Your SlideShare is downloading. ×
Looopsソーシャルメディアポリシー
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

Looopsソーシャルメディアポリシー

3,142
views

Published on

Published in: Technology

0 Comments
6 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
3,142
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
6
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. "Social Media" をビジネスに活かす,活用ノウハウとポリシー 「ソーシャルメディア・ポリシー」 コンサルティング・サービス 社員力を活かす 「ソーシャルメディア・ポリシー」 のご提案 株式会社 ループス・コミュニケーションズ 三井法律事務所 猪木 俊宏 0 © 2009 / Looops Communications / All rights reserved Confidential
  • 2. ソーシャルメディアの普及とポリシーの必要性 ■ 企業の75%がSNSを利用、しかしポリシーを設定しているのは20%のみ 米Cisco Systemsは米国時間2010年1月13日、企業のソーシャル・ネットワーキング・サービス'SNS(利用に関する調査結 果を発表した。企業における消費者向けSNSの導入は初期段階にあり、ガバナンス強化やITとの連携の必要性など、さまざま な課題が挙がっている。 企業の75%は消費者向けSNSを使っており、そのうち50%はミニブログ・サービスもよく利用している。しかし、ビジネス目的 のSNS利用に関して正式な手続きを決めている企業は7社中わずか1社だった。社内でのSNS利用についてなんらかのポリ シーを設けている企業は5分の1にとどまった。また、SNSの利用にあたって、直接ITとの連携を進めている企業は10社中1社 だけだった。 「Facebook」などの消費者向けSNSを社外との交流手段として利用することで、情報収集や新たな市場開拓、顧客関係構 築やブランド認知度向上などを図る企業が増えつつある。しかし、SNSのガバナンスは実際の利用者に任せていることが多い ため、ソーシャル・メディア戦略の責任者が確定しておらず、管理が困難になっている。 この調査は、Ciscoが欧米の主要ビジネス・スクールに依頼して、20カ国にわたる97社を対象に2009年4~9月に実施した。 '日経ITpro, 2010/1/15( 1 © 2009 / Looops Communications / All rights reserved Confidential
  • 3. 「顧客-社員-経営者」 をダイレクトにつなぐ 要所要所で 「社内視点」 のフィルターがかかるため,各段階の意思決定が 「顧客ニーズ」 と乖離する 視点が内向き 視点が内向き 生活者の声 コンタクト 担当部門 経営 ポイント 顧客の声 事業部・製造 コンタクトセンター 営業・社員 情報システム ファイヤーウォール Social mediaによるコミュニケーションのオープン化 企業が,透明性を強く求められる時代へ Social Media 生活者/顧客の声 経営者・社員の声 半透明なフィルター '企業発情報から 機密情報や個人情報をカット( 2 © 2009 / Looops Communications / All rights reserved Confidential
