キーワードで探る最新開発事情~変化する市場に対応するための高速で無駄のないソフトウェア開発とは~

3,976 views

Published on

インターネットが当たり前になった今、市場の動きにあわせてソフトウェアを進化させていくことは、これからのビジネスにおける重点課題といってもいいでしょう。本講演では、めまぐるしく変化する市場に対応できるソフトウェアを提供するために、アジャイル、クラウド、リーンスタートアップなどのエッセンスを取り入れた高速で無駄のないソフトウェア開発について紹介します。

Published in: Business
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
3,976
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2,861
Actions
Shares
0
Downloads
17
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

キーワードで探る最新開発事情~変化する市場に対応するための高速で無駄のないソフトウェア開発とは~

  1. 1. キーワードで探る最新開発事情 〜~変化する市場に対応するための⾼高速で無駄のないソフトウェア開発とは〜~ http://kuranuki.sonicgarden.jp @kuranuki 倉貫義⼈人 ⽇日経BPセミナー  開発⽀支援ソリューションセミナー #sonicgarden
  2. 2. http://www.sonicgarden.jp/ 自己紹介 倉貫  義⼈人  Yoshihito  Kuranuki 昭和49年年⽣生まれ  39歳  京都府出⾝身 株式会社ソニックガーデン  代表取締役社⻑⾧長 Twitter:  @kuranuki ブログ:  Social  Change!      http://kuranuki.sonicgarden.jp 「⼼心はプログラマ、仕事は経営者」
  3. 3. http://www.sonicgarden.jp/ 2011年年MBOによる株式会社ソニックガーデン設⽴立立 2003年年TISにて基盤技術センター⽴立立ち上げ 2005年年Rubyで社内SNS:SKIPの開発 2009年年社内ベンチャーとしてSonicGarden⽴立立ち上げ 2008年年SKIPオープンソース化 1999年年⽴立立命館⼤大学院卒業  TIS(旧:東洋情報システム)⼊入社 2004年年ADC2004受賞    ⽇日本XPユーザグループ代表就任 これまでのキャリア
  4. 4. http://www.sonicgarden.jp/ 「納品のない受託開発」「リーンスタートアップ」で注目 ⽇日経ビジネス・⽇日経情報ストラテジー ⽇日経SYSTEMS・⽇日経コンピュータ ⽇日本情報産業新聞  など多数
  5. 5. http://www.sonicgarden.jp/ 「⾃自社企画のサービス」 と 「納品のない受託開発」
  6. 6. http://www.sonicgarden.jp/ 大企業向けのサービス「SKIP」と「youRoom」
  7. 7. http://www.sonicgarden.jp/ スタートアップ向けのCTO提供「納品のない受託開発」
  8. 8. http://www.sonicgarden.jp/ ⾼高速で無駄のないソフトウェア開発
  9. 9. http://www.sonicgarden.jp/ 100%アジャイル開発 (受託開発も⾃自社開発もアジャイルで開発)
  10. 10. DRY Don’t Repeat Yourself. 保守性 高い生産性を維持継続
  11. 11. 仮想化 Infrastructure / Platform as a Service スモールスタート & スケールアウト
  12. 12. http://www.sonicgarden.jp/ リーンスタートアップ leanstartup
  13. 13. http://www.sonicgarden.jp/ ソフトウェアをとりまく環境 キーワードで探る最新開発事情
  14. 14. http://www.sonicgarden.jp/ 市場 事業 IT 要件 設計 実装 テスト 市場分析 依頼/発注 納品 リリース 半年〜 これまでに考えられていたITとマーケット
  15. 15. http://www.sonicgarden.jp/ 今起きている問題=要求の劣化 15 Standish group study report in 2000 chaos report システムの機能の利用度 全く使われない 45%ほとんど使われな い 19% たまに使う 16% いつも使う 7% よく使う 13%
  16. 16. http://www.sonicgarden.jp/ 新しいソフトウェアの利用シーン 内部システム 事業システム 利利⽤用者 社員 お客様・社外 場⾯面 基幹業務 マーケティング 提供部⾨門 情報システム部⾨門 事業部⾨門 ⽬目的 コスト削減 汎⽤用的に解決可能 売上アップ 本業への付加価値
  17. 17. http://www.sonicgarden.jp/ 新たなニーズの発見 スピード重視 初期ユーザを獲得するため 早期に市場に出したい フィードバック 開始後に出るニーズや得た 経験を反映していきたい スモールスタート 事業初期にかかる初期投資 額はなるべく下げたい スケールアウト 事業が軌道に乗るに従いKPI に応じた拡⼤大をしたい 要件が不不確定で⼩小規模なため、これまでの開発は⾮非効率率率 マーケティングのためのソフトウェア開発の特徴
