20121108 FOSS4G 2012 Osaka  空撮用UAVの未来と    OpenRelief    Taichi FURUHASHI(マップコンシェルジュ株式会社、OpenStreetMap財団ジャパン)
U AV
U AVU n m a n n d A e r i a l Ve h i c l e
U AVU n m a n n d A e r i a l Ve h i c l e       無 人 航 空 機
U AV     U n m a n n d A e r i a l Ve h i c l eマルチコプター                                       固定翼
U AV               U n m a n n d A e r i a l Ve h i c l e    マルチコプター                                             固定翼本体価格:約...
約200m                約350m約500m
現状の主力は電 動 マル チコ プタ ー     タイプ       本体価格:約100∼200万円       機体重量:約2kg       ペイロード(搭載できる重量):最大 600g       飛行時間:約10分(最大20分)    ...
マル チコ プタ ー タ イ プ は   広範囲の撮影に     向いていない  約1km          1日がかりで                約1平方km         約1km
解決するには
その①協 調 型 マル チコ プタ ー
その②安価な固定翼
Understanding OpenRelief
災害救援の計画は霧の中を透かしてみるようなものです。Image by dicktay2000: http://www.flickr.com/photos/34094515@N00/5888974488/sizes/o/in/photostream/
OpenReliefは、災害救援のためのより良いコミュニケーションツールを開発するいわば霧を払うプロジェクトです。         Public domain image: http://goo.gl/ulyox
OpenReliefは、地上での救援のために情報を収集をすることで災害現場を支援します。   U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist 3rd Class Dylan McCord: ht...
この情報は適切なタイミングで、適切な場所で正確な救援活動を支援をします。      U.S. Navy photo: http://www.fotopedia.com/items/flickr-4317637016
私たちの最初のステップは、災害地域を調査し、マッピングするロボット飛行機を作成することです。
柔軟な機体歩道から離陸可能道路、人、煙を識別する写真、映像、地図を作成可能気象観測、放射能、その他のセンサを搭載可能
道路、人、煙の抽出
How The Plane Is Made既存のコンポーネントの組み合わせオープンハードウェア、自動操縦、センサすべてがFOSS
初号機本体: ファイバーガラスとバルサ材.翼の長さ: 1660mm.胴体の長さ: 1190mm.重さ: 2 - 3kg.飛行時間: 20 - 30 分.
弐号機本体: プラスチック、アルミ、木材翼の長さ: 1800mm.胴体の長さ: 1400mm.重さ: 3kg with 12kg thrust.飛行時間: 電動4時間 / ガスエンジン10時間
新機能逆回転モーター導入重心の可変性素早いチャンネルの再構成胴体内の貨物スペース拡張レールによる射出可能
Milestones      Jan 2012          Jul 2012     Development     UK/Japan TestingJul 2011       Jun 2012          Dec 2012Re...
Milestones      Jan 2012          Jul 2012     Development     UK/Japan TestingJul 2011       Jun 2012          Dec 2012Re...
世界中の開発チームとコミュニティによる、クラウドソーシングプロジェクトです。       Public domain image: http://goo.gl/thrcS
我々は、動作テストを共有してくれるたくさんのコミュニティとの連携をすすめています。     NASA Goddard Space Flight Center: http://visibleearth.nasa.gov/view.php?id=5...
マップコンシェルジュ社  弊社とOpenReliefの取り組み   OpenReliefによるOpenStreetMapデータ作   成支援とそのノウハウ共有。   UshahidiやSahanaなど、クライシスマッピ   ングツールとの連携支援。
東日本大震災被災地での    テスト撮影(予定)大   町、   石市、陸前高田市、石巻市など被災地の復興マッピングで試験飛行調整中。
こちらから情報公開中You will find our code at:www.gitorious.org/OpenReliefYou will find our hardware schematics at:www.solderpad.com/O...
詳しくはこちらへwww.openrelief.orgwww.facebook.org/OpenReliefwww.twitter.com/OpenReliefwww.pinterest.com/OpenRelief
www.slideshare.net/  mapconcierge     @mapconcierge       by mapconcierge
Together for the Earth !!        @mapconcierge          by mapconcierge
FOSS4G 2012 Osaka MAPconcierge x OpenRelief
FOSS4G 2012 Osaka MAPconcierge x OpenRelief
FOSS4G 2012 Osaka MAPconcierge x OpenRelief
FOSS4G 2012 Osaka MAPconcierge x OpenRelief
FOSS4G 2012 Osaka MAPconcierge x OpenRelief
FOSS4G 2012 Osaka MAPconcierge x OpenRelief
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

FOSS4G 2012 Osaka MAPconcierge x OpenRelief

1,032 views

Published on

Published in: Technology
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,032
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
27
Actions
Shares
0
Downloads
7
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

