小江戸らぐ 7 月のオフな集まり ( 第 95 回 ) -Linux  で ePub  ファイルの作成、閲覧 - K.I.Matohara(matoken) mailto:matoken@gmail.com http://hpv.cc/~maty/
<ul><li>米国の電子書籍標準化推進団体 Internatinal Digital Publishing Forum(IDPF) で推進されているオープンなフォーマット
中は XHTML/XML+CSS  を zip  で固めたもの
一応縦書きやルビも利用できるけどみんな難儀している。
日本書籍電子出版協会 Japan Electric Publishing Association(IEPA) によるとまだまだ不十分でこれから IDPF  に働きかけるとのこと
現在 ePub2  で ePub3  から日本語要求仕様案が実装されるそう。 </li></ul>ePub
対応状況 <ul><li>Google, Apple, Adobe, SONY  等が採用。 </li><ul><li>Apple  の iBook(iPad)  や Google Books  で対応の他各種端末で対応。 </li><ul><...
Apple の FairPlay 形式 ,  アイドックの KeyRing ePub 、 SONY は Adobe  の DEPT(http://www.adobe.com/products/adept/)
zip  パスワードというものも…。 </li></ul></ul>
Linux では? <ul><li>Linux  では FBReader  で閲覧可能 http://fbreader.org/ </li><ul><li># 他にリーダありませんか? </li></ul></ul>
コンテンツは? <ul><li>ePubs (http://epubs.jp) </li><ul><li>同人誌を ePub  にしてみたり青空文庫のコンテンツを ePub  にしたりしたものが読める。
実験をしている人が多い。 </li></ul><li>パブー (http://p.booklog.jp/) </li><ul><li>paperboy  のサービス。少額課金サービス ( おさいぽ ) と組み合わせて課金可能。 </li></u...
全 rss  を受信するとあっという間に数 G  いってしまう。 </li></ul></ul>
ePub ファイルの作成 <ul><li>編集はSigil というマルチプラットホームのWISIWYG エディタで作成可能 </li></ul>
Sigil のチュートリアルに沿ってePub 形式のファイルを作成してみました - BasicTutorial - sigil - A Basic Sigil Tutorial - Project Hosting on Google Code ...
<ul>Sigil 対応フォーマット </ul><ul><li>txt/html/rtf/doc/docx/odf/pdf
ただし、doc/docx/odf/pdf はhtml に書き出してからインポートのこと…。
- ConversionChart - sigil - Producing an EPUB File: A Conversion Chart - Project Hosting on Google Code
http://code.google.com/p/sigil/wiki/ConversionChart </li></ul>
ePub 作成 <ul><li>青空文庫の書籍を利用します。
今回は海野 十三「振動魔」
http://www.aozora.gr.jp/cards/000160/card1221.html </li></ul>
元原稿入手 <ul><li>ファイルの入手、展開。
$ wget http://www.aozora.gr.jp/cards/000160/files/1221_ruby_28094.zip
$ unzip 1221_ruby_28094.zip
文字コード変換。
$ iconv -f shift-jis -t utf8 shindoma.txt > shindoma-utf8.txt
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Koedooff20100710(第95回) - Linux でePub ファイルの作成、閲覧 -

4,604 views
4,456 views

Published on

Linux 上でSIgil を使い、基本的なePub ファイルを作成してみました。
表示はFBReader で確認。

0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
4,604
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
107
Actions
Shares
0
Downloads
7
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Koedooff20100710(第95回) - Linux でePub ファイルの作成、閲覧 -

