Developers Summit 2011
(C) 2011 Microsoft Corporation   2
Web サーバ        ビジネスロジックロードバランサ                                           RDB サーバ          (C) 2011 Microsoft Corporation  ...
http://www.perfdynamics.com/Manifesto/USLscalability.html               (C) 2011 Microsoft Corporation          4
(C) 2011 Microsoft Corporation   5
(C) 2011 Microsoft Corporation   6
マスター データ                     参照系 参照                     データAP1                 トランザクション            バッチ処理やAP2              ...
リアルタイムの操作が実行され                    システムの実運用に必要となる          新たな情報が生成される部分                     情報の事前準備の部分非定型プロセス ロング      ACI...
更新系(OLTP)                        キュー            画面                                   サービス           行指向          (サービス)   ...
構造                           振る舞い          (アーキテクチャ―スタイル)                   (アルゴリズム)                     アルゴリズム戦略         ...
(C) 2011 Microsoft Corporation   11
データ分割による競合防止                    メモリ上の効率利用 分類→分割→配置→集約                         index データ構造アクセス ホットスポットの回避                  ...
(C) 2011 Microsoft Corporation   13
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

【17-C-1】 Big Data を扱うアーキテクチャーの原則

1,723 views
1,634 views

Published on

0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,723
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
24
Actions
Shares
0
Downloads
19
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

【17-C-1】 Big Data を扱うアーキテクチャーの原則

  1. 1. Developers Summit 2011
  2. 2. (C) 2011 Microsoft Corporation 2
  3. 3. Web サーバ ビジネスロジックロードバランサ RDB サーバ (C) 2011 Microsoft Corporation 3
  4. 4. http://www.perfdynamics.com/Manifesto/USLscalability.html (C) 2011 Microsoft Corporation 4
  5. 5. (C) 2011 Microsoft Corporation 5
  6. 6. (C) 2011 Microsoft Corporation 6
  7. 7. マスター データ 参照系 参照 データAP1 トランザクション バッチ処理やAP2 データ 非同期処理 更新系AP3 トランザクション AP: データベースのAP4 データ アプリケーション 挿入 (SOA のサービス) (C) 2011 Microsoft Corporation 7
  8. 8. リアルタイムの操作が実行され システムの実運用に必要となる 新たな情報が生成される部分 情報の事前準備の部分非定型プロセス ロング ACID 漸次変更処理 バッチ処理 トランザクション トランザクションフロー フロー、ストック ストック ストック ストック RDB、KVS、カラム指 KVS、カラム 向(参照)、分散キャッ OLAP、グラフドキュメント SOA 指向、 シュ、ストリーム データ MapReduce 新たな発展が見られる分野 (C) 2011 Microsoft Corporation 8
  9. 9. 更新系(OLTP) キュー 画面 サービス 行指向 (サービス) Command データ更新の伝播参照系(分析) キュー 画面 サービス 列指向 (サービス) Query Web フロントエンド ロジック、バックエンド レイテンシー スループット (C) 2011 Microsoft Corporation 9
  10. 10. 構造 振る舞い (アーキテクチャ―スタイル) (アルゴリズム) アルゴリズム戦略 実装戦略 並列実行機構www.upcrc.illinois.edu (C) 2011 Microsoft Corporation 10
  11. 11. (C) 2011 Microsoft Corporation 11
  12. 12. データ分割による競合防止 メモリ上の効率利用 分類→分割→配置→集約 index データ構造アクセス ホットスポットの回避 遅延永続化 データ偏在の解決 転送効率化 Co-location、転送プロトコル 簡易検査、圧縮などデータ量の削減負荷分散 非同期による時間差 並列可能箇所の並列実行 時間順序保証の上 (C) 2011 Microsoft Corporation 12
  13. 13. (C) 2011 Microsoft Corporation 13

×