RaspberryPi を持ち運びパソコンとして使いたい

8,762 views

Published on

鹿児島Linux勉強会 第0会にて発表
"鹿児島Linux 勉強会 : ATND" http://atnd.org/events/49583

Published in: Technology
0 Comments
4 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
8,762
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1,651
Actions
Shares
0
Downloads
14
Comments
0
Likes
4
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

RaspberryPi を持ち運びパソコンとして使いたい

  1. 1. RaspberryPiをフレームバッファで活用する 20140426 鹿児島Linux勉強会 「ソフトプラザかごしま 鹿児島大学情報技術事 業化支援室」 By KenichiroMATOHARA http://matoken.org/
  2. 2. 自己紹介 ● KenichiroMATOHARA ● 千葉でサーバ管理とかやってましたが1年ほど 前から鹿児島に(錦江町) ● 最近は「鹿児島組み込みシステム推進協議会」 によく顔を出しています https://www.facebook.com/groups/438656409563125/ ★
  3. 3. 興味 ● Linux ● FLOSS ● 電子工作 ● OpenStreatMap :
  4. 4. RaspberryPi? ● イギリス製のARM ベースの教育向けマイコ ンボード ● クレジットカードサイズで小さい ● オープンハードウェア ● $25/$35 と安い ● Linuxなどが動作 ● http://www.raspberrypi.org/
  5. 5. 電源 ● RaspberyPi は5V 700mA(or 500mA)で動作します ● 低燃費 ● 手元にCentury LCD-10000VというUSB給電で動作 するのD-Sub15Pin入力モニタが ● どっちもモバイルバッテリーでも動作する! ● モバイル環境として使えるように出来るかも?
  6. 6. ちなみにCentury LCD-10000V はもう収束品 これから入手するなら後継の Century LCD-10000V2 HDMI 接続可能なLCD-8000V が良さそう その他OnLap とかも
  7. 7. 用意したもの ● Raspberry Pi modelB(512MB) ● VGAモニター(Century LCD-10000V) ● HDMI-VGA 変換アダプタ ● VGA オス-オス変換アダプタ ● モバイルバッテリー() ● USB A-miniB Cable ● USB A-microB Cable ● USB WiFi アダプタ ● USB Keuboard
  8. 8. 接続 ● ちゃんとした写真撮ってなかったorz
  9. 9. ● Xは重い&マウスを繋ぐポートが足りないので コンソールで操作することにします. ● 日本語の表示,入力/ブラウジング/画像表示な どが出来るようにする.
  10. 10. OS導入 ● Rasbianを導入 $ zcat 2014-01-07-wheezy-raspbian.zip | sudo dd of=/dev/mmcblk0 bs=1M ● 普通はNOOBSが楽 "Raspberry Piの便利なインストーラーNOOBSを活用し てみよう!" http://www.slideshare.net/Akkiesoft/raspberry-pinoobs
  11. 11. 解像度の問題 ● モニタが1366x768までなので設定変更 ● /boot/config.txt に以下を追記 hdmi_mode=81 ● ついでにGPU割り当てメモリも16MBに減らす (規定値は64MB) gpu_mem=16
  12. 12. source.list 置き換え ● パッケージの参照先を日本のミラーサイトに向 けます. ● /etc/apt/sources.list を以下のように変更 deb http://ftp.jaist.ac.jp/raspbian wheezy main contrib non-free rpi
  13. 13. OSを最新にして必要なパッケージ を導入 $ sudo apt-get update $ sudo apt-get upgrade -y $ sudo apt-get dist-upgrade -y $ sudo apt-get install fbterm uim-fep uim-anthy fbi gpm console-data w3m w3m-img fonts-vlgothic byobu avahi- daemon vim -y
