16.2010 0829 b4_s_seminar

332 views
300 views

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
332
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

16.2010 0829 b4_s_seminar

  1. 1. すべての人に、チャンスを。リビング・イン・ピース
  2. 2. 自立支援×ファンドレイジング=スマイル挨拶とLIPの紹介(15分) 慎 泰俊 15分 (Living in Peace)基調講演、Q&A 林恵子 60分 (ブリッジフォースマイル)休憩 10分児童養護施設の資金調達 参加者のみなさん 80分ワークショップ懇親会 18時まで
  3. 3. 挨拶で話すこと1.Living in Peace活動内容2.児童養護施設のこと
  4. 4. I.Living in Peaceについて
  5. 5. 始まりは「貧困の終焉」 無知はアクションを 止める理由ではない
  6. 6. LIPはパートタイムNPO代表 慎 泰俊プロジェクトリーダー (マイクロファイナンス) 杉山 章子プロジェクトリーダー (教育) 松田 典子フルタイムの従業員数 0パートタイムのメンバー数 +50サポーター数 +8001日当たりのメール数 (incl. weekend) 約1001日当たりの作業時間レンジ (incl. weekend) 0 – 20僕の今日までのメーリングリスト投稿数 3712
  7. 7. LIPはパートタイムNPO代表 慎 泰俊プロジェクトリーダー (マイクロファイナンス) 杉山 章子プロジェクトリーダー (教育) 松田 典子フルタイムの従業員数 0パートタイムのメンバー数 +50サポーター数 +8001日当たりのメール数 (incl. weekend) 約1001日当たりの作業時間レンジ (incl. weekend) 0 – 20僕の今日までのメーリングリスト投稿数 3712
  8. 8. LIPはパートタイムNPO代表 慎 泰俊プロジェクトリーダー (マイクロファイナンス) 杉山 章子プロジェクトリーダー (教育) 松田 典子フルタイムの従業員数 0パートタイムのメンバー数 +50サポーター数 +8001日当たりのメール数 (incl. weekend) 約1001日当たりの作業時間レンジ (incl. weekend) 0 – 20僕の今日までのメーリングリスト投稿数 3712
  9. 9. LIPはパートタイムNPO代表 慎 泰俊プロジェクトリーダー (マイクロファイナンス) 杉山 章子プロジェクトリーダー (教育) 松田 典子フルタイムの従業員数 0パートタイムのメンバー数 +50サポーター数 +8001日当たりのメール数 (incl. weekend) 約1001日当たりの作業時間レンジ (incl. weekend) 0 – 20僕の今日までのメーリングリスト投稿数 3712
  10. 10. LIPはパートタイムNPO代表 慎 泰俊プロジェクトリーダー (マイクロファイナンス) 杉山 章子プロジェクトリーダー (教育) 松田 典子フルタイムの従業員数 0パートタイムのメンバー数 +50サポーター数 +8001日当たりのメール数 (incl. weekend) 約1001日当たりの作業時間レンジ (incl. weekend) 0 – 20僕の今日までのメーリングリスト投稿数 3712
  11. 11. LIPはパートタイムNPO代表 慎 泰俊プロジェクトリーダー (マイクロファイナンス) 杉山 章子プロジェクトリーダー (教育) 松田 典子フルタイムの従業員数 0パートタイムのメンバー数 +50サポーター数 +8001日当たりのメール数 (incl. weekend) 約1001日当たりの作業時間レンジ (incl. weekend) 0 – 20僕の今日までのメーリングリスト投稿数 3712
  12. 12. LIPはパートタイムNPO代表 慎 泰俊プロジェクトリーダー (マイクロファイナンス) 杉山 章子プロジェクトリーダー (教育) 松田 典子フルタイムの従業員数 0パートタイムのメンバー数 +50サポーター数 +8001日当たりのメール数 (incl. weekend) 約1001日当たりの作業時間レンジ (incl. weekend) 0 – 20僕の今日までのメーリングリスト投稿数 3712
  13. 13. やるべき活動の選び方 意義がある 少数派 得意
  14. 14. 活動内容マイクロファイナンスプロジェクト・マイクロファイナンスファンドの企画、モニタリング・マイクロファイナンス機関の調査活動・マイクロファイナンス普及活動・計量モデルを用いた社会的リターンの定量化教育プロジェクト・児童養護施設の資金調達支援・児童養護施設の子どもとの定期的な進路相談セッション・児童養護施設のことを知ってもらうための活動
  15. 15. 今日紹介する内容マイクロファイナンスプロジェクト・マイクロファイナンスファンドの企画、モニタリング・マイクロファイナンス機関の調査活動・マイクロファイナンス普及活動・計量モデルを用いた社会的リターンの定量化教育プロジェクト・児童養護施設の資金調達支援・児童養護施設の子どもとの定期的な進路相談セッション・児童養護施設のことを知ってもらうための活動
  16. 16. マイクロファイナンスプロジェクト すべての人に、チャンスを。
  17. 17. 一番大切なのは本人の意志 誰もが自分の運命の主人になれる。
  18. 18. 共同体の強さを信用力にかえる
  19. 19. 数カ月の交渉を終えて握手
  20. 20. 問題の所在
  21. 21. 教育プロジェクトすべてのこどもに、夢をくれる大人との出会いを。
  22. 22. II.児童養護施設のこと
  23. 23. II-1.住込みをしてみて
  24. 24. II-2.子どもの状況のサマリー
  25. 25. 全国570施設に3万人の子どもが親から離れ暮らす。離れる理由の半分以上は虐待。その主な背景は、貧困を一因としたストレス、精神疾患など。
