Bitcoinについて 2014年3月7日
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

Bitcoinについて 2014年3月7日

on

  • 1,161 views

Bitcoinについての解説。Newsweekによるスクープ(誤報)閣議決定された答弁書、Bitcoin取引のグラフ分析などについて追記しました。

Bitcoinについての解説。Newsweekによるスクープ(誤報)閣議決定された答弁書、Bitcoin取引のグラフ分析などについて追記しました。

Statistics

Views

Total Views
1,161
Views on SlideShare
1,155
Embed Views
6

Actions

Likes
4
Downloads
14
Comments
0

2 Embeds 6

https://twitter.com 5
http://s.deeeki.com 1

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

Bitcoinについて 2014年3月7日 Bitcoinについて 2014年3月7日 Presentation Transcript

  • Bitcoinについて 2014年年3⽉月7⽇日
  • ヤフオク!での取り扱い
  • Y!NEWSビジネス
  • 乱⾼高下する為替レート http://bitcoincharts.com/charts/bitstampUSD  
  • 稼働中の闇サイトも多数 Silkroad  2.0が再開された 他、類似サイトも多数 Tor  Hidden  Serviceの Onionドメイン上で開設 Duck  Duck  Go等で検索索可能
  • Bitcoinとは •  運営者のいない暗号貨幣の⼀一種 –  –  –  –  スマホやPCで簡単に個⼈人間決済が可能 取引履履歴を分散データベースで公開 ネットワーク全体を超える計算能⼒力力がないと偽造は困難 管理理通貨と異異なり貨幣供給量量と発⾏行行上限は仕様で規定 •  電⼦子マネーやポイントとの違い –  –  –  –  –  独⾃自の為替レートを持ち転々譲渡で信⽤用創造し得る 発⾏行行残⾼高が決まっており管理理通貨よりもインフレに強い ネットに繋がっていれば個⼈人間で簡単に国際決済できる 役務提供や払い戻しを約束していない 考案者や初期の参加者は多額の値上がり益を得た模様
  • 他の決済⼿手段との⽐比較 現⾦金金 電⼦子マネー ポイント 暗号貨幣 発⾏行行者 中央銀⾏行行 運営会社 運営会社 -‐‑‒ 信⽤用創造 ○ × × ○ 価値の根拠 国家信⽤用 準備⾦金金 準備⾦金金 交換実績 発⾏行行残⾼高 中央銀⾏行行 準備⾦金金⾒見見合い 準備⾦金金⾒見見合い アルゴリズム 通貨発⾏行行益 負債 × × 値上がり益 決済⼿手数料料 両替・送⾦金金 両替・送⾦金金 発⾏行行 送⾦金金(不不定) 法的保護 ○ ○ ○ × 交換性 通貨圏内 国内 国内 オンライン 価値指標性 ○ 現⾦金金連動 現⾦金金連動 △ 価値蓄積性 ○ × × △ 投機性 △ × × ○ プライバシー 匿匿名 取引⾮非公開 取引⾮非公開 全取引公開 識識別⾮非特定 リスク インフレ偽札 破綻・不不正 破綻・不不正 停⽌止・不不正
  • 為替としての認知 2013年年8⽉月9⽇日からBloombergがTickerを表⽰示 為替表⽰示アプリaCurrencyが対応
  • 操作の流流れ  Blockchain ⽀支払画⾯面 QRコード 撮影 取引履履歴 受取画⾯面
  • なぜBitcoinを使うのか •  •  •  •  •  •  •  決済・為替⼿手数料料の節約 24時間365⽇日  世界中に送⾦金金可能 ⼝口座開設の容易易さと匿匿名性 外為規制の回避 預⾦金金課税・ペイオフの回避 管理理通貨・量量的緩和への不不信感 インフレ対策・投機
  • •  •  通貨と⽐比べた流流通規模 世界規模:1兆円 以下の国の貨幣流流通量量に相当 リトアニア 42,086,555,101 クロアチア 56,441,607,483 スーダン 58,768,800,833 ※  数字は、2012年年のGDP(USD)     ただし、オマーンのみ2011年年 オマーン 69,971,912,138