  • 4. 企業からの漏洩を防ぐべき項目例 情報管理している ソーシャルメディアでの 項目 準備すべきソーシャルメディア・ポリシー 社内インフラ例 取り扱い例 氏名 グループエア 実名公開 運用ガイドライン、コミュニケーションガイドライン 所属 グループエア 部署名まで公開 運用ガイドライン、コミュニケーションガイドライン 住所 人事DB 非公開 運用ガイドライン、コミュニケーションガイドライン 社員個人情報 会社電話番号 グループエア 顧客窓口番号を公開 運用ガイドライン、コミュニケーションガイドライン メールアドレス グループエア 公表 運用ガイドライン、コミュニケーションガイドライン 家族構成/氏名/メールアドレス 人事DB 非公開 運用ガイドライン、コミュニケーションガイドライン 組織/取引先/関係会社/製品情報 HP HP記載レベルで公開 運用ガイドライン、コミュニケーションガイドライン 財務情報 財務システム HP記載レベルで公開 服務規程,就業規則、運用ガイドライン 営業状況 Salesforce 非公開 運用ガイドライン 企業情報 製品計画 経営会議資料 非公開 服務規程,就業規則 製品トラブル情報/問合せ回答情報 ヘルプデスクシステム 公表フラグがついた情報 ヘルプデスク応対マニュアル、個人情報保護方針 上司/同僚の氏名 グループウエア 本人の承諾を得て公開 運用ガイドライン、個人情報保護方針 代表/取締役の氏名 HP 実名公開 運用ガイドライン アカウント名、メールアドレス ヘルプデスクシステム 本人の承諾を得て公開 個人情報保護方針、問合せページに確認ボタンを用意 顧客個人情報 氏名、所属組織、住所、電話番号 ヘルプデスクシステム 非公開 個人情報保護方針 3 © 2009 / Looops Communications / All rights reserved Confidential
  • 5. Looops コンサルティング・メニュー ソーシャルメディア・ポリシー ・ ソーシャルメディア 活用ガイドライン 生活者 社員/会社関係者 ・ 運用ガイドライン プロジェクト ・ 就業規則,守秘義務契約, チーム 取引基本契約 ・ 個人情報保護方針 ・ コミュニケーション・ガイドライン ・ サービス運営方針 4 © 2009 / Looops Communications / All rights reserved Confidential
  • 6. Looops コンサルティング・メニュー ■ ソーシャルメディアの活用を配慮して,各アウトプットに盛り込むべき内容例 社員/会社関係者 アウトプット 用途 プロジェクトチーム '取引先,株主,内定者, 生活者 退職者( ソーシャルメディア活用 プロジェクトチーム ・ツールの選定 - - ガイドライン で方針合意 ・活性化計画の作成 運用ガイドライン ・活性化プランに基づく運用ルールの作成 - '社員/会社 関係者の啓蒙( 就業規則,守秘義務契約, ・ソーシャルメディアへの参加奨励 - 取引基本契約 ・業務上知りえた情報の公開禁止 ・個人情報の利用目的 個人情報保護方針 ・投稿時に相手に了解を得ないで,個人情報を投稿しない ・問い合わせ先の公開 インターネットで ・企業のソーシャルメディア活用方針 コミュニケーション・ガイドライン 周知公開・周知 ・公認ソーシャルメディア・アカウント ・社員の投稿と会社見解の関係性 サービス運営方針 ・投稿内容の検閲,編集方針 5 © 2009 / Looops Communications / All rights reserved Confidential
  • 7. Looops コンサルティング・メニュー ■ 基本情報収集 プロジェクト・キックオフ ◆業務計画 ・マーケティング,顧客サポートなど導入予定の事業計画 ◆社内規定 ・就業規則,守秘義務契約,利用規約 ・個人情報マネージメントシステム,情報マネージメントシステム ■ ディスカッション&シミュレーション ◆責任者ヒアリング ・ソーシャルメディアの活用方針 ・予定する運用体制,業務フローの確認 ・設定目標,懸念事項の確認 ◆担当者ミーティング ・ソーシャルメディア・リテラシーの確認 ・ロールプレイング'コンサルタントが顧客となり擬似体験( ・有効に活用するためのブレーンストーミング 設計局面 ■ ソーシャルメディア活性化プラン策定 ■社員/関係者向けガイドライン策定 ・活性化戦略 'メディア選択,活用法,集客( ・コミュニケーション・ガイドライン 'HP掲載( ・KPI設定 ・利用規約,個人情報保護方針 ・就業規則,守秘義務契約,取引基本契約 などの契約書類の改訂 'アウトプットはすべて弁護士がレビュー( ■ 運用フェーズ・サービス ・担当者からの相談・質問ヒアリング 'オプション( コミュニケーションを分析して,FAQの作成支援 運用局面 ■ 活性化評価 ・KPI評価,アドバイスの定期レポート ・フィードバック ... 活性化プラン,ポリシー見直し,システム改修要件定義 6 © 2009 / Looops Communications / All rights reserved Confidential
