ObjectClub2007_LT

868 views

Published on

for Object Club Event 2007 summer

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
868
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
29
Actions
Shares
0
Downloads
11
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

ObjectClub2007_LT

  1. 1. なぜわたしが オブジェクト指向に目覚めたか ~ある本との出会い~ 串田幸江(くっしー)
  2. 2. 大事なことはまず最初に <ul><li>謝辞 </li></ul><ul><ul><li>豆蔵の井上さん、わたしをオブジェクト指向に目覚めさせてくれてありがとう。 </li></ul></ul><ul><ul><li>でも、お会いしたことはありません。 </li></ul></ul><ul><li>告知 </li></ul><ul><ul><li>PFPワークショップ開催 </li></ul></ul><ul><ul><li>詳しくは後で捕まえて聞いてください。 </li></ul></ul><ul><li>あのネタはやらない。 </li></ul>
  3. 3. そんなわたしの自己紹介
  4. 4. これまでの失敗 <ul><li>なんでオブジェクト指向を? </li></ul><ul><ul><li>流行だ(った)から </li></ul></ul><ul><ul><li>おもしろそうだから </li></ul></ul><ul><li>書籍選択の失敗 </li></ul><ul><ul><li>UMLやオブジェクト指向言語を学べばいいということではない </li></ul></ul><ul><ul><li>オブジェクト指向の良さを知ることができなかった </li></ul></ul><ul><li>つまり、必要性を感じられなかった </li></ul><ul><ul><li>オブジェクト指向が何を解決するのか </li></ul></ul>
  5. 5. この本に出会った! 著者:井上樹 出版社 : 技術評論社 (2007/1/19) ISBN-10: 477413015X ISBN-13: 978-4774130156 いちばんやさしい オブジェクト指向の本
  6. 6. 本当にいちばんやさしい! <ul><li>ページ数が少ない </li></ul><ul><li>手法は思い切って、他の本に任せている </li></ul><ul><li>例がビジネスとしてイメージしやすい </li></ul><ul><ul><li>ケーキ屋さんモデル </li></ul></ul><ul><ul><li>車モデルでは「サービス」が見えない </li></ul></ul>
  7. 7. オブジェクト指向ができるまでの歴史 <ul><li>WFにはできなかったこと </li></ul><ul><ul><li>コンピュータにどう解釈させるかが問題の中心 </li></ul></ul><ul><ul><li>使う人の存在が希薄 </li></ul></ul><ul><ul><li>作り込み不足の大半は、使うことへの考慮不足 </li></ul></ul>
  8. 8. オブジェクト指向が解決すること <ul><li>「世界」をモデル化 </li></ul><ul><ul><li>人がシステムをどう使うか、が問題の中心 </li></ul></ul><ul><ul><li>「世界」を理解できるので、楽しい </li></ul></ul><ul><li>シーケンスだけでなく関係性 </li></ul><ul><ul><li>各レイヤーのつながりを表現できる </li></ul></ul><ul><ul><li>開発V字モデルの横つながりだけでなく、縦のつながり </li></ul></ul>
  9. 9. V字モデルの解釈 要件定義 構造設計 詳細設計 単体テスト システムテスト 運用テスト 製造工程
  10. 10. サービスの価値とシステムの価値 サービスの価値 この辺の「関係性」を表現することがオブジェクト指向。 設計 現場 設計 顧客 顧客 顧客と現場が、サービスの価値を共創する。 『サービス・ストラテジー―価値優位のポジショニング 』より ジェームズ トゥボール 技術力 チーム力 (今日は余談)
  11. 11. ぜひ読んでほしい人 <ul><li>オブジェクト指向の超初心者 </li></ul><ul><ul><li>本質を知って欲しい </li></ul></ul><ul><ul><li>必要性を感じて欲しい </li></ul></ul><ul><ul><ul><li>もしかしたら、いらないかもよ </li></ul></ul></ul><ul><ul><ul><li>必要と思ったら、手法を勉強しよう </li></ul></ul></ul><ul><li>慣れっこになってしまった人 </li></ul><ul><ul><li>基礎を忘れてはいけない </li></ul></ul><ul><ul><li>価値を忘れてはいけない </li></ul></ul><ul><ul><li>楽しさを忘れてはいけない </li></ul></ul>まさに「原点に帰ろう!」 この辺には、牛尾さんの「オブ脳」がおススメ
  12. 12. ご清聴ありがとうございました。

×