• Share
  • Email
  • Embed
  • Like
  • Save
  • Private Content
グローバル・ネットワークの成立とネットワーク・マーケット
 

グローバル・ネットワークの成立とネットワーク・マーケット

on

  • 244 views

マルレク特別編:「BITCOINと分散暗号通貨を考える」での

マルレク特別編:「BITCOINと分散暗号通貨を考える」での
講演資料です

Statistics

Views

Total Views
244
Views on SlideShare
244
Embed Views
0

Actions

Likes
3
Downloads
5
Comments
0

0 Embeds 0

No embeds

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Microsoft PowerPoint

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    グローバル・ネットワークの成立とネットワーク・マーケット グローバル・ネットワークの成立とネットワーク・マーケット Presentation Transcript

    • グローバル・ネットワークの成 立と ネットワーク・マーケット @maruyama097 丸山不二夫
    • グローバル・ネットワークの成 立 デバイスとインターネットの世界は、現在 も急速に拡大を続けている。ITUが2013 年7月に発表した、”ICT Facts and Figures 2013”から、 その流れを確認 しよう。 http://www.itu.int/en/ITU- D/Statistics/Pages/stat/default.aspx
    • 携帯電話とインターネットの普及 2001-2013 携帯電話 インターネット
    • スマートフォンの登場 2007-2013 スマートフォン 携帯電話 インターネット
    • 現状のまとめ 携帯とインターネットとスマート フォン  携帯の所有率は、2013年、世界平均で 96.2%に達し、台数で68億3500万台にな る。  インターネットを利用する個人の割合は、 2013年、世界平均で38.8%、人数にして 27億4900万人。  モバイル・ブロードバンド(スマートフォ ン)を利用してインターネットにアクセスす る個人の割合は、2013年、世界平均で 29.5%、人数にして20億9600万人。 http://www.itu.int/en/ITU-D/Statistics/Pages/stat/default.aspx
    • 現在、スマートフォンは、10年前の 携帯電話と同じ水準まで普及している
    • Next Billions と Global Network - 10年後の世界  10年後、世界の携帯電話は、スマートフォン に置き換わっているだろう。今後の10年間で、 新たに40数億人がスマートフォンを持つ。そ れが、Next Billions。  それは、70億人がインターネットにつながる ことを意味する。それが、Global Network。  この変化は、20世紀の最末期に始まり、現代 の社会と経済に大きな影響を与えてきたIT化 の一つの段階が終わり次の段階が始まるとい う、世界史的な変化である。
    • 1989年11月9日 ベルリンの壁崩壊 20世紀:テレビの時代
    • 21世紀:モバイルとインターネットの時 代 2011年1月25日 エジプト
    • Next Billionsと ネットワーク・マーケット こうしたNext Billionsを巻き込んだグ ローバル・ネットワークの成立は、コミュ ニケーションと情報共有のスタイルを大き く変えるだろう。同時に、それは経済にも 大きなインパクトをもたらす。それは、グ ローバルなネットワーク・マーケットを生 み出す事になろう。
    • ネットワーク・メディアと ネットワーク・マーケット  ネットワーク・メディアは、インターネット の登場以降、爆発的なスピードで、我々のコ ミュニケーションと情報共有の主役に躍り上 がったのだが、ネットワーク・マーケットは、 いまだ発展途上にある。  新しいネットワーク・マーケットが、どのよ うな形で形成され、その「原理」(「市場が 主役である」ことを含めて)がどのようなも のになるのか、まだよく見えている訳ではな い。
    • 現代の経済とIT  こうした意味でのネットワーク・マーケット が発展途上だという事は、ITが、生産・流 通・消費の各プロセスにかかわっていないと いう事では全くない。  生産の現場である工場でもエネルギー供給の システムでもロジスティックでも、ITは、現 在の経済に深くかかわっている。
    • 「ネットワーク・マーケット」? 経済のネットワーク化  ここでいう「ネットワーク・マーケット」と は、Amazonや楽天のようなECのことではな い。生産—流通—消費といった、あらゆる場 面での経済のネットワーク化の進展によって 生み出される、グローバルな経済システムの 新しい段階をさす。  それは、現在のECを含み、B2B,B2Cといっ たエンタープライズシステムを含み、かつFA 等の生産現場でのIT利用をも包摂する、グ ローバルな経済システムの主役としての「市
    • Internet of Things / M2M  現在の IoT / m2m に対する関心の高まりは、 メディアとしてのネットワーク「以外」の ネットワークの役割に対する期待の高まりの 現れだと考えることが出来る。  それは、生産・流通・消費の中でのIT利用拡 大の現状の反映であると同時に、その未来へ の飛躍を準備するものだ。  マルレク2014第一回 5月20日開催 テーマ:「IoTを考える – エンタープライズ とビッグデータと開発者」 at 富士通蒲田
