Your SlideShare is downloading. ×
0
デザインのためのUX・サービス・ソーシャル〜”価値のカタチの導き方”
デザインのためのUX・サービス・ソーシャル〜”価値のカタチの導き方”
デザインのためのUX・サービス・ソーシャル〜”価値のカタチの導き方”
デザインのためのUX・サービス・ソーシャル〜”価値のカタチの導き方”
デザインのためのUX・サービス・ソーシャル〜”価値のカタチの導き方”
デザインのためのUX・サービス・ソーシャル〜”価値のカタチの導き方”
デザインのためのUX・サービス・ソーシャル〜”価値のカタチの導き方”
デザインのためのUX・サービス・ソーシャル〜”価値のカタチの導き方”
デザインのためのUX・サービス・ソーシャル〜”価値のカタチの導き方”
デザインのためのUX・サービス・ソーシャル〜”価値のカタチの導き方”
デザインのためのUX・サービス・ソーシャル〜”価値のカタチの導き方”
デザインのためのUX・サービス・ソーシャル〜”価値のカタチの導き方”
デザインのためのUX・サービス・ソーシャル〜”価値のカタチの導き方”
デザインのためのUX・サービス・ソーシャル〜”価値のカタチの導き方”
デザインのためのUX・サービス・ソーシャル〜”価値のカタチの導き方”
デザインのためのUX・サービス・ソーシャル〜”価値のカタチの導き方”
デザインのためのUX・サービス・ソーシャル〜”価値のカタチの導き方”
デザインのためのUX・サービス・ソーシャル〜”価値のカタチの導き方”
デザインのためのUX・サービス・ソーシャル〜”価値のカタチの導き方”
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

デザインのためのUX・サービス・ソーシャル〜”価値のカタチの導き方”