  1. 1. 小江戸らぐ 7 月のオフな集まり ( 第 95 回 ) -Linux で ePub ファイルの作成、閲覧 - K.I.Matohara(matoken) mailto:matoken@gmail.com http://hpv.cc/~maty/
  2. 2. <ul><li>米国の電子書籍標準化推進団体 Internatinal Digital Publishing Forum(IDPF) で推進されているオープンなフォーマット
  3. 3. 中は XHTML/XML+CSS を zip で固めたもの
  4. 4. 一応縦書きやルビも利用できるけどみんな難儀している。
  5. 5. 日本書籍電子出版協会 Japan Electric Publishing Association(IEPA) によるとまだまだ不十分でこれから IDPF に働きかけるとのこと
  6. 6. 現在 ePub2 で ePub3 から日本語要求仕様案が実装されるそう。 </li></ul>ePub
  7. 7. 対応状況 <ul><li>Google, Apple, Adobe, SONY 等が採用。 </li><ul><li>Apple の iBook(iPad) や Google Books で対応の他各種端末で対応。 </li><ul><li>Amazon Kindle 未対応 !! </li></ul></ul><li>DRM も掛けられる…。せっかく ePub に対応していても DRM で読めない orz </li><ul><li>形式は特に定めず、任意の DRM 形式を利用可能。
  8. 8. Apple の FairPlay 形式 , アイドックの KeyRing ePub 、 SONY は Adobe の DEPT(http://www.adobe.com/products/adept/)
  9. 9. zip パスワードというものも…。 </li></ul></ul>
  10. 10. Linux では? <ul><li>Linux では FBReader で閲覧可能 http://fbreader.org/ </li><ul><li># 他にリーダありませんか? </li></ul></ul>
  11. 11. コンテンツは? <ul><li>ePubs (http://epubs.jp) </li><ul><li>同人誌を ePub にしてみたり青空文庫のコンテンツを ePub にしたりしたものが読める。
  12. 12. 実験をしている人が多い。 </li></ul><li>パブー (http://p.booklog.jp/) </li><ul><li>paperboy のサービス。少額課金サービス ( おさいぽ ) と組み合わせて課金可能。 </li></ul><li>Tumblr 2 ePub (http://tumblr2epub.ssig33.com/) </li><ul><li>Tubblr を ePub 形式に変換して rss で配信してくれるサービス。
  13. 13. 全 rss を受信するとあっという間に数 G いってしまう。 </li></ul></ul>
  14. 14. ePub ファイルの作成 <ul><li>編集はSigil というマルチプラットホームのWISIWYG エディタで作成可能 </li></ul>
  15. 15. Sigil のチュートリアルに沿ってePub 形式のファイルを作成してみました - BasicTutorial - sigil - A Basic Sigil Tutorial - Project Hosting on Google Code http://code.google.com/p/sigil/wiki/BasicTutorial
  16. 16. <ul>Sigil 対応フォーマット </ul><ul><li>txt/html/rtf/doc/docx/odf/pdf
  17. 17. ただし、doc/docx/odf/pdf はhtml に書き出してからインポートのこと…。
  18. 18. - ConversionChart - sigil - Producing an EPUB File: A Conversion Chart - Project Hosting on Google Code
  19. 19. http://code.google.com/p/sigil/wiki/ConversionChart </li></ul>
  20. 20. ePub 作成 <ul><li>青空文庫の書籍を利用します。
  21. 21. 今回は海野 十三「振動魔」
  22. 22. http://www.aozora.gr.jp/cards/000160/card1221.html </li></ul>
  23. 23. 元原稿入手 <ul><li>ファイルの入手、展開。
  24. 24. $ wget http://www.aozora.gr.jp/cards/000160/files/1221_ruby_28094.zip
  25. 25. $ unzip 1221_ruby_28094.zip
  26. 26. 文字コード変換。
  27. 27. $ iconv -f shift-jis -t utf8 shindoma.txt > shindoma-utf8.txt
  28. 28. Shift-JIS のままだと以下のようなエラーとなった。UTF-8 ならOK </li></ul>
  29. 30. 最低限の設定 <ul><li>[File] -> [Open] から元となる原稿ファイルを読み込みます。
  30. 31. [File] -> [Save As] からePub 形式で名前をつけて保存します。
  31. 32. これで最低限の作業は完了です。 </li></ul>
  32. 33. メタデータの設定 <ul><li>[Tools] -> {MetaData]
  33. 34. 本のタイトル、作者、言語を設定します。
  34. 35. [more] ボタンを押すことにより、著作権情報、ISBN 等の各種データを埋め込むことが可能です。 </li></ul>
  35. 37. カバー(書影)の設定 <ul><li>カバー画像は以下のフォーマットで作成しておく。 </li><ul><li>590x750pixcels 72dpi
  36. 38. JPEG/GIF/PNG </li></ul><li>カーソルを先頭に合わせた状態で、
  37. 39. [Insert] -> [Images]
  38. 40. カバーの画像を挿入します。
  39. 41. 更にカーソルはそのままで、章分けをします。
  40. 42. [Insert] -> [Capter Braek] </li></ul>
  41. 43. 目次の作成 <ul><li>目次の項目を選択し、メニューバーの[select hedding] から[hedding 1] を選択。 </li></ul>
  42. 44. 目次の作成 <ul><li>設定場所のフォントが変わります </li></ul>
  43. 45. 目次の作成 <ul><li>これで目次として登録されたはずです。
  44. 46. [Tools] -> [TOC Editor] にて確認できます。 </li></ul>
  45. 47. 目次の作成 <ul><li>同様に目次の項目を登録していきます。
  46. 48. 登録後TOC Editor で確認します。 </li></ul>
  47. 49. できあがり <ul><li>保存して完了。
  48. 50. とりあえず読めるものが出来上がりました。
  49. 51. 画像を本文中に追加するときは追加場所で [Insert]->[image] で可能です。
  50. 52. 以下は今回試しに作ってみた ePub ファイル。 </li><ul><li>http://dl.dropbox.com/u/259062/ePub/shindoma.epub </li></ul><li>以下は、 .odt を .xhtml 形式でエクスポートして Sigil で .ePub に変換したもの。
  51. 53. 目次や一部のメタデータは自動的に挿入された。※タイトル追加と Capter Braek 以外は手を入れていません。 </li><ul><li>http://dl.dropbox.com/u/259062/ePub/Koedo-C77.epub </li></ul></ul>
  52. 54. iPad のiBooks での表示例
  53. 55. 見開き表示
  54. 57. FBReader での表示例
  55. 60. 今後の課題 <ul><li>縦書き対応。
  56. 61. Script 等で自動化。
  57. 62. 表示できるアプリケーション出来ないアプリケーションがあるで表示できるように。 </li></ul>

×