20121130 solaris-11.1-day.ohsone
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

Like this? Share it with your network

Share

20121130 solaris-11.1-day.ohsone

on

  • 1,715 views

[2012/11/30開催]Oracle Solaris 11.1 Days ...

[2012/11/30開催]Oracle Solaris 11.1 Days
[オラクルテクニカルセッション]
Oracle Solaris11.1 最新アップデート

“The First Cloud OS” として登場したOracle Solaris 11は、プライベートからパブリックまでのクラウド環境に最適化され、ミッションクリティカルな IT 基盤を支え続け、可用性、管理性、将来を見据えて進化を続けています。
本セッションでは、米国で開催されたOracle OpenWorld 2012からの情報に加え、Solaris11をご利用頂いているお客様事例や、また最新のSolaris 11.1 アップデート情報をお伝えします。

日本オラクル株式会社
システム事業統括 ソリューション統括本部 プロダクトマネジメント本部
本部長
大曽根 明

Statistics

Views

Total Views
1,715
Views on SlideShare
1,714
Embed Views
1

Actions

Likes
3
Downloads
23
Comments
0

1 Embed 1

http://www.slashdocs.com 1

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

20121130 solaris-11.1-day.ohsone Presentation Transcript

  • 1. 1 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 2. Oracle Solaris 11.1 最新アップデート日本オラクル株式会社 システム事業統括大曽根 明2 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 3. 以下の事項は、弊社の一般的な製品の方向性に関する概要を説明するものです。 また、情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことは できません。以下の事項は、マテリアルやコード、機能を提供することをコミットメン ト(確約)するものではないため、購買決定を行う際の判断材料になさらないで下さ い。オラクル製品に関して記載されている機能の開発、リリースおよび時期につい ては、弊社の裁量により決定されます。 OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。 文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。3 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 4. 技術革新と技術融合に向けた R&D 投資 $4.5B $3.1B 2004年からの $1.9B $2.1B $2.6B $2.6B 研究開発費累計$1.3B $1.5BFY04 FY05 FY06 FY07 FY08 FY09 FY10 FY11 $19B 4 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 5. 製品ポートフォリオを迅速に拡大する M&A 戦略 APPLICATIONS MIDDLEWAREミドルウェア基盤 BI ID&アクセス管理 業績管理 コンテンツ管理 データ連携 DATABASES OPERATING SYSTEMS & VIRTUAL MACHINES OS システム管理 仮想化エンジン SERVERS & STORAGE 5 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 6. 第三者機関調査結果:お客様の IT予算 用途別比率 お客様のシステム環境におけるコスト構造の変革が求められる 2010年 50% 64% 事業の遂行 25% 20% 事業の成長 25% 16% 事業の変革 既存システムの維持 既存システムの拡張 事業の変革Source: Independent Research 6 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 7. 第三者機関調査結果:お客様の IT予算 用途別比率 お客様のシステム環境におけるコスト構造の変革が求められる目指すべきIT投資のあるべき姿 50% 25% 25% 既存システムの維持 既存システムの拡張 事業の変革Source: Independent Research 7 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 8. 8 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 9. 9 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 10. Oracle Solaris 11 ミッションクリティカルで培った技術とクラウドの融合企業アプリケーションのための高可用性を持つ 大規模クラウドの セキュアなプラットフォーム 管理 予測的自己修復機能  オーバーヘッドのないサーバ、ス ZFSによるデータ整合性 トレージ、ネットワークの仮想化 低オーバーヘッドのスナップショット  読み取り専用のゾーン環境 一貫した暗号化機能の提供  高速かつ安全を徹底したソフト アプリケーション・クラスタリング ウェアのライフサイクル管理 コンプライアンス・レポート作成  包括的クラウド管理ソリューショ DTrace による可観測性の提供 Solaris 11 ンの提供 10 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 11. "Solaris-as-a-Service" の事例 40倍以上の統合比率を実現 顧客 1 顧客 2 顧客 3 Solaris 11で構築された IaaS 型クラウド 顧客アプリ 顧客アプリ 顧客アプリ … ケーション ケーション ケーション – 