B9C Target ID: 0Driver: e1000e 1.0.2-k2 MaxFrameSize: 2112Number of Ports: 1 OS Device Name: rport-7:0-0 FC-ID (Port ID): 0x010101Symbolic Name: fcoe v0.1 over eth1.100 State: OnlineOS Device Name: host7 LUN #0 Information:Node Name: 0x1000001B21570B9C OS Device Name: /dev/sdbPort Name: 0x2064001B21570B9C Description: SCST_BIO dev00 (rev 210)FabricName: 0x0000000000000000 Ethernet Port FCID: 0x010102Speed: Unknown Target FCID: 0x010101 Target ID: 0Supported Speed: Unknown LUN ID: 0MaxFrameSize: 2112 Capacity: 232.88 GBFC-ID (Port ID): 0x010102 Capacity in Blocks: 488375936State: Online Block Size: 512 bytes Status: Attached 31
    • 7.FCOE INITIATORのインストールと設定 FCoE Initiatorの動作確認 その2:Target情報の確認 # fcoeadm -t eth1.100 Interface: eth1.100 Roles: FCP Target, FCP Initiator Node Name: 0x1000001B214982FA Port Name: 0x2064001B214982FA Target ID: 0 MaxFrameSize: 2112 OS Device Name: rport-7:0-0 FC-ID (Port ID): 0x010101 State: Online LUN ID Device Name Capacity Block Size Description ------ ----------- ---------- ---------- ---------------------------- 0 /dev/sdb 232.88 GB 512 SCST_BIO dev00 (rev 210)FCoE Initiatorの構築はこれにて完了ここまでくれば後はInitiatorに物理HDDを追加したときと同じ。fdisk、mkfs、mount、hdparmなどが可能。但し、fstabの修正は要注意。理由:FCoEサービス起動後にDeviceが認識されるため。 32
    • 8.TARGETサービス自動起動設定や疎通確認 Targetサービス自動起動設定  Mustではないため割愛  但し、やってみて損はないので詳細はBlogで 疎通確認  こんな↓感じで # fcping -h eth1.100 -F 010101 -c 5 sending echo to 0x010101 echo 1 accepted 0.194 ms echo 2 accepted 0.132 ms echo 3 accepted 0.170 ms echo 4 accepted 0.129 ms echo 5 accepted 0.167 ms 5 frames sent, 5 received 0 errors, 0.000% loss, avg. rt time 0.158 ms  各Optionについて以下に補足  -h =Interface(HBA)を指定  -F =宛先Port IDを指定  -c =fcpingの回数を指定 33
    • 9.FCOEフレームキャプチャ(BLOG未記載の番外編) 環境構築したのはいいけれど、 実際のシーケンスがわからないと・・・  お勉強してもいまいちピンと来ない&理解が深まらない  本当に規格通り動作しているのか怪しいと疑ってしまう(私だけかも?)  トラシューがすごく辛い 容易にキャプチャできる環境はあった方が良い! でも、FCのキャプチャは比較的敷居が高い だけど、FCoEのキャプチャはどうなの?イケるの? 結論: Wiresharkで簡単にイケるwww 普通のEthernetをキャプチャするのと同じ 34
    • 9.FCOEフレームキャプチャ 具体的にはWiresharkに同梱されるTSharkを使用  実際のところGUI環境であってもTSharkの使用をお勧め  当然ですがデータ量が半端ないのでGUIだと負荷増大 キャプチャ前準備  今回はFCoE Target側で操作すること想定して記載  yum -y install wireshark にてインスト後、 キャプチャ元のインターフェース番号を確認 # tshark –D 1. eth0 2. eth1 3. eth1.100 4. usbmon1 (USB bus number 1) 5. usbmon2 (USB bus number 2) 6. any (Pseudo-device that captures on all interfaces) 7. lo  通常は「2. eth1」の「2」でOK 802.1qタグも付与されるw  複数VLANを切っている場合「3. eth1.100」 「4. eth1.200」 「5. eth1.300」のよう なイメージで複数表示。特定VLANのみをキャプる場合にはこっちを使う。 35
