Creating Shared Value Frame Work and Case Studies

658 views
591 views

Published on

CSVのフレームワークとケーススタディ

Published in: Business
0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
658
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3
Actions
Shares
0
Downloads
22
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Creating Shared Value Frame Work and Case Studies

  1. 1. 共有・共感時代の新しい経営モデル「CSV」
  2. 2. 企業環境 成熟した消費者   へのマーケティング   難易易度度 コモディティ化 差別化のための   差別化 ! 資源問題 短くなる   商品サイクル マスマーケティング   の限界 共感、共有の時代 マーケティング3.0 「世の中をよくする」 深刻化する   社会的課題と   企業責任
  3. 3. 解決のヒント  1
  4. 4. 解決のヒント  1 マーケティング 方針 プロダクト管理 今日の マーケティング・ コンセプト 今後の マーケティング・ コンセプト 4P (プロダクト、プロモーショ 共創 ン、流通、価格) (Co-creation) 顧客管理 セグメント、 ターゲット、 ポジショニング コミュニティ化 ブランド管理 ブランド構築 キャラクター構築
  5. 5. 解決のヒント  2 J.Stengel “GROW” ! 持続的な成長をしているブランドは"5つの方法(人間 にとって大切な5つの基本的価値)のいづれかにより、 人々の生活をよりよいものにしている。 ! -喜びを感じさせる -結びつくことを助ける -探究心を刺激する -誇りをかき立てる -社会に影響を及ぼす
  6. 6. 解決のヒント  3
  7. 7. Creating Shared Value 共有価値の創造
  8. 8. マイケル  E.  ポーター
  9. 9. CSRからCSVへ CSR Corporate Social Responsibility CSV Creating Shared Value 価値は「善行」 価値はコストと比較した経済的便益と社 会的便益 シチズンシップ、フィランソロピー、 持続可能性 企業と地域社会が共同で価値を創出 任意、あるいは外圧によって 競争に不可欠 利益の最大化とは別物 利益の最大化に不可欠 テーマは、外部の報告書や個人の嗜好 によって決まる テーマは企業ごとに異なり、内発的であ る 企業の業績やCSR予算の制限を受ける 企業の予算全体を再編する 例えば、フェアトレードで購入する 例えば、調達方法を変えることで品質と 収穫量を向上させる
  10. 10. CSVの定義 企業にとって関連性の⾼高い社会的な課題を解決することにより、永続的な 企業利利益を創出するビジネス・モデル、あるいはマーケティング・モデル 環境 資源 地域 格差 健康 社会 的弱 者 課題解決 永続的な利益創出 紛争 安全 教育
  11. 11. CSVフレームワーク
  12. 12. 従来型経営モデルとの比較 従来型経営モデル 共通価値を軸においた 経営モデル 達成すべき目標 企業利益 企業利益+ 社会的課題の解決 価値 自社の利益 自社利益含む社会の利益 主体 企業 幅広い関係者(三方よし) 活動手法 競争(Competition) 共創(Co-creation) 取り組む期間 単発的 永続的 ニーズ 消費者の課題 社会的課題: 環境、健康、地域格差、紛 争、社会的弱者、教育
  13. 13. CSV重要ポイント CSV$ $
  14. 14. 事例  1
  15. 15. 事例  1 ・中小企業(スモールビジネス)から参加申込を受付。 ・先着1万社に対し、100ドル分の広告スペース(Facebookアド)を無償提供。 ・カード会員に対しては、プログラムへの賛同を依頼。 ・賛同してくれた先着10万名に、25ドル分のキャッシュバックを提供。 ・11/27~12/31までのあいだに参加企業でショッピングを行った際にキャッシュバック(還 元)。 ・全米にこのプログラムを普及浸透させていくため、各地域コミュニティーへの草の根活動。 ・州知事や各地域のリーダーへ協力を求め、40名以上の知事や市長が協力と積極展開を公言。 ・ブルームバーグNY市長は「中小企業こそ経済の根幹でありコミュニティの基盤」と会見。 ・オバマ大統領がハッシュタグ(#SmallBusinessSaturday)をつけてツイート。 ・270万人以上のFacebookいいね!獲得。 ・20万人以上のカード会員が賛同。 ・1億人以上のアメリカ人が、年末商戦の一環として中小企業でお買い物。 出典:三茶農園(http://ameblo.jp/kimurasatoru/entry-11285793470.html)
  16. 16. 事例  1
  17. 17. 事例  1 アメリカンエキスプレス社のCEO、ケン・シュノルト氏は、この新しい試みについて記者会見 で次のように宣言した:「今年のサンクスギビングデー明けの土曜日、11月27日から、新た なるムーブメントが始まります。新たなるムーブメントというのは、定着に時間がかかるもの で、サイバーマンデーがすぐにはブレイクしなかったように、スモールビジネス・サタデーも 一晩でブレイクするものではないかもしれない。しかしアメリカンエキスプレスは、この先何 年にも渡り、このプログラムを成功させることにコミットしています。」
  18. 18. 事例  2 2020年までにボルボ社での死者を0人に
  19. 19. 事例  3 デジタルマーケティング室 鈴木氏   弊社セミナー講演より
  20. 20. 事例  4 広告費よりCSVに予算 コミュニティが成長の源泉
  21. 21. 事例  5
  22. 22. 事例  7
  23. 23. 事例  8 1. 2. 3. 4. 東北復興支援として取り組みます。 スタッフの教育と運用システムの整備により高い品質と生産性を実現します。 より多くの雇用を創出し働くことの素晴らしさを広く共有します。 ウェブガーデン仙台の取り組みを通じて「社会への貢献」「社員の幸せ」「会社の発 展」(超会社)を実現します。
  24. 24. Engage your customers and Co-create with them!

×