Your SlideShare is downloading. ×
0
Ms Office活用指南
Ms Office活用指南
Ms Office活用指南
Ms Office活用指南
Ms Office活用指南
Ms Office活用指南
Ms Office活用指南
Ms Office活用指南
Ms Office活用指南
Ms Office活用指南
Ms Office活用指南
Ms Office活用指南
Ms Office活用指南
Ms Office活用指南
Ms Office活用指南
Ms Office活用指南
Ms Office活用指南
Ms Office活用指南
Ms Office活用指南
Ms Office活用指南
Ms Office活用指南
Ms Office活用指南
Ms Office活用指南
Ms Office活用指南
Ms Office活用指南
Ms Office活用指南
Ms Office活用指南
Ms Office活用指南
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

Ms Office活用指南

2,082

Published on

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
2,082
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
27
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. 図形描画編 Office 活用指南 2003 年 XX 月 XX 日 (X)
  • 2. 基本操作 –描画- 直線を引く 円を書く 四角を書く それぞれ SHIFT キーを押しながら描画することで, ・水平/垂直線 ・正円 ・正方形 が描けます.
  • 3. 基本操作 –移動 & コピー - 水平方向 垂直方向 ドラッグ&ドロップ中に SHIFT キーを押すことで,移動方向を水平・垂直にロックできます. ついでにドラッグ&ドロップ中に Ctrl キーを押すことで,ドロップ場所に対象物をコピーすることができます. SHIFT キーと Ctrl キーを両方押しながらドラッグ&コピーするとどうなる? 右クリックしながらドラッグ&ドロップしてみよう. この操作は,たいていの Windows アプリケーション( Explorer とか)で有効です.
  • 4. 基本操作 –リサイズ - 水平方向のアンカー 垂直方向のアンカー コーナーのアンカー 回転用のアンカー( XP のみ) アンカーによってリサイズ方向が異なる. SHIFT キーを押しながらだと,元の図形の縦横比を固定してリサイズする. Ctrl キーを押しながらだと,図形の中心を基準にリサイズする.
  • 5. 基本操作 – SHIFT キーのまとめ - 直線を引く 15 度づつ線を引く 15 度づつ回転させる
  • 6. おまけ –曲線と Ctrl キー - 曲線を描いている途中で, Ctrl キーを押してみよう. この曲線は「ベジェ曲線」? 覚えても,あんまり使い道はなさそう…
  • 7. 基本操作 –微調整 - Alt キーを押しながら,ドラッグすることで移動やリサイズの微調整が可能. 左の図を右のようにしてみよう. 通常はグリッドにあわせるように図形を配置しておいたほうが楽. グリッドの間隔は,自分で調整できるので,一番使いやすい間隔にしておくのと良い.
  • 8. 基本操作 –高さ - すべての図形(テキストも含む)は,自分自身の位置を持ってます.異なる図形が同じ位置にいることは決してない. 図形の高さは,「順序」によって変更できます. 図形の高さを知ることは,とても重要. 1 2 3 1 2 3
  • 9. 基本操作 –高さ - どうなってるの? 答えは簡単
  • 10. 基本操作 –整列 - 図形の位置を揃えるには,「配列 / 整列」を使用します. 3つの図形の上位置を揃えてください. その応用. 「左右中央揃え」「上下中央揃え」をすると…
  • 11. 基本操作 –グループ化 - Box-1 図形を移動してください. グループ化は便利だけど,変更が面倒. 線の色を緑に変えてください. パーツの構成を変更する場合は,一旦グループ解除する必要があります. Box-2 Group
  • 12. 基本操作 –グループ化 - あえて,長めのテキストフィールドとグループ化する. あらかじめ,上下にテキストフィールドをつけてグループ化する. Group すごく長い名前がついても平気 Server-A Server-B
  • 13. 休憩 –塗りについて - 2つの図形を, それぞれ ,下の黄色の領域に移動してください. 片一方が,つまみづらい理由がわかりますか?
  • 14. 休憩 –塗りについて(応用) - それぞれの枠内で,好きなように図形編集をしてください. -> 図形をコピーしたり,移動したりしてください. 作業しやすいのはどっち?
  • 15. 基本操作の応用(歯車) こんなのも作れる.
  • 16. 歯車の作り方 ① 箱を2つ作ってグループ化. ② 4つにコピー ③ 中心をそろえて 45 度づつ回転 ④ 中心に円を描く ⑤ グループ化(ついでに線を消す) ⑥ 複製して一方の線を復帰  (線を太くしておく) ⑦ 順序を入れ替えて,  中心に重ねる
  • 17. おまけ –フォントについて - 等幅フォント プロポーショナルフォント 文字列からトークンを逐次取得し,トークンの数だけ繰り返し処理を行います. 文字列からトークンを逐次取得し,トークンの数だけ繰り返し処理を行います. 等幅フォントは収まりが悪いので,あんまり使わない.
