2014年3月7日
LODチャレンジJapan2013授賞式
◆受賞者◆
オープンデータで通勤問題解決プロジェクト(仮称)
木田和海、大林勇人 、板垣真太郎
小副川健 、浅野優、年岡晃一
◆推薦の言葉◆
統計データ、公共データ、観測データをLODとして活用することで、毎日の通
勤混雑の問題を解決するという...
通勤情報を可視化することによる
通勤問題解決
オープンデータで通勤問題解決プロジェクト(仮称)
木田和海、大林勇人、板垣真太郎、小副川健、浅野優、年岡晃一
LOD Challenge 2013 アイデア部門
平日朝の永田町駅4番出口
通勤問題は電車内だけで完結しないのでは?
駅出口の混雑が通勤問題の「ボトルネック」
 ホームや駅の出口などの混雑を含めた、通勤経路全体での
混雑問題解決に向け、LOD化のアイデアを立案
プロトタイピングとして、東京メトロ半蔵門線の特
徴的な駅の出口情報を足で収集
必要なデータ(例)
...
駅の出口情報を収集し混雑度を試算
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

LODチャレンジ Japan 2013 アイディア部門 優秀賞

5,451
-1

Published on

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
5,451
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
7
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

LODチャレンジ Japan 2013 アイディア部門 優秀賞

  1. 1. 2014年3月7日 LODチャレンジJapan2013授賞式
  2. 2. ◆受賞者◆ オープンデータで通勤問題解決プロジェクト(仮称) 木田和海、大林勇人 、板垣真太郎 小副川健 、浅野優、年岡晃一 ◆推薦の言葉◆ 統計データ、公共データ、観測データをLODとして活用することで、毎日の通 勤混雑の問題を解決するというコンセプトが良いです。電車内のみでなく、 ホームや駅の出口などの混雑を含めた、通勤経路全体での解決を考えて います。フィールドワークによるデータ作成、アプリ、ビジュアライズへ発展 しています。チャレンジデーが、このような活動のきっかけになれたことが 嬉しいです。
  3. 3. 通勤情報を可視化することによる 通勤問題解決 オープンデータで通勤問題解決プロジェクト(仮称) 木田和海、大林勇人、板垣真太郎、小副川健、浅野優、年岡晃一 LOD Challenge 2013 アイデア部門
  4. 4. 平日朝の永田町駅4番出口 通勤問題は電車内だけで完結しないのでは?
  5. 5. 駅出口の混雑が通勤問題の「ボトルネック」  ホームや駅の出口などの混雑を含めた、通勤経路全体での 混雑問題解決に向け、LOD化のアイデアを立案 プロトタイピングとして、東京メトロ半蔵門線の特 徴的な駅の出口情報を足で収集 必要なデータ(例)  歩道の混雑データ  踏切の待ち時間のデータ  電車やバスの混雑率のデータ  電車の遅延など運行状況に関するデータ  駅の各所の混雑状況のデータ (ホーム、エスカレータ、通路、出口)
  6. 6. 駅の出口情報を収集し混雑度を試算
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×