2009年9月3日       HIST ヒューマンインタフェース学会 若手の会 シンポジウム       ヒューマンインタフェースの未来を拓く       異分野との対話・協同       ~ 安藤昌也:コンサルティングと対話        ...
1   自己紹介    安藤 昌也                    産業技術大学院大学 創造技術専攻 助教         –     1997年        早稲田大学政治経済学部 卒         –     1997年     ...
2   安藤の研究 ~インタラクティブ製品を対象にして               使用により「満足感」を得られる製品体験の実現                 ユーザの“使う意欲”をかりたてるデザイン                 ユー...
3   “コンサルタント”という仕事における対話    コンサルタントは、問題解決の専門家だが、本質的には問題を     作ったり、定義したりする仕事が8割。      河原でバーベキューしているが・・・                   ...
4   “コンサルタント”という仕事における対話    コンサルタントは、問題解決の専門家だが、本質的には問題を     作ったり、定義したりする仕事が8割。      河原でバーベキューしているが・・・                   ...
5   “コンサルタント”という仕事における対話    コンサルタントは、問題解決の専門家だが、本質的には問題を     作ったり、定義したりする仕事が8割。      河原でバーベキューしているが・・・                   ...
6   “コンサルタント”という仕事における対話    コンサルタントは、問題解決の専門家だが、本質的には問題を     作ったり、定義したりする仕事が8割。      河原でバーベキューしているが・・・                   ...
7   イソッブ童話の「ツルときつね」                                                                ツルは、きつねが出した皿のスープ                       ...
8   イソッブ童話の「ツルときつね」                                          ツルは、きつねが出した皿のスープ                                          を飲め...
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

HI学会若手の会ワークショップ09: コンサルティングと対話

1,236

Published on

2009年9月3日 HIST ヒューマンインタフェース学会 若手の会ワークショップのプレゼンテーション。

トランスクリプトは、以下にあります(JAIST杉原先生)
http://sig.his.gr.jp/hist/hist2009WS2_transcript.pdf

Published in: Education
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
1,236
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

HI学会若手の会ワークショップ09: コンサルティングと対話

  1. 1. 2009年9月3日 HIST ヒューマンインタフェース学会 若手の会 シンポジウム ヒューマンインタフェースの未来を拓く 異分野との対話・協同 ~ 安藤昌也:コンサルティングと対話 安藤 昌也 ando-m@aiit.ac.jpCopyright © Masaya Ando
  2. 2. 1 自己紹介 安藤 昌也 産業技術大学院大学 創造技術専攻 助教 – 1997年 早稲田大学政治経済学部 卒 – 1997年 NTTデータ通信株式会社 – 1998年 アライド・ブレインズ株式会社 取締役 – 2007年~ 国立情報学研究所 特任研究員 – 2008年~ 現職 – 2009年 総合研究大学院大学メディア社会文化専攻修了 博士(学術) ●ユーザビリティ・アクセシビリティ等に関する公的活動 2001~2004年 JIS X8341-3(Webアクセシビリティ)委員 2006年~ ISO/TC159国内対策委員会委員 ・WG5(アクセシビリティ) ・WG6(人間中心設計) 2009年~ 人間中心設計推進機構 理事 2009年~ JIS X8341-6 原案作成委員会 幹事Copyright © Masaya Ando
  3. 3. 2 安藤の研究 ~インタラクティブ製品を対象にして 使用により「満足感」を得られる製品体験の実現 ユーザの“使う意欲”をかりたてるデザイン ユーザの“使う意欲”を利用したデザイン 「満足感」を演出するトータルな製品体験の設計 “使う意欲” ■これまでの研究成果 ① ユーザは長く製品を使う間に、どんな風に製品を評価していくのか? ② 長期の製品利用ユーザの製品評価は、短期利用ユーザとどう違うか? ③ 製品評価に影響を与えうるユーザの心理要因とは何か? ④ ユーザの心理要因の違いによって、製品評価はどう変わるのか?Copyright © Masaya Ando
  4. 4. 3 “コンサルタント”という仕事における対話  コンサルタントは、問題解決の専門家だが、本質的には問題を 作ったり、定義したりする仕事が8割。 河原でバーベキューしているが・・・ 炭に火がつかない! (画像出所:http://allabout.co.jp/travelo/) 着火剤で・・・ 小さい炭を組んで・・・ 直接的なアドバイスだが 本当に正しいアドバイスだろうか?Copyright © Masaya Ando
  5. 5. 4 “コンサルタント”という仕事における対話  コンサルタントは、問題解決の専門家だが、本質的には問題を 作ったり、定義したりする仕事が8割。 河原でバーベキューしているが・・・ (画像出所:http://allabout.co.jp/travelo/) こんなところじゃ 危ない! 実はこんなところでバーベキューをやっている! BBQはやめろ! 視点を広く持つといろいろ見えてくる だが広すぎる視点は、相手の要望には答えられないCopyright © Masaya Ando
  6. 6. 5 “コンサルタント”という仕事における対話  コンサルタントは、問題解決の専門家だが、本質的には問題を 作ったり、定義したりする仕事が8割。 河原でバーベキューしているが・・・ (画像出所:http://allabout.co.jp/travelo/) 滝壺からの風が強く 着火しない。しかも危ない。 適切なフレーミングが すこし後ろに下がって 適切なアドバイスに繋がる 着火するといいCopyright © Masaya Ando
  7. 7. 6 “コンサルタント”という仕事における対話  コンサルタントは、問題解決の専門家だが、本質的には問題を 作ったり、定義したりする仕事が8割。 河原でバーベキューしているが・・・ (画像出所:http://allabout.co.jp/travelo/) 滝壺からの風が強く 着火しない。しかも危ない。 対話を通して、どこに互いの概念にギャップがあるかを すこし後ろに下がって 見抜くことがコンサルテーションの第一歩 着火するといいCopyright © Masaya Ando
  8. 8. 7 イソッブ童話の「ツルときつね」 ツルは、きつねが出した皿のスープ を飲めなかった・・・ きつねは、ツルが出した壺のスープ を飲めなかった・・・ というが、、、 (画像出所:http://www.geocities.co.jp/Bookend-Ohgai/7056/turutokitune.html)Copyright © Masaya Ando
  9. 9. 8 イソッブ童話の「ツルときつね」 ツルは、きつねが出した皿のスープ を飲めなかった・・・ きつねは、ツルが出した壺のスープ を飲めなかった・・・ というが、、、 きつねは相手の作法を尊重しつつ、自分なりの工夫さえすれば ちゃんとスープは飲めるはず (画像出所:http://www.geocities.co.jp/Bookend-Ohgai/7056/turutokitune.html)Copyright © Masaya Ando

×