Introduction of play and games

1,039 views
915 views

Published on

ロジェ・カイヨワ 遊びと人間 第一部まとめ

Published in: Entertainment & Humor
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,039
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
37
Actions
Shares
0
Downloads
9
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Introduction of play and games

  1. 1. 遊びと人間(Man, Play and Games)ロジェ・カイヨワ著by Roger Caillois
  2. 2. The reason for selection•My idea : “Motion graphics is visual pattern finding game”•Recent trend about “gamification”•fear for the recent social game
  3. 3. 『遊びと人間』(Man, Play and Games) •Written by Roger Caillois in 1958 •The most prominent work about playing research •Discussing play and game with attention on human attitude •Categorize play and games into 4 typesそれまでは、遊びの研究と言えば道具(玩具)の研究ばかりであったが、人の態度に着目して遊びの分類と社会的役割を論じたことが画期的だった。
  4. 4. 0.BackGround•ホイジンガ「ホモ・ルーデンス」(1938)「文化の堕落としての遊び」から「文化の萌芽としての遊び」へHuizinga, “Homo Ludens” (1938)Play is not “corrupt form of culture” but “emergentform of culture”•カイヨワはホイジンガを批判的に継承Caillois inherit Huizinga’s idea with criticizing
  5. 5. 1.Definition of Play•カイヨワの定義 6つの特長 :Caillois’s definition: 6 characteristics 1.自由な活動:self-motivated Player must have free will to join it. If player is forced to join, pleasure of play will easily vanish. 2.隔離された活動:isolated It has clear spacial and temporal limitation. 3.未確定の活動:unfixed Deployment of it must not be fixed ahead. It must has possibility for invention of player. 4.非生産的活動:unproductive It creates no profit, no fortune and no new product other than ownership transfer. 5.規則を持った活動:with rules It has some commitments. These built temporal law with stopping proper law. 6.虚構の活動:fictitiousness Second reality or obvious unreality.
  6. 6. 1.Definition of Play•ホイジンガ「ホモ・ルーデンス」(1938)  遊びの5つの特長:5 characteristic of play 「形式について考察したところをまとめて述べてみれば、遊びは自由な行為で あり、『ほんとのことではない』としてありきたりの生活の埒外にあると考え られる。にもかかわらず、それは遊ぶ人を完全に虜にするが、だからと言っ て、何か物質的利益と結びつくわけでは全くなく、また多面、何の効用を織り 込まれているのでもない。それは自ら進んで限定した時間と空間の中で遂行さ れ、一定の法則に従って秩序正しく進行し、しかも共同体的規範を作り出す。 それは自ら好んで秘密で取り囲み、あるいは仮装を持ってありきたりの世界と は別のものである事を強調する。」自由:liberty 虚構性:fictitiousness 没利害: no profit時間的・空間的分離:temporal, spacial limitation ルールの支配: rule
  7. 7. 1.Definition of Play •ホイジンガ「ホモ・ルーデンス」(1938)  遊びの5つの特長:5 characteristic of play “Summing up the formal characteristic of play, we might call it a free activity standing quite consciously outside ‘ordinary’ life as being ‘not serious’ but at the same time absorbing the player intensely and utterly. It is an activity connected with no material interest, and no profit can be gained by it. It proceeds within its own proper boundaries of time and space according to fixed rules and in an orderly manner. It promotes the formation of social groupings that tend to surround themselves with secrecy and to stress the difference from the common world by disguise or other means” 自由:liberty 虚構性:fictitiousness 没利害: no profit 時間的・空間的分離:temporal, spacial limitation ルールの支配: rule• 「形式について考察したところをまとめて述べてみれば、遊びは自由な行為であり、『ほんとのことではない』としてありきたりの生活の埒外にあると考えられる。にも かかわらず、それは遊ぶ人を完全に虜にするが、だからと言って、何か物質的利益と結びつくわけでは全くなく、また多面、何の効用を織り込まれているのでもない。そ れは自ら進んで限定した時間と空間の中で遂行され、一定の法則に従って秩序正しく進行し、しかも共同体的規範を作り出す。それは自ら好んで秘密で取り囲み、あるい は仮装を持ってありきたりの世界とは別のものである事を強調する。」
  8. 8. 1.Definition of Play•Caillois’s definition •Huizinga’s definition 1.自由な活動:self-motivated 自由:liberty 2.隔離された活動:isolated 虚構性:fictitiousness 3.未確定の活動:unfixed 没利害: no profit 4.非生産的活動:unproductive 時間的・空間的分離: 5.規則を持った活動:with rules temporal, spacial limitation 6.虚構の活動:fictitiousness ルールの支配: with rule Why Caillois added “3.unfixed”? Caillois payed special attention on play with fortuity, gamble. It has important role in his theory.
