2009 1025 lip二周年記念スライド_1025

336 views

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
336
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

2009 1025 lip二周年記念スライド_1025

  1. 1. Living in Peace二周年記念イベント於 アンコールワット(代々木)
  2. 2. マイクロファイナンスファンドが出来るまで誰にだってできる、ちょっとした世界の変え方Taejun ShinRepresentative Director25 October, 2009
  3. 3. 自己紹介• 慎 泰俊 (しん・てじゅん)• 1981年10月1日東京生まれ• 朝鮮大学校、早稲田大学大学院卒• Morgan Stanley Capitalに勤務中• ブログ:Taejunomics• 特技・趣味:三ヶ国語、囲碁、ドラム、 トライアスロン• 本:「15歳からのファイナンス理論入 門」、ダイヤモンド社、2009年 Slide 3
  4. 4. 目次Section 1 ファンド組成までの物語Section 2 五つの苦労話と解決策Section 3 パートタイムNPOの組織運営Section 4 チーム リビング・イン・ピースSection 5 五つの教訓 Slide 4
  5. 5. ファンド組成までの物語
  6. 6. はじまりは一冊の本から Slide 6
  7. 7. 第一回勉強会で打ちのめされる Slide 7
  8. 8. 知らないなら、勉強すればいい。 Slide 8
  9. 9. 勉強を通じて得たことインセンティブ(本人の自立への意志)機会の平等専門性を活かすこと Slide 9
  10. 10. マイクロファイナンスとの出会い Slide 10
  11. 11. フォーラム、やろうよ。 Slide 11
  12. 12. 「経済開発勉強会」改称へ Slide 12
  13. 13. 誰かMFファンドを作りませんか Slide 13
  14. 14. Music Securities社との出会い いいじゃん、やろうよー。 Slide 14
  15. 15. カンボジアから、はじめます。 Slide 15
  16. 16. 歴史の悲劇を乗り越えて Slide 16
  17. 17. マグサイサイ賞ってなに? Slide 17
  18. 18. CARD MRIとの業務提携 Slide 18
  19. 19. マイクロファイナンス研修 Slide 19
  20. 20. CARD MRIの現場から Slide 20
  21. 21. 第一回はCHC Limitedに Slide 21
  22. 22. 数か月の交渉後、笑顔で握手 Slide 22
  23. 23. 2009.9.7 ファンド組成! Slide 23
  24. 24. 今年のメディア掲載(主なもの)2009.9.14 プレジデント2009.9.03 NHK アジアクロスロード2009.9.02 産経新聞2009.8.23 共同通信2009.8.09 朝日新聞2009.7.30 NHKスタジオパークからこんにちは2009.7.28 NHKジャーナル2009.6.23 日本経済新聞2009.6.14 東京新聞2009.5.11 朝日新聞2009.1.24 朝日新聞 Slide 24
  25. 25. Special Thanks:木下万暁先生 Slide 25
  26. 26. Special Thanks:粟野 晴子さん Slide 26
  27. 27. Special Thanks:福井龍さん Slide 27
  28. 28. 2009.11.15 第二幕へ マイクロファイナンス・フォーラム2009 2009.11.15 JICA 東京 14:00 新たなスタートを宣言します! Slide 28
  29. 29. LIP 教育プロジェクト Slide 29
  30. 30. LIP 教育プロジェクト • 2009年8月8日にスタート • 国内の子供の貧困について、教育 からアプローチ • 本人の意志を最重視するという点は マイクロファイナンスと同じ Slide 30
  31. 31. 重要なのはきっかけ 素晴らしい思い出以上に、尊く、力強く、健康で、ためになるものは何一つないのです。君たちは教育に関して色々話してもらうでしょうが、少年時代から大切に保たれた、何かそういう美しい神聖な思い出こそ、おそらく、最良の教育に他ならないのです。 ドストエフスキー 「カラマーゾフの兄弟」 Slide 31
  32. 32. 三つのパイロットプログラム• 児童養護施設・マイノリティを対象と したきっかけ作り• 広く中高生を対象に、新たな気付き を与えられるきっかけ作り• 既存団体との提携活動• 仲間を随時募集中です! Slide 32