1,844

Published on

2013年度千葉工業大学安藤昌也研究室活動報告会「価値のカタチ」。2014年3月1日 …

2013年度千葉工業大学安藤昌也研究室活動報告会「価値のカタチ」。2014年3月1日
株式会社ミクシィ

詳細:http://andoken.blogspot.jp/2014/02/blog-post.html

Published in: Design
0 Comments
15 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
1,844
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
6
Actions
Shares
0
Downloads
22
Comments
0
Likes
15
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. 2013年度 安藤研究室活動報告会 2014年3月1日 デザインのためのUX・サービス・ソーシャル 千葉工業大学工学部デザイン科学科 安藤 昌也 masaya.ando@it-chiba.ac.jp Copyright © Masaya Ando
  • 2. 1 私たちが目指すもの エクスペリエンスデザイン計画 経験の計画 Copyright © Masaya Ando
  • 3. 2 “個人”としてのUX ・ “産業”としてのUXD UX UXD “体験”そのものは ユーザーの個人的なもの どんな“体験”をしてもらうか 計画すること 体験が量産・再生産される 仕組みを作ること Copyright © Masaya Ando
  • 4. 3 経験計画のヒューリスティックアプローチ (12年度) 1. デザインすべき経験はあなたの生活の中にある 2. あなたや当事者の心と行為の構造に 新しい経験のヒントがある 3. 新しい経験の最小単位の原理を探れ 4. 筋のよい経験の原理は 構造的なコンセプトに変換できる 5. 繰り返し試すことで経験の計画は磨かれる Copyright © Masaya Ando
  • 5. 4 2013年度 安藤研究室のテーマ 計画した体験を量産・再生産するための仕組みづくり “カタチにすること” “量産できる体制”を重要視 Copyright © Masaya Ando
  • 6. 安藤研究室における 経験計画の“カタチ化”の視点 Copyright © Masaya Ando
  • 7. 6 安藤研・経験計画の“カタチ化”の視点  5つのレンズ(範囲)から、計画した経験=行為がもたらす関 わりの範囲を意識することで、その“経験の輪郭”が見えてくる。 1. 心のレンズ 2. 行為のレンズ 3. 関わりのレンズ1(直接) 4. 関わりのレンズ2(周辺) 5. 場のレンズ Copyright © Masaya Ando
  • 8. 7 1. 心のレンズの例  “心”のレンズでの検討は、経験デザインには どんなものにも不可欠。 支援的ユーモアを用いた絵本の制作 変形合体おもちゃの感情サイクルと制作 “心”を輪郭としたデザインは、ユーザーの心理構造や 心理作用の原理に基づいたデザインをする Copyright © Masaya Ando
  • 9. 8 3. 関わりのレンズ1(直接)の例  ユーザーが主体となり、直接的に関わりのあ る人々を巻き込んで行われる行為を計画。 日本茶のある生活を楽しむプロダクト バントの仲間と確実にライブ実現まで導くアプリ “直接的な関係”を輪郭としたデザインは、その関係に 価値を与えるために必要なものをデザインする Copyright © Masaya Ando
  • 10. 9 3. 関わりのレンズ1(直接)の例  ユーザーが主体となり、直接的に関わりのあ る人々を巻き込んで行われる行為を計画。 商店街と地域住民の繋がりを深めるツール 「幽遊白書」を友達に貸して ファンにさせるためのツール “直接的な関係”を輪郭としたデザインは、その関係に 価値を与えるために必要なものをデザインする Copyright © Masaya Ando
  • 11. 10 4. 関わりのレンズ2(周辺)の例  関わりのなかった主体との、新たな関わりそ のものを計画。関係のニーズは、ユーザーの 外にあるが、ユーザーにも潜在的にある。 実際の商店街の店舗をゲームで覚えるアプリ “周辺との関わり”を輪郭としたデザインは、関わりを持 つ動機や関わる際のユーザーの役割をデザインする Copyright © Masaya Ando
  • 12. 11 “ソーシャル”という新たなアプローチ UXデザイン  対象ユーザーの“行為”が、最初にデザイ ンされる。 ソーシャルデザイン  対象となる人々同士の“関わり”が、最初 にデザインされる。そののち、具体的な 人々の“行為”を、それぞれデザインして いくアプローチ Copyright © Masaya Ando
  • 13. 12 ソーシャルなアプローチの例  関わりのないに、新たな関わりをつくるには、 UXDアプローチと同様に、モチベーションや 役割をデザインすることになる。 幕張ベイタウンの地域課題の解決と活性化策 商店街活性化のためのパターンマニュアル ソーシャルなアプローチでは、人々が取組みを“自分事 化”できる課題設定やコンセプトを作れるかが鍵 Copyright © Masaya Ando
  • 14. 13 サービスデザイン  サービスデザインは、UXデザインやソーシャルデザインに対 して、継続的に回る仕組みを全体的・組織的に計画すること。 映画館利用を促進する映画レビューアプリ Copyright © Masaya Ando 日本茶のある生活を楽しむプロダクト ~ビジネスを考慮した展開~
  • 15. 14 安藤研・経験計画の“カタチ化”の視点  5つのレンズ(範囲)から、計画した経験=行為がもたらす関 わりの範囲を意識することで、その“経験の輪郭”が見えてくる。 1. 心のレンズ 2. 行為のレンズ 3. 関わりのレンズ1(直接) 4. 関わりのレンズ2(周辺) 5. 場のレンズ Copyright © Masaya Ando
  • 16. 安藤研究室のこれから Copyright © Masaya Ando
  • 17. 16 2014年度の安藤研究室の方向性 UXデザイン → 利他的UX  誰かのために“やってあげる”“やってあ げたくなる”要素を含んだ研究・提案 ソーシャルデザイン → 巻き込む計画の方法  自分事化を促進し、人々を巻き込むため の計画をいかに立案すればよいか。方法 論的な研究・提案 Copyright © Masaya Ando
  • 18. 17 ex-labの定期開催  2013年度前期に開催していたex-lab(公開ゼミ)を、4月から 月1回(第3週金曜日予定)を基本に、定期開催を予定。 3月28日(金) 29日(土) ex-lab エクスペリエンス計画ワークショップ開催予定 Copyright © Masaya Ando
  • 19. 価値を観つめ 未来のカタチを探す これからの安藤研究室に ご期待ください Copyright © Masaya Ando

×