FOSS4G 2012 Osaka MAPconcierge x OpenRelief

  1. 1. 20121108 FOSS4G 2012 Osaka 空撮用UAVの未来と OpenRelief Taichi FURUHASHI(マップコンシェルジュ株式会社、OpenStreetMap財団ジャパン)
  2. 2. U AV
  3. 3. U AVU n m a n n d A e r i a l Ve h i c l e
  4. 4. U AVU n m a n n d A e r i a l Ve h i c l e 無 人 航 空 機
  5. 5. U AV U n m a n n d A e r i a l Ve h i c l eマルチコプター 固定翼
  6. 6. U AV U n m a n n d A e r i a l Ve h i c l e マルチコプター 固定翼本体価格:約100∼200万円 本体価格:約500∼2000万円機体重量:約2kg 機体重量:数10kgペイロード(搭載できる重量):最大 600g ペイロード(搭載できる重量):数kg飛行時間:約10分(最大20分) 飛行時間:数時間撮影高度:上限250m(航空法上の制限) 撮影高度:上限250m(航空法上の制限)耐風性能:5∼7 m/s 耐風性能:10∼20 m/s弱点:撮影範囲が狭い 弱点:滑走路が必要
  7. 7. 約200m 約350m約500m
  8. 8. 現状の主力は電 動 マル チコ プタ ー タイプ 本体価格:約100∼200万円 機体重量:約2kg ペイロード(搭載できる重量):最大 600g 飛行時間:約10分(最大20分) 撮影高度:上限250m(航空法上の制限) 耐風性能:5∼7 m/s
  9. 9. マル チコ プタ ー タ イ プ は 広範囲の撮影に 向いていない 約1km 1日がかりで 約1平方km 約1km
  10. 10. 解決するには
  11. 11. その①協 調 型 マル チコ プタ ー
  12. 12. その②安価な固定翼
  13. 13. Understanding OpenRelief
  14. 14. 災害救援の計画は霧の中を透かしてみるようなものです。Image by dicktay2000: http://www.flickr.com/photos/34094515@N00/5888974488/sizes/o/in/photostream/
  15. 15. OpenReliefは、災害救援のためのより良いコミュニケーションツールを開発するいわば霧を払うプロジェクトです。 Public domain image: http://goo.gl/ulyox
  16. 16. OpenReliefは、地上での救援のために情報を収集をすることで災害現場を支援します。 U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist 3rd Class Dylan McCord: http://www.fotopedia.com/items/flickr-5540847894
  17. 17. この情報は適切なタイミングで、適切な場所で正確な救援活動を支援をします。 U.S. Navy photo: http://www.fotopedia.com/items/flickr-4317637016
  18. 18. 私たちの最初のステップは、災害地域を調査し、マッピングするロボット飛行機を作成することです。
  19. 19. 柔軟な機体歩道から離陸可能道路、人、煙を識別する写真、映像、地図を作成可能気象観測、放射能、その他のセンサを搭載可能
  20. 20. 道路、人、煙の抽出
  21. 21. How The Plane Is Made既存のコンポーネントの組み合わせオープンハードウェア、自動操縦、センサすべてがFOSS
  22. 22. 初号機本体: ファイバーガラスとバルサ材.翼の長さ: 1660mm.胴体の長さ: 1190mm.重さ: 2 - 3kg.飛行時間: 20 - 30 分.
  23. 23. 弐号機本体: プラスチック、アルミ、木材翼の長さ: 1800mm.胴体の長さ: 1400mm.重さ: 3kg with 12kg thrust.飛行時間: 電動4時間 / ガスエンジン10時間
  24. 24. 新機能逆回転モーター導入重心の可変性素早いチャンネルの再構成胴体内の貨物スペース拡張レールによる射出可能
  25. 25. Milestones Jan 2012 Jul 2012 Development UK/Japan TestingJul 2011 Jun 2012 Dec 2012Research Project Launch Production Ready
  26. 26. Milestones Jan 2012 Jul 2012 Development UK/Japan TestingJul 2011 Jun 2012 Dec 2012Research Project Launch Production Ready
  27. 27. 世界中の開発チームとコミュニティによる、クラウドソーシングプロジェクトです。 Public domain image: http://goo.gl/thrcS
  28. 28. 我々は、動作テストを共有してくれるたくさんのコミュニティとの連携をすすめています。 NASA Goddard Space Flight Center: http://visibleearth.nasa.gov/view.php?id=57723
  29. 29. マップコンシェルジュ社 弊社とOpenReliefの取り組み OpenReliefによるOpenStreetMapデータ作 成支援とそのノウハウ共有。 UshahidiやSahanaなど、クライシスマッピ ングツールとの連携支援。
  30. 30. 東日本大震災被災地での テスト撮影(予定)大 町、 石市、陸前高田市、石巻市など被災地の復興マッピングで試験飛行調整中。
  31. 31. こちらから情報公開中You will find our code at:www.gitorious.org/OpenReliefYou will find our hardware schematics at:www.solderpad.com/OpenReliefYou will find our airframe at:http://www.openrelief.org/documents/CTOL-UAV.zip
  32. 32. 詳しくはこちらへwww.openrelief.orgwww.facebook.org/OpenReliefwww.twitter.com/OpenReliefwww.pinterest.com/OpenRelief
  33. 33. www.slideshare.net/ mapconcierge @mapconcierge by mapconcierge
  34. 34. Together for the Earth !! @mapconcierge by mapconcierge

×