• Share
  • Email
  • Embed
  • Like
  • Save
  • Private Content
書籍解説 “What is EPUB 3?” & “Accessible EPUB 3”
 

書籍解説 “What is EPUB 3?” & “Accessible EPUB 3”

on

  • 3,186 views

JEPA EPUBセミナー#14

JEPA EPUBセミナー#14

Statistics

Views

Total Views
3,186
Views on SlideShare
2,236
Embed Views
950

Actions

Likes
5
Downloads
19
Comments
0

5 Embeds 950

http://www.scoop.it 929
https://twitter.com 12
http://webcache.googleusercontent.com 7
http://twitter.com 1
http://cache.yahoofs.jp 1

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    書籍解説 “What is EPUB 3?” & “Accessible EPUB 3” 書籍解説 “What is EPUB 3?” & “Accessible EPUB 3” Presentation Transcript

    • 書籍解説 What is EPUB 3? &Accessible EPUB 3 イースト株式会社 高瀬 拓史 takase@est.co.jp 2012/09/21 JEPA EPUBセミナー#14
    • 今日お話しすること• EPUB 3関連書籍の紹介と解説です。• What is EPUB 3? http://shop.oreilly.com/product/0636920022442.do• Accessible EPUB 3 http://shop.oreilly.com/product/0636920025283.do• IDPFとDAISY Consortium制作 O reilly Mediaより出版• いずれも無料で入手できます。
    • 加筆分 2012年末?(有料)
    • 概要• EPUB 3の概論• EPUB 3 Best Practices の第一章 となる位置づけ• 歴史、技術、メリット、展望がコンパク トに整理されている• EPUB 3策定中に書かれているため、 アップデートされるはず
    • •What Is EPUB 3? • EPUB 3 in a Nutshell EPUBの概要 • The EPUB 3 Revision EPUB 3への改訂経緯 • EPUB and Web Standards EPUBとウェブ標準の関係 • The Goodies EPUB 3の改良点 • The Arrival EPUB 3普及への展望 目次
    • EPUB 3とは何か• EPUBは汎用的なフォーマット 特定の種類の出版物に特化したものではない 雑誌、オフィス文書、政策文書など様々に利用できる• ウェブ標準を積極的に取り入れている すでに広く利用されている技術やスキルを活用できる• フリー、オープン 誰もが制約なく利用できるように設計されている シンプルなテキストエディタで制作できる点は普及の大きな要因
    • EPUB 3への改訂経緯• 電子出版市場の急速な進化 E Inkデバイスからタブレットデバイスへ• EPUB 2への改善要望 マルチメディア対応 インタラクティブなコンテンツ グローバル言語対応 アクセシビリティの向上• EPUB 3で残された課題 ビデオコーデック(H.264 vs WebM)が統一できなかった コミックやマンガの表示方法について試行錯誤が続いている
    • EPUB 3とウェブ標準• ブラウザのスタックを採用した理由 ブラウザのスタック(HTML, CSS, JavaScript) リフローに適していた 長期生存できるフォーマットだった ブラウザの描画エンジンを利用してビューワの開発コストを下げられた• ウェブ標準を利用するデメリット 標準化されておらずEPUBが自前で用意したもの  リッチな注釈データ(出版物としてのセマンティクス)  文書の読み順を定義する仕組み...etc. 他の仕様の方向性をコントロールできない  HTML5、CSS3の不確実性
    • EPUB 3の改良点• マルチメディア• メディアオーバーレイ• スクリプティング• SVG• グローバル言語対応• アクセシビリティ
    • 概要• EPUBをアクセシブルにするためのベス トプラクティス• アクセシビリティに準拠するためのガイ ドラインではない• どうすれば出版物をアクセシブルにでき るのか、観点や考え方を示すのが目的• WCAGやWAI-ARIAも参考に WCAG: Web Content Accessibility Guidelines http://www.w3.org/TR/WCAG20/ WAI-ARIA: Web Accessibility Initiative s Accessible Rich Internet Applications http://www.w3.org/TR/wai-aria/
