Web技術勉強会 20100424

876 views

Published on

Web技術勉強会 20100424

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
876
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Web技術勉強会 20100424

  1. 1. Web技術勉強会 買い物管理支援システム 「tmarker」 開発中間報告 Ryuichi TANAKA Twitter:@mapserver2007 Web:http://summer-lights.jp 1
  2. 2. システム構成図 Sinatra DB Rails users items wishes recomme dation groups log Amazon Jancode Redmine Search 2
  3. 3. 開発時期と開発状況 10月 [Sinarta] ・Sinatra側開発開始 ・Amazonからのデータ取得機能実装 ・SequelによるDB処理実装 11月 [Sinatra] ・登録結果のインスタントメッセージ配信機能実装 ・iPhoneからのアクセスに対応 [Rails] ・プロジェクト作成(2.3.5) 3
  4. 4. 開発時期と開発状況 12月 [Sinarta] ・JANコードデータ取得機能実装 ・APIキー認証実装 ・メール送信機能実装 [Rails] ・トップページ、カテゴリ別ページ実装 ・ログインページ(restful_authentication)実装 ・カレンダー実装 4
  5. 5. 開発時期と開発状況 1月 [Sinarta] ・なし [Rails] ・更新履歴表示実装 ※1月中旬~2月下旬はRankforce開発のためほとんど実装できず。 5
  6. 6. 開発時期と開発状況 2月 [Sinarta] ・JANコード取得処理の修正(JANコード検索サイト閉鎖) [Rails] ・トップページの商品表示を変更 ・マイページを実装 6
  7. 7. 開発時期と開発状況 3月 [Sinarta] ・おすすめ商品取得処理実装 [Rails] ・商品詳細ページ実装 ・開発ログ、トラッキングログ取得処理実装 ・マイページにカテゴリ、価格帯別絞り込み表示機能実装 7
  8. 8. 開発時期と開発状況 4月 [Sinarta] ・買いたいものリスト登録処理実装 ・商品登録、買いたいもの登録をPCアクセスに開放 [Rails] ・一般ユーザのロール設定ページ実装 ・マイページをタブ切り替えに変更 ・買いたいものリストページ実装 ・詳細ページからの買いたいものリスト登録処理実装 8
  9. 9. 開発規模 コードライン数(2010/4/24現在) ・3549行 ・ライブラリコード除く ・改行、スペースは除く ・対象ファイルは「.rb、.html.erb、.js、.css、.haml、 .sass」 ・共通化など無駄なコードを極力削った状態 9
  10. 10. 開発規模 コミット回数(2010/4/24現在) ・75回 ・3日に1回はコミット。 チケット数(2010/4/24現在) ・48件 バグ:28件 機能要求:19件 変更要求:1件 10
  11. 11. Sinatraを使ってみて[所感] [メリット] ・少ない行数でアプリが作れる ⇒Rubyだから。 ・APサーバを自由に変更できる ⇒開発環境:mongrel、本番環境:thin ・Rubyの学習に最適 ⇒フレームワークに頼れないので、すべてをRubyで作る必要 がある・Rubyを本格的に書いたのはこれが初めて。自ら設計し て書いたおかげで習得できた。 11
  12. 12. Sinatraを使ってみて[所感] [デメリット] ・規模が大きいアプリだと不安あり ⇒設計をしっかりしていないと破綻する。画面遷移、MVCなど を意識しないと難しい。依存関係が多すぎるとどこかで限界 が来る(WAFレスの場合すべて該当するが…)。 ・情報が少ない ⇒公式のドキュメント(英語)頼み。しかも若干量が少ない。その 他個人ブログしかなく、書籍は全くない。 12
  13. 13. Sinatraを使ってみて[所感] [使えるのか?] ・大いに使える! ⇒小規模アプリなら積極的につかうべし。 ・覚えることが少ない ⇒URLロケーションの操作くらいしか覚えることがない。 公式ドキュメントだけで実は十分事足りる。 13
  14. 14. Railsを使ってみて[所感] [メリット] ・大規模アプリが簡単に書ける ⇒ファイルが増えたときも収集がつかなくなることがほぼない。 MVCを自分で考える必要がない。 ・とにかく短くかける ⇒個人的感覚だが、Struts(Java)、フレームワーク未使用の場 合にくらべ半分くらいの量に(本当に!)なる。 ・セキュリティ対策が万全 ⇒バリデーション、CSRF、SQLインジェクション対策などを標準 サポート。自分でロジックを構成する必要なくセキュア。 14
  15. 15. Railsを使ってみて[所感] [デメリット] ・学習コストが膨大 ⇒とにかくルールが多い。今までの知識がほとんど役に立たな い。個人的には3本目のRailsアプリにしてようやくまともに使 えるようになった…。初心者は躓きやすい。Webの情報だけ でアプリを作るのはまず無理。 ・Railsは言語である ⇒Railsを勉強してもRubyは書けない!Railsというプログラミ ング言語といってもいい。Ruby勉強したくてRails始めるのな らやめたほうがいい。Sinatraを使うことを勧める。 15
  16. 16. Railsを使ってみて[所感] [使えるのか?] ・最強のフレームワーク。使わない理由がない。 ⇒覚えることが多いが、壁を越えるとこれほど便利なフレーム ワークがあったのかと感動すること間違いなし。世間的な需 要も今後確実に増えるはず。 ・やはり難しい… ⇒現在進行形で勉強中(今はnamed_scopeやってる)。これほ ど書籍がないと難しい言語(じゃないけど)もめずらしい? 16
  17. 17. 今後の予定 ・引き続き機能拡張予定 ⇒随時チケット切っていきます。いつか、Android対応したい。 17

×