今日話すこと1.自己紹介2.Living in Peaceについて3.私たちの寄付プログラムについて
I.自己紹介:慎 泰俊(しん・てじゅん)
1981年10月1日東京生まれ
3歳、夢は正義の味方
18歳、アイロンパーマ。夢脱線。
朝鮮大学校卒業後
2年間フリーター
ニート時に参加した演劇を通じ夢かなう
その後
入院
早稲田大学大学院
最終学歴
那須自動車学校(2010年6月21日卒業)
職歴
2007年11月~2010年6月
モルガン・スタンレー
2010年7月~
投資ファンド勤務
高校時代の二つの原体験• 学校の悪習の廃止• 貧富の差が運命を変える現実
学んだこと• 他人のために何かをすることは  楽しい• 貧困への怒り
II.Living in Peaceについて
最後のきっかけは「貧困の終焉」          無知はアクションを          止める理由ではない
LIPは完全パートタイムNPO
目的1:機会の平等で貧困削減
目的2:パートタイム組織革命
やるべき活動の選び方        意義がある     少数派        得意
教育プロジェクトマイクロファイナンスプロジェクト
マイクロファイナンスプロジェクト            すべての人に、チャンスを。
一番大切なのは本人の意志  誰もが自分の運命の主人になれる。
ソーシャル・キャピタルとモニタリング
アセットクラスとしての魅力        国内債券       国内株式       外国債券        外国株式       SMX 国内債券      1         0.16*** 国内株式   (p=0.00)      1  ...
誰かマイクロファイナンスファンドを作りませんか
カンボジア現地調査
数カ月の交渉を終えて握手
問題の所在
教育プロジェクト    すべてのこどもに、チャンスを。
なぜ、子どもの貧困なのか
貧困率(OECD)    メキシコ                                                                                        18.4%     トルコ    ...
子ども貧困率(OECD)        1990年 代    2000年代     変化            中盤         中盤デンマーク       2.0%       2.7%    0.8%スウェーデン      2.5%  ...
15%             イタリア         ドイツ                                  フランス対   10%                              スウェーデン高齢       ...
なぜ、児童養護施設なのか
施設入所理由2008年時点          その他           14%                        親の放任、怠                        惰、虐待、酷                      ...
豊かな生活つらい環境
努力自己肯定感人間への信頼
大学進学率2005年50.0%            47.3%          9.3% 0.0%        児童養護施設   全国平均
高校中退率2005年、1年当たりの数字10.0%          7.6%                  2.1% 0.0%        児童養護施設   全国平均
寄付プログラムChance Maker               2009~
自己紹介
575
30,000
虐待
暴力
性的虐待
ネグレクト
職員1人当たりの子どもの数
6×3=
施設改築を通じた 養育環境の整備
寄付プログラムChance Makerwww.living-in-
キャリア教育支援
05.mba forum
05.mba forum
05.mba forum
05.mba forum
05.mba forum
05.mba forum
05.mba forum
05.mba forum
05.mba forum
05.mba forum
05.mba forum
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

05.mba forum

323 views
292 views

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
323
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

