「納品のない受託開発」にみるソフトウェア受託開発の未来
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

Like this? Share it with your network

Share

「納品のない受託開発」にみるソフトウェア受託開発の未来

on

  • 28,640 views

「E-AGILITY Conference 2011」第2回講演での講演資料。

「E-AGILITY Conference 2011」第2回講演での講演資料。

Statistics

Views

Total Views
28,640
Views on SlideShare
3,060
Embed Views
25,580

Actions

Likes
5
Downloads
43
Comments
0

12 Embeds 25,580

http://d.hatena.ne.jp 19709
http://hotchemi.hateblo.jp 5843
http://webcache.googleusercontent.com 7
http://www.sonicgarden.jp 4
http://www.weblysts.com 4
http://kuranuki.sonicgarden.jp 4
https://www.google.co.jp 3
http://s.deeeki.com 2
http://hatebutv.com 1
http://clipboard.com 1
http://5189236839766293341_f8662ae16e1426fc7d1116110cde21776ce4b421.blogspot.com 1
http://www.google.com 1
More...

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

「納品のない受託開発」にみるソフトウェア受託開発の未来 Presentation Transcript

  • 1. #e_agility E-AGILITY Conference 2011 「納品のない受託開発」にみる ソフトウェア受託開発の未来 〜~IT投資に対するソフトウェアの価値を 最⼤大化できるビジネスモデルとは〜~  倉 貫 義 人 http://kuranuki.sonicgarden.jp kuranuki
  • 2. 「納品しない受託開発」にみるソフトウェア受託開発の未来  イントロダクション:自己紹介 http://www.sonicgarden.jp/
  • 3. 自己紹介 • 倉貫 義人 Yoshihito Kuranuki • 株式会社ソニックガーデン 代表取締役社長 • 昭和49年生まれ 37歳 京都府出身 • Twitter: @kuranuki • ブログ: http://kuranuki.sonicgarden.jp http://www.sonicgarden.jp/
  • 4. これまでのキャリア 2011年年MBOによる株式会社ソニックガーデン設⽴立立  2009年年TIS社内ベンチャーとしてSonicGarden⽴立立ち上げ   2008年年SKIPオープンソース化   2005年年Rubyで社内SNS:SKIP開発  2004年年ADC2004受賞  &  書籍執筆  &  ⽇日本XPユーザグループ代表就任   2003年年TISにて基盤技術センター⽴立立ち上げ   1999年年⽴立立命館⼤大学院卒業  &  TIS(旧:東洋情報システム)⼊入社   http://www.sonicgarden.jp/
  • 5. 学生時代   学⽣生ベンチャーで働きプログラミングの腕を磨く    研究室の仲間でフリーソフトを開発    インターネットとの出会い   http://www.sonicgarden.jp/
  • 6. 現場エンジニアの時代   ⼊入社年年度度に経営⽅方針の転換    デスマーチプロジェクトに参加    プログラマとして挫折    XP/アジャイルとの出会い   http://www.sonicgarden.jp/
  • 7. きっかけは社外との交流   アジャイルをするのに社内に賛同者ゼロ    社外の勉強会やコミュニティに参加    ⾃自分の脳のブレーキを壊す⼈人との出会い    ⾃自分からの情報発信が更更なる出会いを産む   http://www.sonicgarden.jp/
  • 8. エンジニアからマネージャへ   直属の先輩でありリーダーの退職    マネジメント経験ゼロ、お⾦金金も⼈人付き合いも苦⼿手    アジャイル開発が教科書    逆転の発想で乗り切切る   http://www.sonicgarden.jp/
