Your SlideShare is downloading. ×
0
人間の成長とユーザエクスペリエンス
人間の成長とユーザエクスペリエンス
人間の成長とユーザエクスペリエンス
人間の成長とユーザエクスペリエンス
人間の成長とユーザエクスペリエンス
人間の成長とユーザエクスペリエンス
人間の成長とユーザエクスペリエンス
人間の成長とユーザエクスペリエンス
人間の成長とユーザエクスペリエンス
人間の成長とユーザエクスペリエンス
人間の成長とユーザエクスペリエンス
人間の成長とユーザエクスペリエンス
人間の成長とユーザエクスペリエンス
人間の成長とユーザエクスペリエンス
人間の成長とユーザエクスペリエンス
人間の成長とユーザエクスペリエンス
人間の成長とユーザエクスペリエンス
人間の成長とユーザエクスペリエンス
人間の成長とユーザエクスペリエンス
人間の成長とユーザエクスペリエンス
人間の成長とユーザエクスペリエンス
人間の成長とユーザエクスペリエンス
人間の成長とユーザエクスペリエンス
人間の成長とユーザエクスペリエンス
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

人間の成長とユーザエクスペリエンス

3,850

Published on

2011年12月10日 日本人間工学会関東支部第41回大会 "企画セッション:これからのアーゴデザインを考える"にて発表。「人間の成長とユーザエクスペリエンス」

2011年12月10日 日本人間工学会関東支部第41回大会 "企画セッション:これからのアーゴデザインを考える"にて発表。「人間の成長とユーザエクスペリエンス」

Published in: Design
0 Comments
10 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
3,850
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
6
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
10
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  1. 関東支部第41回大会 2011年12月10日 企画セッション:これからのアーゴデザインを考える 人間の成長とユーザエクスペリエンス 千葉工業大学 デザイン科学科 Chiba Institute of Technology Department of Design 安藤 昌也 ando@sky.it-chiba.ac.jpCopyright © Masaya Ando
  2. 1 はじめに 技術軸 複雑化する社会に対応できる 人間中心設計のあり方・課題 人間軸 環境軸 人間の成長 参加型デザイン 技術の革新 環境の変化 これからのアーゴデザイン 4つのキーワードCopyright © Masaya Ando
  3. 2 HCDにおける「人間の成長」の視点Copyright © Masaya Ando
  4. 3 人間中心設計とユーザビリティ モノサイド ユーザサイド コンテキスト インタラクティブ 製品 相互作用 有効さ・効率 ユーザビリティ 満足度 ユーザビリティには熟達や学びの過程・長期的視点 での指標が考慮されていない (e.g., Hornæk, 2006)Copyright © Masaya Ando
  5. 4 ISO13407からISO9241-210へ ISO13407 ISO9241-210 発効年 1999年 2010年 インタラクティブシステムの インタラクティブシステムの 名称 ためのHCDプロセス ためのHCD サービスを含む 対象 インタラクティブシステム インタラクティブシステム UXの定義 UX 言及なし UXに関するHCD原則Copyright © Masaya Ando
  6. 5 ユーザエクスペリンスに対する期待の高まり  デバイスの多様化、ネットサービスの高度化により、ま すます“ユーザー体験”が重要になっている。 UXユーザ体験 user experienceCopyright © Masaya Ando
  7. 6 UXに関する共通認識の構築に向けた動き ISO 9241-210: 2010 User eXperience White Paper 人間中心設計プロセスの国際規格 UXの定義に混乱があることから、 世界のUX研究者が集まり、基本コ 規格対象が、インタラクティブシステ ンセプトを整理した議論の成果 ムだけでなく、サービスにも拡大 “定義”そのものではないが、UXと UXがテクニカルタームとして定義 はどういう観点から捉えるべきかを わかりやすく解説 HCDの目的として、トータルなUXを 実現することと位置付け “UXとは何か”を探りながらも重要性の認識は共通Copyright © Masaya Ando
  8. 7 ISO9241-210におけるUXの定義 ユーザエクスペリエンス(UX): 製品やシステム、サービスの利用、および/もしくは予想され た使い方によってもたらされる人々の知覚と反応  注1:ユーザエクスペリンスは、使用前、使用中、使用後に起こる、ユーザの 感情、信念、嗜好、知覚、生理学的・心理学的な反応、態度、達成感の すべてを含む。  注2:ユーザエクスペリエンスは、ブランドイメージ、見た目、機能、システムの パフォーマンス、インタラクティブシステムのインタラクティブな振る舞い と支援機能、事前の経験から生じたユーザの内的および身体的状態、 態度、スキルとパーソナリティ、利用状況の結果である。  注3: ユーザの個人的目標という観点から考えた時には、通常はユーザエク スペリエンスに付随する知覚的・感情的な側面を、ユーザビリティは含 むことができる。ユーザビリティの基準を用いて、ユーザエクスペリエン スの諸側面を評価することができる。Copyright © Masaya Ando
  9. 8 様々な視点からのUX  『UX白書』によるUXを期間の観点で区切る考え方は、 様々に用いられる言葉を整理するのに役立つ。 (出所:2011年2月:User Experience White Paper, HCD Value: “UX白書の翻訳と概要”資料)Copyright © Masaya Ando