  9. 9. 2.categorize into 4 types by player’s attitude Category 1: Agon 競争(competition)競争の遊び
  10. 10. 2.categorize into 4 types by player’s attitudeCategory 1: Agon 競争(competition) What is the motivation? What is obstacle? Preferable condition Exhibiting superiority of Rules: ones ability Fair chance as far as rule possible violation Handicap to a big ability gap Players: big gap between Conformity to rules and players ability judges Depending on one’s ability
  11. 11. 2.categorize into 4 types by player’s attitude Category 2: Alea 運(luck)運命の決定を待つ遊び
  12. 12. 2.categorize into 4 types by player’s attitudeCategory 2: Alea 運(luck) What is the motivation? What is obstacle? Preferable condition Rules: Capriciousness of fortune non perfect equality delicate balancing (gambling spirit) between risk and reward Players: Conformity to fortune
  13. 13. 2.categorize into 4 types by player’s attitude Category 3: Mimicry 模倣真似する遊び
  14. 14. 2.categorize into 4 types by player’s attitudeCategory 3: Mimicry 模倣 What is the motivation? What is obstacle? Preferable conditionAmusement of imitating itself Player:and effect caused by mistake to lead attracting audiencesimitating audience refusal against the illusion Audience: ex) フィクションライン surrender oneself to the illusion !Creating second reality
  15. 15. 2.categorize into 4 types by player’s attitude Category 4: Ilinx 眩暈(dizzy)目眩の追求、知覚の惑乱
  16. 16. 2.categorize into 4 types by player’s attitudeCategory 4: Ilinx 眩暈(dizzy) What is the motivation? What is obstacle? Preferable conditionFor ecstasy,seeking a dizzy and messing Players:one’s perception creating temporal panic physically and mentally Desire for anarchy and stability of consciousness destroy, which normally constrained Rules: No restriction for choice to take a trial or not Isolation from other parts of real world
  17. 17. 2.categorize into 4 types by player’s attitude Volition Agon Mimicry Rules no-rules(Calculation) (Chaos) Alea Ilinx no-volitionアレアはすぐれて人間的。動物は競争、模擬、目眩は知っているが、偶然の遊びは創造も出来ないようだ予見や想像、投機の能力がいるから。
  18. 18. 2.categorize into 4 types by player’s attitude Agon 即興と歓喜の原初的な力 Paidia Alea Mimicry ! bipolarity in play and games Ilinx Ludus 無償の困難を求める嗜好
  19. 19. 3. bi-polarity of play Paidia: 遊びの本能の自発的な現れ(emergence of instinct for play) •direct and anarchic excitation •impulsive and non-limiter, excessive amusement •extemporaneous and irregular •Fundamental desire for action and clamor •Desire to mystify or challenge others •Self-asserting, feeling oneself as causality and trying to get attention from others直接的で無秩序な興奮。衝動的でたがのゆるんだ、行き過ぎがちな気晴らしの中に見られる。即興的で不規則。動きたい、騒ぎたいという基本的な欲求。人を煙に撒きたい、あるいは挑戦したい。それをとおして自己主張をし、自分を原因と感じ、他人の注意を自分に向けさせようとする。=不良、暴走族の心理
