• Share
  • Email
  • Embed
  • Like
  • Save
  • Private Content

Loading…

Flash Player 9 (or above) is needed to view presentations.
We have detected that you do not have it on your computer. To install it, go here.

Like this presentation? Why not share!

The Secret Sauce of Innovation - Japanese / Japan

on

  • 1,306 views

This is from my presentation at the Tokyo Scrum Gathering in 2013.

This is from my presentation at the Tokyo Scrum Gathering in 2013.

Statistics

Views

Total Views
1,306
Views on SlideShare
1,305
Embed Views
1

Actions

Likes
4
Downloads
65
Comments
0

1 Embed 1

http://www.linkedin.com 1

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Microsoft PowerPoint

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment
  • Innovation = Wealth Creation
  • Laz to tell his APAC story.Reid Hoffman story
  • Jeff Sutherland Story
  • My boss calls this communism. Many customers ask me for More efficiency – the LG CNS example Opening Page exerciseHiring staff @ Danube – make them read this book.
  • Gmail was invented during 20% timeIntrinsic motivation vs. sticks and carrots
  • Gmail was invented during 20% time
  • Why not try to build this type of success into the social fabric of your companies?
  • Is the Open Source model of working good? Does it produce results? Wikipedia? Subversion
  • Gmail was invented during 20% timeIntrinsic motivation vs. sticks and carrots

The Secret Sauce of Innovation  - Japanese / Japan The Secret Sauce of Innovation - Japanese / Japan Presentation Transcript