  • •  •  決済取扱⾼高の⽐比較 1⽇日当たりの取扱⾼高は、Western  Union(WU)  と同等規模 1⽇日当たりの取引回数は、例例えばWUの10分の1と⽐比較的少なく、 トランザクション当たりの取扱⾼高が⼤大きい $16,518   Visa,  Inc. $9,863   9,358 MasterCard  Inc. China  UnionPay 21,260 $7,562   -‐‑‒   $2,434   1,452 American  Express  Co. $438   1,184 Discover  (PULSE  Network) Paypal $397   770 Discover  (Discover  Network) $299   505 Western  Union  Company $216   63 Bitcoin $212   7 Xoom  Corp $15   3 $0   $5,000   $10,000   Daily  Transaction  Volume (百万⽶米ドル) $15,000   $20,000   Daily  Transaction  Quantity(万回) $25,000  
  • 取引⾼高の推移  (USD)
  • 1⽇日あたりの取引件数
  • 他の決済⼿手段との⽐比較 Bitcoinの平均取引額  742ドルは⽇日本のクレジットカード決済  (6000円)、 電⼦子マネー  (約900円)  デビットカード  (約45000円)  よりもかなり⾼高い Bitcoinは主としてマイクロペイメントに使われている訳ではない ⽇日本銀⾏行行  決済システムレポート  2012-‐‑‒2013
  • 取引あたり採掘報酬  ($32.9)
  • 貨幣供給量量  (M1)  の推移 最低取引単位は0.01μBTC  =  1  satoshi  =  約1厘 (2013年年12⽉月のレート約1BTC=10万円で試算した場合) 約1,200万BTC発⾏行行され約2,100万BTCまで発⾏行行可 2140年年中に総流流通コインは頭打ちとなる予定
  • どこで使われているのか
  • Bitcoin  ATMの登場
  • どこで使われているのか
  • Bitcoinのエコシステム Mining  H/W 製造・販売 Miner Media 計算・⽣生成 Bitcoin  P2P  Network Payment wallet 取引 決済⼿手段の提供 exchange 現⾦金金との交換 銀⾏行行⼝口座 現⾦金金経済
  • Bitcoin関連の新興企業 https://www.secondmarket.com/education/landing/bitcoin-‐‑‒ecosystem
  • Bitcoinの仕組み  (概要) http://www.slideshare.net/11ro_̲yamasaki/bitcoin2  より抜粋
  • CPU消費量による正統性証明 2⽉月10⽇日のDoS攻撃  (概要) ! 支払人が「すごい計算能力」を持っている場合 •  偽造ブロックを後から承認するためには、⼤大量量のPoWを 受取人が、前回と同じ公開鍵を使った場合 解くためNW全体を超える⼤大量量の計算能⼒力力が必要となる 支払人が「自分に送金」のような偽の取引を作成し •  Transaction  Malleability問題 支払い直後にブロックのチェーンを伸ばす計算ができる –  悪意あるノードが意図して⼤大量量の多重払いを撒き散らした場合、 不不正なトランザクションの無効化で⼤大量量の⼿手戻りが⽣生じるため、 ! 「ネット全体」VS 「すごい計算能力」の競争 約定に時間がかかる。従って偽造は困難でも取引の邪魔は可能
  • 2014年年2⽉月の価格・取引⾼高
  • 2⽉月7⽇日の価格・取引⾼高
  • MtGOX破綻理理由の仮説 •  取引展性を利利⽤用した不不正引き出し –  2⽉月に⼊入ってのMtGOXでの取引は約8.7万BTC •  不不正に引き出されたとされるのは85万BTC –  コインを詐取した者の⾝身元は容易易に特定可能 –  遅くとも昨秋から継続的にBitcoinが流流出していた? –  攻撃者による偽計業務妨害・電磁的記録不不正作出及び供⽤用 •  不不正侵⼊入によるワレットの秘密鍵詐取 –  詐取されたコインのBlockchainによる追跡は容易易 –  攻撃者による不不正アクセス •  裁定取引・売り浴びせによる資⾦金金ショート –  –  –  –  2⽉月7⽇日まで他取引所と百数⼗十ドルの価格差 取引所といっても証券管理理・清算機関を兼務 ⼤大規模な裁定取引があった2⽉月7⽇日に引出停⽌止 取引所による業務上横領領・詐欺などにあたる可能性
  • 原因解明のポイント •  不不正アクセスについての分析 –  不不正な出⾦金金による具体的な被害の有無 •  業務実態の把握 –  オークションか、マーケットメークか –  顧客資産は分別管理理されていたか •  現⾦金金⼝口座に対する調査 –  ⼊入⾦金金元・科⽬目・不不⾃自然な⼊入⾦金金の精査 •  MtGOXによるBitcoin取引に対する調査 –  全取引履履歴の再整理理と取引履履歴の整合性確認 –  他取引所での売買(逆鞘取引)がなかったか –  Bitcoinアドレスの管理理・譲渡などの有無
