05.cmh
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Like this? Share it with your network

Share

05.cmh

  • 400 views
Uploaded on

 

  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
    Be the first to like this
No Downloads

Views

Total Views
400
On Slideshare
400
From Embeds
0
Number of Embeds
0

Actions

Shares
Downloads
1
Comments
0
Likes
0

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. 2本日お話したい内容1. Living in Peaceについて2. 児童養護施設について3. 児童養護施設におけるLIPの取り組みについて すべての人に、チャンスを。
  • 2. 3ポストイットに書いて欲しいこと• 「今日、特に知りたいこと」:3つ• このCMH中に感じたこと:随時貼付け すべての人に、チャンスを。
  • 3. 4本日お話したい内容1. Living in Peaceについて2. 児童養護施設について3. 児童養護施設におけるLIPの取り組みについて すべての人に、チャンスを。
  • 4. 一番大切なのは本人の意志 すべての人に、チャンスを。
  • 5. 6LIPは、完全パートタイムNPO。 すべての人に、チャンスを。
  • 6. 7本日お話したい内容1. Living in Peaceについて2. 児童養護施設について3. 児童養護施設におけるLIPの取り組みについて すべての人に、チャンスを。
  • 7. 8すべての人に、チャンスを。
  • 8. 9すべての人に、チャンスを。
  • 9. 10すべての人に、チャンスを。
  • 10. 11• ビデオ すべての人に、チャンスを。
  • 11. 12児童養護施設とは• 様々な理由で親と離れ子どもが暮らしている施設です• 2011年12月現在、全国の施設数は585• 2歳から18歳子ども約31,000人が暮らす• 施設に来る理由は、親の虐待、親の病気、経済的貧困など子どもの最終的な施設入所理由 子どもの被虐待経験の有無 不明 その他 14% 親の放任、 6% 怠惰、虐 待、酷使、親の就労、 捨子、養育破産等の 拒否経済的理 33% 由 虐待なし 虐待あり 17% 41% 53% 親の入院、 精神疾患、 死亡、行方 不明、拘 禁、離婚 36% ソース:厚生労働省、「児童養護施設入所児童等調査結果の概要」(平成19年度) すべての人に、チャンスを。
  • 12. 13入所児童の背景にあるもの1:児童虐待• 児童養護施設の子どもの半数以上が被虐待児• 現在では年間4万件以上の虐待が報告されている• 近年特に多いのはネグレクト:「関係性を絶つ」虐待• 子どもの約4分の1は何らかの心身障害を有している年間の虐待報告件数 虐待の内訳(2008年) 入所児童の心身障害50,000 性的 心理 虐待 心身障 的虐 3% 害あり 待40,000 23% 16% ネグレ クト30,000 身体 51% 的虐 待 心身障20,000 30% 害なし 77%10,000 児童養護施設入所児童等調査結果より(平成20年2月1日現在) 0 1990 1996 2002 2008 すべての人に、チャンスを。
  • 13. 14入所児童の背景にあるもの2:貧困OECD加盟国の貧困率比較 0.0% 10.0% 20.0% メキシコ 18.4% トルコ 17.5% アメリカ 17.1% 日本 14.9% アイランド 14.8% スペイン 14.1% ポルトガル 12.9% ギリシャ 12.6%オーストラリア 12.4% カナダ 12.0% イタリア 11.4% ドイツ 11.0% ニュージー… 10.8% ベルギー 8.8% スイス 8.7% イギリス 8.3% ルクセンブ… 8.1% 日本の世帯構成と貧困率 人口構成比 貧困率 貧困層構成比 オランダ 7.7% フィンランド 7.3% 両親と子のみ 63.2% 11% 50% ハンガリー 7.1% 三世代世帯 28.5% 11% 23% フランス 7.1% 母子世帯 4.1% 66% 19% ノルウェー 6.8% 父子世帯 0.6% 19% 1% オーストリア 6.6% 高齢者世帯 0.1% NA NA チェコ 5.8% その他世帯 3.4% 29% 7% スウェーデン 5.3% デンマーク 5.3% ソース:阿部彩、「子どもの貧困」、岩波新書 ソース:OCED Family Database すべての人に、チャンスを。
  • 14. 15 児童養護施設出身者の状況• 高校中退率は全国平均の3倍以上 高校中退率 2005年、1年当たりの数字 10.0%• 大学進学率は全国平均の5分の1 7.6%• 正規雇用率は平均より25%低い 2.1% 0.0% 児童養護施設 全国平均施設退所者の正規雇用率と全国平均 大学進学率2011年調査 2005年 50.0% 47.3% 全国平均男性 75.3% 全国平均女性 64.1% 施設退所者男性 56.5% 9.3% 施設退所者女性 33.9% 0.0% 0% 50% 100% 児童養護施設 全国平均 すべての人に、チャンスを。
  • 15. 課題は何か(施設住み込みと調査を通じて見えてきたこと) すべての人に、チャンスを。 Living in Peace.
