LLL (Life Long Learning) 研究会本研究会の背景と目的大中逸雄大阪大学名誉教授LLL研究会2011.4.9 1
2社会の変化(その1)・共産圏の崩壊・経済のグローバル化,	 規制緩和,国際競争の激化(大競争時代),	 BRICsの台頭・企業の国際化(日産, IBM, Siemens)・先進国の物質的成熟(生存に必要な条件の充足)・地球温暖化,	 エネルギ...
3社会の変化(その2)・膨大な科学知識の蓄積と細分化・ITの進歩, 情報革命, 情報氾濫・脳科学・認知科学の進歩・バーチャル化, 実体験不足・昔 : 知識は大学� 今 : 産業界, 論文, 教科書, 雑誌,��� インターネット, 電子図書館c...
注目すべき教育関連事項�� �私の学習経験・1962-3 卒業研究 3人チーム・1963-68 修士, 博士課程ーチームで     騒音測定, 消音器設計評価・1968 大阪大学工学部一方的講義・1980∼ 興味を示す学生減少    (ビデオも...
5LLL研究会2011.4.9
6校舎の一例、大学全体では24時間占有できる1600以上の小部屋が各チームに配分(Aalborg Univ.)。 LLL研究会2011.4.9
岩手県浄土ヶ浜 LLL研究会2011.4.9 7製鉄所の騒音測定・対策  一種のPBL九州 五島列島 ∼北海道  室蘭エピソード記憶学習記憶運動記憶記憶とイメージ
三陸地域LLL研究会2011.4.9 8畑村洋太郎「失敗学」これより下に家を建てるべからず!
LLL研究会2011.4.9 9日米教育評価ワークショップ 1994年 Semi-ah-moo ,USA
LLL研究会2011.4.9 10結論ー教育と学習・体験の重要さ・役に立つ知識(知恵)を身につけるには,�「体験⇒内省⇒抽象化⇒体験」の繰り返しが必要.�(Experiential Learning Theory: Kolb)・教育:� 教え授...
LLL研究会2011.4.9 11要求される教育, 人材・自主性、意欲・地球市民としての教養・論理的・創造的思考力・コミュニケーション力・職業倫理・自己学習能力・応用力、創造性・問題設定・解決力・判断力, 決断力人間力+活用できる知識, スキル...
教育のパラダイムシフト目的:地球, 人類, 日本存続のための教育目標:• 心豊かで, 自立した学習者の育成• 活力ある地球市民の育成• 創造性のある人材育成方法:• Teaching から�Learning�へ• 教育理論, 認知科学, 脳科学...
LLL研究会2011.4.9 13教育方法のパラダイム・シフト・知識偏重教育から人間教育へ・自立性教育の導入・個人学習からグループ学習と個人学習のバランスへ・実物, 社会, 自然等実体に触れることのできる教育へ・細分化された講義主体の授業からモ...
学校教育で経験する機会を与える・成功体験�������������・失敗, 挫折体験・称賛体験�������������・叱責体験・完成体験�������������・我慢体験・創造体験・その他種々の実体験LLL研究会2011.4.9 14
創造性教育• 創造性のある人は優れた投資家と同じ���人が注目しないものを安く買い, 高く売る.���(エネルギー, アイデア, 問題解決)• 自分から考える習慣• 繰り返し考える習慣• 考えを絵にする習慣• ワクワクする環境づくり• 興味のあ...
脳科学・仮説の活用単なる強制ではすぐ忘れる学習意欲を与える必要がある脳の特徴:・自己保存(不快なもの, 難しいものは避ける)・統一・一貫性��・自然は自由エネルギが減少する方向に変化する・生きたい・知りたいLLL研究会2011.4.9 16
PBL(Project-Based Learning)グループ学習と問題解決による意欲喚起, 知識獲得,自己学習力, 応用力, 人間力などの同時教育体験, 観察 比較, 評価, 内省抽象化, 概念化,モデリング応用実験,創成, デザイン課題の提...
学び教育フォーラムの活動目標;授業の形態を変える���授業の形態を変えるのを手伝う1.<デモンストレーション>�大学や高校などに行って,実際にPBLをやって見せる.2.<問題解決>�PBLをやっているが,孤立していて悩んでいる.PBLがうまく行...
Aurora Zinc OxideSEM image of a zinc oxide "nanowall structure" synthesized bymetal-organic chemical vapor deposition. By ...
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