  • Bitcoinと仮名性 •  •  •  •  •  •  利利⽤用者はいくらでもキーペアを作成できる キーペア毎にBitcoinアドレスが⽣生成される(⼝口座に相当) Bitcoinアドレスが分かれば全ての取引・残⾼高を照会可能 取引にはユーザーが持つ秘密鍵が必要 Bitcoinアドレスと個⼈人を紐紐づけないことで仮名性を実現 取引所⼝口座はマネロン対策のために本⼈人と紐紐づいている
  • 盗難の場合のグラフ構造
  • WikiLeaksのグラフ構造
  • Mixing  Service
  • パーソナルデータの分類 Wallet上のBitcoin 取引所⼝口座にあるBitcoin パーソナルデータ検討会  技術検討WG報告書  P.12  図1を元に作成
  • 考えられる再発防⽌止策 •  取引展性の悪⽤用  (偽計業務妨害・電磁的記録不不正作出及び供⽤用) –  Bitcoinプロトコル・取引所やワレットの実装改良良 –  全Blockchain分析など取引所・採掘者による⾃自衛 •  ワレット秘密鍵の詐取  (不不正アクセス) –  情報システムに対する安全基準の徹底 Application  of  FinCENʼ’s  Regulations  to  Virtual   Currency  Software  Development  and  Certain   Investment  Activity (Bitcoin固有の課題に有効とは限らない) •  裁定取引による資⾦金金ショート  (業務上横領領・詐欺) –  預かり資産の分別管理理の徹底 –  取引所・証券管理理・清算機関の分離離
  • Mining  Hardware PCで⻭歯が⽴立立たない計算量量に GPU,  FPGAを経て現在では ASICによる採掘が主流流に Butterfly  Labs  600GH/s ヤフオクやAmazonで簡単に買える ASICMiner  Block  Erupter  USB   330MH/s  Sapphire  Miner COINTERRA  2TH/s
  • https://bitcointalk.org/index.php?topic=346134.0
  • コンピューティング、およびセキュリティー。Mutual  Public製品 をダウンロードすることによって、取引の確認およびセキュリ ティー向上を⽬目的に、あなたのコンピューターは当社関連ネット ワークのために数値計算を⾏行行うことがあります。当社または関連 会社が回収した謝礼あるいは⼿手数料料はすべて当社および関連会社 に帰属します。
  • 11⽉月の価格⾼高騰でMinerの売上は 急速に増加したが、中国政府の規 制から現在は頭打ちとなった
  • Bitcoin価格は⾼高騰したものの Miningの計算⼿手段が急速に進歩 したためMiningの採算は⾚赤字に
  • Mining  poolの寡占化
  • Bitcoinの歴史 2008年年11⽉月  論論⽂文をCryptography  MLに投稿 2009年年1⽉月に運⽤用開始、2010年年ごろ活動を休⽌止 2014年年3⽉月  Iʼ’m  not  Dorian  Nakamoto”と書き込み 正体は諸説濫濫⽴立立 •  •  •  •  Los近郊在住のナカモト⽒氏  -‐‑‒  NewsWeek Michael  Clear  –  New  Yorker 京⼤大  望⽉月新⼀一教授  –  Ted  Nelson US  20100042841  A1の発明者 –  Updating  and  Distributing  Encryption  Keys –  Neal  King,  Vladimir  Oksman,  and  Charles  Bry
  • 2010年年5⽉月、⽶米フロリダ州にてLaszlos⽒氏が10,000BTCで2枚のピザを購⼊入 http://bitcoinmoney.com/post/3109720916/laszlos-‐‑‒pizza
