World Usability Day 2009 Japan

1,755 views

Published on

このプレゼンは、人間中心設計推進機構主催の、World Usabiility Day 2009 Japanで講演したものです。

「長期的ユーザビリティとサスティナビリティ」

http://www.hcdnet.org/event/seminar/world_usability_day_2009_japan.php

Published in: Design
1 Comment
4 Likes
Statistics
Notes
  • I like it=)
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
No Downloads
Views
Total views
1,755
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
86
Actions
Shares
0
Downloads
31
Comments
1
Likes
4
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

World Usability Day 2009 Japan

  1. 1. 長期的ユーザビリティとサスティナビリティ ~ ユーザを導くデザインへ 安藤 昌也 ando-m@aiit.ac.jp Copyright © Masaya Ando
  2. 2. 1 自己紹介 安藤 昌也 産業技術大学院大学 創造技術専攻 助教 – 1997年 早稲田大学政治経済学部 卒 – 1997年 NTTデータ通信 – 1998年 アライド・ブレインズ株式会社 取締役 – 2007年~ 国立情報学研究所 特任研究員 – 2008年~ 現職 – 2009年 総合研究大学院大学メディア社会文化専攻修了 博士(学術) ●ユーザビリティ・アクセシビリティ等に関する公的活動 2001~2004年 JIS X8341-3(Webアクセシビリティ)委員 2006年~ ISO/TC159国内対策委員会委員 ・WG5(アクセシビリティ) ・WG6(人間中心設計) 2009年~ 人間中心設計推進機構 理事 2009年~ JIS X8341-6 原案作成委員会 幹事 Copyright © Masaya Ando
  3. 3. 2 サスティナビリティ? 本音は・・・ムズカシイ サスティナビリティ 「サスティナビリティ」って 長く使ってもらうことが、 HCDとどう関係するのか? サスティナビリティになるのか? 長く使ってもらうとしたら、 どのようにすればいいのか? Copyright © Masaya Ando
  4. 4. 3 疑問 「サスティナビリティ」って HCDとどう関係するのか? Copyright © Masaya Ando
  5. 5. 4 ISO13407改定でのサスティナビリティの重視  HCDの規格13407は、来年改定される。そこに、HCDと サスティナビリティについての記述がある。 7. サスティナビリティと人間中心設計 規格という点でのサスティナビリティは、経済、社会、環境 の統合とバランスを考慮することを伴っている [ISO9241-210, 注:安藤仮訳] 経済側面の例 社会側面の例 環境側面の例 ユーザニーズにこたえるこ HCDを導入することで、障 HCDは、設計全体のライフ とで、ユーザに拒否される 害者を含めたユーザの健 サイクルアプローチを促進 可能性を減らす 康と福祉の増進になる する “HCDはサスティナビリティを支持している” というのだが、具体的にどうすればいいのか? Copyright © Masaya Ando
  6. 6. 5 HCDがサスティナビリティに貢献できることは?  インタラクション研究分野では、サスティナビリティを考 える研究や主張が注目されている。 Sustainable Interaction Design (Blevis, 2007) • Blevisは、情報技術を用いたサスティナブルなプロダクトを 実現するための原則として、以下の5つを提案した。 1. 発明と廃棄のリンク 2. 更新と再利用の促進 3. 品質と同等の促進 4. 所有とアイデンティティの分離 5. 自然なモデルの使用と反映 iPodのような長く使える仕組みを提供するだけでいいのか? Copyright © Masaya Ando
  7. 7. 6 長寿命のデザイン  プロダクトデザイナーのD. ラムスは「長く使い続けられ る製品を生み出す」ことが、デザインが環境に貢献でき ることだと主張している。 デザインは環境問題にどのように関わるべきか? 数十年に渡って、市場に出回っているプロダクトがあり ます。そういう長寿命のデザインが、最も環境にやさし い。ワンシーズン使ってすぐ廃棄されるとか、生活にな じまず、ただ人の目を引くために施されたデザインは長 く愛用されず、環境にやさしいとは言えません。 特にインタラクションやインタフェースに関して 長く使ってもらえる製品を作るにはどうしたらいいのか? 出所: 2009/08/24 日経デザイン Copyright © Masaya Ando
  8. 8. 7 課題 長く使ってもらうためには どうすればいいのか? Copyright © Masaya Ando
  9. 9. 8 “製品を長く使う”とはどういうことか? 長期的ユーザビリティ Long Term Usability (Ando & Kurosu, 2005) インタラクティブ製品を、長期にわたって実利用環境で使用 する間に、ユーザが形成する製品の使用に対する評価  長く使っている製品は、製品に対するユーザの関心が高い。  多少問題があっても、何とか使おうと努力する。  製品評価は、“満足感”として感じられる。 使う意欲  長期利用の結果として“愛着”を感じるようになる。  陳腐化を感じても、“まだ使える”という判断が長く使わせる。 Copyright © Masaya Ando