  26. 26. 虐待・貧困・精神疾患が最後の引き金トップ3 児童の問題によ その他 親の放任、怠 る監護困難 11% 惰、虐待、酷親の離婚、不和 3% 使、捨子、養育 5% 拒否親の拘禁 33% 5%親の死亡、行方 不明 9% 親の就労、破産 親の入院、精神 等の経済的理 疾患等 由 17% 17%
  27. 27. 子どもの権利条約批准以降虐待は増加 3,500 55.0% 51.7% 3,000 48.5% 50.0% 45.1% 2,500 45.0% 39.9% 40.5% 2,000 40.0% 35.1% 1,500 35.0% 1,000 27.9% 30.0% 26.5% 500 25.0% 0 20.0% 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 被虐待児童数 虐待を受けていない児童数 被虐待児童数の比率
  28. 28. 虐待を受けた子どもが半分以上 不明, 1,752, 6% 虐待なし, 虐待あり, 12,902, 41% 16,867, 53%
  29. 29. ネグレクトが増えている 心理的虐 性的虐待, 待, 3,440, 664, 3% 16% ネグレクト, 11,159, 51% 身体的虐 待, 6,707, 30%
  30. 30. 母子家庭が3分の1以上 不詳, 2,165, 7% 両親ともいない, 実の両親あり, 3,187, 10% 7,301, 23%養父もしくは養母 あり, 2,921, 9% 実父のみ, 4,858, 16% 実母のみ, 11,161, 35%
  31. 31. 年収162万円でどうやって子どもを育てる? 世帯数(千) 平均年収 ~100 100 200 300 400 500 600 ~200 ~300 ~400 ~500 ~600 万円~総数 879.8 162万円 30.7% 38.1% 18.4% 6.8% 3.2% 1.6% 1.2%職業別専門・技術職 140.2 265万円 17.6% 25.2% 19.5% 17.0% 10.7% 6.3% 3.8%事務 225.7 198万円 18.8% 38.3% 27.7% 8.6% 4.3% 0.8% 1.6%販売 127.8 132万円 40.7% 40.0% 14.5% 3.4% 0.7% 0.7% NAサービス職業 197.5 137万円 38.8% 42.9% 13.8% 3.1% 0.4% 0.4% 0.4%地位別常用雇用者 356.1 252万円 7.9% 31.7% 32.4% 14.1% 7.7% 3.5% 2.7%臨時・パート 424.9 110万円 48.3% 44.2% 6.0% 1.2% 0.2% NA NA
  32. 32. 精神疾患患者はこの10年で30%以上増加 患者数(千人) 4,500 4,000 3,500 1,441 1,354 3,000 1,191 2,500 1,159 394 411 1,058 2,000 336 585 589 1,500 269 294 500 466 424 924 1,041 1,000 433 711 441 500 721 666 734 757 795 0 1996.10 1999.10 2002.10 2005.10 2008.10 神経系の疾患(パーキンソン病、アルツハイマー病、てんかん等) その他の精神及び行動の障害 神経症性障害,ストレス関連障害及び身体表現性障害 気分[感情]障害(躁うつ病を含む) 統合失調症,分裂病型障害及び妄想性障害
  33. 33. 子育て開始時期に罹りやすくなる患者数(千人)4.0%3.5% 0.8%3.0% 1.0% 0.6% 0.2%2.5% 0.6% 0.2% 0.2% 0.5%2.0% 0.6% 0.4%1.5% 0.2% 1.2% 1.0% 0.4% 1.0%1.0% 0.6%0.5% 1.0% 1.0% 0.7%0.0% 0.5% 20歳~29歳 30歳~39歳 40歳~49歳 50歳~59歳 神経系の疾患(パーキンソン病、アルツハイマー病、てんかん等) その他の精神及び行動の障害 神経症性障害,ストレス関連障害及び身体表現性障害 気分[感情]障害(躁うつ病を含む) 統合失調症,統合失調症型障害及び妄想性障害
  34. 34. 日本の子ども向け支出比率は世界的に低い 2.50 2.00 オーストリア フランス ギリシャ 1.50 ドイツ スウェーデン イタリア ポルトガル ノルウェー対高齢者支出 アメリカ スペイン デンマーク 日本 ベルギー 1.00 スイス オランダ アイスランド イギリス ニュージーランド フィンランド ルクセンブルク カナダ アイルランド オーストラリア 0.50 韓国 0.00 0.00 1.00 2.00 3.00 4.00 5.00 対家族・子ども向け支出
  35. 35. 30年以上変わらない児童指導員配置基準職員 配置基準 1人施設長 ただし、定員30人未満の場合は、児童指導員の兼務 150人未満1人事務員定員 150人以上2人 3歳未満児2人につき1人児童指導員、保育士 3歳~小学校就学の始期4人につき1人 小学校就学の始期~18歳未満6人につき1人職業指導員 職業補導設備のあるところは、別に定めるところにより人員を加算栄養士 定員41人以上1人 定員90人未満4人調理員等 以下30人ごとに1人加算嘱託医 1人
  36. 36. 児童養護施設の資金調達支援をしています期限 2012年6月30日目的 他の施設でも応用可能な資金調達のかたちづくり目標調達金額 1億円調達形式 寄付及び出資資金使途 新施設建設のため施設建設の効果 子どもの精神衛生に好影響、職員4人分の措置費
  37. 37. 施設修繕の資金調達に取り組む理由 • 資金効率が非常によい • 1万円の手元資金に対し行政から3万円が支給される • 小規模グループケア加算職員の存在-数名分の人件費が新 たに支給される • 子どもの精神衛生、生活リズムづくりに寄与 • 子どもと職員の災害時の安全確保
  38. 38. 書籍執筆中:年内に刊行予定
  39. 39. ご清聴ありがとうございました。

×