みんなで考えるウェブアクセシビリティ09

1,473 views

Published on

2009年3月8日 岐阜県身体障害者福祉協会にて、ウェブアクセシビリティの講演・ワークショップの資料。毎年、障害者の方と一緒に、ウェブアクセシビリティについて、当事者として考えるワークショップを行っていました。

Published in: Design
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,473
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

みんなで考えるウェブアクセシビリティ09

  1. 1. 岐阜県身体障害者福祉協会 2009年3月8日 みんなで考える! ウェブアクセシビリティ 2009 安藤 昌也 ando-m@aiit.ac.jpCopyright © Masaya Ando
  2. 2. 1 自己紹介 安藤 昌也 産業技術大学院大学 創造技術専攻 助教 – 1997年 早稲田大学政治経済学部 卒 – 1997年 NTTデータ通信 – 1998年 アライド・ブレインズ株式会社 取締役 – 2007年~ 国立情報学研究所 特任研究員 – 2008年~ 現職 – 2009年 総合研究大学院大学メディア社会文化専攻 博士(学術) ●ユーザビリティ・アクセシビリティ等に関する公的活動 2001~2004年 JIS X8341-3(Webアクセシビリティ)委員 2006年~ ISO/TC159国内対策委員会委員 ・WG5(アクセシビリティ) ・WG6(人間中心設計) 2008年~ 人間中心設計推進機構 評議員 2009年~ JIS X8341-6 原案作成委員会 幹事Copyright © Masaya Ando
  3. 3. 2 3 今年の課題! ホントに使えるウェブサイトって何?Copyright © Masaya Ando
  4. 4. 3 新時代へ移行するアクセシビリティ関連規格  技術の進化の影響を受けず、より普遍的・継続的にアク セシビリティに対応する考えにシフトしつつある。 ■情報アクセシビリティの基本規格 JIS X 8341-1:2004 ISO9241-20:2008 JIS X 8341-1:2010 共通指針 ICTの基本ガイドライン 共通指針 ISO9241-171:2008 JIS X 8341-6:2010 ソフトウェアのガイドライン ソフトウェアのガイドライン ■ウェブアクセシビリティの規格・ガイドライン WGAG 1.0 WGAG 2.0 (1999年) (2008年) JIS X 8341-3:2004 JIS X 8341-3:2009 ウェブアクセシビリティ ウェブアクセシビリティCopyright © Masaya Ando
  5. 5. 4 技術の議論から離れて  アクセシビリティは技術の議論になりがち。ユーザとど んなコミュニケーションをするのかを、考えるべき。 提供者側 ユーザ側 「伝えるサイト」 「使えないサイト」 情報内容の充実 non-accessible, non-usable 「伝わるサイト」 「使えるサイト」 アクセシブルでユーザブル アクセシブルでユーザブル 「使いたいサイト」 魅力的で楽しくなるCopyright © Masaya Ando
  6. 6. 5 今年の課題 みなさん自身が、本当に欲しいと思う、 使いたいと思うウェブサイトはどういうも ものでしょう? ①地方自治体の場合 ②企業の場合 グループになって、みんなで 意見を出してあって発表しましょうCopyright © Masaya Ando
  7. 7. 6 自治体の場合  自治体の場合、“伝えるべき情報”が中心。障害者向け 情報サイトを提供する取り組みも徐々に広がる。 東京都杉並区 「の~まらいふ杉並」  区内在住の障害者やその家族を主な対 象として生活に役立つ情報を提供  それまで、冊子で提供していた「障害者 のてびき」をウェブ版にし、最新情報を 常に更新。  「障害がある方にとって、サイトが簡単 で便利に使いやすくなっていること」を目 標に作成。Copyright © Masaya Ando
  8. 8. 7 「障害者向け情報サイト」と検索すると・・・  いろいろ提供されているが、障害者といっても様々で、 どのようなサイトやサービスが、今望まれているのかを よく検討する必要があるだろう。Copyright © Masaya Ando
  9. 9. 8 今年の課題 みなさん自身が、本当に欲しいと思う、 使いたいと思うウェブサイトはどういうも ものでしょう? ①地方自治体の場合 ②企業の場合 まず、「の~まらいふ杉並」について どう思いますか?Copyright © Masaya Ando
  10. 10. 9 話し合いの時間Copyright © Masaya Ando
  11. 11. 10 発 表Copyright © Masaya Ando
  12. 12. 11 3 まとめCopyright © Masaya Ando
  13. 13. 12 技術にだけこだわりすぎないアクセシビリティに向けて  アクセシビリティが一般に知らせるようになって、10年。 本当の意味での、障害者・高齢者の豊かな情報環境の 実現を考えるべき。 – 自治体には、どんな情報・サービスを提供してほしいか。 – 企業に対しても、どんな情報・サービスを提供してほしいか。 ユーザが積極的にニーズを発信し 新しい流れを作ることが大事Copyright © Masaya Ando
  14. 14. 岐阜県身体障害者福祉協会 2009年3月8日 みんなで考える! ウェブアクセシビリティ 2009 安藤 昌也 ando-m@aiit.ac.jpCopyright © Masaya Ando

×