  • 8. 我々が直接コンサルティングいたします 斉藤 徹 (さいとう とおる) 株式会社ループス・コミュニケーションズ 代表取締役 (toru_saito@twitter.com, http://blogs.itmedia.co.jp/saito/) ソーシャルメディアのビジネス活用における第一人者で「SNSビジネスガイド」「WEBコミュニティで一番大切なこと」「Twitterマーケティング」を執筆。 「ソーシャルメディア。マーケティングにいかに活用するか?(ITmedia),「海外ソーシャルウェブに学ぶ成功の秘訣」(Japan.Interet,com) 1985年 慶應義塾大学理工学部機械工学科卒業 1985年 日本アイビーエム株式会社入社 ソフト技術者およびSEとして汎用機からオフコン,PCまで広く開発に従事 1991年 株式会社フレックスファーム創業 代表取締役 携帯サイト構築ソフト『x-Servlet』で日経新聞優秀製品賞・広告賞を受賞 2004年 大手SIer「KSK」に株式会社フレックスファーム株式を売却 2005年 株式会社ループス・コミュニケーションズ創業 代表取締役に就任 活性化を担当 福田 浩至 (ふくだ こうじ) 株式会社ループス・コミュニケーションズ 副社長 (koji_fukuda@twitter.com) 多くのSNS導入にコンサルタントとして関与。企業内システム開発や知的財産権,個人情報管理技術にも造詣が深い。 「スマートにソーシャルウェブを構築しよう」(Japan.Internet.com) でソーシャルメディアの技術・法務に関するノウハウを連載している。 1984年 慶應義塾大学理工学部機械工学科 卒業 1984年 株式会社日立製作所 システム開発研究所技術系エンジニアとして研究開発に従事 1992年 株式会社フレックスファーム 取締役副社長として技術面の総合責任者 1999年 株式会社エボレックス 専務取締役として技術面の総合責任者 2005年 株式会社ループス・コミュニケーションズ 取締役副社長就任 ポリシー全般を担当 猪木 俊宏 (いぎ としひろ) 三井法律事務所 弁護士 (igi3@twitter.com, http://igi.jp) 企業買収等の企業法務を専門とする傍ら,ブログやTwitterを積極的に活用しソーシャルメディアやベンチャー経営に精通している。 弁護士業のほかに,特定非営利活動法人クリエイティブ・コモンズ・ジャパン理事やベンチャー企業役員を兼務している。 「商法改正・実務のすべて」「企業ガバナンス改革の実務」「情報ネットワークの法律実務」「ニレコ・ポイズンピル差止めの衝撃」等 著作多数 1991年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業 1993年 慶應義塾大学法学部法律学科卒業 1998年 弁護士登録 2006年 東京理科大学専門職大学院総合科学技術専攻(MOT)非常勤講師 ルール設計を担当 7 © 2009 / Looops Communications / All rights reserved Confidential
  • 9. Looops コンサルティング・メニュー '金額単位:万円( ワーク目安 局面 実施内容 従業員500名以下 従業員300名以下 従業員100名以下 従業員50名以下 対象メディア4件 対象メディア3件 対象メディア2件 対象メディア1件 キックオフ・事前確認 MTG 1回×4H MTG 1回×4H MTG 1回×2H MTG 1回×1H 設計 ソーシャルメディア活用方針作成 MTG 4回×4H MTG 3回×4H MTG 2回×4H MTG 2回×2H ソーシャルメディア・ポリシー作成 MTG 4回×4H MTG 3回×4H MTG 2回×4H MTG 2回×2H 運用 活性化評価 MTG 1回×2H/月 設計費用'合計( 880 540 230 110 運用費用'合計( 10 10 10 10 業務量によって費用は変動します。 8 © 2009 / Looops Communications / All rights reserved Confidential

×