• Share
  • Email
  • Embed
  • Like
  • Save
  • Private Content
サービスデザインと学び~京都大学Service Design Roundtable参加報告
 

サービスデザインと学び~京都大学Service Design Roundtable参加報告

on

  • 1,730 views

2014年3月11日開催 第12回UXDinitiative @恵比寿amu

2014年3月11日開催 第12回UXDinitiative @恵比寿amu
関連スライド:http://www.slideshare.net/masaya0730/ss-32131380

Statistics

Views

Total Views
1,730
Views on SlideShare
1,627
Embed Views
103

Actions

Likes
13
Downloads
11
Comments
0

3 Embeds 103

http://www.hokorin.com 90
http://feedly.com 12
https://twitter.com 1

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    サービスデザインと学び~京都大学Service Design Roundtable参加報告 サービスデザインと学び~京都大学Service Design Roundtable参加報告 Presentation Transcript

    • Copyright © Masaya Ando 千葉工業大学 デザイン科学科 Chiba Institute of Technology Department of Design 安藤 昌也 masaya.ando@it-chiba.ac.jp サービスデザインと学び ~京都大学Service Design Roundtable参加報告 2014年3月11日
    • Copyright © Masaya Ando 1 京都大学Service Design Roundtable  京都大学デザイン学大学院連携プログラム主催による Service Design Roundtableが開催された。 – 日時:2014年2月15日(土) 10:30-18:30 – 場所:京都大学経営管理大学院 総合研究2号館 – 参加者:サービスデザイン関係者27名(内発表者22名) 画像出所:http://www.design.kyoto-u.ac.jp/archive/3727/
    • Copyright © Masaya Ando 2 参加者リスト
    • Copyright © Masaya Ando 3 このイベントのそもそもの問題意識  山内 裕先生(京大)の以下の問いから始まっている。 (出典:2014年2月15日、山内 裕氏資料より)
    • Copyright © Masaya Ando 4 印象的な議論  サービスをデザインする視点。社会をデザインする視点。 (出典:2014年2月15日、原辰則氏資料より) (出典:2014年2月15日、持丸正明氏資料より) (出典:2014年2月15日、内田友紀氏資料より) (出典:2014年2月15日、須永剛司氏資料より)
    • Copyright © Masaya Ando 5 Design for Services (Meroni and Sangiorgi, 2011)Society Designオープン化・共働化 オ ー プ ン 化 ・共 働 化 SERVICE DESIGN DESIGN for SERVICE CO-Creation “プロダクト”でないもの としてのサービス 人間中心の関係性の 実態としてのサービス 社会変革として のサービス
    • Copyright © Masaya Ando 6 経験計画の“カタチ化”の視点 (安藤, 2014)  5つのレンズ(範囲)から、計画した経験=行為がもたらす関わり の範囲を意識することで、その“経験の輪郭”が見えてくる。 1. 心のレンズ 2. 行為のレンズ 3. 関わりのレンズ1(直接) 4. 関わりのレンズ2(周辺) 5. 場のレンズ
    • Copyright © Masaya Ando 7 UXデザインとソーシャルデザイン (安藤, 2014)  対象ユーザーの“行為”が、最初にデザイ ンされる。  対象となる人々同士の“関わり”が、最初 にデザインされる。そののち、具体的な 人々の“行為”を、それぞれデザインして いくアプローチ UXデザイン ソーシャルデザイン 巻き込んでいくアプローチ デザイナー以外がデザインするトリガー・場・仕組み デザイナーがデザインしてあげるアプローチ
    • Copyright © Masaya Ando 8 主体の関係性の捉え方・視点  様々なステークホルダーがそれぞれ「自分の都合」で行動するこ とで、全体として価値が生まれるという議論が多かった。 (出典:2014年2月15日、田村大氏資料「Service Ecologyという視点」より) 誰がプロバイダーで、誰がレシーバーか? 画像出所: http://twitpic.com/68sqb8
    • Copyright © Masaya Ando 9 サービスとは何かという本質的な議論  「顧客満足を上げることがサービスなのか?」(田村氏) (出典:2014年2月15日、田村大氏資料「Service Ecologyという視点」より) コミュニティとしての「相乗 効果」の方が価値が高い ギャップを埋める> 画像出所:左:http://minkara.carview.co.jp/userid/4511/spot/404651/ 右:http://www.robuchon.jp/topics/2543.html
    • Copyright © Masaya Ando 10 このラウンドテーブルで感じた事  視点はCo-creationへ:  共通する認識も多数: – 全体性のデザイン(サービスエコロジー) – デザインのデザイン – “銀座のママ”のようなデザイナーの存在 – “想い”と“都合”のバランス  課題も認識: – Co-creationを、サービスデザインと呼んでいいのか? • Co-creationがサービスデザインの一つということに異論はないが・・・ – Co-creationからDesign for Serviceを議論することの重要性 (ここでの)サービスデザイン: 社会で実践する人々がデザインし始める状況を創ること
    • Copyright © Masaya Ando 11 Service Design Roundtableの情報 http://www.design.kyoto-u.ac.jp/archive/3727/
    • Copyright © Masaya Ando 12 UX UXD SD 顧客の主観的な体験 〜提供体を通して精緻化される経験価値が重要 経験価値を軸とした顧客の体験の計画 〜経験価値に着眼して新たな経験を創ることが重要 新たな提供体の全体的・組織的な計画 〜提供体を効果的かつ継続性を勘案することが重要 〜従業員をも“ユーザー”と見なす視点が重要 UXとUXDとサービスデザイン Service Design = UXD + 全体的・組織的な計画?
    • Copyright © Masaya Ando 13 千葉工大のサービスデザイン演習のプロセス概念図 ヒトの 視点 モノの 視点 ビジネスの 視点 1.現状の調査と分析 2.コンセプトと構造(見えない構造・見える構造) 3.発想とコンセプトの可視化 4.ユーザー評価とコンセプトの修正 5.コンセプトの具体化(体験ビデオと“モノ”の具体化)
    • Copyright © Masaya Ando 14 千葉工大の入試広報課を題材にした学生課題の例 現状のリサーチ ヒトの視点 (体験価値) モノの視点 (見取り図) ビジネスの視点 (現状CVCA)
    • Copyright © Masaya Ando 15 千葉工大の入試広報課を題材にした学生課題の例 コンセプトムービー 提案コンセプト 全体像
    • Copyright © Masaya Ando 16 千葉工大の入試広報課を題材にした学生課題の例 提案コンセプト ヒトの視点
    • Copyright © Masaya Ando 17 千葉工大の入試広報課を題材にした学生課題の例 提案コンセプト モノの視点
    • Copyright © Masaya Ando 18 千葉工大の入試広報課を題材にした学生課題の例 提案コンセプト ビジネスの視点 提案のCVCA