    • 9.FCOEフレームキャプチャ キャプチャ開始 # tshark -n -i 2 -w /root/fcoe01.pcap Running as user "root" and group "root". This could be dangerous. Capturing on eth1 21 ←キャプチャしたフレーム数  各Optionについて以下に補足  -n=キャプチャ時の名前解決をDisable(負荷軽減)  -i=インターフェース番号(今回は「2. eth1」なので「2」)  -w=キャプチャファイルの保存先Path その他  大容量&長時間キャプチャするなら以下も知っ得Option  -b duration:10=10秒毎にファイルを生成  -b files:50=50ファイル生成後にファイルローテーション  こんな感じでOK # tshark -n -i 2 -w /root/fcoe01.pcap –b duration:10 –b files:50  注意 Fedora13のyumでインストされる「wireshark-1.2.17-1.fc13.x86_64」だと 上記Option未対応なので新しめ(1.6系)のwiresharkをインストしてください。 36
    • 9.FCOEフレームキャプチャ  キャプチャ結果 その1:Initiator起動 ①  ①シーケンス  ②Ethernet  ③FCoE  ④FC ② ③1. Initiator:シャットダウン2. Target:キャプチャ開始 ④3. Initiator:電源On4. Initiator:起動完了5. Target:キャプチャ終了 37
    • 9.FCOEフレームキャプチャ  キャプチャ結果 その2:txtファイルコピー ①  ①シーケンス  ②データ部  ③バイナリ ②1. Initiator:Diskマウント2. Target:キャプチャ開始 ③3. Initiator:ファイルcp開始4. Initiator:ファイルcp完了5. Target:キャプチャ終了 38
    • 9.FCOEフレームキャプチャ 活用方法  DCBが未動作/動作時のキャプチャを比較すると、 FCoEとDCBの挙動の違いを把握  FCoE対応SW有/無時のキャプチャを比較すると、 FIP(FCoE Initialization Protocol)とFCoEの挙動の違いを把握  もちろんバイナリレベルでの調査&トラシューが可能 キャプチャ結果ファイルはアップ済み  その1:Initiator起動 http://bit.ly/uSRsHR  その2:txtファイルコピー http://bit.ly/sbPhwh 構築は面倒、でもサクッとお勉強したい方はどうぞ!  「バイナリを見ていると萌える」という方も、もちろんどうぞ! 39
    • まとめ FCoE Target&Initiatorの構築は自宅でできる時代 SCSTは様々なTarget機能をLinuxKernel上にソフトウエア実装 FCSTはSCST上でFCoE Target機能を実装 FCoEはWWPNとVLAN番号が密接に関係 構築中に怪しい挙動がしたら迷わずOS再起動 fstabの修正は要注意 FCoEはWiresharkで簡単にキャプチャできる! 自分で構築した検証環境でキャプチャすれば FCoEに対する理解がもっと深まる! FCoEが一般的&主流になる前の今がチャンス! 40
    • 今後の展望
    • 現在の主流とINTEL X540 LIO/TCMで作るFCoE Target  本家Open-FCoE.orgのサイトでは、LIO/TCMが現在の主流  但し、LIO/TCMではDCBの実装が必須っぽいので10GBのNICが必要。  そもそもSCST用FCoE Targetモジュール(FCSTのことね)は、 CiscoのJoe Eykholt氏が開発用に作成したもので現在は開発停止中。 待望のIntel x540/x540T搭載NIC(DCB実装可能な10GB)  Intel x540/x540Tは、Intel x520(82599)や82598系チップの後継にあたる。  LinuxはもちろんSolarisやESXi5.x系でも既にドライバが組込済 or DL可能。  IDF2010での発表から1年。もうぼちぼち世に出てくれても良いのに。  Port単価は以下の通り • Intel 82598系 $599/port • Intel x520(82599)系 $399/port • Intel x540系 $2xx/port になりそげな状況 (今は円高だからD万円を割り込むと勝手に想定) 42
    • ちょっと戯言 今後のインフラエンジニアは  いかに安価に、いかに早く新技術を習得できるかが、 これからのインフラエンジニアに求められると想定しています。  『自宅SAN友の会』の醍醐味も、まさしくここにアリ。 だから、これからも自宅でSANの自主トレに精進していきましょう。  『LIO/TCMで作るFCoE+DCB Target&Initiator』といったような サブタイトルでDCBを掘り下げたセミナーとかやりたいなぁ。。。 お・ね・が・い☆  「○○(例えばCNA)が無いとFCoEができない。」なんていう戯言は、 もう言わない、と。 ←ちょいダサい(と思う)  今までできなかったことを、できるようにするのがエンジニアw ←イケてる♪  それを手助けしてくれるのがオープンソースであり、 『自宅SAN友の会』の主旨でもある! ←カッコイイでしょ?(ちょい変態扱いされてるけど) まずやってみよう! 43
    • 参考リンク Open-FCoE.org http://www.open-fcoe.org/open-fcoe SCST http://scst.sourceforge.net/index.html LIO/TCM http://linux-iscsi.org/wiki/Main_Page 大原雄介の最新インターフェイス動向 10GBase-Tその3 http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/interface/20101126_409100.html 44
    • ご清聴ありがとうございましたつづきは懇親会で♪ 45