ワイヤレス・パワーポイントを用いた対話型講義

1,529 views
1,299 views

Published on

active learning with Wireless PowerPoint.

Published in: Education
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,529
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
5
Actions
Shares
0
Downloads
4
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

ワイヤレス・パワーポイントを用いた対話型講義

  1. 1. ワイヤレス・パワーポイントを用いた対話重視の講義 2012.3 小野 正人
  2. 2. 対話重視のねらい◎目的を基礎知識の定着にしぼる。◎目的を基礎知識の定着にしぼる①受講者を講義に参加 講義に参加させる、引き込 む。無関心層に興味を持たせる。②質問の多用 質問の多用によって、講義に緊張感 を持続させる。③『動き』と『変化』を取り入れる。 動き』 変化』 →教員のポジション、映像と動画。
  3. 3. 基本手法①講義はパワーポイントのスライド のみで運営。・講義のスピード調整が可能。・受講者に復習させることが可能。・クイズ、映像、動画を入れられる。②教員はワイヤレスマウス・マイクを 使い、教室を動いて講義する。 使い、教室を動いて講義する。・受講者に飽きさせない、緊張感を持続 させる、面白さを与える。
  4. 4. パワーポイントの効用①講義に、にぎわい、動き、多様性を取り入れ①講義に、にぎわい、動き、多様性を取り入れ られる。 られる。②内容修正、受講者や他教員へ配布可能。②内容修正、受講者や他教員へ配布可能。③パワポ情報を蓄積し、次年度講義の改善 やテキストブック化が簡単にできる。 やテキストブック化が簡単にできる。④スライドのストリップ・アニメーション ストリップ・アニメーション (空欄剥がし)を使って、受講者に無作 為に質問できる。
  5. 5. ワイヤレス化①パワーポイント・スライドを、 ワイヤレスマウスで遠隔操作 遠隔操作。・教壇で話す必要がない。・教室の真ん中で、ワイヤレス・ハンドフリー マイクで話し、スライドも操作する。②受講者にとっては、教員がいつ近く に来るかわからない、質問するかも しれないという緊張感が出る 緊張感が出る。
  6. 6. 教員が動きまわる効果
  7. 7. 講義事例「ミクロ経済学 入門」
  8. 8. ミクロ経済学入門「需給と価格」 需給と価格」
  9. 9. 今日のテーマ1.オイルショックと価格2.価格規制と影響
  10. 10. オイルショック(石油危機)の歴史①第一次オイルショック(1973年~)①第一次オイルショック(1973年~)・1973年10月、イスラエルとアラブ諸国の間に第4次 中東戦争が勃発。・アラブ諸国で構成する石油輸出国機構(OPEC)は 、原油輸出公示価格を3.01ドル/バレルから11.65ドル へ、3.5倍の価格引き上げを発表した。 3.5倍の価格引き上げ②第二次オイルショック(1979年~)②第二次オイルショック(1979年~)・1979年2月、イランで革命が起こりイランでの原油 生産がストップ。その後1980年9月にはイラン・イラ ク戦争が勃発。・OPECは相次いで原油輸出価格を引き上げ、原油 価格は9ドル前後から急騰し、35ドルを突破した。
  11. 11. 原油価格の推移 第一次 第二次 オイルショック オイルショック 第一次オイルショックは1973年、第二次は1979年。
  12. 12. 日本の経済成長率オイルショック後に、成長率が大きく低下。
  13. 13. 日本の消費者物価第一次オイルショック後に20%の上昇(狂乱物価 狂乱物価)。
  14. 14. 日本への影響・「狂乱物価」・「省エネ」、「減量経営」。 第一次オイルショック 第二次オイルショック経済成長率(GDP) ▲0.5%(1974年) +2.6%(1980年)消費者物価上昇率 +23.2%(1974年) +7.7%(1980年)1次エネルギー供給に占める石油の割合 77.4% 71.5%社会への影響と ・生活必需品買いだめ ・官庁の冷暖房温度対応 ・狂乱物価  の設定と徹底 ・マイカー自粛 ・省エネルック ・大口電力使用規制 ・省エネ法施行 ・ネオンサイン自粛 ・企業の減量経営
  15. 15. 第一次オイルショック:供給曲線の変化 ☆以前は、価格P0でQ0の原油供給が あったものが、中東戦争で原油出荷が減り、 需給の均衡がAからBにシフトし、均衡価格が P0からP1に上昇した。原油 中東戦争勃発後の供給曲線価格 中東戦争前の供給曲線 P1 B P0 A 原油の需要曲線 Q1 Q0 原油の供給数量
  16. 16. オイルショック時の需要供給・世界中の原油が、3ドル/バレルから35ドルに10 倍以上に値上がりした原因を、「需要と供給 の関係」から説明すると・・・、①OPECの原油供給量が急に 減少 した。②この結果、原油供給曲線は、左 側にシフ トした。③また世界中で原油価格が上昇すると考える 予想 が増え、需要曲線も右にシフトした。
  17. 17. ビデオ(15分) 「中東戦争とオイルショック」
  18. 18. 石油危機の影響と対応(まとめ)①1973年、石油輸出国機構の OPEC が協調 して原油価格を引き上げた。②原油の供給曲線が 左 側にシフトした。③この結果、原油の均衡価格が 上昇 した。④日本では、 トイレットペーパー の買占め騒ぎ。⑤消費者物価は20%以上上昇= 狂乱物価 。⑥ネオンサインの消灯、マイカー自粛、電力使用規制 = 省エネ の国民運動。⑦企業はコスト削減のため、 減量経営 に 努めた。
  19. 19. その他の措置①各講義のホームページ 各講義のホームページを開設。受講者は、 自分でホームページの更新メールを購読。②出席カードは使わず、受講者にネット上で 受講者にネット上で 作業させる。・講義開始直後に、各自の携帯メールから 各自の携帯メールから専用アド レスに「件名=学籍番号」のメールをさせて、教員 のパソコンで出席管理をする。・講義で設問を出し、各自の携帯メールから「件名 =学籍番号」、「本文=解答の番号」のメールで メールで 解答させる。 解答させる
  20. 20. 講義ホームページ
  21. 21. 講義の効果?①経済理論のような非日常的・観念的な 講義を、画像・映像・要約を取り入れて 「難しく感じさせないようにする」効果。 難しく感じさせないようにする」②受講者が、目で緊張感を保てる効果。②受講者が、 緊張感を保てる効果。・板書の授業では、他に関心が行き、・板書の授業では、他に関心が行き、私語に走る (中高の授業でそれに慣れている)。③強制や威嚇は長続きせず、③強制や威嚇は長続きせず、効果が薄い。 目的意識が薄い受講者が多い以上、 目的意識が薄い受講者が多い以上、講義 の面白さと教員との対話で関心が長続き の面白さと教員との対話で関心が長続き するのではないか?。 するのではないか?。
  22. 22. 課題①最初の準備に手間と時間がかかる。・また、パワーポイント処理技能、PC情報収集・また、パワーポイント処理技能、PC情報収集 能力が不十分だと作成できない。・次年度以降の講義がかなり楽になる。②コミュニケーションに対する教員の意②コミュニケーションに対する教員の意 識と経験ノウハウが乏しいと難しい?。 経験ノウハウが乏しいと難しい?。・教員が、・教員が、受講者の関心・今考えていることに踏 み込んでいく。→インタビューに近い。 み込んでいく。→③教室インフラの整備。・PC、プロジェクターがスム-ズに使用でき る教室が不足。
  23. 23. THE END

×