同人ボードゲーム「やっぱしぃYAPC」の考案と実践
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

Like this? Share it with your network

Share

同人ボードゲーム「やっぱしぃYAPC」の考案と実践

on

  • 1,977 views

YAPC::Asia 2012 本編トークの資料です。

YAPC::Asia 2012 本編トークの資料です。

Statistics

Views

Total Views
1,977
Views on SlideShare
1,114
Embed Views
863

Actions

Likes
1
Downloads
1
Comments
0

8 Embeds 863

http://www.donzoko.net 684
http://yapcasia.org 165
http://131.253.14.98 4
http://freerss.net 3
http://donzoko.net 3
http://reader.freerss.net 2
http://translate.googleusercontent.com 1
http://geechscamp.lovepop.jp 1
More...

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

同人ボードゲーム「やっぱしぃYAPC」の考案と実践 Presentation Transcript

  • 1. 同人ボードゲーム「やっぱしぃ YAPC 」 の考案と実践 まかまか般若波羅蜜 2012-09-29 YAPC::Asia Tokyo 2012
  • 2. 警告CAUTION!
  • 3. このトークは技術的なものではありません。
  • 4. スピリチュアルでも ありません
  • 5. アナログなものです
  • 6. 同人ボードゲーム「やっぱしぃ YAPC 」 の考案と実践
  • 7. 自己紹介まかまか般若波羅蜜twitter: @maka2_donzoko
  • 8. 自己紹介 まかまか般若波羅蜜 twitter: @maka2_donzoko・「どんぞこ楽屋」で Perl の同人誌つくってます →その合間に仕事をしてます。・去年は同人カードゲームの発表しました。
  • 9. そう、去年はカード ゲームでした 迫りくる納期に立ち向かい CPAN モジュールを駆使して プロジェクトを完遂させる、夢と希望にあふれるカードゲーム
  • 10. Paumon
  • 11. 今年は何しよう? カードゲーム やったから
  • 12. 次はボードゲーム でしょう。
  • 13. YAPC::Asiaを追体験できる 夢と希望に 満ちた ボードゲーム
  • 14. やめておけばよかった
  • 15. まだ完成してな
  • 16. すいません、今のノーカウントで
  • 17. ご安心ください ベータ版が 完成しました
  • 18. ご不安くださいテストしてません
  • 19. ご不安くださいテストしてません No Test No Future
  • 20. 製作過程コンセプトを考える
  • 21. プレーヤーはYAPC::Asia に参加して 充実ポイントを獲得。 一番多くポイントを 得たプレーヤーが勝利
  • 22. プレーヤーは YAPC::Asia の会場を歩き回って トークをしたり聴いたり 他の参加者と会話したり LT に参加したり お昼は芝生でだべり……
  • 23. あー、スタッフの苦労も再現したいな、 LT といえば銅鑼も登場するよね、そうそう gihyo 的最速レポー ターもいるし……
  • 24. そんなに詰め込めるか!
  • 25. 詰め込んだ※ やればできる子
  • 26. さあ、これがそのボードゲームだ!
  • 27. YAPC::Asia の会場と時間の流れを だいたい再現!※2011 年までの知見に基づいています
  • 28. ご不安くださいテストしてません No Test No Future
  • 29. 製作過程登場人物を考える
  • 30. プレーヤーには 様々な役割を担ってもらおう!
  • 31. 内容物プレーヤー駒: 8 個タイム駒:1個属性カード: 24 枚( 7 種類)スケジュールボードマップボードトークトークン: 9 枚ステータスシート: 1 枚
