How does the Waterfall model survive?
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

Like this? Share it with your network

Share

How does the Waterfall model survive?

on

  • 4,261 views

Shibuya.trac #4.5 on 11 Sep 2009

Shibuya.trac #4.5 on 11 Sep 2009

Statistics

Views

Total Views
4,261
Views on SlideShare
2,923
Embed Views
1,338

Actions

Likes
3
Downloads
18
Comments
0

8 Embeds 1,338

http://www.machu.jp 1324
http://www.slideshare.net 4
http://webcache.googleusercontent.com 4
http://tidd.fpe.fujitsu.com 2
http://127.0.0.1:4476 1
http://10.249.17.8 1
http://ww.wolfbbs.jp 1
http://translate.googleusercontent.com 1
More...

Accessibility

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

How does the Waterfall model survive? Presentation Transcript

  • 1. ウォーターフォール開発 がこの先生きのこるには 1
  • 2. 自己紹介 2
  • 3. 松岡 浩平 a.k.a まちゅみんな大好きSIer認証システムの開発 まちゅダイアリー 3
  • 4. チケット駆動開発の 名付け親※ プラクティス自体は 前からあった 4
  • 5. この発表は もう一つのTiDD(タイトル駆動開発) でお送りします 5
  • 6. ウォーターフォール開発 がこの先生きのこるには 6
  • 7. 結論 7
  • 8. この先生きのこらなくてもよくね? 8
  • 9. □□□□■□□□□□■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■■□□□□□■□□□□□□□■■■■■■■■■■■■□□□□■■□□□□□■■■■■■□□□□□□□□□□□□□■■□□□■■□□■□□□■□□□□■□□□□□□□□□□□□■■□□□□□■□■■□□■■■□□■■□□□□□□□□□□□■■□□□□□□□■■□□■■□■■■■□□□□□□□□□□□■■□□□□□□□■■□□□□□□□■■□□□□□□□□□□□■■□□□□□□□□■□□□■□□□■■■■□□□□□□□□□□■□□□□□□□□■■■■■■□□■■□□■■□□□□□□□□□■□□□□□□□□□□□■□□□■■□□□□■■□□□□□□□□■□□□□□□□□□■□■□■□□□□■■□□□□□□□□□□□■□□□□□□□□□■□■□■□□□□□■■□□□□□□□□□□■□□□□□□□□■■□■□■□□□□□□□□□□□□□□□□□■□□□□□□□□■□□■□□□□■■■□□□□□□□□□□□□■□□□□□□□□□□□■□□□□□□■■■□□□□□□□□□□■□□□□□□□□□□□■□□□□□□□□■■□□□□□□■■■■□□□□□□□ 9
  • 10. ウォーターフォール開発 で僕たちがこの先生きのこるには 10
  • 11. 結論 11
  • 12. TiDD 12
  • 13. ウォーターフォール こそチケット駆動開発 13
  • 14. ウォーター フォール 14
  • 15. 理想 15
  • 16. 16
  • 17. 要件↓  設計↓    開発↓      テスト 17
  • 18. 手戻りがない工程 18
  • 19. 遅れのないスケジュール 19
  • 20. 現実 20
  • 21. 21
  • 22. 22
  • 23. この激流を 乗り切る 23
  • 24. TiDD 24
  • 25. ウォーターフォールの 問題点 25
  • 26. リスク 要件 設計 開発 テスト 時間 26
  • 27. リスクは 0にならない 27
  • 28. 完全なドキュメントは作れない 28
  • 29. 29
  • 30. さかのぼる 水もある 30
  • 31. 仕様変更 31
  • 32. 設計変更 32
  • 33. フィードバックを認める 33
  • 34. アンケート してみた 34
  • 35. (脳内)彼女3人に聞きました 35
  • 36. 開発で困っている こと 36
  • 37. 33% 67% ドキュメントが管理されていない ファミレスのバイトが忙しい 37
  • 38. よくある光景 38
  • 39. 39
  • 40. ( ゚д゚) 40
  • 41. (つд )ゴシゴシ 41
  • 42. どれが最新か 分からない 42
  • 43. 芸能人は歯が命 43
  • 44. ウォーター フォールはドキュメント が命 44
  • 45. 管理されない 仕様書 45
  • 46. 伝わらない 仕様変更 46
  • 47. そんなあなたに 47
  • 48. TiDD 48
  • 49. チケット駆動開発 49
  • 50. 2007年秋 Trac月OffITpro Challenge LT 50
  • 51. まずチケット ありき 51
  • 52. チケットなしの コミット禁止 52
  • 53. No Ticket,No Commit 53
  • 54. 大切なこと なので2回言いました 54
  • 55. バグ管理にも チケット 55
  • 56. 開発タスク にも チケット 56
  • 57. そして 57
  • 58. ドキュメント 管理にも チケット 58
  • 59. ウォーターフォール こそチケット駆動開発 59
  • 60. フィードバック を認める 60
  • 61. 設計書の 変更を管理する 61
  • 62. まずはSubversion 62
  • 63. TortoiseSVN 超便利 63
  • 64. WordやExcel の差分表示 64
  • 65. プラグイン 不要 65
  • 66. Apacheも不要 66
  • 67. ファイルサーバ だけでおk 67
  • 68. バージョン管理 とチケット駆動 68
  • 69. チケットなしの コミット禁止 69
  • 70. No Ticket,No Commit 70
  • 71. Subversionは 変更点を 管理 71
  • 72. チケットは変更理由を 管理 72
  • 73. 仕様変更 &設計変更 73
  • 74. まずチケットに 書く 74
  • 75. Ticket First byあきぴーさん 75
  • 76. それから修正 76
  • 77. コミット時に チケットを クローズ 77
  • 78. 修正履歴の一覧が見える 78
  • 79. 修正理由が みんなに 伝わる 79
  • 80. TiDD 80
  • 81. 実はウォーターフォールでは 当たり前 81
  • 82. 82
  • 83. ウォーター フォールはドキュメント が命 83
  • 84. 変更箇所をチケットで管理 84
  • 85. ミーティングでチケットを共有 85
  • 86. Excelでやってた ことと同じ 86
  • 87. アジャイルはやることを 管理 87
  • 88. ウォーター フォールはやったことを 管理 88
  • 89. 当たり前の ことを当たり前に 89
  • 90. 難しい? 90
  • 91. なかなか 使ってもらえない? 91
  • 92. 道具は揃っている 92
  • 93. Trac LightningExcelプラグイン 93
  • 94. Redmine 94
  • 95. Mantis 95
  • 96. 使いやすい道具を選ぶ 96
  • 97. 使いやすければ自然に使われる 97
  • 98. Excelでもおk 98
  • 99. 99
  • 100. いろいろありますが 100
  • 101. まずはできるところ から 101
  • 102. TiDD 102
  • 103. 103
  • 104. ありがとうございました 104
  • 105. この発表は もう一つのTiDD(タイトル駆動開発) でお送りしました 105