Amazon Web Services 基本の「き」〜AWS概要編〜

2,815 views

Published on

Published in: Technology
0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
2,815
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
45
Actions
Shares
0
Downloads
13
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Amazon Web Services 基本の「き」〜AWS概要編〜

  1. 1. Amazon Web Services 基本の「き」 ∼概要編∼ 2013年7月20日 朝永 将 tomonaga (at) birdsong.jp
  2. 2. 自己紹介 • LAMP一筋13年 • 2010年∼ 株式会社NEO COSMIC - ビジュアルノベルアプリ『牡丹の庭』他、11タイトルの開発 • 2013年∼ フリーランス - ソーシャルアプリ開発 - 講師・ITアドバイザー • 小鳥好き - Facebook: masaru.tomonaga
  3. 3. Agenda • Amazon Web Services(AWS)とは? • AWS利用事例紹介 • 事例別・コストシミュレーション • AWS無料利用枠でここまでできる! • 注意事項・質疑応答
  4. 4. クラウドサーバ!? • クラウドサーバと書きましたが… • 「サーバ」と言うより「インフラ」 • クラウドインフラストラクチャ • IaaS (Infrastructure as a Service)
  5. 5. メリット • 先行投資が不要 • リードタイムの短縮 • 低い運用コスト • 柔軟な運用 • 世界展開
  6. 6. 先行投資が不要 • サーバの購入費用 • ライセンス購入費用(Windows等)
  7. 7. リードタイムの短縮 • サーバマシン発注から納品までの期間 • データセンターに搬入する時間 • 1台ずつ設定する時間
  8. 8. 低い運用コスト • 1時間単位の課金 • 必要な時だけ必要な分だけ使える
  9. 9. 柔軟な運用 • ちょっとバックアップを取りたい • ちょっとテストしたい • アクセスが多くなりそうなので… • スペックを上げておきたい • 台数を増やしておきたい
  10. 10. 世界展開 • 世界6カ国・8ヶ所のリージョン • 米国(3)・アイルランド・シンガポール・オースト ラリア・ブラジル・東京 • 東京で作成したサーバを海外にコピーできる • 通常は日本で稼働するが、バックアップサイトと して海外にも配置できる。
  11. 11. デメリット・リスク • AWSを習熟している技術者が少ない→数年前よ り増えましたが・・・ • ベンダーロックイン(ブラックボックス化) • サポート体制?(無償・有償) • 少々、英語あり • 法務リスク
  12. 12. 考慮すべき事項 • 既存環境からリプレースする際のコスト • サービス停止によるビジネスへの影響 • 作業実施者のアサイン可否・人件費 • 支払いは原則末締め翌月4日頃にクレカに請求→ 経理ルールとキャッシュフローを確認する • オペレーションする技術者の教育コスト
  13. 13. 利用事例 • 開発環境 • ソーシャルゲーム運用 • キャンペーンサイト • ビッグデータ分析
  14. 14. 開発環境 • ローンチ前の開発 • ステージング環境 • メンテナンス手順のリハーサル
  15. 15. ソーシャルゲーム運用 • リリースしてみないとわからない • イベント施策による一時的な増加 • オートスケール
  16. 16. キャンペーンサイト • 期間限定公開 • 使い捨て
  17. 17. ビッグデータ分析 • 超ハイスペックのサーバで処理 • DBのスナップショットから分析用のサー バを一時的に起動
  18. 18. コストシミュレーション
  19. 19. 開発環境 • 無料から! ✦ Web (EC2 - t1.micro) 1台 ✦ DB (RDS - t1.micro) 1台 ✦ スナップショット($0.1/GB月)
  20. 20. ソーシャルゲーム運用 • $286/月∼ ✦ ELB(ロードバランサー) ✦ Web (EC2 - m1.small) 2台 $0.088/h ✦ DB (RDS - m1.small) 2台 $0.110/h ✦ スナップショット($0.1/GB月)
  21. 21. ビッグデータ分析 • $0.740/h∼ (=$17.76/day) ✦ EC2 - ハイメモリクワドラプルエクストラ ラージ (m2.4xlarge) ✦ メモリ 68.4GB, 26ECU, ストレージ 1690GB ✦ 他にも様々な方法あり
  22. 22. 無料利用枠でここまでできる!
  23. 23. AWS無料利用枠 • アカウント作成から1年間 • EC2, RDS, EBS, S3, データ転送etc... • 無料枠を超えた場合は課金対象 • 詳細 - http://aws.amazon.com/jp/free/
  24. 24. AWS無料利用枠(抜粋) • EC2 - microインスタンス 750時間 • EBS - 30GB + スナップショット1GB • S3 - 5GB • RDS - micro(Single-AZ) 750時間 20GB • データ転送 - AWSから外部への送信15GB
  25. 25. 無料枠を利用しない場合 (月額換算) • EC2 - micro 750時間→$19.44/月 • EBS - 30GB→$3.6/月 • S3 - 5GB→$0.5/月 • RDS - micro(Single-AZ) 750h 20GB→$28.2/月 • データ転送 - 15GB→$2.814/月(1GBまでは無料)
  26. 26. うっかり課金対象になるパターン • データ転送量(15GBまで)→動画等 • 不要なスナップショットを削除してない • RDS→microでもMulti-AZは対象外! • Elastic IP→インスタンスを削除して、そのままに しておくと課金対象となる。 • 無料枠期間終了
  27. 27. うっかり課金防止 • …と言うより、課金されても最小限に抑える • 慣れるまでは、毎日Account Activityを見る • 新しいオペレーションを行った後は特に! • Billing Alarmsを設定しておく • Googleカレンダー等に無料枠終了日にアラームを 設定しておく
  28. 28. セキュリティ関連 • 設定によって第三者からアクセスされる事を忘れ ない! • Security Groupの設定 • 不要なインスタンスは停止・削除する。 • マネージメントコンソールへのアクセス権限 →IAMの利用
  29. 29. 質疑応答Text
  30. 30. 本日はありがとうございました!

×