Bitcoin2.0の本命 Ethereum とは何か

  • 5,856 views
Uploaded on

解説: http://kurinkurin12.hatenablog.com/entry/2014/08/02/195133 …

解説: http://kurinkurin12.hatenablog.com/entry/2014/08/02/195133


Ethereum meetup fukuoka #1
Material



More in: Technology
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
No Downloads

Views

Total Views
5,856
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
8

Actions

Shares
Downloads
19
Comments
0
Likes
3

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. Bitcoin 2.0の本命 Ethereum とは何か? 今回はEthereumの技術的な部分にはあまり立 ち入らず、Ethereumとは何であるのかに焦点を 合わせます 解説Link : TechとCulture Bitcoin2.0の本命 Ethereumとは何か
  • 2. • Bitcoinの特徴 • Bitcoin 2.0とは • Bitcoin 2.0のフレームワーク Ethereum
  • 3. • Bitcoinの特徴 • Bitcoin 2.0とは • Bitcoin 2.0のフレームワーク Ethereum
  • 4. 国家や大企業のような組織に縛られない、 P2Pサーバ上で取引認証が行われる電子通貨ができないか 2008年 Satoshi Nakamoto が解決!
  • 5. 特徴 • 特定組織の発行者がいない • 認証サーバはP2Pネットワークに存在 opensourceソフトで誰でも参加可能 • 認証は10分毎に行われる、ある種の演算競争 最初に成功した人が新発行bitcoinをもらう • 決済コストは格安(議論あり) • 決済に国家が関与しないため世界単一市場 • コンピュータ(モバイル)上で簡単な操作で決済
  • 6. P2Pの任意ネットワークで実現???
  • 7. •なりすまし(勝手に人のお金を使う)を防げる? •二重使用(自分のお金を複数回使う)を防げる? •P2Pの各ノードに情報が届くタイミングには差があるが 一意にできる? Bitcoinの解決策 - Blockchain technology 今日はBitcoin技術については厳密さを無視して簡単に説明します。 詳しく知りたい方は、 Bitcoin福岡勉強会へ参加 !
  • 8. •これまでの世界中での Bitcoin使用歴 (transaction)すべてを全ノードが持って いる •10分間で行われたtransactionに対し て認証を行い後ろに付け加えて行く •P2Pなので時々一意にならない時が あるが、一意に収束するようになってい る 全体構造
  • 9. Bitcoinのtechnology 通貨は単なる電子データなので複製が簡単に できる。-> 他人のお金を使用されるリスク デジタル署名をつなげて行くことで解決!
  • 10. Bitcoinのtechnology 誰かになりすますことを防いでも、電子データ 複製して本人が二重に使用することが容易。 中央集権システムでは、取引認証時に誰か現 在幾ら持っているかをキープすることで簡単に 管理できるがP2Pでは難しい 約10分かかる重い演算によって、一定期間の 取引すべてを認証することを認証サーバ同士 が競い合うことで解決 ! (アカウントを大量に作って 51%取っても意味 がなく、CPU powerの51%を取らないと支配 できない。) BlockChain
  • 11. Bitcoinのtechnology Mining 前ページの10分間の演算をP2Pネットワーク 上の認証サーバに競わせ、競争に買ったサー バーは報酬としてBitCoinをもらう Mining! これを組み込んだシステム設計が Bitcoin最大 の発明! Bitcoinを欲しいと思う人が参加し、自然と世界 中にP2P認証サーバネットワークが構築され て機能している!
  • 12. インセンティブ設計により世界中にP2P認証サーバーが広 がって、Bitcoinが機能 Blockchain technologyが正しく機能することが 実証された!
  • 13. • Bitcoinの特徴 • Bitcoin 2.0とは • Bitcoin 2.0のフレームワーク Ethereum
  • 14. Bitcoinの技術的イノベーションと投機話で世界中で話題に !
  • 15. 権威者無しの通貨! 国家を超えて簡単決済! スゴイ!!!
  • 16. 権威者無しの通貨! 国家を超えて簡単決済! スゴイ!!! ちょっと待った!
  • 17. ひょっとして 権威者無しのP2Pネットワークで一意な取引 記録できるシステムだけでもの凄いイノベー ションなんじゃないの???
  • 18. BitcoinのTechnologyを 通貨以外の物に適用しよう! Bitcoin2.0
