Tile map 2011_foss4g_osaka

1,507 views

Published on

Published in: Technology
0 Comments
4 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,507
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
35
Actions
Shares
0
Downloads
9
Comments
0
Likes
4
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Tile map 2011_foss4g_osaka

  1. 1. タイルマップの作成と利用 農業・食品産業技術総合研究機構 近畿中国四国農業研究センター 営農・環境研究領域 寺元 郁博2011/11/12 FOSS4G OSAKA 1
  2. 2. 自己紹介 ○ 農林水産省系独立行政法人の職員 ○ 広島県福山市在住 ○ Finds.jp というサイトを管理・運営 ○ 近況 ○ 部局名が若干短くなりました2011/11/12 FOSS4G OSAKA 2
  3. 3. はじめに ○ タイルマップの作成と利用についての話 ○ OpenLayers とかで使うタイル画像を作ってし まう ○ gdal2tiles / MapTiler 利用 • MapTiler = gdal2tiles + GUI ○ これであなたもコンテンツ提供業者 ○ 法令等は守ってね ○ 地理情報の付いた画像を持ってる前提2011/11/12 FOSS4G OSAKA 3
  4. 4. TMS(Tile Map Service)について ○ タイルマップのための仕様 ○ タイルマップ: Google Maps とか ○ 「タイル指定文字列の規則」と思ってOK ○ {ベースURL}/1.0.0/{レイヤ名}/{Z}/{X}/{Y}.{EXT} ○ Z: ズームレベル ○ X,Y: 東西,南北インデクス ○ EXT: 拡張子 (png, jpg など) ○ 例: “…/1.0.0/sendai08_1/14/14614/10083.png”2011/11/12 FOSS4G OSAKA 4
  5. 5. フォルダ・ファイルの構成 ○ …/1.0.0/sendai08_1/14/14614/10083.png2011/11/12 FOSS4G OSAKA 5
  6. 6. TMSの特徴 ○ 配信にマップサーバは必須でない ○ さすがにウェブサーバは必要 ○ ローカルでの閲覧も可 ○ ベースURLは “http://...” でなくてもよい ○ ベースURLを相対パスにすることが多い • 例: “./tms/1.0.0/sendai/13/7304/5040.png”2011/11/12 FOSS4G OSAKA 6
  7. 7. 使用例2011/11/12 FOSS4G OSAKA 7
  8. 8. 歴史的農業環境WMS ○ 明治初期の関東平野の土地利用をみる ○ 「キャッシュ機能」としてTMS配信 ○ 液状化関係で 本家サイト(農環研) は注目浴びる2011/11/12 FOSS4G OSAKA 8
  9. 9. 液状化が分かる例 ○ 千葉・我孫子 (内陸) の狭い範囲 ○ 被災域の半分は液状化対策対象外 ○ かつては池だった 基盤地図情報2011/11/12 FOSS4G OSAKA 9
  10. 10. 福山市 ○ 明治後期の福山市(一部)の土地利用をみる ○ キャッシュとしてTMS配信 ○ 福山のが無いから 正式図(福山町, 西濱) 自前で作成 ○ みんなも レッツトライ2011/11/12 FOSS4G OSAKA 10
  11. 11. 被災地空中写真 ○ 東北・関東コンテンツ ○ http://www.finds.jp/independent/tohoku/ ○ 国土地理院提供の被災地空中写真 空中写真: 国土地理院 ○ ISOイメージ配布 ○ DVDに焼く or 仮想ドライブ ○ 通信環境なしでも 閲覧可能2011/11/12 FOSS4G OSAKA 11
  12. 12. タイルマップ作成方法2011/11/12 FOSS4G OSAKA 12
  13. 13. 必要なもの ○ 地理情報付き画像を用意 ○ gdal2tiles / MapTiler で作る (基本機能同じ) ○ gdal2tiles: GDAL (http://www.gdal.org/) に同梱 ○ MapTiler: http://www.maptiler.org/ ○ 作ったら サーバにアップ / ローカルに保 存 ○ ツリー構造は崩さないこと ○ HTML+JavaScript 作成 ○ gdal2tiles / MapTiler が自動生成2011/11/12 FOSS4G OSAKA 13
  14. 14. gdal2tiles の使い方 ○ gdal2tiles.py -p mercator –z 0-16 (ファイル) -p mercator … Google Mercator出力を指定 -z 0-16 … ズームレベル 0-16 ○ 詳しくは –h で ○ OSGeo4W では “gdal2tiles.bat” ○ 時間がかかる,タイル画像がかなり多い ○ デフォルト出力先は “./(入力ファイル名)” ○ “1.0.0”なし → 入力ファイル名=レイヤ名2011/11/12 FOSS4G OSAKA 14
  15. 15. opnelayers.html も出力 空中写真: 国土地理院 Open Street Map2011/11/12 FOSS4G OSAKA 15
  16. 16. Tips * 22011/11/12 FOSS4G OSAKA 16
  17. 17. GDALのキャッシュサイズ 等 GDALツール各種で有効 ○ gdal2tiles ○ デフォルトだとメモリ占有少 (100MB未 満) ○ GB級のデータだと遅くなる ○ 作業途中のデータをディスクに書き出す ○ ディスクはメモリに比べて非常に遅い ○ 環境変数 GDAL_CACHEMAX で速度向上 ○ 数字(MB単位)でキャッシュサイズ指定 ○ “setenv GDAL_CACHEMAX 1024”で1GB2011/11/12 FOSS4G OSAKA 17
  18. 18. GDALによるGoogle Mercator画像 ○ gdalwarpによるGoogle Meractor (EPSG:900913) GeoTIFF 画像を入力 → 所望する位置より極方向にズレ ○ 入力画像をWGS84 (回転楕円体) と認識 (本当は球) ○ “-s epsg:900913” を付けると強引に球に認 識してくれる2011/11/12 FOSS4G OSAKA 18
  19. 19. 閲覧のための技術2011/11/12 FOSS4G OSAKA 19
  20. 20. オーダーに注意 ○ TMSは西南隅→東北隅 ○ 西北隅→東南隅 の仕様には注意 (0,0) (1,0) (0,1) (0,1) (0,0) (1,0)2011/11/12 FOSS4G OSAKA 20
  21. 21. 各種WWW地図APIでの利用 ○ 「Tile Map Service の使い方」 http://www.finds.jp/docs/tms/ ○ スクリプトとかあるので見てみて下さい ○ 対応API • OpenLayers (TMSレイヤクラスがある) • Yahoo! JavaScript Map (中心が原点) • Google Maps (北西隅が原点)2011/11/12 FOSS4G OSAKA 21
  22. 22. WWW地図API以外で ○ LTMS ○ “LTMS QGIS” で検索 ○ 未完成な部分あり ○ http://sites.google.com/site/lightyellow73/qgisplu gin_j/ltms ○ WMC (Android用地図ビューア) ○ http://www.finds.jp/wmc/ ○ すみません宣伝です2011/11/12 FOSS4G OSAKA 22
  23. 23. おわりに ○ タイル化地図画像に TMS という仕様があ る ○ 「URL命名規則の仕様」と考えると良いかも ○ 利点 ○ マップサーバ不要 ○ 通信を伴わない閲覧も可能 ○ gdal2tiles / MapTiler (ほぼ同機能)で生成可 ○ WWW地図アプリケーションで利用可能 ○ QGIS, Androidアプリケーションでも利用2011/11/12 FOSS4G OSAKA 23
  24. 24. ありがとうございました Visit http://www.finds.jp/2011/11/12 FOSS4G OSAKA 24

×