  • 9. 社会人としての転機   2005年年秋、チームの解散、サラリーマンの宿命    マネージャ挫折、転職を決意    好きなことを好きなだけ      やってから辞めよう    マネージャからプログラマへ      JavaからRubyへ      受託から社内システムへ   http://www.sonicgarden.jp/
  • 10. ディフェンシブな開発  アジャイルは悪くないが、ビジネスモデルが問題   あらかじめ決まった⾦金金額と要件の中で納品と検収を⽬目指す     利利益を出すためにはリスクを取らずに「守り」に⼊入る   価値を産むシステムを作ること  <  要件通りに作ること http://www.sonicgarden.jp/
  • 11. ディフェンシブな開発がもたらす問題   SIビジネスの本質は保険屋  お金さえ出せば赤字だろうと最後まで責任を持ってくれる  リスクの丸抱えをするだけの企業体力のみが優位性  技術者からみたSIビジネス  「人月による見積もり」ながら「成果物の完成責任」を負う  プログラマの生産性が上がれば上がるほど売上が下がる http://www.sonicgarden.jp/
  • 12. 社内システムにアジャイルを   社内システムの開発に従事  社内SNS:SKIPの開発と運用  内製でのアジャイル開発の効果を実感  社内の評価も上々 http://www.sonicgarden.jp/
  • 13. 第2の契機   2007年年春、部下の異異動、サラリーマンの宿命    解散に対する危機感、再び    SKIPのオープンソース化    SKIPを使った事業の⽴立立ち上げ   http://www.sonicgarden.jp/
  • 14. オープンソースから社内ベンチャーまで   2007年年12⽉月にオープンソース化の決裁通過    2008年年4⽉月にTISが経営統合、そして社⻑⾧長交替    2008年年6⽉月にオープンソース化、新社⻑⾧長と対決    2008年年11⽉月に事業開始、2009年年に設⽴立立   http://www.sonicgarden.jp/
  • 15. クラウドのソフトウェア提供 Share minds in your room. 【企業内のネットワーキング】 【グループでの情報共有】企業内での社員の人脈形成、自発 企業をまたぐプロジェクトや、小規的な情報発信を促し、ナレッジの共 模な組織での効率的な情報の共有有を実現します。 を実現します。 http://www.skipaas.jp http://www.youroom.in http://www.sonicgarden.jp/
  • 16. ビジネス領域 利利⽤用   特殊   汎⽤用   所有   http://www.sonicgarden.jp/
  • 17. 「Point of Sales」から「Point of Use」へ Point of Sales Point of Use 買った時点が最高で、そこ 常に使っている時点で最高、 から陳腐化が始まるもの 最新のものを利用できる q q 利用中が最高品質 買った時点が最高品質 (常にアップグレード) 利用 すぐに利用開始 償却 構築 t t 製造業 サービス業 http://www.sonicgarden.jp/
  • 18. 「納品しない受託開発」にみるソフトウェア受託開発の未来  ソフトウェアパートナーシップモデル http://www.sonicgarden.jp/
  • 19. 「ディフェンシブな開発」から脱却を   IT投資のコストパフォーマンスの悪さ  1)ベンダの見積りにおける過重なバッファ  2)開発と運用で別の業者を利用していること  3)最大時を想定したハードウェアを購入していること  「一括での発注・請負」が原因 → 仮説「納品しない」  納品するとなると、要件定義が必要で、見積が必要になる  要件定義しても、思ったものは出来ないし、変更できない  見積も多重にバッファを積んでいくことで、無駄に高くなる http://www.sonicgarden.jp/
  • 20. SonicGardenのピボット 利利⽤用   特殊   汎⽤用   所有   http://www.sonicgarden.jp/
  • 21. ソフトウェアパートナーシップモデル   「オーダーメイドの受託」と「納品しないこと」の両立  金額を見積もりから分離するには「定額モデル」を採用  月額定額の中で出来る範囲の開発と運用をしていく  顧問弁護士や顧問税理士のようなビジネスに近い  ライフサイクルすべてを受け持つ内製部隊のスタイル  目指したい姿は、 リスクを理解したお客様と直接プログラマが対話をし、 お客様のためにオーダーメイドで 価値を産み続けるソフトウェアを作るスタイル http://www.sonicgarden.jp/