  • 18. おまけ –フォントについて - セリフ系 サンセリフ系 文字列からトークンを逐次取得し,トークンの数だけ繰り返し処理を行います. 文字列からトークンを逐次取得し,トークンの数だけ繰り返し処理を行います. The quick brown fox jumps over the lazy dog. The quick brown fox jumps over the lazy dog. 印刷物をメインにする場合は,セリフ系. スクリーンをメインにする場合は,サンセリフ系がお勧め.
  • 19. おまけ –フォントについて - フォントフェイスによる印象の違い たくさん使えばいいってもんでもない. [Century] The quick brown fox jumps over the lazy dog. [Times New Roman] The quick brown fox jumps over the lazy dog. [Bookman Old Style] The quick brown fox jumps over the lazy dog. [Georgia] The quick brown fox jumps over the lazy dog. [Arial] The quick brown fox jumps over the lazy dog. [Microsoft Sans Serif] The quick brown fox jumps over the lazy dog. [Tahoma] The quick brown fox jumps over the lazy dog. [Verdana] The quick brown fox jumps over the lazy dog. [Impact] The quick brown fox jumps over the lazy dog. [Comic Sans MS] The quick brown fox jumps over the lazy dog. [Lucida Console] The quick brown fox jumps over the lazy dog. [Trebuchet MS] The quick brown fox jumps over the lazy dog. [Century Gothic] The quick brown fox jumps over the lazy dog. デザインフォントは,クセが強いから注意して使おう.
  • 20. 応用 –コネクタ - 「オートシェイプ」の「コネクタ」は,うまく使うと非常に便利です. 2つの図形を移動してみましょう. コネクタ未使用 コネクタ使用 これも「コネクタ」 図形の線の色を変更すると,タネが分かります.
  • 21. 応用 –複雑な線形 & 曲線 - 元は直線でも… 「頂点の編集」で頂点を増やすことで,このように変形することができる. 図形を選択してコンテキストメニューを表示 増やした頂点を削除する方法は知らない… その応用 複雑で小さな図形も,大きいサイズで作成して,それを縮小して使えばよい. コンテキストメニューに「頂点の削除」 があった.
  • 22. 応用 –擬似立体 - 3D 化 影付き BLOCK A BLOCK B BLOCK C BLOCK D その応用 BLOCK A BLOCK A BLOCK A BLOCK A その応用 (影を抑える) 擬似立体であっても,光源の位置くらいは注意しておこう. 変な立体の例) どっから光がさしてるの? BLOCK A BLOCK 1 BLOCK B BLOCK C BLOCK 2 BLOCK 3
  • 23. 応用 –塗りを利用した擬似立体 -
  • 24. 応用 –クリップアート&オートシェイプ - クリップアートも加工次第で使い道が増えます. それぞれ,グループ解除をしてみましょう. ただ,透明色はきれいに印刷されない可能性がある.
  • 25. 応用 –色と形 - BLOCK A BLOCK B BLOCK C BLOCK A BLOCK B BLOCK C BLOCK A BLOCK B BLOCK C 明度または彩度を変更することで,色によるグループ化ができます. 形(四角,角の丸い四角)を使い分けることで,ブロックの意味を持たせます. 枠線の有り無し,影の有り無しでもブロックの印象が違います. フォントは,サンセリフ系がお勧め. これは, Trebuchet MS ふつーは Arial 使います. 他には,線の太さ,種類による区別も効果的です.
  • 26. 応用 –色相環と配色 - Office の色相環は,なんかテキトー. アイデンティティー アナロジー インターミディエート スプリットコンプリメンタリー トライアード あとは,トーンを押さえ気味にすれば , それなりに見える. 原色はキツイ感じがするから,あんまり使わない. PowerPoint の標準配色は,構成は悪くないんだけど,トーンが強いので,アクも強い. パープル とか エメラルドグリーン とか,使いづらいと思わん?
  • 27. 休憩 –スクリーンショットの貼り付け - 「 PrintScreen 」キーを押すと画面全体. Alt +「 PrintScreen 」で現在アクティブなウィンドウのスクリーンショットが取れます. 問題はその後. トリミングって知ってる? 透明色の設定って知ってる?
  • 28. 注意 –印刷のオプション - BLOCK A BLOCK B BLOCK C プリンタの印刷品質の設定によって,ずいぶんイメージが変わる. また,画面で見たとおりに印刷されるとは限らない. ↓ 器用な真似をするほど,意外な結果になる.

×