  • Scrum: The Secret Sauce for Innovation スクラム: イノベーションの秘密のソース Tokyo Scrum Gathering 2013 Laszlo Szalvay, VP Worldwide Scrum Business Monday, January 14, 2013ENTERPRISE CLOUD DEVELOPMENT1 Copyright ©2012 CollabNet, Inc. All Rights Reserved.
  • イノベーションについての引用“ チェンジなくしてイノベーション、クリエーティビティ、やる気の向上は ない。チェンジを(より早く)始めた人たちは、この避けられないチェン ジを成し遂げるよりよい機会を得るだろう。 – William Pollard 経済の繁栄において、イノベーションは重要な問題。 – Michael Porter イノベーションは企業家精神の明確な手段。富を生み出す新しい能力にリ ソースを与える活動だ。 – Peter Drucker 学ぶこととイノベーションは、密接な関係がある。成功による放漫な考え 方は、昨日やったことが明日でも十分だと考えること。 – William Pollard 結果は論理的な構造で説明できるが、イノベーションは論理的思考の産物 ではない。 – Albert Einstein 考えのない習慣的行動は、イノベーションの敵。 – Rosabeth Moss Kanter2 Copyright ©2012 CollabNet, Inc. All Rights Reserved.
  • 歴史をちょっと振り返る“ 何が欲しいか人々に尋ねて いたとしたら、彼らはもっ と速く走る馬が欲しい、と 答えただろう。 ” Henry Ford http://bit.ly/GRFPxO3 Copyright ©2012 CollabNet, Inc. All Rights Reserved.
  • アジェンダ • 問題空間を理解する • 組織をさらにイノベーティブ にするための5つの手順 ユーザーに魅力 • 終わりに (desirable)のあ るものは何? innovation テクノロジー 業界で発展 で可能 (viable)し (possible)に うるものは なるものは 何? 何? http://thepulse-mag.org/2011/11/innovation/4 Copyright ©2012 CollabNet, Inc. All Rights Reserved.
  • 問題提示 イノベーションが組織と人々の両方に成長と富を生むこと を、私たちは知っている。 • どうやってイノベートする? • イノベーション成功のために、どうやって自分達を発 達させる? • どうやって次の優れたプロダクトを作成する? • どうやってテクノロジーを競争力として使う?5 Copyright ©2012 CollabNet, Inc. All Rights Reserved.
  • 大きくて困難で大胆な目標 (big hairy audacious goal) アジリティが繁栄するための イノベーションを可能に6 Copyright ©2012 CollabNet, Inc. All Rights Reserved.
  • マーケット トレンド “スクラムはモダンな働き方” October 2010 Tieto In person meeting in Helsinki” Mika Koivuluoma, VP Software Development and Tools7 Copyright ©2012 CollabNet, Inc. All Rights Reserved.
  • 演習: 自分のスクラムを作れ(Build Your Own Scrum) Build Your Own Scrum brought to you by Adam Weisbart Scrumの知識をチームメイトと共有(レベルを合わせる) (8分間)8 Copyright ©2012 CollabNet, Inc. All Rights Reserved.
  • 役割、ミーティング、そしてアーチファクト スクラムは目的達成のための手段9 Copyright ©2012 CollabNet, Inc. All Rights Reserved.
  • 組織(The Organization) 学ぶ組織になれ10 Copyright ©2012 CollabNet, Inc. All Rights Reserved.
  • 学ぶ組織になる • スクラムは問題を解決しない。スクラムは組織 内に潜在する問題を見つけ出す。CollabNetが提 供するフレームワークを使って、スクラムで見 つけた問題を解決するのは、マネージャーやエ グゼクティブとしてのあなたの仕事。 • スクラムの効果がないとき: – 組織に問題は存在しないと信じているとき – 政治的または文化的で問題を解決できないと き • スクラムの効果があるとき – 学ぶ組織がある。よりよい集団への手段とし て問題を解決しているリーダーシップがある 組織 Jeff Sutherland11 Copyright ©2012 CollabNet, Inc. All Rights Reserved.
  • リーダーたちの見解 速く、敏感で、アジャ マネージメントのコンサルタン イルになるのが会社の トであるDeMarco (Peopleware) 目標なら、効率を求め は、今日のように競争が厳しく るのは答えではない。 変化の激しい経済では、マネー – もっと緩やかになる必 ジャの働き方は以前よりはるか 要がある。 に効果的でなくなっていると語 る。マネージャーは企業再構築 2002 と人員整理に対応しながら、品 Slack Tom DeMarco 質を犠牲にし、締め切りを重視 して従業員を急がせている。そ うではなく、幹部社員は競争を 止めさせチームワークを奨励 し、トレーニングの時間を与え るべきだ、とDeMarcoは述べて いる。 2001 Cahners Business Information, Inc.12 Copyright ©2012 CollabNet, Inc. All Rights Reserved.
  • リーダーたちの見解“ イノベーションは、典型的なボトムアップ的現象。 Complexity and Innovation in OrganizationsとComplexity Perspectives in Innovation and Social Change などの出版物では、何か新しい発 明をするという困難なタスクの担当になった「特別な」人た ちのトップダウンのプログラムとして上層部が立ち上げる ” と、イノベーションは失敗する運命にあると強調している。 このアプローチは、将来起こることを管理しようという因果 決定論的な見方を反映している。 これは通常うまくいかな い。 複雑なシステムアプローチは、イノベーションは計画された 結果ではなく、創発的な結果と言っている。イノベーション は自己組織化チームで偶発的に生まれる。しかし、そこに現 れる物事には、それらの元となる何かが必要だ。そして、イ ノベーションのための重要な要素は、知識、創造性、意欲、 http://www.noop.nl/2009/09/innovation-is-the-key-to-survival.html 多様性、人格。 Jurgen Appelo13 Copyright ©2012 CollabNet, Inc. All Rights Reserved.
  • リーダーたちの見解“ 世界で最もイノベーティブな一部の ” 企業では、時間、タスク、チーム、 技術についての自主性は20%の時間 につながった。 2009 TED Conference Dan Pink “これらの教訓は繰り返す 価値があるし、そしても し多くの企業がPink氏の アドバイスに勇気付けら 彼の著書「Drive」では, Dan Pinkは真のモ れると感じるなら、なお すばらしい。” チベーションの3つの要素を検討する— Wall Street Journal “Pink氏は急速に国際的な 第一人者になろうとして いる…彼は挑戦して挑発 する魅力あるライター だ。” Financial Times14 Copyright ©2012 CollabNet, Inc. All Rights Reserved.