  18. 18. http://www.sonicgarden.jp/ 「Point of Sales」から「Point of Use」へ t t 買った時点が最⾼高品質 Point of Sales Point of Use 構築 償却 利利⽤用 すぐに利利⽤用開始 利利⽤用中が最⾼高品質 (常にアップグレード) q q 買った時点が最⾼高で、そこ から陳腐化が始まるもの 常に使っている時点で最⾼高、 最新のものを利利⽤用できる 製造業 サービス業
  19. 19. http://www.sonicgarden.jp/ 市場 事業 IT 〜半年 これから求められるITとマーケットの関係 サービス フィードバック
  20. 20. http://www.sonicgarden.jp/ ソフトウェアの価値とは? キーワードで探る最新開発事情
  21. 21. http://www.sonicgarden.jp/ よくある開発の落とし穴 1.  いつまでも完成しない 2.  完成しても誰も使わない 3.  直したくても改修できない
  22. 22. http://www.sonicgarden.jp/ ソフトウェア開発のパラメータ(変数) •  スコープ •  期限 •  リソース(コスト)
  23. 23. http://www.sonicgarden.jp/ ソフトウェアの価値が産まれるのはいつからか? t ソフトウェアは動いただけで は価値は、まだマイナス 損益分岐点 売上開始点 売上 変動費 固定費
  24. 24. http://www.sonicgarden.jp/ 「品質」とはなにか? n  「誰が顧客なのかがわからなければ、何が品質なのかも わからない。」(リーンスタートアップより) n  そのテストの⽬目的はなにか?何を売っているのか? プログラム の正しさ 仕様の正しさ ビジネスの正しさ
  25. 25. http://www.sonicgarden.jp/ 「Point of Sales」から「Point of Use」へ t t 買った時点が最⾼高品質 Point of Sales Point of Use 構築 償却 利利⽤用 すぐに利利⽤用開始 利利⽤用中が最⾼高品質 (常にアップグレード) q q 買った時点が最⾼高で、そこ から陳腐化が始まるもの 常に使っている時点で最⾼高、 最新のものを利利⽤用できる 製造業 サービス業
  26. 26. http://www.sonicgarden.jp/ 「Point of Use」で大事なこと 継続性  …  ビジネスを               継続していけること 保守性  …  ビジネスの               変化に追随すること 「 完 成 」 か ら 「 持 続 」 へ  
  27. 27. http://www.sonicgarden.jp/ 「完成」から「持続」へ キーワードで探る最新開発事情
  28. 28. http://www.sonicgarden.jp/ 「完成指向」から「持続可能」へのパラダイムシフト n  バグをなるべく出さないようにする →  バグが出てもすぐに直せるようにする n  サーバは落落ちないようにする →  落落ちてもすぐに復復旧できるようにする n  ビジネスのプランを重視する →  ユーザからのフィードバックを重視する n  属⼈人性を排除し⼈人数を沢⼭山増やす →  ⼈人数の⼩小さなチームでの効率率率を追求する
  29. 29. http://www.sonicgarden.jp/ 「バグが出てもすぐに直せるようにする」ためには? コードレビュー リファクタリング テストコード フレームワークの統⼀一 継続的リリース コードの共同所有 プラットフォームの統⼀一 ペアオペレーション
  30. 30. http://www.sonicgarden.jp/ ツールとプロセス プロダクトオーナー ①ユーザストー リーを登録 ②見積もり後 に作業開始 ③普段の対話 プログラマ エンドユーザ ④ソース共有 ⑤週1の会議 ⑥継続デプロイ ⑦いつでも確認 ⑧リリース ⑨利用 記載の社名・製品名・ロゴは各社の商標または登録商標です。
  31. 31. http://www.sonicgarden.jp/ 役割分担と求められるエンジニア像 ビジネス オーナー プロダクト オーナー フルスタック エンジニア ソフトウェアがどう動けば 正しいかに責任をもつ ソフトウェアが動く状態 にすることに責任をもつ 事業に責任をもつ
  32. 32. http://www.sonicgarden.jp/ 効率的な運用プロセス n  技術要素の統⼀一 u AWS  /  Heroku  /  Ruby  on  Rails u OS  /  ディストロ  /  AMI n  徹底的な⾃自動化 u セットアップ・監視 u バックアップ・リカバリー n  スタッフの兼務 u DevOps・エンジニアリングの全てを担当 航空業界 LCC(ローコストキャリア)的発想
  33. 33. http://www.sonicgarden.jp/ 開発の無駄をなくすためには? •  単位を⼩小さくすること •  優先順位を決めること •  なるべく作らないこと