内部の IT 及び外部のパブリッククラウドの顧客むけ Solaris Zone Solaris Zone Solaris Zone 40倍以上の統合比率を実現 – Solaris11の低オーバーヘッドZone Solaris 11 大域ゾーンには、 – ネットワーク仮想化機能の統合 仮想スイッチ、ロードバランサ、 ファイアウォール機能が統合 追加コストの削減 Oracle x86, Oracle SPARC T and M series – ネットワークサービスをホストに集約 Physical Ethernet Switch 11 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 12. IaaS – 米国の大手携帯サービスプロバイダ 仮想化が実現するミッション・クリティカル  Virtualized Wireless Service Delivery – 計算の集約、クラスタ化S SM AP P APP APP Fail M AP APP APP PA over AL Med LARGE L Med LARGE  暗号化されたライブマイグレーションL L ORACLE SOLARIS CLUSTER 4.0 ORACLE SOLARIS CLUSTER 4.0 ORACLE SOLARIS 11 CONTROL ORACLE SOLARIS 11 CONTROL  5 倍のアプリケーション・パフォーマンス DOMAIN DOMAIN Live Migration  10 倍の集約 12 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 13. Oracle Solaris 11オラクル・デプロイメント クラウド基盤を 企業向けアプリケーション に最高のUNIX 見据えた設計 市場において TM TM #1 UNIX 13 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 14. Oracle Solaris 11 Oracleデプロイメントに 最高のUNIX14 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 15. Engineered Together 最高のパフォーマンス、可用性、セキュリティ、効率 Tested Together 週間150,000マシン・時間 Certified Together 年間1000万マシン・時間以上 Deployed Together Upgraded Together リスクのないパッチ/アップグレード Managed Together Supported Together デプロイメントの協調的サポート15 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 16. Oracle Solaris 11. Oracle Database. Oracle Java. Engineered to Work Together パフォーマンス 可用性 コンプライアンス 一貫した セキュリティ16 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 17. Oracle RACに最高のUNIX Oracle RAC LMS Kernel Accelerator 一貫した RAC パフォーマンスを得 Solaris 11.1の新しい特長 ることが可能に  新たに Solaris/RAC カーネル・ロ ック・アクセラレータを搭載 RAC RAC  ロックリクエストの応答をカーネル Database Database レベルで処理  データベースとカーネルは、共有 されたメモリ上にロック状態を保存 Solaris Solaris Workload によるが 結果、20% もの ロック操作の待ち時間が スループット向上を得られる 30-40%低減17 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 18. 新しい仮想メモリシステム(VM)を搭載 これまでのVMは20年前に設計し、拡張を続けてきたが… 20年前 現在 差 DRAMの大きさ 16MBが大きい方 2桁、3桁TBも目前 N00万倍 DRAMへの距離 同一 様々 NUMAが一般的 CPU 1CPU, 1スレッド 4桁のスレッド数 N千倍 *1 ページサイズ 8KBだけ 8KB, 64KB, 4MB, 6倍? *1 32MB, 256MB, 2GB DRAMの修理 オフライン オンライン *1: SPARCの場合、x86は4KB -> 4KB, 4MB, 1GB18 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 19. 新しい仮想メモリシステム(VM)を搭載 これまでのVMは20年前に設計し、拡張を続けてきたが… 20年前 現在 差 DRAMの大きさ 16MBが大きい方 2桁、3桁TBも目前 N00万倍 DRAMへの距離 同一 これを前提に 様々 NUMAが一般的 CPU 1CPU, 1スレッド 4桁のスレッド数 VM2を N千倍 *1 ページサイズ 8KBだけ 8KB, 64KB, 4MB, 6倍? 再設計 *1 32MB, 256MB, 2GB DRAMの修理 オフライン オンライン *1: SPARCの場合、x86は4KB -> 4KB, 4MB, 1GB19 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 20. 新しい仮想メモリシステムを搭載 The Predictor よりメモリを大量に消費する スケーラブルなアプリケーションのために Sampler Analyzer Action Engine Befor e Afte r  30秒以上のページ・リクエスト  Analyzerは情報を評価、実行する  Action Engine により必要と予測さ アクションを決定 れるページの作成を開始20 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 21. 