20130302新生児訪問の現状 取組み
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

20130302新生児訪問の現状 取組み

on

  • 314 views

 

Statistics

Views

Total Views
314
Views on SlideShare
314
Embed Views
0

Actions

Likes
0
Downloads
0
Comments
0

0 Embeds 0

No embeds

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

20130302新生児訪問の現状 取組み 20130302新生児訪問の現状 取組み Presentation Transcript

  • 〜~新⽣生児訪問とは〜~        成り⽴立立ちと現状についてNPO法⼈人マドレボニータ産後研究会  第1回勉強会  第1部資料料1
  • 『新⽣生児訪問』  と『こんにちは⾚赤ちゃん訪問』2
  • 新⽣生児訪問・昭和36年年度度  『新⽣生児訪問指導事業』開始・昭和37年年度度  『妊産婦訪問指導』              妊娠中毒症の予防と早期発⾒見見)・同じ時期の新⽣生児と産婦を対象とした訪問      ・同じ訪問者により同時に実施  ※東京都福祉保健局少⼦子社会対策部⼦子ども医療療科作成〜~東京都版ガイドラインより3
  • ・新⽣生児訪問  ・清潔・保温・感染防⽌止  ・⺟母乳栄養・乳房の⼿手当・授乳技術  ・疾病の早期発⾒見見とフォロー  ・療療育の指導  ・産婦訪問  ・初回妊娠の者、特に⾼高年年初産の者  ・妊娠中毒症等妊娠⼜又は出産に⽀支障を及ぼすおそれのある  疾病の既往歴をもつ者  ・未熟児またはその他の異異常児を出産した経験のある者  ・⽣生活環境上特に指導を必要とする者を重点とした指導  ・その他保健所⻑⾧長が指導を必要と認めた者  新⽣生児訪問
  • こんにちは⾚赤ちゃん訪問(背景)・平成17年年4⽉月、18年年3⽉月国による「⼦子ども虐待による死亡事  例例等の検証結果報告」(第⼀一次・第2次)*虐待の死亡事例例に占める、1歳未満の乳児の割合が⾼高い*妊娠期から出産後まで切切れ⽬目のない⽀支援を⾏行行うことが重要5
  • ⽣生後4か⽉月までの全⼾戸訪問事業「乳幼児家庭全⼾戸訪問事業」・国の児童虐待防⽌止室・平成19年年度度:国が予算化・21年年度度3⽉月:ガイドライン策定  4⽉月〜~:区市町村に実施の努⼒力力義務『こんにちは⾚赤ちゃん事業』6
  • 新⽣生児訪問/こんにちは⾚赤ちゃんの違い(法律律)        新⽣生児訪問    こんにちは⾚赤ちゃん  ⺟母⼦子保健法 児童福祉法7
  • 新⽣生児訪問/こんにちは⾚赤ちゃんの違い(法律律)            新⽣生児訪問      こんにちは⾚赤ちゃん  ・⺟母⼦子保健法医師、保健師、助産師⼜又はその他の職員をして当該新⽣生児の保護者/妊産婦を訪問させ、必要な指導を⾏行行わせるものとする。・・児童福祉法⼦子育てに関する情報の提供並びに乳児及びその保護者の⼼心⾝身の状況及び養育環境の把握を⾏行行うほか、養育についての相談に応じ、助⾔言その他の援助を⾏行行う。8
  • 出産時の疲労に加えて育児の負担などで 心身に変調をきたしやすい 母親 核家族化・少子化 両親ともに育児に関する 知識・経験が乏しい 周囲からの支援を受けることが困難な状況生後間もない乳児のいる家庭 『こんにちは⾚赤ちゃん事業』の⽬目指す姿 9
  •  ①様々な不不安や悩みを聞き、⼦子育て⽀支援に関する情報提供等を⾏行行う  ②⺟母⼦子の⼼心⾝身の状況や養育環境等の把握、助⾔言を⾏行行い、⽀支援が必要な家庭に対し適切切なサービス提供に結びつける『こんにちは⾚赤ちゃん事業』の⽬目指す姿 10
  • 乳児のいる家庭と地域社会をつなぐ最初の機会とし、乳児家庭の孤⽴立立化を防ぎ、乳児の健全な育成環境の確保を図る。『こんにちは⾚赤ちゃん事業』の⽬目指す姿 11
  • ⼦子育て⽀支援における地域⼒力力の醸成  『こんにちは⾚赤ちゃん事業』は、すべての乳児のいる家庭を対象とするため、地域における⼦子育て⽀支援のニーズを広く把握することが可能であることから、こうした⼦子育て⽀支援のニーズに関する情報等を、必要な地域の⼦子育て⽀支援サービスの拡充のために活かすことが求められる。                *参考)こんにちは赤ちゃん概要~厚労省~12
  • 新⽣生児訪問の現状〜~各⾃自治体の事例例より横浜市保健師・助産師⺠民⽣生委員、児童委員、主任児童委員、⼦子育て⽀支援の経験者等板橋区保健師・助産師⼦子育てサポーター(通称)いたばし⼦子育て⽀支援者養成講座の2級課程修了了者を対象に公募新⽣生児訪問全⼾戸訪問訪問スタッフの職種※参考)次世代育成⽀支援政策における産後育児⽀支援体制の評価に関する研究   13
  • 新⽣生児訪問の現状〜~各⾃自治体の事例例より横浜市「不不適切切養育の早期発⾒見見」ではなく、「気になるケースを作らない」「少しでも多くの養育者が地域の中で楽しく育児ができる」事に主眼を置くことが望ましい事業と考える。板橋区住⺠民によるアプローチにより、板橋区で育つ⾚赤ちゃんをあたたかく⾒見見守る地域づくりにつなげるのが⽬目的である。育児中の⺟母親の様々な負担や不不安の軽減を図る。。乳児家庭全⼾戸訪問事業に対する認識識※参考)次世代育成⽀支援政策における産後育児⽀支援体制の評価に関する研究   14
  • 参考*平成22年年度度「乳児家庭全⼾戸訪問事業」及び「養育⽀支援訪問事業」都道府県別実施状況http://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/kosodate14/03.html訪問率率率の違い15
  • 現状:訪問率率率を上げるため取組み・⼯工夫参考【乳児家庭全⼾戸訪問事業等の取組を推進するための事例例集〜~厚労省省】〜~⽬目次〜~Ⅰ.乳児家庭全⼾戸訪問事業の実施率率率を上げるための取組、⼯工夫¡ 1.乳児家庭全⼾戸訪問事業周知の取組¡ 2.訪問者の確保における⼯工夫¡ 3.乳児家庭全⼾戸訪問を実現するための⼯工夫¡ 4.訪問拒否等事例例への対応の⼯工夫¡ 5.外国⼈人⺟母⼦子等事例例への対応の⼯工夫¡ 6.継続⽀支援を必要とするかどうかの判断¡ 7.妊娠〜~育児期の総合的な⽀支援16