  • 32. プレーヤー人数: 2 ~ 6 人所要時間: 15 分~ 45 分
  • 33. 用語:・ pt……Potential totality. 潜在的な全体性。すなわち人生における可能性が云々かんぬん。
  • 34. 用語:・ pt……Potential totality. 潜在的な全体性。すなわち人生における可能性が云々かんぬん。略して「充実ポイント」。
  • 35. マップボードYAPC::Asia 会場を模した地図。会場名と定員数が書かれている。一日の始まりは「受付・エントランス」からスタートする。定員に達したマスには移動できない(瞬間移動の場合は代わりに他のプレーヤーをはじき出す))
  • 36. スケジュールボードイベントの経過を表す。ゲーム買い指示に午前のマスタイム駒を置く。プレーヤーのターンが一巡りしたとき、一巡りの最後のプレーヤーがタイム駒をひとつ進める。マスに指示が書かれている場合は次のラウンドのプレーヤーは各々指示に従う。
  • 37. ステータスシート(コピーしたり写経して使ってね)Player No.      ColorLevel :初心者・中級者・上級者充実ポイント:
  • 38. トークトークントークの時間帯・会場をあらわす。トークマスにトークトークンを置く。怪僧プレーヤーがいればその人がトークトークンを設置する。登壇者プレーヤーがいればその人たちのトークンは話し合いで決める。残りのトークンは裏返してランダムに配置する。このトークンに応じた時間帯のマップマスにいるプレーヤーは聴講アクションがとれる。
  • 39. プレーヤー駒このゲームには 8 個の駒があるが、プレーヤーが使う以外の駒は NPC となる。NPC 駒の利用が勝敗の行方を決する!?
  • 40. ゲームの流れプレーヤーは自分のターンでマップを1マス移動する。それから数種類の「アクション」をとる。
  • 41. アクション・コミュニケーション 自分のマスに他の駒がある場合は会話をすることで pt1 増。・トーク聴講 トークトークンに対応する時間帯、会場マスにいることでトークを聴く。トークトークンに記されている「対象者」と自分のレベルが同じ場合は pt に 2 加算する。違う場合は 1 加算する。登壇者プレーやに属するトークトークンの場合は、記されたレベルではなく、ステータスシートに記載のレベルを適用する。・ NPC 移動  NPC 駒を1マス移動させる。
  • 42. タスクスケジュールマスにタスクチェックの指定がある場合は各プレーヤーはマップ移動前にチェックを行う。タスクが発生したらその指示に従う。マップ移動が発生したら瞬時に自駒を移動させる。移動先のマスが定員に達していたら好きな駒を隣接するマスに移動させる。移動先がまた店員に達していた場合はさらにそのマスの駒を移動させる。この時最初の駒と別の駒でも良い。
  • 43. LT一日の最後は LT 大会となる。ダイスを振ってちょうど 5 が出ると最高 pt アップ。5 以下の場合は何度振ってもよく、出目を加算する。出目の合計が 6 以上になったら終わり!
  • 44. LT一日の最後は LT 大会となる。ダイスを振ってちょうど 5 が出ると最高 pt アップ。5 以下の場合は何度振ってもよく、出目を加算する。出目の合計が 6 以上になったら終わり! 完全に 5 分間 LT を再現!
  • 45. 勝敗2 日目終わりの段階で一番 pt が多いプレーヤーが勝者。
  • 46. その他の細やかなYAPC::Asia の再現
  • 47. QR コードが見当たらな い・読み取れない ※2011 年までの知見に基づいています
  • 48. 大ホールで「こける」※2011 年までの知見に基づいています
  • 49. 芝生で昼食※2011 年までの知見に基づいています
  • 50. まとめ
  • 51. YAPC::Asiaを追体験できる 夢と希望に 満ちた ボードゲーム
  • 52. ご不安くださいテストしてません No Test No Future
  • 53. よろしくね!
  • 54. Question?
  • 55. ※ ここで会場から いつ売るんですか?という質問が出ることを想定。 実際に出ました。 ( 2012-09-30 追記)
  • 56. 良い質問ですねぇ
  • 57. 冬コミまでにはブラッシュアップ 目指します。
  • 58. うまくいけば頒布で きるかな! でもそのためには……
  • 59. 続きは本日の LT で!
  • 60. ご清聴ありがとうございます。 Thank you.