小江戸らぐ12月のオフな集まり101回 KVM10分(位で)入門 KenichiroMATOHARA <matoken@gmailcom>
前提確認 <ul><li>CPU が対応しているか? </li><ul><li>$ egrep '(vmx|svm)' /proc/cpuinfo
flags  : fpu vme de pse tsc msr pae mce cx8 apic sep mtrr pge mca cmov pat pse36 clflush dts acpi mmx fxsr sse sse2 ss ht ...
導入 <ul><li>パッケージの導入 </li><ul><li>$ sudo aptitude install qemu-kvm virt-manager </li></ul><li>利用ユーザの登録 </li><ul><li>$ sudo ...
起動 <ul><li>[アプリケーション] > [システムツール] > [仮想マシンマネージャ] </li></ul>
libvirt に接続 <ul><li>[ファイル] > [接続を追加]
とりあえずローカルに接続 </li></ul>
新しい仮想マシンの作成 <ul><li>右上の[新しい仮想マシンの作成]ボタン </li></ul>
新しい仮想マシンの作成 <ul><li>ここからはウィザード形式で
マシン名を記入.既に登録済みのマシンとかぶらなければok </li></ul>
新しい仮想マシンの作成 <ul><li>インストーラのiso イメージを指定します. </li></ul>
新しい仮想マシンの作成 <ul><li>メモリとCPU を指定します </li></ul>
新しい仮想マシンの作成 <ul><li>ハードディスクの容量を設定します. ※「今すぐディスク全体を割り当てる」にチェックを入れるとRAW/入れないとqcow2 形式 </li></ul>
新しい仮想マシンの作成 <ul><li>[完了]ボタンを押して完了.ディスク全体割り当ての場合ここで生成するので少し時間がかかります. </li></ul>
仮想マシンへのOS インストール <ul><li>自動的にインストーラ画面に接続されます.
後は普通のインストールです. </li></ul>
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

KVM10分(位で)入門

1,767 views

Published on

小江戸らぐ12月のオフな集まり101回
KVM10分(位で)入門

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,767
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
7
Actions
Shares
0
Downloads
7
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

KVM10分(位で)入門

  1. 1. 小江戸らぐ12月のオフな集まり101回 KVM10分(位で)入門 KenichiroMATOHARA <matoken@gmailcom>
  2. 2. 前提確認 <ul><li>CPU が対応しているか? </li><ul><li>$ egrep '(vmx|svm)' /proc/cpuinfo
  3. 3. flags : fpu vme de pse tsc msr pae mce cx8 apic sep mtrr pge mca cmov pat pse36 clflush dts acpi mmx fxsr sse sse2 ss ht tm pbe syscall nx rdtscp lm constant_tsc arch_perfmon pebs bts rep_good xtopology nonstop_tsc aperfmperf pni pclmulqdq dtes64 monmitor ds_cpl vmx smx est tm2 ssse3 cx16 xtpr pdcm sse4_1 sse4_2 popcnt aes lahf_l ida arat dts tpr_shadow vnmi flexpriority ept vpid </li></ul><li>Intel だとvmx,AMD はsvm が含まれる行が出たら多分OK </li></ul>
  4. 4. 導入 <ul><li>パッケージの導入 </li><ul><li>$ sudo aptitude install qemu-kvm virt-manager </li></ul><li>利用ユーザの登録 </li><ul><li>$ sudo adduser user kvm </li></ul></ul>
  5. 5. 起動 <ul><li>[アプリケーション] > [システムツール] > [仮想マシンマネージャ] </li></ul>
  6. 6. libvirt に接続 <ul><li>[ファイル] > [接続を追加]
  7. 7. とりあえずローカルに接続 </li></ul>
  8. 8. 新しい仮想マシンの作成 <ul><li>右上の[新しい仮想マシンの作成]ボタン </li></ul>
  9. 9. 新しい仮想マシンの作成 <ul><li>ここからはウィザード形式で
  10. 10. マシン名を記入.既に登録済みのマシンとかぶらなければok </li></ul>
  11. 11. 新しい仮想マシンの作成 <ul><li>インストーラのiso イメージを指定します. </li></ul>
  12. 12. 新しい仮想マシンの作成 <ul><li>メモリとCPU を指定します </li></ul>
  13. 13. 新しい仮想マシンの作成 <ul><li>ハードディスクの容量を設定します. ※「今すぐディスク全体を割り当てる」にチェックを入れるとRAW/入れないとqcow2 形式 </li></ul>
  14. 14. 新しい仮想マシンの作成 <ul><li>[完了]ボタンを押して完了.ディスク全体割り当ての場合ここで生成するので少し時間がかかります. </li></ul>
  15. 15. 仮想マシンへのOS インストール <ul><li>自動的にインストーラ画面に接続されます.
  16. 16. 後は普通のインストールです. </li></ul>
  17. 17. 仮想マシンの起動,停止 <ul><li>仮想マシン名の上で右クリックから操作可能です. ※再起動,シャットダウンはゲストでacpi 有効のこと </li></ul>
  18. 18. 仮想マシンへの接続 <ul><li>仮想マシン名の上でダブルクリックするとコンソールに接続できます. </li></ul>
  19. 19. ホストOSシャットダウン時のゲストOS自動サスペンドと起動時の自動レジューム <ul><li>ホストOS をシャットダウンすると,ゲストはシャットダウンが走らずに落ちてしまいます.
  20. 20. シャットダウン時に起動マシンをサスペンドして,起動時にレジュームしてくれるscript が用意されているので設定します. </li><ul><li>$ sudo cp /usr/share/doc/libvirt-bin/examples/libvirt-suspendonreboot/etc/init.d/
  21. 21. $ sudo chmod 755 /etc/init.d/libvirt-suspendonreboot
  22. 22. $ sudo mkdir -p /var/lib/libvirt/autosuspend
  23. 23. $ sudo update-rc.d libvirt-suspendonreboot defaults 21 19 </li></ul></ul>

×