  • 16. 17 児童養護施設の主要課題1:施設設備の改善 • 児童養護施設の7割は大舎(建物に20人以上が生活)のまま • 耐震強度の不安70% 大舎 12% 中舎 13% 小舎 6% グループ ホーム 集団生活は苦手… すべての人に、チャンスを。
  • 17. 18主要課題2:ケア職員数の圧倒的不足一人の職員が、平均して10人の子どものケアをしている 一対一でケアしたい・・・ すべての人に、チャンスを。
  • 18. 19ここまでの二つが現場の声でもある 必要とされるもの (施設へのアンケート結果) その他 8% 施設形態・ 設備・機能 人的資源 の強化・拡 の拡充 充 54% 38% 平成19年度「社会的養護施設に関する実態調査中間報告書」 すべての人に、チャンスを。
  • 19. 20主要課題3:社会全体の意識の高まり• 対家族・子ども向け支出は、高齢者向け支出の11分の1• 先進国中で最悪水準の格差• 強烈に効いているとされるのは、少子高齢化と一人一票の格差各国のGDPに占める対高齢者支出と家族・子ども向け支出の分布* 14% オーストリア 12% イタリア ギリシャ ドイツ フランス 10% スウェーデン 対 ポルトガル 高 日本 8% スペイン 齢 ベルギー ノルウェー 者 スイス デンマーク 6% イギリス 支 出 アメリカ オランダ フィンランド アイスランド ルクセンブルク 4% カナダ ニュージーランド オーストラリア アイルランド 2% 韓国 0% 0.0% 0.5% 1.0% 1.5% 2.0% 2.5% 3.0% 3.5% 4.0% 4.5% 5.0% 対家族・子ども向け支出 *OECD Social Expenditure Database すべての人に、チャンスを。
  • 20. 21まとめ:LIPの認識する児童養護施設の課題現場体験と事実収集を通じてやっと分かったこと• 課題1:養育環境の改善• 課題2:ケア職員の増員• 課題3:社会意識の高まり すべての人に、チャンスを。
  • 21. この課題を、可能な限り効率的に解決する方法は? すべての人に、チャンスを。 Living in Peace.
  • 22. 23本日お話したい内容1. Living in Peaceについて2. 児童養護施設について3. 児童養護施設におけるLIPの取り組みについて すべての人に、チャンスを。
  • 23. チャンスメーカー24 すべての人に、チャンスを。 Living in Peace.
  • 24. 25 チャンスメーカーが劇的に変える施設の未来チャンスメーカーの仕組み(都内定員50人の施設の例) 資金効率が高まる点 あなたの寄付 施設の資金調達 施設新設 + 職員増員 ¥1000/月 500人×20年 1.2億円借入チャン 20年満期 グループホームスメー 無利子 カー + = ×8+ ×4 の仕組み 補助金 2.8億円 社会意識の 非常に高い 養育環境の ケア職員 効果 高まり 資金効率 大幅改善 5割増員 すべての人に、チャンスを。
  • 25. 26現在の提携先概要• 茨城県に所在• 東京都に暮らしていた子どもたち40人程度が暮らす• 当初乳児院として開始• 被虐待児童の受け入れニーズの増加に伴い、建物の 一部を改築して1993年から学齢児童の受入れ開始 現在の施設建物前景建物の状況• 施設は1973年に建築• 特に乳幼児が生活しているスペースの老朽化は激し く、東日本大震災時にも大きなダメージを受ける• 園庭は大勢の子ども達が遊ぶには狭すぎ、4車線道 路に面した敷地は子どもが生活するには好ましい環 境ではない 震災で特に激しく損傷した壁 すべての人に、チャンスを。
  • 26. 27筑波愛児園(完成イメージ) すべての人に、チャンスを。
  • 27. 28筑波愛児園(完成イメージ)2 すべての人に、チャンスを。
  • 28. 29 現在支援中の児童養護施設の場合チャンスメーカーの仕組み(都内定員50人の施設の例) 資金効率が高まる点 あなたの寄付 施設の資金調達 施設新設 + 職員増員 ¥1000/月 333人×20年 借入チャン 0.8億円 グループホームスメー カー + = ×8+ ×4 の仕組み 手持ち資金 0.6億円 補助金 2.8億円 すべての人に、チャンスを。
  • 29. キャリアセッション30 すべての人に、チャンスを。 Living in Peace.
  • 30. 退所した方々に聞いてみました。 「いま困っていることは?」31 すべての人に、チャンスを。 Living in Peace.
  • 31. 1位:「不安や将来のこと」 52%2位:「家族・親族のこと」 43%
  • 32. 3位:「生活費等経済のこと」41%4位:「仕事に関すること」 37%33 すべての人に、チャンスを。 Living in Peace.
  • 33. 子どもにとって必要なものは 「つながり」と「学び」34 すべての人に、チャンスを。 Living in Peace.
  • 34. 35学びとつながりのセッション• 月に一度、子どもたちとのセッション• これまで行なってきた活動 – 料理教室 – LIPメンバーの仕事をあてるセッション – スポーツ – 見学(六本木アカデミーヒルズ、国会議事堂)• 短期的な学びのみならず、施設退所後につながれる関係づくり
  • 35. 今すぐできること36 すべての人に、チャンスを。 Living in Peace.
  • 36. 37今すぐできること• 今日の話の内容をTwitter・Facebookで共有する• LIPのイベントに参加する• 本を買う(印税が寄付されます)• Chance Makerに参加する すべての人に、チャンスを。