PBL教育201104

670

Published on

Published in: Education
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
670
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

PBL教育201104

  1. 1. LLL (Life Long Learning) 研究会本研究会の背景と目的大中逸雄大阪大学名誉教授LLL研究会2011.4.9 1
  2. 2. 2社会の変化(その1)・共産圏の崩壊・経済のグローバル化, 規制緩和,国際競争の激化(大競争時代), BRICsの台頭・企業の国際化(日産, IBM, Siemens)・先進国の物質的成熟(生存に必要な条件の充足)・地球温暖化, エネルギー・資源問題、テロ・南北格差, 貧困・少子化, 老齢化, 活力低下(日本)・製造業の海外移転と技術の空洞化(日本)LLL研究会2011.4.9
  3. 3. 3社会の変化(その2)・膨大な科学知識の蓄積と細分化・ITの進歩, 情報革命, 情報氾濫・脳科学・認知科学の進歩・バーチャル化, 実体験不足・昔 : 知識は大学� 今 : 産業界, 論文, 教科書, 雑誌,��� インターネット, 電子図書館cf. MITs OpenCourseWareLLL研究会2011.4.9
  4. 4. 注目すべき教育関連事項�� �私の学習経験・1962-3 卒業研究 3人チーム・1963-68 修士, 博士課程ーチームで     騒音測定, 消音器設計評価・1968 大阪大学工学部一方的講義・1980∼ 興味を示す学生減少    (ビデオも効果少)・1990∼ 教育改革の必要性, 将来会等・1994  米国工学教育改革調査・1997∼知能機能創成工学専攻PBL導入    Stanford大学等との国際PBL・1999 日本技術者教育認定機構・2003 科学技術会議人材専門会議・2004 大阪産業大学大学院PBL導入LLL研究会2011.4.9 4•1947 GE創造性開発   プログラム•1965 PBL カナダ•1969 MIT 報告書  professionals能力•1974 Aalborg Univ.,   PBL•1990 米国工学教育改革   新しい学力観
  5. 5. 5LLL研究会2011.4.9
  6. 6. 6校舎の一例、大学全体では24時間占有できる1600以上の小部屋が各チームに配分(Aalborg Univ.)。 LLL研究会2011.4.9
  7. 7. 岩手県浄土ヶ浜 LLL研究会2011.4.9 7製鉄所の騒音測定・対策  一種のPBL九州 五島列島 ∼北海道  室蘭エピソード記憶学習記憶運動記憶記憶とイメージ
  8. 8. 三陸地域LLL研究会2011.4.9 8畑村洋太郎「失敗学」これより下に家を建てるべからず!
  9. 9. LLL研究会2011.4.9 9日米教育評価ワークショップ 1994年 Semi-ah-moo ,USA
  10. 10. LLL研究会2011.4.9 10結論ー教育と学習・体験の重要さ・役に立つ知識(知恵)を身につけるには,�「体験⇒内省⇒抽象化⇒体験」の繰り返しが必要.�(Experiential Learning Theory: Kolb)・教育:� 教え授ける(教授する)ことではなく, 動機付け� を含む適切な学習環境を与え, 適切な指導・助言� により学習させ, 自立した学習者を育成すると共に優れた能力を引き出すこと.
  11. 11. LLL研究会2011.4.9 11要求される教育, 人材・自主性、意欲・地球市民としての教養・論理的・創造的思考力・コミュニケーション力・職業倫理・自己学習能力・応用力、創造性・問題設定・解決力・判断力, 決断力人間力+活用できる知識, スキル講義主体の教育では不可能に近い
  12. 12. 教育のパラダイムシフト目的:地球, 人類, 日本存続のための教育目標:• 心豊かで, 自立した学習者の育成• 活力ある地球市民の育成• 創造性のある人材育成方法:• Teaching から�Learning�へ• 教育理論, 認知科学, 脳科学の利用質保証:LLL研究会2011.4.9 12