    • 技術と経済の変化をふりかえる 産業革命以降の近現代、技術の発展は、経 済に深い影響を与えてきた。 これから確実に進行するであろうグローバ ルな規模での経済のネットワーク化は、 ネットワーク・メディアの発達とあいまっ て、世界に大きな影響を与えて行くであろ う。
    • James Watt 1736 - 1819 http://www.eureka.tu.chiba-u.ac.jp/forelectures/windmill/summary/05.html 1776年 200年前
    • http://www.h2.dion.ne.jp/~mogiseka/lecture/industrial_revolution.htm 200年前
    • http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php? file_id=2012052902 1908年 T型フォード Henry Ford 100年前
    • 20世紀初めのニュー・メディア達 100年前
    • Cloud 現代
    • He who controls the graph, controls the world. Social 現代
    • Logistic 現代
    • Robot 現代
    • 新しいネットワーク経済の模索 様々なトレンド 新しい経済の形の模索は続いている。その 中で、様々なトレンドが生まれてきている。 そのいくつかは、相反するベクトルを持っ ているようにも見える。 網羅的でも体系的でもないが、ここでは、 そのいくつかを紹介する。
    • Consumerization of IT ITのConsumer Item化 20世紀以来の自動車・PCと同じ 大量生産・大量消費の流れ
    • Google Wear
    • MAKERS―21世紀の産業革命が始まる クリス・アンダーソン ものづくり革命 パーソナル・ファブリケーションの夜明け ニール・ガーシェンフェルド ものづくりへの回帰
    • 産業用ロボット 3Dプリンター
    • Gang of Four (Google, Apple, Amazon, Facebook)の覇権とオープン・ソース MS Build 2014で、オープンソースへの取り組みを 強調する、新CEO Satya Nadella Mobile First Cloud First
    • Apple App Store / Google Play の成功  Gang of Fourのうち、Amazonだけが、商品 流通の世界に大きな足場を築いていることは 注目すべきことである。  同時に、ネットで配信可能なディジタル・コ ンテンツの世界で、Apple App Store / Google Play が収めた成功も、特筆に値する。  特に、これらのネットワーク・マーケットで は、個人が個人として、グローバルなマー ケットに、自分の生産物を流通させる可能性 に道を開いたことの意味は大きい。
    • ネットワーク上の決済手段の多様化
    • 金融ネットワークのグローバル化と High Frequent Tradingの登場  経済のネットワークの分野で、規模において も、技術の高度さにおいても、もっとも進ん でいるのは、金融の世界のネットワークであ る。  それは、様々な問題を引き起 こしながら、抗しがたい力をも って、現代の世界経済に決定 的な影響力を及ぼしている。  2008年頃から登場した、ネッ トワーク上の高速取引の手法 は、金融ネットワークの様相を 1997年アジア通貨危機
    •  2014年3月末に出版 された Michael Lewisの”Flash Boys” は、金融ネットワーク でのHFTの問題を取り 上げたものである。  アメリカでは、金融業 界だけでなく、一般の メディアを巻き込んで 大きな話題になってい る。
    • まとめ  グローバル・ネットワークの成立: 現在進行中の変化は、20世紀の最末期に始 まり、現代の社会と経済に大きな影響を与 えてきたIT化の一つの段階が終わり次の段 階が始まるという、世界史的な変化である。  ネットワーク・マーケット: これから確実に進行するであろうグローバ ルな規模での経済のネットワーク化は、 ネットワーク・メディアの発達とあいまっ て、世界に大きな影響を与えて行くであろ う。
    • P2Pの技術的可能性 @maruyama097 丸山不二夫
    • P2Pの技術的可能性 日本では、P2P技術自体を「悪」とみる風 潮が根強いように思う。たいていの技術と 同じように、技術自体は「中立的」で、使 い方が問題なはずなのだが。デバイスの能 力の飛躍的な向上は、P2P技術に新しい可 能性をもたらすと考えている。
    • ショーン・パーカー(Sean Parke 1979年12月3日 – Napster 共同創始者 Spotifyに出資 金子 勇 1970年7月 - 2013年7月6日 Winny 開発者
    • 現在のSNSは、最初期のP2Pである Napsterのモデルと同一である Server Centric P2P
    • 巨大化したクラウドの内部では、 P2P技術が利用されている
    • サーバー・クライアント・モデルと は、 異なるモデルへの注目  大規模分散から大規模「自律」分散へ  Google Spanner  デバイスの能力の向上にともなう、サーバー とクライアントの役割の見直し  Thin Server Architectureへの注目  Packaged Web Appsにおける、デバイスの役割 の変化  BLE(BlueTooth Low Energy)での Peer間接続  M2Mの多様な接続モデル