社会人の学びを促す学びのプロデュース術

3,290 views

Published on

2011年6月4日 第4回WebUX勉強会 基調講演。KDDIウェブコミュニケーションズ:セミナールーム。

http://asanoken.jugem.jp/?eid=1909

Published in: Education

社会人の学びを促す学びのプロデュース術

  1. 1. 第4回Web UX 研究会 2011年6月4日 社会人の学びを促す学びのプロデュース術 ~AIITデザインプログラムの経験から 千葉工業大学 デザイン科学科 Chiba Institute of Technology Department of Design 安藤 昌也 ando@sky.it-chiba.ac.jpCopyright © Masaya Ando
  2. 2. 1 自己紹介 安藤 昌也 ANDO Masaya, Ph.D. 千葉工業大学 工学部 デザイン科学科 准教授 早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。NTTデータ通信(現、NTTデータ)を 経て、1998年 アライド・ブレインズ株式会社の取締役シニアコンサルタントに就任。 早稲田大学、国立情報学研究所、産業技術大学院大学を経て2011年より現職。 博士(学術)。専門は、人間中心デザイン。UX(ユーザ体験)の研究者。 ユーザビリティやアクセシビリティのJIS, ISOの国内委員、人間中心設計推進機構 理事を務める。 Twitter: masaya21Copyright © Masaya Ando
  3. 3. 2 AIIT  首都大学東京が設立した社会人向け専門職大学院。Copyright © Masaya Ando
  4. 4. 3 私がプロデュースに関わったデザイン教育プログラム 履修証明プログラム 人間中心デザイン (2009・2010) 子どもワークショップ (2008~2010) デザイン活用セミナー (2008) 商店街デザイン選手権 (2010) 東京都実践デザイナー育成講座 産学連携による実践型人材育成事業 (2009一部) (2010)Copyright © Masaya Ando
  5. 5. 4 履修証明プログラム「人間中心デザイン」  「人間中心デザイン」コースの目的 – このプログラムは、「高いユーザビリティ、よりよいユーザ体験 (UX)を実現するものづくり」を実践するために不可欠な、人間 中心デザインの基礎知識の修得と、体系的なデザイン手法の 修得を目的とする講義と演習によるプログラム。  基 礎 編 : 人間中心設計の基礎、認知科学などの基礎知識  デザイン編: 人間中心デザインのためのデザイン手法  応 用 編 : UXの最新動向、応用領域に関する知識Copyright © Masaya Ando
  6. 6. 5 HCD業界で著名な講師陣 基礎編 デザイン編 応用編Copyright © Masaya Ando
  7. 7. 6 楽しいコミュニティでの学び~2010年度の実績からCopyright © Masaya Ando
  8. 8. 7 文科省 デザインスキルスタンダード・トライアルプログラム  DSSTの目的 – 産業デザイン分野における産学が一体となった人材教育プロ グラムの開発を目的とした事業。 – 東京都のスキルスタンダードに合わせ、デザインスキルを4つ のレベルに分けて、教育プログラムを開発。 – レベル4は、5年以上のデザイン実務経験者を対象にして開発。Copyright © Masaya Ando
  9. 9. 8 レベル4のプルグラム概要 伊藤 衡 渡邉 康太郎氏 01 コミュニケーションスキル基礎 (takram design (富士ゼロックス 総合教育研究所) engineering) 02 知財戦略特論 川崎 芳孝氏 根津 孝太氏 (特許庁) (znug design) 03 デザイン戦略特論 ~アジアデザインの現状と展望 青木 史郎氏 (日本産業 吉田 道生氏 デザイン振興会) (日本サムスン) 04 クリエイティブ・リーダーシップ特論 ~チームエンパワーメントと創造力の向上 上平 崇仁氏 (専修大学) 05 ヒューマンセンタードデザイン特論 ~エスノグラフックアプローチとコンセプト 安藤 昌也 デザイン (産業技術大学院大学)Copyright © Masaya Ando
  10. 10. 9 社会人の“学び”とは何か? 何を考えてこれらのプログラムを設計したかCopyright © Masaya Ando
  11. 11. 10 社会人の学びのプロデュース  これまでのプログラム開発経験を通して、社会人の学び のプロデュースには3つのポイントがある。 1 企業実務を意識しフレームワークとアプ ローチを組み合わせて提供する 2 「アプローチ」の学びには“集団協調的 省察”を促す仕組みを提供する 3 学びの成長プロセスを理解し提供者が 学習者と共に学び“批判的省察”を促すCopyright © Masaya Ando
  12. 12. 11 企業での実務を意識した学びの提供 知識・概念・理論 方法論・手技法 フレームワーク アプローチ 実践 学びのエンジン 自己探索的 省察 集団協調的Copyright © Masaya Ando
  13. 13. 12 企業での実務を意識した学びの提供 知識・概念・理論 方法論・手技法 フレームワーク アプローチ 実践 学びのエンジン 自己探索的 省察 集団協調的Copyright © Masaya Ando
  14. 14. 13 社会人の理想的な学びのプロセス 教育者が教える <教育者決定型学習> 提供者・教育者 社会人学習者 学習者が主体的に学ぶ <自己(学習者)決定型学習> 教育者・学習者が共に学ぶ 批判的省察 <相互決定型学習> (参考:三輪建二『おとなの学びを育む一生涯学習と学びあうコミュニティの創造』鳳書房、 2009年)Copyright © Masaya Ando
  15. 15. 14 まとめ:コミュニティの学びとは 1 企業実務を意識しフレーム ワークとアプローチを組み 合わせて提供する 2 「アプローチ」の学びには、 “集団協調的省察”を促 す仕組みを提供する コミュニティ の力 3 学びの成長プロセスを理解 し提供者が学習者と共に 学び“批判的省察”を促すCopyright © Masaya Ando
  16. 16. 15 まとめ:コミュニティの学びとは 1 企業実務を意識しフレーム ワークとアプローチを組み 合わせて提供する 2 「アプローチ」の学びには、 “集団協調的省察”を促 す仕組みを提供する 飲み会 の力 3 学びの成長プロセスを理解 し提供者が学習者と共に 学び“批判的省察”を促すCopyright © Masaya Ando
  17. 17. 16 連絡先  安藤研究室は、総武線津田沼駅 3分の千葉工大津田沼キャンパス にあります。 お近くにお寄りの際はぜひ!  安藤個人宛 連絡先 Mail: ando@sky.it-chiba.ac.jp masaya.ando@gmail.com Twitter: masaya21Copyright © Masaya Ando

×