集中型監査レポートとアラート セキュリティー脅威の Solaris とデータベースの 探知と解析をよりシンプ Solaris 11.1の新しい特長 コンプライアンスレポート ルに 管理をシンプルに  Oracle Audit Vault とデータベース ファイアウォールに新しいコレクタを Solaris Database 提供  Solaris 監査ログとデータベース監 査ログを同一リポジトリに格納 Audit Log Compliance Tools21 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 22. Oracle Optimized Shared Memory (OSM) オラクルデータベースインスタン Solaris 11.1の新しい特長 スの起動/停止を 8 倍高速化  新しいOptimized Shared Memory リブートせずにデータベースのSGAサイズ インターフェースを実装 を動的変更可能  Oracle DB Automatic Memory Management (AMM) と連携  NUMA を考慮し、グラニュルベース Oracle DB で共有メモリを動的に制御 SGA22 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 23. Oracle DB における I/O の可観測性を提供 データベースのI/O データベースの新しい技術 パフォーマンスを最 I/O 問題の素早い 適化 解決  DTrace を利用した I/Oイベントトレ ース機能を近い将来のOracle DBに 追加  トレース情報はクエリのために v$kernel_io_outlier V$ views に格納 TIMESTAMP  DB 管理者やオラクルのサポートエ IO_SIZE ンジニアが、I/O に関連した問題を IO_OFFSET 迅速にエスカレーションすることが可 DEVICE_NAME VARCHAR2(513) 能に PROCESS_NAME VARCHAR2(64) TOTAL_LATENCY SETUP_LATENCY …23 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 24. Secure Multitenant Database Consolidation シンプルで統合された データベースプラットフォームへ Solaris 11.1の新しい特長 T4-4 Node 1 T4-4 Node 1 Oracle Solaris 10 Oracle Solaris 10 Solaris Solaris  SPARC SuperCluster 上の Exadata Solaris Zone Solaris Zone Solaris Zone Solaris Zone Solaris Zone Solaris Zone Zone Zone Stack の利用を Zone からサポート GP Domain GP Domain  排他的 IP ゾーンにて RDSv3 をサポート Oracle Solaris 11 Oracle Solaris 11  IPoIB パケットのセキュリティを強化 Zones Zones  Infiniband のメンバーシップを制御可能 Zones Zones Zones Zones DB Domain DB Domain  Pkey をサポート  高速かつ安全、低レイテンシなデータ InfiniBand Network ベースの展開 EXADATA ZFS EXADATA EXADATA STORAGE STORAGE STORAGE STORAGE APPLIANCE24 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 25. Oracle RDBMS に向けた Solaris の最適化 機能の一部をご紹介 Key: Solaris 11で実装済み Solaris 11.1の新しい機能 100 から 10,000 のHW スレッドをサポートする完全なマルチスレッド・カーネル SPARC T4 ならでは Critical Thread 機能 CPU 高解像度タイマーの実装によりパフォーマンスを5倍改善 近い将来のOracle DBのためのマルチプロセッシングとマルチスレッド機能を強化 大規模ページのサポート Optimized Shared Memory (OSM) NUMA I/O Framework メモリ DB再起動の高速化 Latency-aware kernel memory allocator (x86, SPARC) 仮想メモリシステムの再設計 Userland Fast-Memory Registration and Shared Protection Domain ファイルシステム DBFS クライアント機能, Oracle File Server をサポート uDAPL, RDSv1, RDSv3, SDP: 低レイテンシの Infiniband プロトコルをサポート 同時書き込みのDirect I/O I/O DB-as-a-Services Platform に向けた排他的 IP ゾーンにおける RDSv3 サポート InfiniBand HCA の動的構成25 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 26. Oracle RDBMSのためのさらなる Solarisの最適化 機能の一部をご紹介 Key: Solaris 11で実装済み Solaris 11.1の新しい機能 セグメンテーションフォルトのために強化された可観測性 可観測性 近い将来のOracle DBによるlibdtraceの利用/統合 DB リソースをリバランスする動的再構成の通知 信頼性と可用性 問題のあるハードウェアに対する FMA コールバック SGAパフォーマンスの改善 Oracle RA Cのためのカーネル・ロック・アクセラレータ パフォーマンス Message Passing Co-processor ローカルアクセスと同様にリモートノードのメモリを扱える Remote Memory Access (RMA) マルチテナント ゾーンの機能強化: 安全な分離、最も低いレイテンシの仮想化 セキュリティ 透過的な暗号化オフロード機能26 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 27. Java Mission Control ビジュアル化される DTrace データ27 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 28. Solarisにおける Javaへの最適化機能 機能の一部をご紹介 ユーザレベルの高解像度タイマーのサポート WebLogic Sever のスケーラビリティとシングルスレッドモードの最適化 smt_pause() による JVM の busy wait を最適化 CPU Java に最適化された Solaris のスケジューリング・クラス 遅延スロットを用いた比較と分岐の融合 メモリアクセス機能の最適化(BIS instruction をサポート) JVM おける Large Page のサポート メモリ SPARC T4 の 2 GBページサポートによる Java の性能向上 SDP: 低レイテンシの Infiniband プロトコルをサポート I/O SDP のための冗長化機能 (HA) Solaris暗号化オフロード・エンジンとのの統合 (Java7 u4 以降) セキュリティ Zone での SDP サポート Zone: 安全な分離、 最も低いレイテンシの仮想化 可観測性 Java Mission Control における DTrace プラグインの提供28 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. Key: In Solaris 11 New in S11.1