  20. 20. 3. bi-polarity of play Ludus: 無償の困難への嗜好(voluntary preference for difficulty) •Ludus is a “teacher” of Paidia •Satisfaction for solution of difficulties •Promotes training and acquisition of ability •competitor is object or challenge itself, not person •bindable together each types of 4 •Pure Ludus is imperfect as playing •Popularity of “Pure Ludus” is faddish.ルドゥスはパイディアの中から現れる。剣玉、ヨーヨー、ディアボロなど。初歩的な自然法則をよく利用する。闘う相手は障害物。計算と組み合わせの能力。所謂パズルゲーム。
  21. 21. 3. bi-polarity of play
  22. 22. 4. corruption of play 遊びの原理は、まさしく強力な本能に応じたものである The principles of play was born from strong instincts : •Agon : Ambition to victory only with ones ability in some rules •Alea:Give up one’s volition in order to wait judge of fait passively •Mimicry: Preference for putting on personality of other person •Ilinx : Seeking for dizzy “遊びの領域は要するに、計算された競争、限界の決められたリスク、無害なお芝居、生ぬるいパ ニックのために人為的にしつらえられたちっぽけな離れ小島のごときものに過ぎない” 1.自由な活動:self-motivated 2.隔離された活動:isolated 3.未確定の活動:unfixed 4.非生産的活動:unproductive 5.規則を持った活動:with rules 6.虚構の活動:fictitiousness これらが遊びの世界の隔離を越えて、日常生活と混じるとどうなるか? What will happen when these instincts cross over the boundary of play and break into everyday life?アゴン:ルールの範疇において、自分の能力だけによって勝利を得ようとする野心アレア:運命の判決と受け身の姿勢で待つ為に、意志を捨てることミミクリ:他人の人格を装う好みイリンクス:目眩の追求
  23. 23. 4. corruption of play
  24. 24. 4. corruption of playルールの範疇において、自分の能力だけによって勝利を得ようとする野心→暴力、権力意志、術策
  25. 25. 4. corruption of play運命の判決と受け身の姿勢で待つ為に、意志を捨てること→迷信、占星術
  26. 26. 4. corruption of play他人の人格を装う好み→狂気、二重人格(※統合失調)
  27. 27. 4. corruption of play目眩の追求→アルコール中毒、麻薬
  28. 28. 4. corruption of play
  29. 29. 4. corruption of play遊びは本能を訓練し、それを強制的に制度化す Play trains and institutionalized instincts by compulsion. Though it gives only formal andる。形式的かつ、限定された満足を与えるが、本 limited satisfaction, it educates and enriches能を教育し、豊かにし、その毒性から魂を守る予 instincts and immunize human soul for poison防接種をしているのだ。 of instincts. 同時に、本能は、遊び[の教育]のおかげで文化 Simultaneously, instincts can contribute to diversification and establishment of variousの諸様式の豊富化、定着化に立派に貢献できる物 style of culture owing to education by play.と成る。本能的な衝動が先ずPaidiaになる !そこから徐々にLudusが現れて、本能的な衝動を教育する!だから本能が純粋な形で実社会に噴出して堕落するのを防いでるのだと、カイヨワは言いたい
  30. 30. 5. Combination of different types4種類の遊びは組み合せられる。(組み合せられている事が多い)しかし、相性の良し悪しが有る。 Volition Agon Mimicry Rules no-rules (Calculation) (Chaos) Alea Ilinx no-volition
  31. 31. 5. Combination of different typesQ. どれとどれが相性が悪い? Volition Agon Mimicry Rules no-rules (Calculation) (Chaos) Alea Ilinx no-volition