  34. 34. http://www.sonicgarden.jp/ ⾼高速で無駄のない開発のキモ キーワードで探る最新開発事情
  35. 35. http://www.sonicgarden.jp/ アジャイル開発の効果 •  リスクを初期に下げる。 •  可視性を常に⾼高く保つ。 •  変化コストを⼀一定に保つ。 リスク 可視性 変更更コスト アジャイル開発 昔ながらの開発
  36. 36. http://www.sonicgarden.jp/ アジャイル開発のプロセス 36 n  短いサイクルで、分析、設計、実装、テストを 並列列に⾏行行う n  タイムボックス型、進化型開発 分析 設計 実装 テスト 時間 時間 要求(スコープ) 要求(スコープ)Waterfall Agile Beck 2000Royce 1970
  37. 37. http://www.sonicgarden.jp/ 反復・漸進開発=Agile 37 機能A 機能B 機能C 開発 サービス 開発 サービス サービス 開発 時間軸: 2週間~半年単位のリリースを繰り返す 機 能 軸    重 要 機 能 積 上 R1 R2 R3 反復(Iterative) 漸 進 (Incremental) なんのために繰り返すのか?
  38. 38. http://www.sonicgarden.jp/ 無駄のない開発 「やってはいけないことを素晴ら しい効率率率で⾏行行うことほど無駄なこ とはない」ドラッカー 設計におけるもっとも重要なこ とは何か?
  39. 39. http://www.sonicgarden.jp/ 「構築」→「計測」→「学習」 (リーンスタートアップより) アイデア コードデータ 構築 計測 学習 なぜ、何のために作るのか?
  40. 40. http://www.sonicgarden.jp/ 本当の生産性を高めるには? 機能やソースコードは資産では ない。負債である。 作らなければコストはかからない。 作らなければ不不具合もおきない。
  41. 41. http://www.sonicgarden.jp/ これからのソフトウェア開発 キーワードで探る最新開発事情
  42. 42. http://www.sonicgarden.jp/ これから生き残るソフトウェア開発とは何か 絶滅していく n 要件と納期が確定しており変化しない n 短期的に⼀一度度に開発してリリースしてしまいたい n 「ソフトウェアの完成」を⽬目指すプロジェクトである ⽣生き残っていく n 要件の予測が困難で⽇日々変化していく n ⻑⾧長期的に開発を続けてサービスを育てていきたい n 「ビジネスの成⻑⾧長」を⽬目指すプロジェクトである 顧客が本当に得たいビジネス価値は何か?
  43. 43. http://www.sonicgarden.jp/ ⼀一括請負=ディフェンシブな開発 < システムで価 値を産むこと 要件通りに 作ること
  44. 44. http://www.sonicgarden.jp/ 「ディフェンシブな開発」がもたらす問題 n  SIビジネスの本質は保険屋 u お⾦金金さえ出せば⾚赤字だろうと最後まで責任を持ってくれる u リスクの丸抱えをするだけの企業体⼒力力のみが優位性になる n  技術者からみたSIビジネス u 「⼈人⽉月による⾒見見積もり」と「成果物の完成責任」の捻捻れ? u プログラマの⽣生産性が上がれば上がるほど売上が下がる?
  45. 45. http://www.sonicgarden.jp/ 「ディフェンシブな開発」から脱却を n  IT投資のコストパフォーマンスの悪さ u 1)ベンダの⾒見見積りにおける過重なバッファ u 2)開発と運⽤用で別の業者を利利⽤用していること u 3)最⼤大時を想定したハードウェアを購⼊入していること
  46. 46. http://www.sonicgarden.jp/ 問題の根源はなにか? 「 完 成 」 と 「 納 品 」 が 問 題 な の で は ?  
  47. 47. http://www.sonicgarden.jp/ ビジネスモデルにイノベーションを 「オーダーメイド」「納品しない」「派遣しない」 「時間を約束しない」「要件を定義しない」 「⽉月額定額」「顧問CTO」「継続型契約」
  48. 48. http://www.sonicgarden.jp/ 納品のない受託開発の特徴 クラウドで使えるソフトウェアの 開発および運⽤用を ⽉月額定額で メンバーを固定して提供 いつでも動くサービス で仕様確認ができます。 いつでも作り⼿手と直接 に対話できます。 いつでも要求を変更更す ることができます。 いつでも顧客の⽴立立場に たった提案をします。 メリット④ メリット① メリット③ 繰り返す リリース メリット②
  49. 49. http://www.sonicgarden.jp/ 市場環境の変化
  50. 50. http://www.sonicgarden.jp/ IT業界の”産業⾰革命”が起きる!
  51. 51. http://www.sonicgarden.jp/ ビジネスモデルにイノベーションを
  52. 52. http://www.sonicgarden.jp/ ありがとうございました kuranuki@sonicgarden.jp 続きはブログで… http://kuranuki.sonicgarden.jp お問い合わせ 倉貫 ブログ 検索

×