  10. 9 UXデザインとUX  UXをデザインするには、意味的UXのレベルを含む全 体を検討する。 長期に渡る製品との関わりに着目した • 商品としての意味 累積的(意味的)UXのデザイン • 生活におけるモノの意味・価値 一定期間の製品との関わりに着目した • 文脈における利用 エピソード的UXのデザイン • 利用のパターン、ユースケース 製品との瞬間的な関わりに着目した • 操作感・利用感・受け答え • わかりやすさ、理解しやすさ 一時的UXのデザイン • デザインの美しさCopyright © Masaya Ando
  11. 10 UXとユーザビリティ モノサイド ユーザサイド コンテキスト インタラクティブ 製品 相互作用 有効さ・効率 ユーザビリティ 満足度 経時的 観点 ユーザエクスペリエンスCopyright © Masaya Ando
  12. 11 UXと人間の成長Copyright © Masaya Ando
  13. 12 UXとアーゴデザインの観点 人間の成長 視点① 後 結果としての成長 視点② 前 プロセスとしての成長 個人の経験の過程自体を デザインすることは困難だが そこに眼を向けることが重要Copyright © Masaya Ando
  14. 13 製品の実利用による評価を左右する心理的要因  インタラクティブ製品の評価は、ユーザーの“利用意欲” に左右される。この利用意欲は、2つの要因で構成され る(安藤, 2010)。 製品ジャンルへの 操作することへの 興味・知識 積極性・自信 利用対象製品に対する インタラクティブ操作に対する 製品関与 利用自己効力感 ※自己効力感 「それぞれの課題が要求する行動の過程を、うまく 成し遂げるための能力についての個々の信念」(Bandura,1977)Copyright © Masaya Ando
  15. 14利用経験によるメンタルモデル精緻化仮説 (安藤, 2011)  UXは実利用環境にある。生活における意味の中で、理 解=メンタルモデルを精緻化するプロセスと捉えてみる。 モノとの一時的な関わりだけでなく、生活における 意味・モノを使う智慧の形成プロセスとしてUXを捉えるCopyright © Masaya Ando
  16. 15 クリッペンドルフの人間中心デザイン  クリッペンドルフも同様に、人工物の意味(セマンテック) を軸とした人間中心のデザインのモデルを示している。 (Krippendorff, 2006)Copyright © Masaya Ando
  17. 16 個人の成長から社会の成長へCopyright © Masaya Ando
  18. 17 “個人レベルの成長”から“社会レベルの成長”へ 体 社会的 社会参画 サスティナビリティ 験 の 範 囲 の 広 が り 個人的 意欲・学び 意味・智慧 一時的体験 蓄積的体験 時間的蓄積による“意味”“文化”の生成Copyright © Masaya Ando
  19. 18 “個人レベルの成長”から“社会レベルの成長”へ  一時的な体験と累積的な体験を結びつける“成長”。 ソーシャルエクスペリエンス(?) 体 社会的 社会参画 サスティナビリティ 験 の 範 囲 の ユーザエクスペリエンス 広 が り 個人的 意欲・学び 意味・智慧 一時的体験 蓄積的体験 時間的蓄積による“意味”“文化”の生成Copyright © Masaya Ando
  20. 19 “個人レベルの成長”から“社会レベルの成長”へ  個人的な体験と社会的な体験を結びつける“成長”。 体 社会的 社会参画 サスティナビリティ 験 の 範 囲 の 広 が り 個人的 意欲・学び 意味・智慧 一時的体験 蓄積的体験 時間的蓄積による“意味”“文化”の生成Copyright © Masaya Ando
  21. 20“意欲・学び”を“社会参画”につなぐデザイン  東日本大震災をめぐっては、小さな個人的意欲を課題 解決につなげる様々な優れたデザインが実施された。 Google パーソンファインダー 節電ポスター 避難所に掲示された名簿の写真を デザイナーやコピーライターなどが、 多くのボランティアがデジタル化。 再配布フリーのポスターデザインを 数十万件に及ぶ情報をデータ化。 多数投稿。類似サイトも多数登場。(画像:http://japan.internet.com/busnews/20110329/21.html) (出所:http://setsuden.tumblr.com/)Copyright © Masaya Ando
  22. 21“意味・智慧”を“サスティナビリティ”につなぐデザイン  日本の生活文化を評価し、新たな価値を見出することで、 持続可能な社会を模索する取り組みが増えている。 (画像:http://www.t-lr.co.jp/) (画像:http://photozou.jp/photo/show/1391108/67760854) 富山市のLRTとレンタサイクルママチャリの乗りやすさだけでなく、日常生活が自転車で済ませられる「自転車町内」、その他の公共交通との連携などシステムとしての日本の智慧を高く評価。Copyright © Masaya Ando
  23. 22 “個人レベルの成長”から“社会レベルの成長”へ 呼びかけを活かす 生活を見つめる 結びつける 価値を見出す 基盤をつくる やり続ける 意味を共有する 維持する 社会的 社会参画 サスティナビリティ 個人的 意欲・学び 智慧 一時的体験 蓄積的体験Copyright © Masaya Ando
  24. 23 本日のまとめ これからのアーゴデザインとして“人間の成長”を UXの観点から考え、その方向性と広がりを検討した 1. 現在のHCDはユーザー体験(UX)の実現が目標。 長期的視点でユーザーの変化を捉える点が重要。 2. “人間の成長”としてUXを見ると、結果としてだけで なくその過程を捉えることが大切。 3. UXはあくまで個人的体験。社会の中で捉える視点 も必要。 4. 個人的体験と社会的体験とを結びつけること、それ らを継続的に実施していくことに、新しいアーゴデザ インの可能性があるのではないか。Copyright © Masaya Ando

×