  32. 32. 5. Combination of different typesA. !アゴンとイリンクス。相性最悪。理由:イリンクスが、自制、規定の尊重など、争いを語彙の範囲内に留めるという前提、諸条件を破壊してしまう恐れが有るから Volition Agon Mimicry Rules no-rules (Calculation) (Chaos) Alea Ilinx no-volition
  33. 33. 5. Combination of different typesA. △アレアとミミクリ。相性が悪いというか、お互い無関係。理由:装う技術にとって、運は関係ない。 Volition Agon Mimicry Rules no-rules (Calculation) (Chaos) Alea Ilinx no-volition
  34. 34. 5. Combination of different typesQ. どれとどれが相性が良い?一方が一方を強化する関係がある。 Volition Agon Mimicry Rules no-rules (Calculation) (Chaos) Alea Ilinx no-volition
  35. 35. 5. Combination of different types A. ⃝アレアとイリンクス。 イリンクスは遊戯者を痺れさせ、魅惑し狂乱させるが、遊びのルール(運命に従う)を破らせな い。よりいっそう運命の決定に対して従順にし、服従させる。 Volition Agon Mimicry Rules no-rules (Calculation) (Chaos) Alea Ilinx no-volitionイリンクスがアレアを強化する。イリンクスは遊戯社を痺れさせ、魅惑し、狂乱させはするのだが、遊びのルール(運命に従うこと)を彼に破らせはしない。それはよりいっそう運命の決定に対してよりいっそう従順にし、服従させるといってもいい。アレアは意志放棄を想定しており、したがってこれが恍惚、ヒョウイ、催眠状態を呼び覚まし、助長しても当然。
  36. 36. 5. Combination of different types A. ⃝アゴンとミミクリ あらゆる競技はそれ自体見せ物になる。花形俳優のように競技者は観客を魅了しようと端正に演 じ、一方で勝つ為に思い切り力を振り絞る。 Volition Agon Mimicry Rules no-rules (Calculation) (Chaos) Alea Ilinx no-volitionあらゆる競技はそれ自体見せ物になる。ミミクリがアゴンを強化する。花形俳優のように、競技者は観客を魅了しようと端正に演じ、一方で勝つ為に思い切り力を振り絞る。※確かに、ただ勝てば良いアマチュアスポーツと、観客動員数が関係してくるプロスポーツでは趣がことなる。観客が退屈しない様なルールにしたり、ファンサービスとして、華麗な技を披露したりする。
  37. 37. 5. Combination of different typesQ. どれとどれが相性が良い?相補的な関係がある。 Volition Agon Mimicry Rules no-rules (Calculation) (Chaos) Alea Ilinx no-volition
  38. 38. 5. Combination of different types A.◎アゴンとアレア 一方は実力に頼り、一方は運に頼る。組み合せると、部分的にしか左右し得ないゲーム運びをな んとか自分に有利に展開しようと創意する喜びが生まれる。 Volition Agon Mimicry Rules no-rules (Calculation) (Chaos) Alea Ilinx no-volition相補的な関係。アゴンは勝利の為に頼りに出来るのは自分。アレアはいろんなもの全てを頼りにするが、自分だけは除外。トランプ(※マージャン)など、部分的にしか左右しえないゲーム運びをなんとか自分に有利に展開する、そこに遊戯者の喜びが有る。
  39. 39. 5. Combination of different types A.◎ミミクリとイリンクス 演技者の意識と本来の意識との分裂+混乱とパニック。仮面と失神の結合は、憑かれた幻視者の 中で、一時的に現実を消失させてしまう。客観的に計測され得ない発作状態=精神世界。 Volition Agon Mimicry Rules no-rules (Calculation) (Chaos) Alea Ilinx no-volitionミミクリでは、演技者の意識と本来の意識との分裂。目眩は混乱とパニック状態。仮面と失神の結合は、憑かれた幻視者の意識の中で、一時的に現実を消失させてしまう。客観的に計測されえない発作状態。精神世界。聖なるものの世界に繋がって行く。
  40. 40. 5. Combination of different types 規則・意志・平等・計算を重んじる競争社会形態と、脱自我・所属・混沌への合一の指向性を重 んじる未開社会形態を対比し、遊びを生む原理を共通基盤にしていることを主張している Volition Agon Mimicry Rules no-rules (Calculation) (Chaos) Alea Ilinx no-volitionカイヨワの考えとしては、右から左に文明は進む、という進歩史観。
  41. 41. 5. Combination of different types 近代社会は競争を奨励する社会なので、Agonは大いに奨励、相性最悪のIlinxの堕落形態は大 いに排撃、Mimicry(芝居など)、Alea(富くじなど)は大目に見られる、というのが近現代 社会の趨勢。つまり、遊びは、ある社会価値と合致した場合は、教育となり、3つは毒抜きされたり、規制がかけられたりして、ガス抜き装置として働いている。アレアの社会っていうのは、カースト制度の社会。つまり出生で人生が決まってしまう社会。

×