  10. 10. 9 長く使うユーザの研究からの仮説 ユーザ体験の高い製品→長く使ってもらえる 1 ユーザの「使う意欲」を高め・維持することで、 より良く・愛着を持って使ってもらう 2 “知覚された製品の陳腐化”と、“機能の陳腐化”の ギャップを埋める支援策を提供する Copyright © Masaya Ando
  11. 11. 10 “使う意欲”の構成要因  インタラクティブ製品の利用意欲は、2つの要因で構成 される(安藤, 2008)。 製品ジャンルへの 操作することへの 興味・知識 積極性・自信 利用対象製品に対する インタラクティブ操作に対する 製品関与 利用自己効力感 ※自己効力感 「それぞれの課題が要求する行動の過程を、うまく 成し遂げるための能力についての個々の信念」(Bandura,1977) Copyright © Masaya Ando
  12. 12. 11 ユーザの使う意欲を高めるとは?  ユーザをうまく導けば、UIを使う意欲が高まる。 – 例: デジタルテレビのデータ放送 すごいニコニコ 使ってる感いっぱい “日立いいわ” “使えるじゃん!”という経験により、使う意欲を高め 製品をより良く・愛着をもって使ってもらえる Copyright © Masaya Ando
  13. 13. 12 ユーザの使う意欲を高めるとは?  iPhoneのAPPを自慢する人は、製品を使う意欲が高 まっている状態だと言える。  思いがけないAPPを発見する楽しさ =製品関与の向上  自分に適したニーズのAPPを入れてカ スタムする喜び =自己効力感の向上  これらを手軽に体験できる経済性と UIデザイン 意欲が低いユーザにも、敷居を低くし ユーザを導くデザインがポイント Copyright © Masaya Ando
  14. 14. 13 長く使うユーザの研究からの仮説 ユーザ体験の高い製品→長く使ってもらえる 1 ユーザの「使う意欲」を高め・維持することで、 より良く・愛着を持って使ってもらう 2 “知覚された製品の陳腐化”と、“機能の陳腐化”の ギャップを埋める支援策を提供する Copyright © Masaya Ando
  15. 15. 14 長期利用と知覚陳腐化  本当に長く製品を使い続けている人は、製品の陳腐化 と機能の陳腐化を区別し、使う意欲を維持している。 一般的な満足度の変化 長く使っている製品の満足度の変化 満足度 新製品を意識 満足度 満足度 買い替え 我慢 問 検討 問 問 題 諦め 題 題 問 問 題 題 使い方を変える 利用期間 ユーザが知覚する陳腐化は、主に流行との比較によるもの 機能としての寿命をどう活かすかのサポートが重要 Copyright © Masaya Ando
  16. 16. 15 陳腐化の知覚ギャップを乗り越えるヒントとして ハードウェア モジュール 変更 増設 修理・リペア Willcom WP004 2007 着せ替え リ カ フ ス Willcom レ タ WP003 2007 ッ ム シ アップデート ュ ソフトウェアの 追加 アップグレード カスタマイズ メンテナンス サービス ソフトウェア Copyright © Masaya Ando
  17. 17. 16 長く使うユーザの研究からの仮説 ユーザ体験の高い製品→長く使ってもらえる 1 ユーザの「使う意欲」を高め・維持することで、 より良く・愛着を持って使ってもらう 2 “知覚された製品の陳腐化”と、“機能の陳腐化”の ギャップを埋める支援策を提供する ユーザを“導くデザイン”が重要 Copyright © Masaya Ando
  18. 18. 17 積極的にエコに “導くデザイン”  インタラクションは、ユーザのエコ意識に応え、積極的に 行動変容を導くこともできるはずだ。 エコドライブの楽しさを広げる トヨタ ESPO http://toyota.jp/sai/eco_passport/index.html Copyright © Masaya Ando
  19. 19. 18 まとめ Copyright © Masaya Ando
  20. 20. 19 本日のまとめ ユーザを導き、製品を長く使ってもらうデザインは HCDが貢献できるサスティナビリティである 1. HCDプロセスにおいて、サスティナビリティを考慮 することは、新たな常識。 2. 使う意欲が高いほど、良く・愛着を持って使う。ユー ザの意欲を高め、維持するデザインやサービスを 検討することが、長く使ってもらうためには重要。 3. ユーザのエコ意識に応えるためにも、ユーザを導く インタフェースを持った製品づくりへの挑戦が、今後 の課題。 Copyright © Masaya Ando
  21. 21. 20 連絡先  公立大学法人 首都大学東京 産業技術大学院大学 電話: 03-3472-7831 (代表) FAX: 03-3472-2790  安藤個人宛 連絡先 Mail: ando-m@aiit.ac.jp Copyright © Masaya Ando
  22. 22. 21 使う意欲と製品評価の傾向 たまに使う程度 よく使い、使いこなす 満足度:中、愛着:低 満足度:高、愛着:高 陳腐化:感じにくい 自己効力感 陳腐化:感じやすい (SE) 冷静・合理的 マニア 高 ユーザ ユーザ ミニマム利用 期待空回り 低 ユーザ ユーザ 製品関与 低 高 (PI) あまり使わない うまく使いこなせない 満足度:低、愛着:低 満足度:中、愛着:高 陳腐化:感じにくい 陳腐化:感じやすい Copyright © Masaya Ando
  23. 23. 22 使う意欲をいかに高めるか?  自己効力感をヒントにすると、ユーザの意欲を高められ る可能性が見えてくる。 Copyright © Masaya Ando
  24. 24. 23 使う意欲をいかに高めるか?  自己効力感をヒントにすると、ユーザの意欲を高められ る可能性が見えてくる。 カ ス タ マ イ ズ の 満 足 感 思いがけないAPPを発見する楽しさ Copyright © Masaya Ando

×