  • 29. 一貫したデータ暗号化機能 リスク削減のために 漏洩、侵害なし 暗号化の広い使用 が可能 Solaris 11 と SPARC T4 トレードオフなし 追加コストなし  CPU に集約されたセキュリティ機能で Unified Key Management ある SPARC T4 暗号化アクセラレータ Oracle へ自動オフロード SSL SSL SSL iPlanet Web SSL Oracle Fusion Middleware SSL Oracle Database SOAP Server  Oracle DB Advanced Security Storage Storage Tablespace Transparent Data Encryption (TDE) SSL IPsec (VPN) Solaris ZFS File System Encrypt をハードウェアでアクセラレート  Java7 のセキュリティを高める  ZFS Filesystem の暗号化は x86 より4倍高速  10Gb/s SSL: T4 は、半分以下のスレッド数で10GbE を飽和させる  OpenSSLは、シングルスレッドにおける処理でPower7より4.3倍高速29 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 30. Oracle Engineered Systems, Appliances のために Oracle Solaris 11 Exadata Exalogic SPARC SuperCluster ZFS Storage Appliance30 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 31. Oracle Solaris 11 クラウド基盤のための設計31 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 32. Oracle Solaris 11: 初の完全に仮想化されたOS コスト削減. アジリティー向上. サービス基盤. Web Tier Application Tier Finance HR Sales Zone Zone Zone Database Tier サーバ仮想化 Finance Dataset HR Dataset Sales Dataset ネットワーク仮想化 Solaris Zones Crossbow Oracle VM fo SPARC, ストレージ仮想化 COMSTAR, ZFS32 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 33. サーバ、ネットワーク、 ストレージの仮想化 セキュア、ハイパフォーマンス、一貫したクラウドソリューション Finance HR Sales  ZFS Storage Appliance  Oracle Solaris 11 – 広範囲なプロトコルをサポート Zone Zone Zone コンピュートノード – スナップショット、レプリケーション – 組み込まれたサーバ、ネットワーク – ストレージを可視化する ストレージの仮想化機能 アナリティクス機能 – ゾーンの安全な権限移譲 – HW 暗号化オフロード – ZFS 重複排除、圧縮 Sales Dataset – Oracle Enterprise Manager Ops Center HR Dataset Ethernet Traffic  オラクル(Xsigo) Network Virtualization Finance DatasetFibre Channel Director – 40 GB Infiniband fabric – セキュリティの分離 – ネットワーク帯域のサービス品質保証 33 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 34. "Solaris-as-a-Service" の事例 40倍以上の統合比率を実現 顧客 1 顧客 2 顧客 3 Solaris 11で構築された IaaS 型クラウド 顧客アプリ 顧客アプリ 顧客アプリ … ケーション ケーション ケーション – 内部の IT 及び外部のパブリッククラウドの顧客むけ Solaris Zone Solaris Zone Solaris Zone 40倍以上の統合比率を実現 – Solaris11の低オーバーヘッドZone Solaris 11 大域ゾーンには、 – ネットワーク仮想化機能の統合 仮想スイッチ、ロードバランサ、 ファイアウォール機能が統合 追加コストの削減 Oracle x86, Oracle SPARC T and M series – ネットワークサービスをホストに集約 Physical Ethernet Switch 34 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 35. シンプルになったクラウド・デプロイメント 複雑性な管理を取り除く 求められる保守時間の削減 高いスキルを要するパッチ適用 アップデートによるリスク 時間のかかる、その場そ の場のプロビジョニング 仮想環境のスプロール 再イメージングの非効率化35 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 36. シンプルになったクラウド・デプロイメント 複雑性な管理を取り除く ブー環境、IPSパッケージを用いた 安全なアップデート Active BE Active BE Old BE 自動インストーラを用いた New BE Updated BE 迅速なプロビジョニング AI Server 迅速なデプロイメント、テスト、 DHCP Zoneのデプロイメント Server Net config AI address36 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 37. 