  • それで SCM 市場はどうなった? それでDan Pink氏のモチベー ションの考え方は通用す る? 2007 Forrester Research The Forrester Wave: Software Change and Configuration Management自主性、熟練、目的 = イノベーションと市場のリーダーシップ15 Copyright ©2012 CollabNet, Inc. All Rights Reserved.
  • エクササイズ: 2つの考え方 イノベーションが起こるとき、企 業の開発者よりもオープンソース の開発者のほうが効率的だと思い ますか? (3分間)16 Copyright ©2012 CollabNet, Inc. All Rights Reserved.
  • プラットフォーム(The Platform) コミュニティ アーキテクチャのインプリメント17 Copyright ©2012 CollabNet, Inc. All Rights Reserved.
  • コミュニティ アーキテクチャをインプリメント – いいこと は何?開発者は、コミュニティに参加してコラボレートしたいと思っている – インナーソース (企業内オープンソース) – 透明性 (再利用を促す信頼を生む) – 作業場所とウィキ (まとまり) ウィキは最も古くてシンプル なソフトウェアだが、そこで は、見知らぬ人がいるコミュ ニティで共同作業し、驚くよ うなものや継続的な価値を生 む場となっている。 Ward Cunningham Inventor of the Wiki Sent to Laz via LinkedIn in March 201218 Copyright ©2012 CollabNet, Inc. All Rights Reserved.
  • リーダーたちの見解“ Laszloの質問: 前に話した時、君はウィキ、SVN、メーリングリスト で始めたと言っていたけど、どうしてこの3つなの? Brianの答え: Brian Behlendorf は、テックグ ルで全体としてはワル 1995年にメーリングリスト、バージョン管理、バグ データベースで始めたんだ。とてもありふれたものだ からね – 当時、他の人たちも使っていたツールで「シ ンプル」だったし、 そこにいた人たちに合ってたん だよ。メーリングリストは、僕にとっては今でも興味 深いよ。ウェブサイト上のフォーラムやフェースブッ クのスレッドよりも直接的な魅力があるんだ。特に テッキーにはね。SVNと Git は今でも必要不可欠。そ してバグや要件を扱うためにワークフロー的なことが できるツールも必要不可欠だったし、今でもそうだ。 でもそれがコラボレーションツールになった1995年に は、私たちは何も新しいものを発明してなかったんだ よ。まあ、僕は今でもこの3つのツールがあれば、グ レートなソフトウェアを開発するのに十分だと思って19 るけど。古臭い人間と呼んでくれ…Inc. All Rights Reserved. Copyright ©2012 CollabNet,
  • 宿題: もっとよい会社にする イノベーションの環境を整備するために、ア ジャイルまたはオープンソースコミュニティか ら拝借できるコンセプトはなんですか(あな たがボスで 莫大な予算 を持っているとしたら)?20 Copyright ©2012 CollabNet, Inc. All Rights Reserved.
  • 明確な表現(Articulation) ユーザーストーリーを使え21 Copyright ©2012 CollabNet, Inc. All Rights Reserved.
  • ユーザーストーリを使う ユーザーストーリーとは、ビジネス要件(それは実装とは 関係ない)を記述するための単なるフォーマット。 ユーザーストーリーは、 • 異なるステークホルダーの視点から要件を列挙する • システムの実装方法を考えたり示すことをやめ、ユーザーがどのよ うにシステムを使うかを議論するようになる; 機能構築 • “今後の会話のための約束。” (Ron Jeffries) • アクセプタンス条件(「完了」の定義)を含める22 Copyright ©2012 CollabNet, Inc. All Rights Reserved.
  • ユーザーストーリーのフォーマット ストーリーテンプレートフォーム: 「誰(役割)として、何(機能) が欲しい。 なぜなら(理由)のために」23 Copyright ©2012 CollabNet, Inc. All Rights Reserved.
  • よいユーザーストーリは「INVEST」 • Independent (独立している) • Negotiable(交渉可能) • Valuable(価値がある) • Estimable(見積可能) • Small(小さく) • Testable(テスト可能) Picture taken by David Koontz http://bit.ly/Kww9JY24 Copyright ©2012 CollabNet, Inc. All Rights Reserved.
  • もっとよくできるかもしれないストーリーの例 カタログをカラーにしたい。 • よくない点: 独立していない、見積できない(カタログ の他の特徴をしらなければ)、小さくない • 「JFIDMは、IEEE-488インタフェースの仕様を遵守しな ければならない。」のような書き方をする習慣がある 人には、陥りやすい落とし穴。 • 非機能的な要件は、このようなストーリーでもOK。 • ベター:バックログ内の特定個別機能の“カラー化"(お よびその他横断的な要件)を満たすための受け入れ条 件を作る。25 Copyright ©2012 CollabNet, Inc. All Rights Reserved.
  • 次のユーザーストーリーをよくする 1. そのウェブサイトでは、ユーザーが自分で登録できる 2. そのシステムでは、ある従業員に割り当てられた仕事を マネージャーが別の従業員へ再割り当てできる 3. 顧客は、そのウェブサイトで自分たちのメールアドレス を変更できる 4. 納税者は、税金をオンラインで支払える 5. ユーザーは、マーケティンググループデータベースの顧 客情報を別のデータベースにドラッグ&ドロップできる (10分間)26 Copyright ©2012 CollabNet, Inc. All Rights Reserved.
  • 認定スクラムマスタークラス in 東京 東京での認定スクラムマスタークラスに参加ご希望の方 は、私たちにお問い合わせください。 Michael James(認定スクラムトレーナー)が インストラクターの予定27 Copyright ©2012 CollabNet, Inc. All Rights Reserved.
  • © 2013 CollabNet, Inc., All rights reserved. CollabNet is a Laszlo Szalvay trademark or registered trademark of CollabNet Inc., in the US VP Worldwide Scrum Business and other countries. All other trademarks, brand names, or Laz@collab.net product names belong to their respective holders. https://twitter.com/#!/ewok_bbq +1-971-506-7862 http://www.linkedin.com/in/laszloszalvay28 Copyright ©2012 CollabNet, Inc. All Rights Reserved.