  13. 13. LLL研究会2011.4.9 13教育方法のパラダイム・シフト・知識偏重教育から人間教育へ・自立性教育の導入・個人学習からグループ学習と個人学習のバランスへ・実物, 社会, 自然等実体に触れることのできる教育へ・細分化された講義主体の授業からモジュール化による�「体験⇒内省⇒抽象化⇒体験」サイクルの組み込み��講義, 演習, 実験, 実習, 討議, プロジェクト等の��バランスと時期の最適化(モジュール化)・課題型グループ学習(Project-based Learning)の導入
  14. 14. 学校教育で経験する機会を与える・成功体験�������������・失敗, 挫折体験・称賛体験�������������・叱責体験・完成体験�������������・我慢体験・創造体験・その他種々の実体験LLL研究会2011.4.9 14
  15. 15. 創造性教育• 創造性のある人は優れた投資家と同じ���人が注目しないものを安く買い, 高く売る.���(エネルギー, アイデア, 問題解決)• 自分から考える習慣• 繰り返し考える習慣• 考えを絵にする習慣• ワクワクする環境づくり• 興味のある課題• 成功体験と失敗体験� LLL研究会2011.4.9 15
  16. 16. 脳科学・仮説の活用単なる強制ではすぐ忘れる学習意欲を与える必要がある脳の特徴:・自己保存(不快なもの, 難しいものは避ける)・統一・一貫性��・自然は自由エネルギが減少する方向に変化する・生きたい・知りたいLLL研究会2011.4.9 16
  17. 17. PBL(Project-Based Learning)グループ学習と問題解決による意欲喚起, 知識獲得,自己学習力, 応用力, 人間力などの同時教育体験, 観察 比較, 評価, 内省抽象化, 概念化,モデリング応用実験,創成, デザイン課題の提示と導入講義課題の理解と必要知識・情報の認識���必要知識・情報の獲得(実態調査, 教科書学習, 実験など)課題解決反省・評価課題内容により基礎知識吸収型, 創造性型, リーダーシップ型, デザイン型PBLなどとなる. 意欲喚起, 自己学習力, コミュニケーション力育成などはほんとんどのPBLに含まれる.学習意欲の喚起発表17LLL研究会2011.4.9
  18. 18. 学び教育フォーラムの活動目標;授業の形態を変える���授業の形態を変えるのを手伝う1.<デモンストレーション>�大学や高校などに行って,実際にPBLをやって見せる.2.<問題解決>�PBLをやっているが,孤立していて悩んでいる.PBLがうまく行かない.教え授ける(教授する)ことではなく,動機付けを含む適切な学習環境を与え,適切な指導・助言により学習させ,自立した学習者を育成すると共に,優れた能力を引き出す.会員が実施する���参観する 評価する他への参考とするために改善点を議論する反映させる・数人のクラスでも,多人数の場合でも,組織として実現していく.・講演会や本では,なかなか伝わらないので,実際にやって見せる.・今すでにやっている人に授業をやってもらって,見に行く.・リーズナブルな数の人が見に行って,良い点・改善点などを話し合う.・教育効果の評価をして,実施者の評価とを摺り合わせる(議論する).���評価方法の議論・改善の議論・普及するための戦略について議論し,実践していく.���より多くの人に気づいてもらう必要がある.���「目に見える効果」「目に見える成功例」とは何か.(大学進学率,一流企業への就職,長期的追跡評価など)���経営者側に認識を高めてもらうような企画個人の悩みを研究会で共有して,解決していく組織的な問題,技術的な問題,コミュニケーション不足,経営者側が理解しない, etc.会員のPBLとして,議論し問題解決する4.<評価方法の確立>�学生・生徒,教師,社会による客観的評価�→�普及活動例広げるためには,何がネックになっているのか.→�<会員のPBL>��・対象は,当初,今困っていて新しいインプットを入れると変わっていく所から始める.��・問題点に応じて部会等のグループに分けて, 議論する.������問題に対して,どう対応すべきか.<戦略・戦術>3.<PBL実施者を増やす>�できれば会員一人につき一人実施者を増やすLLL研究会2011.4.9
  19. 19. Aurora Zinc OxideSEM image of a zinc oxide "nanowall structure" synthesized bymetal-organic chemical vapor deposition. By Dong Chan Kim,Sungkyunkwan University, Korea 19LLL研究会2011.4.9

×