  • 22. サービス型の受託開発とは クラウドで使えるソフトウェアの  開発および運⽤用を   メリット③ ⽉月額定額で   いつでも要求を変更すチームを固定して提供   ることができます。 メリット① いつでも動くサービスで 仕様確認ができます。 メリット④ メリット② いつでも作り手と直接 いつでも顧客の立場に に対話できます。 たった提案をします。 http://www.sonicgarden.jp/
  • 23. サービス型の受託開発での事例   事例例1:データ販売サイト     ⼤大量量データの管理理が必要     1ヶ⽉月でサービスイン     C/O後約4ヶ⽉月で延べ127社が利利⽤用     バージョンアップを頻繁に実施     4ヶ⽉月で31個の機能を追加    事例例2:ドキュメント配信     全世界の⽀支店で利利⽤用される資料料を配布     利利⽤用したい機能の全貌と、ユーザからのフィードバックが不不明だった    事例例3:ウェブサイトホスティング企業     複数のサービスを次々と開発:都度度⾒見見積だとコスト⾼高     プロダクトオーナーを専任し、次々と開発を実施   http://www.sonicgarden.jp/
  • 24. 新たなニーズの発見   初期のユーザを獲得するため早期に市場に出したい(スピード重視)   開始後に出るニーズや得た経験を反映していきたい(フィードバック)   事業開始時にかかる初期投資額はなるべく下げたい(スモールスタート)   事業が軌道に乗るに従いKPIに応じた拡大をしたい(スケールアウト) 汎用的 自社専用 (多機能) (オーダーメイド) 情シス パッケージ SIerによるシステム構築 (社員利用) オンプレミス (社内システムとの連携等) 事業部門 パッケージ <新たなニーズ> (顧客主体) オンプレミス SIerからすると非効率な領域 → SaaS (小規模で特殊) 手組み2.0の領域 http://www.sonicgarden.jp/
  • 25. サービス型の受託開発の概要 サービスの特徴     スモールスタート&スケールアウト(初期投資不不要、状況に応じたスケールアップ)       トライ&エラーへの柔軟な対応(いつでもバージョンアップ、機能要望の変更更が可能)  こんな⽅方にお勧めです      ⾃自社でウェブサービスを新規事業で⽴立立ち上げようとしている        開発だけでなく、サービスの運⽤用までできるパートナーを探している      ⽤用途がニッチなので、SaaS/パッケージ製品では機能が多すぎる  業務内容     サービス仕様の検討/設計(SaaS提供ノウハウをもとにしたコンサルティング含む)     サービスの開発/運⽤用(クラウドでのサービスイン、継続開発/バージョンアップ/障害対応)  価格     ⽉月額固定費によるサービス利利⽤用料料で請求   AWS利利⽤用に関する運⽤用実費(弊社⼿手数料料含む)は別途かかります   ⾒見見積による⼀一括請負からの納品型の取引ではありません   http://www.sonicgarden.jp/
  • 26. サービス型の受託開発のプロセス 体制および役割分担     発注側のプロダクトオーナー(1名)は仕様に関する決定権をもつ   弊社はメインプログラマ(1名)とサポートプログラマ(1名)で開発します   進⾏行行や契約に関するサポートは、営業担当がファシリテーターを⾏行行います  活⽤用するツール(クラウドしか利利⽤用しません)     タスク管理理: Pivotal Tracker   情報共有・連絡: youRoom   打ち合わせ: Skype   ステージング環境: Heroku   本番環境: AWS  プロセス     キックオフミーティングにて仕様の確認と顔合わせ実施   週に1度度のSkypeでのオンラインミーティングで進捗確認   ステージング環境上で常に動く状態のソフトウェアで動作確認を実施   http://www.sonicgarden.jp/
  • 27. 「Point of Sales」から「Point of Use」へ Point of Sales Point of Use 買った時点が最高で、そこ 常に使っている時点で最高、 から陳腐化が始まるもの 最新のものを利用できる q q 利用中が最高品質 買った時点が最高品質 (常にアップグレード) 利用 すぐに利用開始 償却 構築 t t 製造業 サービス業 http://www.sonicgarden.jp/
  • 28. 「Point of Use」で大事なこと http://www.sonicgarden.jp/
  • 29. パラダイムシフト   バグをなるべく出さないようにする →バグが出てもすぐに直せるようにする  サーバは落ちないようにする →落ちてもすぐに復旧できるようにする  データ変更ないように設計する →データ変更しても対応できるようにする  ビジネスのプランを重視する →ユーザの反応を見ながら製品を変えていく http://www.sonicgarden.jp/