  14. 14. パッケージ ● fbterm フレームバッファで日本語表示 ● uim-fep uim-anthy 日本語入力 ● fbi 画像表示 ● gpm マウス入力 ● console-data キーマップ ● w3m w3m-img wwwブラウザ ● fonts-vlgothic 日本語フォント ● byobu 仮想端末ヘルパ ● avahi-daemon ゼロコンフィグ ● vim テキストエディタ
  15. 15. keymap 変更 ● 自分のキーボードに合ったキーマップに変更し ます $ sudo dpkg-reconfigure console-data
  16. 16. 仮想端末の数を減らす ● 通常は,tty1~6 が設定されますがscreen も使うつ もりだし2枚残してtty3~6 を削除します.メモリ も浮きます :) ● /etc/inittab のtty3~6 の行をコメントアウト #3:23:respawn:/sbin/getty 38400 tty3 #4:23:respawn:/sbin/getty 38400 tty4 #5:23:respawn:/sbin/getty 38400 tty5 #6:23:respawn:/sbin/getty 38400 tty6
  17. 17. 日本語入力設定 ● Ctrl+space で切り替えができるように ~/.uim を以下の内容で設定 (define-key generic-on-key? '("<Control>" "<Control> ")) (define-key generic-off-key? '("<Control>" "<Control> "))
  18. 18. 日本語表示設定 ● フォントの指定とフォントサイズ指定のために ~/.fbtermrc を書き換えます font-names=VL Gothic font-size=16
  19. 19. 再起動して設定反映 $ sudo reboot
  20. 20. コンソールでの操作 ● 仮想端末は今tty1/tty2 が有効担っているはずで す. ● Ctrl+F1/F2 で切り替えが出来ます. ● 通常はtty2 を使うことにします. ● 以下のコマンドで,fbterm で日本語表示,uim-fep で日本語入力が出来るはずです. $ fbterm -- uim-fep -u anthy-utf8
  21. 21. ブラウジング ● w3m コマンドでブラウジングが可能です. ● 画像表示もできるのですが,fbterm が起動した状態で は画像表示が出来ません. ● fbterm が起動していないと日本語が表示できませんorz ● 携帯向けページがお勧め Gmail 携帯用https https://mail.google.com/mail/x/ Google+ https://m.google.com/app/plus/x/
  22. 22. 画像表示 ● fbi コマンドで画像表示が可能です ● fbtermが起動していない端末で実行します $ fbi -a -t 20 -u ./*.JPG ● -a : 全画面表示 -t : 次の画像を表示するまでの時間(秒) -u : ランダム表示
  23. 23. 使い勝手は? ● 文章は基本Markdown 等のテキストベース. ● 作業はssh 経由が多いのである程度生活できそ う ● でもブラウジングが辛い>< ● モニタが案外バッテリを食う目に見えてバッテ リが減っていくorz
  24. 24. FiTFT ● Adafruit のFiTFT https://www.adafruit.com/products/1601 ● GPIO 接続の320x240 の液晶&感圧式のタッチ パネルモジュール ● 電力とポインティ ングデバイスの 問題が両方解決!
  25. 25. まだちゃんとまとめてません_o_
  26. 26. Tips ● 設定等 "Overview | Adafruit PiTFT - 2.8" Touchscreen Display for Raspberry Pi | Adafruit Learning System" https://learn.adafruit.com/adafruit-pitft-28-inch-resis ● 環境変数 FRAMEBUFFER ● fbcp https://github.com/tasanakorn/rpi-fbcp
  27. 27. 環境変数 FRAMEBUFFER ● PiTFT は /dev/fb1 として認識 ● 標準は /dev/fb0 なのでそのままではPiTFT に表 示できない ● FRAMEBUFFER=/dev/fb1 で利用できる
  28. 28. fbcp ● FRAMEBUFFER 指定で大抵のものは使える が,カメラアプリのプレビュー画面が出せない ● fbcp はフレームバッファをcp してくれる fb0 → fb1 ● かなり無理矢理な感じがするけど動くように
  29. 29. 実用度 ● 持ち運びもコンパクトに ● 日本語も使える ● 正直古いモバギやPalm+Keyboadのほうが使い …勝手が ● 楽しいからよし><

×