素早く安全なライフサイクル管理の実現 Never brick your system again. 新しい メンテナンス・ウインドウ 6:00-6:01 依存性チェック、 6:00 アップデート開始 セキュリティ 6-7pm パッチ/アップデート計画 パッチ 6:01-6:02 新しいブート環境の構築、更 新プログラムのアップデート、 安全なロールバック: ダウンロード、適用 最新の環境に自動 6:04 リブート 的にブート 再運転 開始 4 Back in Service in X Minutes! 637 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 38. Solaris 11 の完全自動化されたアップデート 公共セクターの顧客事例  マルチテナント管理 – 委託管理では、SAP やデータベースの管理者がシステム 上の無関係な Zone やサービスに接続することなく、該当 する Zone のみを安全に制御することができます。 – Zone ごとに Database と Applications – HA SAP および Oracle Database Zone Clusters  自動アップデート – Solaris11 と Solaris Cluster4.0 の両方で、毎週 IPS リポ ジトリから自動的にアップデートされます。 “Solaris 11の新しいアップデート の適応は、週一回の頻度で自動 的に行えるまでに簡単に”38 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 39. イーサネットとストレージネットワーキングの融合 イーサネット上へのス トレージ実装による 重要なアプリケーションへの Solaris 11.1の新しい特長 コスト削減 優先的な帯域割り当て データセンター・ブリッジング(DCB) – ストレージとネットワークの収束 – 低レイテンシの RDMA over Ethernet を 提供 – 同一リンク上を流れる複数レーン – レーン毎の優先順位付け、フロー制御、 帯域幅制御39 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 40. データセンター・ブリッジング、ETSの例 (ETS: Enhanced Transmission Selection) # dladm show-phys -D ets net0 LINK COS ETSBW ETSBW_EFFECT CLIENTS ixgbe0 0 20 20 <default,mcast>,net0 1 15 15 vnic2 2 20 20 vnic1 3 30 30 vnic5 4 15 15 vnic3 5 0 0 vnic4 6 0 0 vnic640 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 41. Software Defined Networking クラウド・ネットワーク機能をビルトイン Solaris 11.1の新しい特長 利点  Edge Virtual Bridging  ネットワーク管理をシンプルに - 仮想化を考慮したネットワークの構築  帯域幅をより有効に分離可能 - スイッチ上に帯域幅を制御をオフロード - 仮想 NIC プロファイルの集中管理  より低い CPU オーバーヘッドを実現  ネットワーク・リソースの利用効率を向上41 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 42. クラウドスケールのデータ管理 全てのクライアントでデータ共有が容易に Solaris 11.1の新しい特長  単一の統一された名前空間を Federated File System によりサポート  プライベート・ロケーション・データベース を利用した FedFS 名前空間にてマシン の情報を結合  データの参照や修正(NFSを利用)時、ク ライアントがシームレスにリダイレクトさ れる42 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 43. 高速化された非大域ゾーンのアップデート メンテナンスウインドウを増やすことなく t統合比率の増加を狙う Solaris 11.1の新しい特長 メンテナンスウインドウにおける  複数ゾーンのアップデートを同時実行 ダウンタイムを 4倍短縮 可能に  データセンターにおけるアップデート 作業において、飛躍的な時間節約を Solaris 11 実現 Solaris 11.1 M/標準 M/標準 M/標準 M/標準M/標準 Minutes SPARC T4 システム上に構築された 20 の非大域ゾーン をアップデートした場合の例43 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 44. 非大域ゾーンのマイグレーションをより簡単に システム間を素早く、簡単に移動可能な Solaris 11.1の新しい特長 非大域ゾーン  共有ストレージ上にゾーンを構成可能に  ゾーンのフレームワークに実装されたスト レージ自動管理機能 • ストレージサービスの設定/設定解除 • ストレージデバイスの接続/解除 • ZFS プールの作成、インポート、エクス ポート Z o • SAN および iSCSI に対応 n Z Z o e o n B n e e A C44 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 45. Solaris 10 アプリケーションのZone Clusters 最新サーバプラットフォームの 有効利用Solaris Cluster 4.1の新しい特長 アプリケーション投資の保護 Solaris 10 Zone Clusterにおけるミッションク リティカルな Solaris 10 アプリケーションの安 全なデプロイメント Solaris 11 Web Tier Solaris 11 Zone Zone 排他的IPサポートの改善された制御と柔軟性 Zoneクラスターの改善されたリソースと優先 Application Tier 順位の管理 Solaris 10 