• Like
Web技術勉強会10回目(Slideshare用)
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

Web技術勉強会10回目(Slideshare用)

  • 612 views
Published

Web技術勉強会10回目

Web技術勉強会10回目

Published in Technology , News & Politics
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
    Be the first to like this
No Downloads

Views

Total Views
612
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0

Actions

Shares
Downloads
4
Comments
0
Likes
0

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. Web技術勉強会第10回 Web技術勉強会第10回 技術勉強会第10 ~自作ブログシステムから始めるプログラミング~ 自作ブログシステムから始めるプログラミング~ ブログシステムから プログラミング Ryuichi TANAKA Study:http://devel.de.c.dendai.ac.jp/study/ Blog:http://blog.livedoor.jp/mapserver2007/ 1
  • 2. 自作ブログは理にかなっている • 自作ブログは「技術集約」「技術整理」「スキル アップ」に極めて適している(初心者ほど) リファクタリング 基本構文 GET・POST通信 WebAPI 基礎固め 自作ブログ データベース操作 新技術習得 ライブラリ 2
  • 3. 技術集約・応用ができる • ブログはあらゆる技術やコンテンツを集約できる – 大抵のブログは基本的な機能や付加的機能がいくつ も集まって出来ている • これまで培った技術を応用できる – Ajax?JSONP?当然、ブログで使える – データベース?無論、使わないわけがない – 地図?ブログツール化すればいいじゃない 3
  • 4. 初級者でもできる • プログラミング初級程度でも組める – POSTorGET通信ができればいい – データベース無しでもできる – 基本的な処理や構文を覚えるには最適 • 初めはif,while/forだけでいい • Webアプリケーションの基本的な流れが理解できる 4
  • 5. バージョンアップを繰り返す • バージョンアップごとに機能を足す – 新たに身につけたことを実装することで、知識を実装 レベルに落とし込むことが出来る – 一機能を追加する程度なら時間はそれほどかからな いので、片手間でもできる • リファクタリングをする – 機能を追加していくと、だんだんと収集が付かなくなっ てくるので、リファクタリングをする必要が出てくる – 環境のバージョンアップによる書き換えが生じたとき にリファクタリングをする必要がある 5
  • 6. バージョンアップ時にはリファクタリン グと新技術を盛り込む • 過去のプログラムの見直し – 単に、機能追加だけでも良いが、もう一度過去のプログラムを見 直してみる。見直して、悪いところが分かれば成長しているとい える。 • 必ず新しい要素を入れる – 何か新機能を追加するにしても、必ず新しいことをする(技術的 に新しいことや新たに覚えたこと)。例えば、手続き型をOOPにす る、Ajaxを導入してみる、PHPからRubyに切り替えてみる、など。 6
  • 7. 日々のニュースをバージョンアッ プの観点で見てみる • バージョンアップするための材料を収集する – JavascriptやPerlのライブラリをバージョンアップの材料としてス トックしておく、自分の知らないPHPの記法をストックしておく、な ど、バージョンアップのために盛り込めそうなことを見つけるとい う観点 – 単に、最新技術や旬な話題を「知っておく」だけだと弱い。つまり、 知識として知るだけではなく、実装レベルに落とし込むことで本当 の意味で知ることが出来る 7
  • 8. 培ったスキルを元に生み出す • 新たなものを生み出すステップ – バージョンアップと情報収集を通して基礎固め、最新 技術を押さえる。そこで初めてアイデアを形にできる – 基礎ができていると、思ったことを形に出来るようにな る – 形にできて、なおかつ美しいものが作れる • 同じものでも、恐ろしく汚いコードのものと驚くほど綺麗なコー ドがある。技術の有無はコード見ればすぐ分かる。 8
  • 9. 千里の道も一歩から • 趣味化して継続的にやろう – 仕事化すれば、お金がもらえるが、義務感が先行するようになる。 最悪の場合、義務感に耐えられなくなり、成長が止まり、嫌に なってしまう – 趣味化すれば、お金はもらえないが、自分の意思でやるようにな るので、苦痛はなくなる。継続的に続けられるので、情報収集や プログラミングが楽しく出来る。 – プログラミングを趣味とすれば、基本的にお金がかからない経済 的な趣味になる(本とハードだけ)。しかもスキルがどんどんつい ていくので、悪くない。実用性の高い趣味になる。 ※万人が趣味化できるわけではないと思うので、無理ならば、仕事と割り 切るしかない。 ※趣味化しすぎると、仕事とのギャップに苦しみかねないが・・・ 9