  • 19. コンピュータ上のtransactionシステムを活用しよ うというアイデアはかなり古くから存在 Smart Contract
  • 20. Smart Property 実体のあるデバイスの所有権を BlockChain technologyを用いてコ ントロールするコンセプト smart contract の一種 https://en.bitcoin.it/wiki/Smart_Property proposed by Nick Szabo in his 1997 paper
  • 21. example: 車のownership identification key メーカが製造時に生成 ダッシュボード等でアクセ ス可能に ownership key 0.00….1BTC 仮にT Coinとする https://en.bitcoin.it/wiki/Smart_Property
  • 22. owner 売りたい 買いたい ①nonce生成して送る (車のデータをくれ!) identification key署名 nonce cars public cert Car’s data 現owner PK 最後にownerが変わった transactionとmarkle branch ②車のデータや、本当に現 ownerかどう か署名付きのデータを貰う ④新しいownership keyを作るK2 ⑤新しいtransaction作って ownerに送 る。 input2があるまで無効 ③支払いを受け取る Key K1を作 る。価格はP ⑥input2が入って、transactionが 認証されれば、ownershipがCoin払 いと共に移動! input1: P Coin output1: P CoinをK1に送る input2: T Coin output2: T CoinをK2に送る ownership key T Coin transaction
  • 23. 今までの契約と何か変わるの??? •自動執行 •信用度の低い相手とも契約可能 “decentralized” や “minimize trust” 等と呼ばれるコンセプトにつながって 行きます
  • 24. Bitcoin2.0 Project Namecoin Colored coins Mastercoin MaidSafe Swarm Ethereum …….. すでにサービスインしている物もある
  • 25. Namecoin Domain Name Registrationは先に名前を取った人の物であり、同 一名称は後から受け付けられない。Domain Nameを持っている人 は買いたい人がいれば売る事ができる。        Blockchain technologyそのもの!
  • 26. Namecoin 基本的には first-to-fileの名前登録データベース http://***.bit という.bitのDomain Nameの登録ができる。 ***.bitを見るためにはadd-onをインストール ICANNの力の及ばない所に存在している!
  • 27. Namecoin 権威の外に存在していることの重要性 mining serverを自主的に提供する人が存在する限り止まらない!
  • 28. Namecoin どうやって実現した? Bitcoinのような専用マイニングサーバーアプリを開発してサー バーを立ち上げた
  • 29. Coloredcoins •デジタルトークンの実現 •ColoredCoins一つが現実で何を表すか(例:株券)を発行者が決める •非常に小さな額のbitcoinを一つのcoloredcoinに •SmartPropertyを実現したものとも言える   詳細を知りたい人は Bitcoin福岡勉強会へ! 山崎先生のColoredcoin プロジェクト進行中
  • 30. Coloredcoins どうやって実現した??? Bitcoin上にメタプロトコル実装
  • 31. Maidsafe, storj 分散型のcloud storage
  • 32. 現状のBitcoin2.0の実現方法 1. 独自のP2P blockchain サーバーネットワークを立ち上げる Namecoinが行ったが大変 2. Bitcoin上にメタプロトコルを作る Coloredcoinが行ったが、SPVができない等欠点あり 3. Bitcoinのスクリプトを利用する (bitcoinの通常のやり取りもscript実行です) 最も簡単に実現できるがスクリプトでできることに制限あり
  • 33. Bitcoinスクリプトの弱点は? •Turing完全性の欠如 ループが無い等 •Value-Blindness 支払い量を細かくコントロールできない •Lack of State 支払いをするか•しないかを選択するのみ •Blockchain-Blindness blockchainの値を参照できない
  • 34. 新たにP2P Blockchainサーバー群を立ち上げれば何でもで きるが非常に難しい BitcoinのスクリプトやBitcoin上のメタプロトコルではできるこ とに制限がある この問題を解決するのが Ethereum!
  • 35. • Bitcoinの特徴 • Bitcoin 2.0とは • Bitcoin 2.0のフレームワーク Ethereum