  33. 33. 五つの苦労話と解決策
  34. 34. 制度の壁• 問題:資格を持っていないNPOはそ もそもファンドの組成ができない• 解決:ミュージックセキュリティーズ社 との業務提携• 学び:自前で用意するのが難しいも のは、借りることを考えよう Slide 34
  35. 35. スキーム大論争• 問題:投資スキームについて議論百 出。 右往左往。 決まったこともぶ り返される。• 解決策:①オメルベニー&マイヤーズ 法律事務所のプロボノ活動による助 力と、②トップによる「決め」• 学び:①法務の重要性、②専門家か らの意見の聞き方 Slide 35
  36. 36. 1400分の1をどう選ぶ• 問題:インターネットのデータベース にあるだけでも1400のMFIが存在。 MFIの信頼性チェック能力も不足• 解決策:CARD MRIとの業務提携• 学び:初期は信頼できる先達ととも に行動する Slide 36
  37. 37. 本業が・・・ • 問題:①本業の忙しさと②兼業規制 • 解決策:①業務の効率化(+気合)、 ②所属会社とやりとりするためのガ イドラインを作成 • 学び:①細切れ時間を集めて大きな 流れに出来る、②会社からの理解を 得るためには細心の注意を Slide 37
  38. 38. Noと言えるカンボジア人• 問題:メールベースでの交渉が平行 線で数か月が過ぎる• 解決策:現地訪問による直談判• 学び:対面コミュニケーションの大切 さ Slide 38
  39. 39. パートタイムNPOの組織運営
  40. 40. なぜ人は働くのか?• 仲間• やりたいこと• お金 Slide 40
  41. 41. パートタイム×NPOは難しい• パートタイム:命令は不可能、メンバ ーの持ち時間も変動• NPO:(初期は)金銭報酬難しい難しいね・・・ Slide 41
  42. 42. パートタイム×NPOの機能要件1. 居心地のよいチーム2. 本人の自己実現を尊重3. 参加者の時間を有効活用 Slide 42
  43. 43. 1.チーム作り1:仲間選び• 自分たちに無いものを持っている人 を仲間にするべき• 悪人が一人いると、皆いなくなる Slide 43
  44. 44. 1.チーム作り2:相互理解• 合宿による自叙伝トーク• 相手の歴史を知ると、チームの結束 力が強くなる Slide 44
  45. 45. 1.チーム作り3:相互尊重• 意見の対立を人格対立にしない• 謙虚、素直• 議論は常に前向きに※LIP Code of Conduct (行動規範) Slide 45
  46. 46. 1.チーム作り4:公開性と透明性• 密室の意思決定、ひそひそ話を排除• 全意思決定と連絡をオープンに Slide 46
  47. 47. 1.チーム作り5:ルビコンを渡る• 不可逆的な意思決定をする機会 Slide 47
  48. 48. 2.自己実現1:権限委譲• タスクリーダーは基本的に全て希望 ベース Slide 48
  49. 49. 2.自己実現2:積極的に評価• 「ありがとうございます」• みんなに活躍の舞台を Slide 49
  50. 50. 3.効率追求1:良いチーム作り• オープンな議論は、長期的には一番 効率の良い方法• 「防衛コスト」の低い組織をつくる Slide 50
  51. 51. 3.効率追求2:水平組織• ピラミッド組織は機能しない。皆の細 切れ時間を流れにするためのシステ ムが必要• タスク制による権限委譲• タスクには数名がつき、継続性を担 保させる• 進捗管理はタスク管理者が行う※タスク遂行規則 Slide 51
  52. 52. 3.効率追求3:定例会議• Skype会議(忙しい時は毎朝)• 土曜日のマイクロファイナンス会議• 日曜日の教育プロジェクト会議 Slide 52
  53. 53. 3.効率追求4:技術の活用• メーリングリストで議論のやり取り• スカイプでのタスク進捗会議• Google Docsで出欠管理• SkyDriveで書類管理• Google Calendarで予定管理• ノートPC持ち歩き• メンバーによるトレーニング Slide 53
  54. 54. もちろん限界はある だけど、パートタイムで出来ることは かなり多いはず。 Slide 54
  55. 55. チーム リビング・イン・ピース
  56. 56. メンバー紹介 Slide 56
  57. 57. 五つの教訓
  58. 58. ぶれない活動意義を持つ Slide 58
  59. 59. とにかく始める Slide 59
  60. 60. 素直であること Slide 60
  61. 61. 盛り下がった時に試される Slide 61
  62. 62. 誰にだって世界は変えられる Slide 62
  63. 63. http://www.living-in-peace.org/taejun.shin@gmail.com

×