Solaris 10 Zone Zone コンフィギュレーションウィザードを用いたシン プルなZoneクラスターのセットアップ Database Tier Solaris 11 Solaris 11 Zone Zone45 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 46. クラウド基盤のイノベーションを握る機能 Web Tier セキュリティー Immutable Zones(読み取り専用Zone)Application Tier Linked Images ,ゾーンのパラレルアップデート、AI 統合、 IPS 統合、 最小パッ デプロイメント ケージ構成Database Tier 仮想 NIC (VNICS), 自動 VNIC作成機能 (anet) , 帯域制御, 排他的 IP ゾーンが ネットワーク デフォルトに, ネットワークの可観測性, Infiniband の機能拡張, Data CenterFinanc HR Sales Bridging, Edge Virtual Bridging e Zone Zone Zone ゾーン上でのブート環境サポート, ZFS データセット, 再帰的な ZFS send, ゾーン ストレージ 上での NFS サーバ機能サポート, 共有ストレージ上へのゾーン配置, Lofi 機能の Finance Dataset HR Dataset Sales Dataset パフォーマンス向上 Pre-flight Checker, Solaris 11 上の Solaris 10 Zones, ゾーンのインストールおよ 移行 いアップデートにてアーカイブを使用した V2V をサポート System Configuration, Clean Shutdown, Hung Zones, Zones “unavailable” 管理 state, zonestat, ゾーン内で fsstat をサポート, Zones RAD Module46 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. Solaris 11, Solaris 11.1
  • 47. クラウドを思いのままに: Solaris IaaS with 完全なライフサイクル 統合されたクラウド ビジネス主導の 管理 スタックの管理 アプリケーション管理 Self-Service IT | Simple and Automated | Business Driven47 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 48. Solarisの仮想化機能をOps Centerから導入、管理、監視 Copyright © 2012, OracleOracle and/or its affiliates. Allreserved.48 48 Copyright © 2011, and/or its affiliates. All rights rights Insert Information Protection Policy Classification from Slide 8 reserved.
  • 49. Copyright © 2012, OracleOracle and/or its affiliates. Allreserved.49 49 Copyright © 2011, and/or its affiliates. All rights rights Insert Information Protection Policy Classification from Slide 8 reserved.
  • 50. Oracle Solaris 11 企業向アプリケーションのため の #1 UNIX50 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 51. 企業インフラストラクチャを支える 信頼の UNIX リーダー 世界記録を持つパフォーマンス・リーダ 最も展開された UNIX サーバ Oracle Solaris 継続的な技術革新投資 企業環境における 25 年以上の実績51 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 52. Oracle Solaris 11 ライフサイクル管理 デプロイメントに必要な先行投資および維持コストを削減  自動インストール(AI) – 1,000 以上のシステムへのインストール を支える  ディストリビューション・コンストラクタ – サイトに適した、カスタム・デプロイメント・ イメージの作成  Live DVD/USB – ネットワークがないシステムの簡単な インストールとアップグレード52 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 53. 合理化されたインストール手順 安全なインストールと 一元化されたイメージを提供 Solaris 11.1の新しい特長 利点  AI 自動インストール機能と RBAC プロファ  インストール・サービスの委託が可能に イルの統合  プロヴィジョニングの責任を合理化  ライブメディア及びテキストインストーラメデ  ネットワーク上のストレージにインストール ィアにて、iSCSI ターゲットをサポート 可能に  インストールイメージ管理を一元化53 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 54. セキュアな監査とコンプライアンスレポート 不正ログインを検知 Solaris 11.1の新しい特長 自動化されたコンプラ イアンス・レポート生成  PCI (Payment Card Industry) プロフ による時間とリソース ァイルに準拠した包括的な の節約 改ざんから監査ログを保護 OpenSCAP コンプライアンス・レポー ト作成ツールを提供 Solaris 11.1 - 自動化されるコンプライアンスレポート server  最後に失敗したログイン試行をも記録  リモート監査サーバのサポート Audit Log Server54 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 55. データセンターのフェイルオーバー コスト効率の高い災害復旧 サイトのフェイルオーバーを構築可能 Solaris Cluster の新しい特長  ZFS Storage Appliane – ZFSストレージとアプライアンスのレプリケー