• Like
iQONの開発手法 at iQONエンジニアセミナー
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

iQONの開発手法 at iQONエンジニアセミナー

  • 4,021 views
Uploaded on

iQON エンジニアセミナー by VASILYでの資料 @kyuns

iQON エンジニアセミナー by VASILYでの資料 @kyuns

More in: Technology
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
No Downloads

Views

Total Views
4,021
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
7

Actions

Shares
Downloads
6
Comments
0
Likes
9

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. iQONにおける 開発手法 2013/03/18@kyuns on iQON エンジニアセミナー
  • 2. 自己紹介今村雅幸 / @kyuns取締役 CTO2006/4 - 2009/4Yahoo! JAPANにエンジニアとして新卒入社。Yahoo! FASHIONやX BRANDなどのサービスを開発。2009/5 -VASILY創業。iOSアプリ開発や様々なWebサイト等を開発、2010年にiQONベータ版リリース。
  • 3. Engineering Team @kyuns @arara_jp Web/Backend iOS @6rats @WorldDownTownAndroid/Backend iOS
  • 4. iQONにおける開発手法
  • 5. iQONの規模感• 月間API コール 4億/月• 画像リクエスト回数 4億/月• アイテム数120万件、コーデ30万件• お気に入りアイテムデータ1000万件• 日本最大級のファッションSNSサービス
  • 6. 我々は スタートアップ
  • 7. スタートアップ• 資金も時間も有限• “何が世の中を変えれるのか”の検証• 正解は無い 厳しい時間的制約
  • 8. 効率的な開発手法
  • 9. VASILY流リーン&アジャイル
  • 10. IdeaLearn Build気づき プロダクトの開発 Data Product Measure 計測、データ収集、A/Bテスト
  • 11. 効率的な開発• 全てはBuild-Measure-Learnの高速化• 効率的な開発スタイルが必要 1.労働環境 2.開発環境 3. 開発手法
  • 12. 開発スタイル1.労働環境
  • 13. 労働環境• 好きなMacを選べる (Windowsは宗教上の理由によりVMWare内)• 技術書籍代は全額会社負担• アーロンチェア• フリードリンク
  • 14. 開発スタイル2.開発環境
  • 15. 開発環境メイン言語 デプロイ/ CIRuby on Rails 3 / Ruby 1.9.2 Capistrano / Jenkinsサーバー環境 各種ミドルウェアAWS / EC2 MySQL,MongoDB, Redis監視 Memcached,Varnish, CloudFront,Solr,fluentd,zabbix Hadoop,EMR... etc
  • 16. 開発スタイル3.開発手法
  • 17. 効率的な開発手法• 最適な開発サイクル• タスク&進 管理• コードの共有/レビュー• ロジックの一本化
  • 18. 最適な開発サイクルとはiOSアプリには約1週間ほどかかる審査がある最大のボトルネック
  • 19. 審査期間を活かす • 2週間を開発リリースサイクルに リリース開発 1週間 1週間 バグ対応審査 テスト 約2週間=1バージョン 常にWaiting For Reviewを目指すiOSアプリの開発手法 http://tech.vasily.jp/2013/01/waiting-for-review/
  • 20. タスク&進 管理
  • 21. Redmine項目をカスタマイズして利用プラットフォーム,バージョン,デザインの有無,ラベル名変更等バージョンごとのタスクと進 を管理
  • 22. チケットの工夫 チケット作成時に ・現状 (問題点) Why ・改善案 (解決案) What How ・理由 (なぜやるのか) ・効果 (見るべき数値) 必ず書くように 意識の統一、ズレを無くす
  • 23. コードの共有/レビュー
  • 24. github• 社内gitlabからgithub.comに移行• pull request / code review• 各種branchはredmineのチケット単位
  • 25. ロジックの一本化
  • 26. iQON Product iPhone Android SmartPhone PC / Widget
  • 27. API Model PC json iPhone API plist nginx/Rails/unicorn Android json• iQON内のデータの読み書きは全てWebAPI経由で行う• ロジックを1箇所にまとめてマルチプラットフォーム対応
  • 28. まとめ開発におけるありとあらゆる部分で効率化 本質的な問題にフォーカス Build-Measure-Learnを 高速に実行
  • 29. VASILYでは 爆速で 新しいファッションメディアを 作る仲間を 募集中です masa@vasily.jpまで