Abc2012spring slide
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Like this? Share it with your network

Share

Abc2012spring slide

  • 662 views
Uploaded on

 

  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
    Be the first to like this
No Downloads

Views

Total Views
662
On Slideshare
662
From Embeds
0
Number of Embeds
0

Actions

Shares
Downloads
0
Comments
0
Likes
0

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n

Transcript

  • 1. Android robot とopensource-hardwareandroidの会 福岡支部 栗元憲一
  • 2. 自己紹介フリーランスエンジニア K2-GARAGESoCの開発者 (論理+レイアウト+回路+ソフト)最近は Android + hardware を中心にAndroidの会 福岡支部と神戸支部
  • 3. agendaAndroid ロボット・カーの紹介と構造オープンソースハードウェア
  • 4. movie
  • 5. background約1年前に開発 - ADK発売前robotとIT技術の融合がテーマ栗元一久(ROBO-ONE界の人)と共同開発ロボット本体はクラウド展開の可能性を考えて Android OS
  • 6. 構造 Webcam BeagleBoard-xM Rcb3Camera Arm manipulator UMD-280 servo DC-motor
  • 7. 構造 servo servo servo servo ...... x 13 Wifi serial モータードライバ UMD-280 DC-motor beagleboard-xM serial RCB-3HV UMD-280 DC-motor UMD-280 DC-motor Android2.2 motion Data UMD-280 DC-motor PWMUSB接続 ROBO-ONEの世界 Androidの世界
  • 8. ソフトウェア 画面にmotionJPEGを表示 タッチ操作でWifiにコマンド発行 Javaで開発 タッチ操作でアナログ量送信 Wifi wifiでコマンドを受信してシリアル出力 beagleboard-xM C (NDK)で開発 Android2.2 webcam server (MJPEGstreamer)をUSB接続 android向けにポート C (NDK)で開発
  • 9. 幻の企画 internet越しに 3D printerで servo servo servo servo 操作できるよう ...... デコレーション x 13 に変更 serial DC-motor beagleboard-xM GPIO DC-motor FPGA analog DC-motor Android2.2 chip DC-motorUSB接続 AppInventor等でmotion Data作成し、 androidアプリとして格納 独自ストアで配布
  • 10. Opensource-hardware beagleboard-xM $149!!!・個人で量産品に近いFormFactorのものが作れる・FPGAや, 3Dプリンタも個人で使用できる時代・opensource softwareとの組み合わせで複雑なシステムも
  • 11. 最後に・hardwareを含めたシステムも個人 or 分散イノベーションの時代へ入りつつある (softwareで過去に起きたこと)・hardwareの場合は、複製にコストがかかる。このコストを賄うためのエコシステムが重要になる・コミュニティの果たす役割は大きい   hardware屋さんも、是非コミュニティ参加を!