ション、ジオクラスタリングによるディザスタ・ リカバリ環境が可能に  SPARC SuperCluster T4-4 – Infiniband と SDP による高速フェイルオーバ Data Center A Data Center B55 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 56. アプリケーションへの投資保護 新しい Oracle サーバと Solaris 11 の利点 Solaris 10 Solaris 8 Solaris 9 Solaris 10 Solaris 11 Zone Zone Zone Zone Zone Oracle Solaris 11 Oracle Solaris 10 Oracle VM  既存の投資を保護 – 古いSolaris環境を最新環境へ移行可能 – P2V ツールが簡略化  1997年以降のアプリケーションの動作を保証 – さらにソースコードの互換性を開発者に保証56 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 57. Oracle Solaris 11 の活動57 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 58. Oracle Solaris 11 の推進力 2000 以上の企業が採用…58 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 59. すでに稼働している Oracle Solaris 11 電話会社のサービス 公共クラウドサービス 市営オンラインサービス デリバリー仮想化された配信プラットフォーム Solaris-as-a-Service 可用性の高い都市サービスマルチ・サイト・フェイルオーバー ミッション・クリティカル・クラウド • Zone Clusters• OVM for SPARC Clusters • Network virtualization • IPS auto updates• Oracle DB • IPS, Zones • Oracle DB• Solaris Cluster • SPARC servers • Solaris Cluster イベント関連の小売り 医療記録 ソーシャルメディアとゲーム集中的なデータ解析 レコードの処理 グローバル・ソーシャルメディア• IPS, Zones マルチ・テナント・サービス プラットフォーム• OVM for SPARC • Zones 集中的なデータ解析• Oracle DB • Network virtualization 毎日蓄積される膨大なデータ• SPARC SuperCluster • Oracle DB • Server -> storage Infinband • ZFS Storage Appliance • ZFS Storage Appliance59 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 60. Oracle Solaris 11 へのパートナー推進力60 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 61. Solaris 10(更新)アップデートリリースとの違い  Solaris 10でのパッチに相当するのは11では更新されたパッケージで あり、SRU(Support Repository Update)として取り寄せ – SRUは基本一カ月単位で更新 – IPSによって、依存関係にあるパッケージも自動的に更新  Solaris 10のアップデートリリースは、 – 基本的に新リリースとしての形態  Solaris 11.1 は、 – 大きめのSRU(更新)と位置付け、通常の更新方法で11.1になる61 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 62. Solaris 11の更新パス(例外あり)*1 どのリリースからでも、その先のリリースであれば更新可能 時間軸 11.n & 11.n & 11.n … SRU1 SRUn 11.n+1 11.n+1 11.n+1 … & SRU1 & SRUn *1: 11.1は最初のアップデートリリースでもあり、一度11+SRU10にする必要あり62 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 63. 顧客がSolarisを選択する理由 Top Reasons for Investing in Oracle Solaris Systems 1. 高い信頼性: If it must run, it’s on Solaris. 2. 高速:各種企業アプリのベンチマークで世界記録を樹立 3. 高い拡張性: 次世代を見越して設計され、未来に投資するシステム 4. 高い安全性: 細部まで統合されたセキュリティ。 信頼されたラベル構成 5. 高度な仮想化技術: 最大リソース使用率。 開発期間の短縮 6. Engineered for Oracle: オラクル製品群で最高のパフォーマンスを実現 7. SPARC と x86 に対応:業界をリードするエンタープライズ・アーキテクチャの選択 8. より多くのアプリケーション: 11,000以上のアプリケーション。AIXの5倍以上。 9. 複雑性を排した設計: 自己管理するシステム。 シンプルな操作。 10. 高い互換性: 投資保護。コストのかかる移行を回避。 11. 信頼できるベンダー: ワンコールのサポート体制63 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 64. まとめ Oracle Solaris 11が11.1によってますます進化オラクル・デプロイメント クラウド基盤を 企業向けアプリケーション に最高のUNIX 見据えた設計 市場において TM TM #1 UNIX 64 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 65. 65 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 66. 