    • • Accessible EPUB 3 • Introduction 高品質なデータとアクセシブルなデータ • Building a Better EPUB: Fundamental Accessibility 基礎部分(テキスト、画像等)に 関するテクニック • It s Alive: Rich Content Accessibility EPUB 3の新機能(マルチメディア、TTS等)に 関するテクニック • Conclusion 出版物をアクセシブルにすることのメリット ぜひ実践を! 目次
    • イントロダクション基本的な考え方• 高品質なデータ =構造化されたデータ =アクセシブルなデータ• リッチで使い回しの効くコンテンツを制 作すること• あらゆる人によりよい読書体験を与える こと
    • 基礎テクニック• スタイルの分離 視覚情報に頼らず読者に意味を伝えられるようにする スタイルシートを除去しても内容が失われないかチェック• セマンティクスの追加 epub:type属性を追加してビューワのユーザビリティを向上させる• コンテンツへの言語属性の指定 音声読み上げや点字表示の精度が向上する• 読み順への重要度の指定 linear属性を利用して重要ではない箇所をスキップできるようにする <itemref idref="chapter1"/> <itemref idref="chapter1-note" linear= no /><!-- skippable -->
    • 基礎テクニック• 段落間の空きをマークアップする 場面や文脈の変化を<hr>要素によって示す• リスト <ol>、<ul>、<dl>要素を適切に利用する• 図版、表、コード <figure>要素でグループ化しておく• 表: <table> 画像化は非推奨。ヘッダやセル同士の関係を適切にマークアップする <th>要素、<thead>要素、scope属性、header属性の利用
    • 基礎テクニック• 画像: <img> <img>要素を詳細に説明するための試案 ・<figcaption>要素の中で<details>要素を使う? ・<a>要素で説明用のHTML文書にリンクさせる? 意味のない画像にaltテキストは不要• 画像: SVG 拡大縮小に強く、タイトルや説明文が入れられる スクリプトの利用はアクセシブルではない http://www.w3.org/TR/SVG-access/ を参考に• 数式: MathML alttext属性に説明テキストを入れることを推奨 高度な説明が必要なら<annotation-xml>要素内にXHTMLで記述
    • 基礎テクニック• 脚注 epub:type属性とハイパーリンクで本文との関係を記述する <p>…<a epub:type="noteref" href="#n1">1</a> …</p> <aside epub:type="footnote" id="n1"> … </aside>• 原本のページ番号 同じ教室で紙の教科書と電子教科書が併用される際に有用 epub:type属性によってコンテンツの中に改ページ箇所を記述する <span xml:id="page361" epub:type="pagenumber">361</span> 原本はパッケージ文書に<dc:source>要素で示す <dc:source>urn:isbn:9780375704024</dc:source>
    • リッチコンテンツ• オーディオ、ビデオ 選択するビデオコーデックの問題(H.264 vs WebM)は解決できない →同じ内容を2種類のコーデックで用意するのは1つの方法 controls属性によって再生を制御できるようにする <video controls= controls >• 字幕の追加 <track>要素を利用してマルチメディアにテキストと表示タイミング を指定することはアクセシビリティ上有用 画像の説明テキスト同様わかりやすいものにすること <track kind="captions" src="video/captions/en/v001.cc.vtt" srclang="en" label="English"/>
    • リッチコンテンツ• メディアオーバーレイ seq要素とpar要素を適切に使って構造化する epub:type属性を加えて内容がわかるようにする メタデータに再生時間を記述する(仕様) 読み上げ箇所がわかるように専用のスタイルを用意する  パッケージ文書 <meta property="media:active-class">-epub-media-overlay-active</meta>  CSS .-epub-meia-overlays-active { background:yellow; } DAISY制作ソフトTobiがメディアオーバーレイ入りEPUB 3を出力できるように なる予定 http://www.daisy.org/tobi/blog/tobi-2.0-support-epub-3-media-overlays-roadmap• TTS PLS、SSML属性、CSS3 Speech…。今回の発表では省略します。
    • まとめ• EPUBの解説書は少なくないが、 設計思想や背景を知ることのできる 本書は貴重。• 制作マニュアルとして読まれるべきでは ない。• EPUBの尊重するもの、目指すものを 理解すると、制作者としての視野が広が ります。
    • ご清聴ありがとうございました