05.mba forum

  1. 1. 今日話すこと1.自己紹介2.Living in Peaceについて3.私たちの寄付プログラムについて
  2. 2. I.自己紹介:慎 泰俊(しん・てじゅん)
  3. 3. 1981年10月1日東京生まれ
  4. 4. 3歳、夢は正義の味方
  5. 5. 18歳、アイロンパーマ。夢脱線。
  6. 6. 朝鮮大学校卒業後
  7. 7. 2年間フリーター
  8. 8. ニート時に参加した演劇を通じ夢かなう
  9. 9. その後
  10. 10. 入院
  11. 11. 早稲田大学大学院
  12. 12. 最終学歴
  13. 13. 那須自動車学校(2010年6月21日卒業)
  14. 14. 職歴
  15. 15. 2007年11月~2010年6月
  16. 16. モルガン・スタンレー
  17. 17. 2010年7月~
  18. 18. 投資ファンド勤務
  19. 19. 高校時代の二つの原体験• 学校の悪習の廃止• 貧富の差が運命を変える現実
  20. 20. 学んだこと• 他人のために何かをすることは 楽しい• 貧困への怒り
  21. 21. II.Living in Peaceについて
  22. 22. 最後のきっかけは「貧困の終焉」 無知はアクションを 止める理由ではない
  23. 23. LIPは完全パートタイムNPO
  24. 24. 目的1:機会の平等で貧困削減
  25. 25. 目的2:パートタイム組織革命
  26. 26. やるべき活動の選び方 意義がある 少数派 得意
  27. 27. 教育プロジェクトマイクロファイナンスプロジェクト
  28. 28. マイクロファイナンスプロジェクト すべての人に、チャンスを。
  29. 29. 一番大切なのは本人の意志 誰もが自分の運命の主人になれる。
  30. 30. ソーシャル・キャピタルとモニタリング
  31. 31. アセットクラスとしての魅力 国内債券 国内株式 外国債券 外国株式 SMX 国内債券 1 0.16*** 国内株式 (p=0.00) 1 -0.06 -0.25*** 外国債券 (p=0.22) (p=0.00) 1 -0.05 0.27*** 0.56 *** 外国株式 (p=0.31) (p=000) (p=0.00) 1 SMX 0.30** -0.26 -0.02 -0.30** (p=0.03) (p=0.07) (p=0.89) (p=0.03) 1
  32. 32. 誰かマイクロファイナンスファンドを作りませんか
  33. 33. カンボジア現地調査
  34. 34. 数カ月の交渉を終えて握手
  35. 35. 問題の所在
  36. 36. 教育プロジェクト すべてのこどもに、チャンスを。
  37. 37. なぜ、子どもの貧困なのか
  38. 38. 貧困率(OECD) メキシコ 18.4% トルコ 17.5% アメリカ 17.1% 日本 14.9% アイルランド 14.8% スペイン 14.1% ポルトガル 12.9% ギリシャ 12.6% オーストラリア 12.4% カナダ 12.0% イタリア 11.4% ドイツ 11.0%ニュージーランド 10.8% ベルギー 8.8% スイス 8.7% イギリス 8.3%ルクセンブルグ 8.1% オランダ 7.7% フィンランド 7.3% ハンガリー 7.1% フランス 7.1% ノルウェイ 6.8% オーストリア 6.6% チェコ 5.8% スウェーデン 5.3% デンマーク 5.3% 0.0% 2.0% 4.0% 6.0% 8.0% 10.0% 12.0% 14.0% 16.0% 18.0% 20.0%
  39. 39. 子ども貧困率(OECD) 1990年 代 2000年代 変化 中盤 中盤デンマーク 2.0% 2.7% 0.8%スウェーデン 2.5% 4.0% 1.5%フィンランド 2.1% 4.2% 2.1%ノルウェイ 3.7% 4.6% 0.9%オーストリア 0.1% 6.2% 6.0%フランス 7.4% 7.6% 0.3%ハンガリー 10.3% 8.7% -1.6%スイス 8.2% 9.4% 1.2%ベルギー 10.7% 10.0% -0.8%イギリス 13.6% 10.1% -3.6%チェコ 8.6% 10.3% 1.7%オランダ 10.6% 11.5% 1.0%オーストラリア 13.0% 11.8% -1.2%ルクセンブルグ 7.9% 12.4% 4.5%ギリシャ 12.3% 13.2% 0.9%日本 12.1% 13.7% 1.6%ニュージーラン 12.7% 15.0% 2.3%カナダ 12.8% 15.1% 2.2%イタリア 18.9% 15.5% -3.4%ドイツ 11.2% 16.3% 5.1%アイルランド 14.0% 16.3% 2.3%ポルトガル 16.6% 16.6% 0.0%スペイン 15.4% 17.3% 1.9%アメリカ 22.3% 20.6% -1.7%メキシコ 26.0% 22.2% -3.8%トルコ 19.6% 24.6% 5.0%
  40. 40. 15% イタリア ドイツ フランス対 10% スウェーデン高齢 日本者 デンマーク支 イギリス出 アメリカ 5% カナダ 0% 0.0% 1.0% 2.0% 3.0% 4.0% 5.0% 対家族・子ども向け支出
  41. 41. なぜ、児童養護施設なのか
  42. 42. 施設入所理由2008年時点 その他 14% 親の放任、怠 惰、虐待、酷 使、捨子、養育 拒否 親の就労、破産 33% 等の経済的理由 17% 親の入院、精神 疾患、死亡、行 方不明、拘禁、 離婚 36%
  43. 43. 豊かな生活つらい環境
  44. 44. 努力自己肯定感人間への信頼
  45. 45. 大学進学率2005年50.0% 47.3% 9.3% 0.0% 児童養護施設 全国平均
  46. 46. 高校中退率2005年、1年当たりの数字10.0% 7.6% 2.1% 0.0% 児童養護施設 全国平均
  47. 47. 寄付プログラムChance Maker 2009~
  48. 48. 自己紹介
  49. 49. 575
  50. 50. 30,000
  51. 51. 虐待
  52. 52. 暴力
  53. 53. 性的虐待
  54. 54. ネグレクト
  55. 55. 職員1人当たりの子どもの数
  56. 56. 6×3=
  57. 57. 施設改築を通じた 養育環境の整備
  58. 58. 寄付プログラムChance Makerwww.living-in-
  59. 59. キャリア教育支援

×