  • 30. サービス型の受託開発を支える技術 ARC  「DRY(Don‘t Repeat Yourself)」 「CoC(Convention over Configuration)」 http://www.sonicgarden.jp/
  • 31. ソフトウェアビジネスの分類 開発受託を⾏行行いますが、⼈人⽉月による⾒見見積の納品型の受託は⾏行行いません。 SonicGardenのビジネスモデルは、    納品しない受託開発(サービス型の受託開発)です。   利利⽤用   特殊   汎⽤用   所有   http://www.sonicgarden.jp/
  • 32. 「納品しない受託開発」にみるソフトウェア受託開発の未来  私の考えるソフトウェア企業のビジョン http://www.sonicgarden.jp/
  • 33. 会社概要   「IT投資に対するソフトウェアの価値を最⼤大化すること」と 「習慣を変えることのできるソフトウェアをつくること」   に取り組んでいるソフトウェア企業が  SonicGarden  です。   アジャイル  と  Ruby  によるソフトウェア開発を得意とし、 クラウド  で動作するアプリケーション開発を⾏行行います。 AmazonWebServiceのソリューションプロバイダです。  【事業内容】   1.  オリジナルブランドのソフトウェアの提供   2.  クラウドで動くウェブアプリケーションの開発受託   3.  コンサルティングおよび、講演・執筆など  くわしくは   http://www.sonicgarden.jp/
  • 34. SonicGardenのビジョン   顧客企業の真のパートナーとして 価値を提供し続ける  プログラマを一生の仕事にする、 高みを目指し続ける  いつまでも、いつからでも 夢に挑戦できる社会にする http://www.sonicgarden.jp/
  • 35. SonicGardenのもう一つのモデル スタートアップ   プラットフォーム   モデル   http://www.sonicgarden.jp/
  • 36. そもそも新しいビジネスは難しい   http://www.sonicgarden.jp/
  • 37. 経験値はどこにいくのか?   http://www.sonicgarden.jp/
  • 38. ⽇日本における起業のイメージ   http://www.sonicgarden.jp/
  • 39. 起業リスクをマネジメントする   http://www.sonicgarden.jp/
  • 40. ウェブで必要なコストは何か?   http://www.sonicgarden.jp/
  • 41. ホールインワンを⽬目指すのか?   http://www.sonicgarden.jp/
  • 42. スタートアップは  まだ産業ではない   http://www.sonicgarden.jp/
  • 43. 経験と学びの時間が⾜足りない   http://www.sonicgarden.jp/
  • 44. いつまでも、いつからでも  夢に挑戦できる社会にする   http://www.sonicgarden.jp/
  • 45. SonicGardenのビジョン   顧客企業の真のパートナーとして 価値を提供し続ける  プログラマを一生の仕事にする、 高みを目指し続ける  いつまでも、いつからでも 夢に挑戦できる社会にする http://www.sonicgarden.jp/
  • 46. SonicGardenのアーキテクチャ スタートアップチーム   クラウドサービスファーム   ⾃自社サービス   特定顧客向け  アーティストやスポー 財務・経理理・法務・ツ選⼿手のように扱う   広報もサポート   マネージャというよ りファシリテータ  スタートアップ ソフトウェアプラットフォーム パートナーシップ モデル モデル マネジメントチーム   http://www.sonicgarden.jp/
  • 47. プログラマをスターにしたい   属人性の幻想  プログラマは、マニュアル化のできないナレッジワーカー  ナレッジワーカーの働きかたはノマドでタイムフリー  マネジメントできないナレッジワーカーに大企業は不要  人を信頼する  出来る量で嘘をつかないという「信頼」が重要  ソーシャルメディアによる「信頼」と「共感」の世界  個人の顔が見える範囲の会社で十分 http://www.sonicgarden.jp/
  • 48. ありがとうございました 一緒にソフトウェアパートナーシップモデルを 考えていきませんか? お問い合わせ: kuranuki@sonicgarden.jp http://www.sonicgarden.jp/