66 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 67. Oracle Solaris 11.1 Technical Overview  Oracle環境  クラウド仮想化  アプリケーションのデプロイメント  クラウドスケールネットワーク  進化したセキュリティー67 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 68. Deploying Solaris 11 ブート環境はアップデートとメンテナンスのリスクを削減し、ZFSファイルシステム クライアント・サイドのデ は委託管理とクローンを提供します。AIマニフェストの場所はaimanifestブート引 プロイメント 数を用いて明記できます。ファイルを参照せずにインストールの進捗詳細を監視 できます。GRUB2/UFFI サポート、4k セクタディスクのサポート 対話式、自動 AI 自動インストールにて iSCSI ターゲットをサポート。対話式インストールにお インストール いても iSCSI ターゲットをサポートします。 インストール時に OCM/ASR 登録の構成を実施 構成 サブグループ config/unconfig の拡張により、インストールにおけるテンプレート 拡張が可能に インストールサービスの唯一のインターフェースとなるinstalladm、AI 自動インス インストールサービス管 トール機能に RBACプロファイルを統合、既存の AI サービスや AI プロファイル 理 の更新をサポート、以前に有効にされた AI サービスイメージの再配置を可能に。 AIマニフェストにホストネームを含むことが可能なよう拡張 トランジションと js2ai による Jumpstat から AI への移行,システムリカバリ手順の提供, ライブイ リカバリツール ンストール手順の提供 カスタムメディア Distribution Constructor によるカスタムインストールメディアの作成68 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. Key: Solaris 11, Solaris 11.1
  • 69. Solaris 11.1を用いたクラウドスケールのネットワーク 仮想NIC(VNICs), VNIC migration, 仮想スイッチ, ハードウェア支援仮想化機能, ゾーン ネットワークの での自動 VNIC サポート, SR-IOV のサポート, VLAN による隔離, アンチスプーフィング 仮想化 プロテクション, Link Aggregation の機能向上 リソース 統合されたQoS, 帯域制限, CPU または CPU プールへのマッピングによる隔離環境 コントロール パラレルスタック, NUMA I/O Framework, SR-IOV, Dynamic Polling, Buffer パフォーマンス Management, Pre-mapped buffers, Kernel Socket API, Converged Ethernet, Large Receive Offload ビルトイン ルーティング, ファイアウォール, ロードバランサー, VRRP, ブリッジ ネットワーク IPMP の改良, Vanity naming, 自動 IP 構成, IP の集中管理,データリンクの集中管理, 管理 データリンクプロパティの統合, Integrated data store, レガシードライバを GLDv3 に統 一 データリンク、ハードウェア、フロー統計情報のリアルタイム取得、拡張アカウント機能に 可観測性 よるヒストリー機能をサポート。ローカルトラフィックからバーチャルスイッチ間のトラフィッ ク、IP loopback のキャプチャをサポート Committed GLDv3 APIs, pluggable TCP congestion algorithms, IP Filter Hooks, APIs Kernel socket API69 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. Key: Solaris 11, Solaris 11.1
  • 70. Image Packaging System AI Server ネットワークソフトウェエア パッケージリポジトリを介したソフトウェア配信(http,https,file) リポジトリ パッケージ依存関係の処理の自動化 DHCP ServerNet configAI address パッケージアップデート時に BE (Boot Environment) を自動で作成 ブート環境 し、アップデートを安全に実行 /var/shares を全ての BE で共有 Zone の自動アップデート Zone リポジトリ・キャッシュを用いた Zone の同時アップデート .p5pイ ンストールをサポート 一般的なパッケージの操作が8-25%高速化 パフォーマンス パッケージ・アップデートが30-80%高速化 統合 Oracle Enterprise Manager Ops Center 12c によってサポート 70 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. Key: Solaris 11, Solaris 11.1
  • 71. 高度なセキュリティ ビルトインで、柔軟で、トランスペアレントな ハードウェア支援 Address Space Layout Randomization とセキュリティ拡張用のフレームワーク, アプリケーション syslog を置き換える rsyslog (GSSAPI & TLS 対応), OpenSCAP を採用したコンプ ランタイム ライアンスツール /etc/pam.d による Linux 互換と最小化、ユーザ毎の PAM スタック、 認証 Kerberos client multi master, Last failed login time 監査 Audit Remote Server Extended Policy – privileges on objects, pfedit, auths admin command, RAD 委託 usermgr データ・ Per file security labels, multiple zones per security label, 1024 groups for セキュリティ AUTH_SYS/NFS TPM key migration, SHA512/t, Large DSA keys, Intel RDRAND, AES XTS, Perf 暗号化 improvements SPARC & Intel71 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. Key: Solaris 11, Solaris 11.1