  • なぜ最初にピザを買えたか 10kBTC  =  $41 Bitcoin  Market 先に取引所が⽴立立ち上がって いたので裁定取引が可能 Pizza  for  bitcoins?  by  laszlo I'll  pay  10,000  bitcoins  for  a  couple  of   pizzas..  like  maybe  2  large  ones  so  I  have   some  left  over  for  the  next  day.    I  like   having  left  over  pizza  to  nibble  on  later. May  18,  2010,  12:35:20  AM jercos So  nobody  wants  to  buy  me  pizza?    Is  the   bitcoin  amount  I'm  offering  too  low? May  21,  2010,  07:06:58  PM I  just  want  to  report  that  I  successfully  traded   10,000  bitcoins  for  pizza. Thanks  jercos!  May  22,  2010,  07:17:26  PM
  • •  交換所の⽐比較 現在50の異異なるBitcoin交換所が存在 BTChina Mt.  Gox BitStamp btc.e 2011年年6⽉月 2010年年1⽉月 2011年年8⽉月 2011年年7⽉月 中華⼈人⺠民共和国 ⽇日本(東京) スロベニア ブルガリア ⼿手数料料率率率 0.3%  0.25-‐‑‒0.60% 0.20-‐‑‒0.50% 0.2% 取扱通貨 CNY USD,EUR,GBP,CAD,CH F,NZD,AUD,RUB,SEK,D KK,HKD,PLN,CNY,SGD, TBH,JPY USD,EUR,GBP,  CHF USD,EUR,RUB Bitcoin Bitcoin Bitcoin Bitcoin,   Namecoin,  Litecoin ⼊入⾦金金⽅方法 SEPA  Euro   transfers,International   Wire  Transfer  in   USD,Wire  Transfer  in   GBP,CASH  deposit  in   the  USA SEPA  Euro   transfers,International   Wire  Transfer  in   USD&CHF,Wire   Transfer  in  GBP,Bitcoin SEPA  Euro   transfers,International   Wire  Transfer  in  USD 出⾦金金⽅方法 Bitcoin   Foundation,BitInstant, Bank  Transfer,US   Dollar,Dwolla SEPA  Euro   transfers,International   Wire  Transfer  in   USD&CHF,Wire   Transfer  in  GBP,Bitcoin US  Dollar 提供開始 拠点 取扱仮想通貨 Tencent  (0.5%  fee)  ,   Alipay  (1.0%  fee) 特徴 10⽉月に最も取引量量が多い交 換所に躍進 ・最も古い交換所 ・9⽉月まで最多取引量量 Bitcoin以外の暗号貨幣 にも対応
  • Bitcoin以外の暗号貨幣 •  146種類以上の暗号通貨が登場  (出典:  CoinMarketcap  –  2014年年3⽉月) Bitcoin 提供開始 市場価値 レート Ripple Auroracoin Litecoin 2009 2004 2013 2011 $8,175,043,932 $1,584,799,117 $546,775,217 $425,491,702 $660.47 $0.016 $51.57 $16.20 主な為替 市場 USD:  Mt.Gox,  BTC-‐‑‒e,   Bitstamp  等 CNY:  BTC  China,  OKCoin,   Bter  等 利利⽤用可能 な店舗等 12,000以上の店舗で利利⽤用 可 特徴 BTC:  Ripple  Labs USD,  EUR ISK USD:  BTC-‐‑‒e,  emeBTC,   Kraken  等 BTC:  BTC-‐‑‒e,  Cryptsy  等 <Clothing&Apparel> -‐‑‒  CoinForBling -‐‑‒  CryptoClothing <Electronics> -‐‑‒  BitElectronics <Food> -‐‑‒  Bees  Brothers -‐‑‒  Jayʼ’s  Jerky  and   Goodies -‐‑‒  WordPress.com(12/11)   -‐‑‒  The  Pirate  Bay  (13/4) -‐‑‒  Reddit(13/2) -‐‑‒  The  Internet  Archive   (13/2) -‐‑‒  OkCupid(13/4)   Google  Venturesが出資 アイスランドで広く普及 ・素早い取引認証を実現 ・8,400万発⾏行行可能 ・ASIC  Miningが困難
