03.パートタイム組織論

233
-1

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
233
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

03.パートタイム組織論

  1. 1. パートタイム組織論
  2. 2. 本日のアウトライン• 自己紹介• パートタイム組織論• むすび
  3. 3. 1.自己紹介
  4. 4. 自分のこと• 81年10月1日生まれ• 朝鮮学校(小→大)→2年間ニート• →モルガン・スタンレー&早稲田• →プライベート・エクイティファンド• その他、執筆、トライアスロン、読書など
  5. 5. 「全ての人に、チャンスを」• Living in Peaceは2007年10月28日スタート• 完全パートタイムNPO、50人以上が参加• 日本初のマイクロファイナンスファンド企画• 児童養護施設支援プログラム策定
  6. 6. 途上国に金融サービスを• マイクロファイナンスとは• マイクロファイナンス機関への投資ファンド• 今まで3件、6000万円以上の投資案件
  7. 7. すべての子どもにチャンスを• 貧困、虐待、親の不幸により親と引き離されて暮ら す子どもの数は3万人• 全国の施設数は570• 慢性的な人手不足
  8. 8. 大学進学率で5倍
  9. 9. 高校中退率で3倍(3年なら9倍)
  10. 10. 何が問題なのか?• 「モノ」ではなく「ココロ」の問題• ココロを育むケア職員は圧倒的に不足• 養育環境の改善もココロの成長に必要• 長期では政策変更が必要、短期では状況改善
  11. 11. 施設新設のメリット 毎年職員 + 4人分の人件費 (2400万円)
  12. 12. 10倍近くの資金効率
  13. 13. しかも• 施設の資金調達は満期20年、無利子で可能!• 1億2千万円/20年=毎年600万円→毎月50万円
  14. 14. Chance Maker• 月千円から始められるプログラム• 決済手数料以外の大部分が施設に直接届く• 寄付状況は毎月レポートを送付• 児童養護施設のスタディツアーなども企画• 小口寄付を通じた関心の高まり
  15. 15. Coming Soon• 児童養護施設の書籍(7月頃)• ソーシャルファイナンスの書籍(9月頃)• 組織関連の書籍(早ければ年内)
  16. 16. 2.パートタイム組織論
  17. 17. 「スーツを着ながらでも 世界は変えられる」
  18. 18. パートタイム組織を可能とするもの• ITの進歩• 雇用形態の変化
  19. 19. ITの進歩• ムーアの法則:Face to Faceで集めなければいけ なかった情報がPC上で可能に→Skype、Gmail、 Facebook、Twitter、etc• 時間と空間の制約が減り、世界的な協業が可能と なった→世界のどこでも参加可能、夜と週末を使っ て事業を作れるようになった
  20. 20. 雇用形態の変化• 背景の一つはグローバル企業の増加• 終身雇用も減少• 「会社に所属すること」ではなく、「仕事」に対して報 酬が支払われるように→「24時間全て会社のもの」 ではなくなった• 例:コンサルティング会社のプロボノ活動
  21. 21. 21世紀はパートタイム組織の時代ではないか(と勝手に言ってみる)
  22. 22. アクションのはじめ方
  23. 23. ①本業を大事にする• 給料泥棒でなくなって初めて他人のことを• 社会での理解を得るためにも
  24. 24. ②ちょっとしたことから• あまり無理をしない• 最初は講演会参加、TwitterのRT、メールの転送
  25. 25. ③誰かに交じる• とりあえずやってみて雰囲気を掴む• オススメの団体は詳しい人に聞いてみる
  26. 26. ④自分で始める• 自由で楽しいが、けっこう大変
  27. 27. 自分で始める場合に気をつ けること
  28. 28. ①存在意義を見出す
  29. 29. ②事業領域をよく選ぶ
  30. 30. ③走りながら考える
  31. 31. ④多様な仲間を集める
  32. 32. ⑤コアメンバーを増やす
  33. 33. ⑥言いだしっぺ は 逃げない
  34. 34. 6つのポイントのまとめ• マーケティング:顧客との価値交換の最適化• ガバナンス:課題解決に向けてのPDCAの促進のた めのエンゲージメント
  35. 35. マーケティングは、 組織が顧客と行う価値の交換を最適化 すること。 ①製品・サービスの提供 ②ニーズ組 顧 の充足 価値の交換織 客 (そう、これが 欲しかったの!) ③お金・名声など ↓ ④業績の向上、成長
  36. 36. 組織の課題解決のPDCAサイクルが回る仕組み 課題解決の PDCAサイクル 問題の発見プレーヤー 目標明確化 解決策実行 モニター・成果把握 ・創造的な レビュー責任 アイディア 説明責任随時交代 結果責任 ・よりよい判断 実行責任 ・実行促進 環境づくりマネージャー 目標提示 フォロー 評価 ガバナンスのサイク ル
  37. 37. 揉め事マネジメント• 悪い人が入らない仕組みづくり• 揉めそうなところは予め文書化しておく• オープンさとフェアさは命• 理と情の相反するもののバランス
  38. 38. 3.まとめ

×