  • 36. Ethereumとは何か? いきなり結論を書くと
  • 37. Ethereumとは何か? Smart contract & Decentralized Application Platform インターネットの構造を変える 社会の構造を変える
  • 38. Ethereumとは何か? と言っても???となると思いますが、非常に大きなパラダイムシフトにチャレンジする コンセプトなので、これから少しづつ説明していきます。
  • 39. Ethereumとは何か? Technology的には、 Turing完全なプログラミング言語実行できる仮想マシンを Blockchainに組み込んだもの
  • 40. 外部アカウント   秘密鍵コントロール • nonce • Ether balance(Ethereは暗号貨幣) • storage contract アカウント   • nonce • Ether balance • contract code • storage(key/valueストア) message  を送ることができる Ethereum の2種類のアカウント Bitcoinのアカウント みたいなもの ユーザが書いたコードが格納されている messageを受け取って起動する
  • 41. トークンシステム from = msg.sender to = msg.data[0] value = msg.data[1] if contract.storage[from] >= value: contract.storage[from] = contract.storage[from] - value contract.storage[to] = contract.storage[to] + value 少ない行数でsmart propertyを実現
  • 42. その他、実現できることの例 •金融デリバティブ ボラタリティの高い仮想通貨と政府発行通貨とのヘッジ •名前登録システム like Namecoin。評判システムと連動させる等 •誰もが自分のディスクを貸し出す Dropbox的なサービス •多段のmultisig •複数署名エスクロー •参加型クラウドコンピューティング •予測市場 状態を持っていて、Turing完全な言語 でcontractを記述できるため複雑な契 約が実現可能! Smart Contractのプラットフォーム
  • 43. Decentralized Application 誰でも参加したい人が参加してシステムの一部になる    会社や国のようなAuthorityが存在しない(誰のものでもない) このようなアプリケーションが大量に出てくるプラットフォームに 構造がこれまでの物と根本的に異なる。 (bitcoinやBitTorentをイメージ)
  • 44. Decentralized Autonomous Organizations 仮想的なエンティティで、67%以上のメンバー、またはシェ アホルダーがファンドを使ったり、コードを書き換える権利を 持つ
  • 45. CryptoeconomicにおけるIPO cryptcurrencyで予算を集めてサービス開発 サービスに使用するcryptcurrencyを発行 サービスの人気が出ると発行したcryptcurrencyの価値が上がる 予測市場的資金集め -> DAOで開発 -> Cryptoeconomic的IPO 現状の市場のVCスキームと比較してハードルを下げる 色々不明瞭な点はまだ残るが、イノベーションのハードルを下げる
  • 46. Dr.Gavin Wood presentation Web3.0 Swarm = BitTorent like Whisper = P2P messaging Ethereum = contract issue 静的データはSwarmで送り 動的部分はWhisperで Internetを decentralizedな構造に戻す
  • 47. Browser開発で インターネットの構造を 変える 現状はインターネット使用す るために権威への依存を避 けられない 様々なデータを権威に取得 される リアルな世界と同じように人 と人がコミュニケーションす る世界
  • 48. If you must trust, trust people, not orgs! Dr.Gavin Wood
  • 49. 大きな組織のAuthorityで語る 世界から、独立した個人と個人 が話す原始的な村へ
  • 50. 栗元の個人的感想
  • 51. アプリケーションは沢山思いつく 人々が勝手に増殖させていく P2P mesh網 負担額、メリット、利益等のバランスの取れた インセンティブ設計が重要 市民から発生するイノベーションのハードルを 下げる Make cultureとの親和性 Shareの精神との親和性
  • 52. 気になる点 まだPoC5 (proof of concept5) scalabilityがあるか? 実装のデバッグの大変さ
  • 53. gcc & glibc プロプラエタリからフリーソフトへ linux & git オープンソースでバザール開発 Ethereum Decentralized! Hucker Culture
  • 54. Decentralize! まとめ