  • 諸外国の動き 流流通事情 政府の動き ダウンロード数  *1 通貨流流通額  *2 世界初のATM設置 FINTRACがMoney  Service  Businesses   (MBSs)としての登録不不要との⾒見見解を 発表。2012年年4⽉月にThe  Royal  Canadian  Mint が電⼦子通貨プロジェクト「MintChip」を発⾜足 183,742 (6位、3.9%)  38,692 (7位、0.6%) 世界最⼤大の流流通量量 2013年年3⽉月にFINCENガイドライン策定 政治資⾦金金の寄付⼿手段として検討が進む NY州がBit  Licenseの導⼊入を検討 1,276,671 (1位、27.3%)  3,447,266 (1位、55.9%) ⾃自称取引所Bitcoin24を 詐欺容疑で⽴立立件 「電⼦子⾦金金銭」の定義に合致しないため、ドイツ 国内実施法令令は適⽤用されない 取引所を運営する場合は許可が必要 私的貨幣に指定し取引に25%の譲渡所得税 288,180 (3位、6.2%)  263,809 (3位、4.3%) 中 世界最⼤大の取引所 世界2位の交換量量 ⾦金金融機関による取扱を禁⽌止 電気通信事業として登録制に 通知受け中国電信・百度度が取扱を中⽌止 627,002 (2位、13.4%)  2,154,851 (2位、34.9%) 印 千⼈人近くのコミュニティ 2013年年12⽉月に初会議 中央銀⾏行行の警告を受けて国内取引所が閉鎖 財務省省歳⼊入局が銀⾏行行取引法違反容疑で取引所 BuysellBitco.inの運営者⾃自宅宅を強制捜査 40,454 (17位、0.9%) 99 (27位、0.0%) 泰 取引所Bitcoin社 (Bitcoin  Co.  Ltd)が操 業停⽌止 適⽤用できる現⾏行行法はないが⾦金金融の複数の側⾯面に またがっている事実から活動の広い範囲が違法 になると中央銀⾏行行が結論論 10,088 (50位、0.2%) 663 (20位、0.0%) ⽇日 世界2位の取引所 国内での利利⽤用は低迷 ⿊黒⽥田⽇日銀総裁が動向を注視と⾔言及 23,175 (31位、0.5%)  61,826 (4位、1.0%) 加 ⽶米 独 *1    2008年年11⽉月9⽇日〜~2013年年12⽉月8⽇日のダウンロード数 *2    2013年年11⽉月8⽇日〜~2013年年12⽉月7⽇日の各国通貨の流流通量量.単位は、USD ⻘青:  容認  橙:  禁⽌止  灰:  未対応
  • 想定される政策課題 課題 論論点 制度度的措置 資⾦金金洗浄 Bitcoinに交換された資⾦金金の 取引所に本⼈人確認義務を課す 動きを捕捉できると限らない (送⾦金金先までは確認できない) 脱税 海外取引所で売買される 売却益の捕捉が難しい 価値暴暴落落 投機対象として為替が乱⾼高下 ⾃自⼰己責任、投資家保護の要否 運⽤用停⽌止 DoS攻撃による機能⿇麻痺 採掘の不不採算による停⽌止 違法取引 違法ドラッグ、児童ポルノ、 現⾦金金と⽐比べて技術的に捕捉容易易 殺⼈人依頼などの違法取引 捜査機関の対応が後⼿手となるか 賭博 海外賭博サイトが多く存在 資本逃避 インフレ・ペイオフ時の逃避 キプロス事案の研究が必要 詐欺 Bitcoin交換詐欺 注意喚起・悪質事業者の摘発 消費者問題 取引⼿手数料料等の不不透明さ 表⽰示・説明等の改善 PW危殆化 パスワード復復号が容易易に ハッシュ漏漏洩防⽌止、⽅方式の改善 取引所に本⼈人確認義務 送⾦金金先の⾝身元確認等が困難 ⾃自⼰己責任、投資家保護の要否 カジノ合法化へ向けた賭博規制の ⾒見見直し議論論を注視する必要がある
  • 規制のシナリオ (答弁書による現⾏行行法の解釈) •  コモディティーやゲーム上のアイテム同様に資産として扱う –  物々交換と⽐比べて換⾦金金性・流流動性が⾼高い点をどう考慮すべきか (制度度改正を要する政策オプション) •  外国為替法の外国通貨として財務⼤大⾂臣が指定 –  法定通貨として使⽤用する国が現れた場合には考えられる? •  ⾦金金融商品取引法  政令令改正による⾦金金融商品として扱う –  ⾦金金融機関に⽀支払調書の提出を課せる(税捕捉が容易易に) –  既存取引所は⾦金金融商品取引業者の登録が必要に –  既存の⾦金金融商品取引業者による参⼊入が予想される •  資⾦金金決済法の改正による資⾦金金決済事業者の認定 –  既存取引所は資⾦金金決済業の認定が必要に –  前払式⽀支払⼿手段・資⾦金金移動に当たらず法改正が必要
  • 質疑応答 関連資料料(随時更更新) http://b.hatena.ne.jp/mkusunok/bitcoin/