Social Change 〜 ソフトウェア開発者が経営者になるまでと、これからの戦略

6,364 views
6,274 views

Published on

DevLove2012の倉貫講演資料。

Published in: Business
0 Comments
28 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
6,364
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2,559
Actions
Shares
0
Downloads
63
Comments
0
Likes
28
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Social Change 〜 ソフトウェア開発者が経営者になるまでと、これからの戦略

  1. 1. #devlove2012a DevLove2012   Social  Change ソフトウェア開発者が 経営者になるまでと、 これからの戦略略  倉 貫 義 ⼈人   http://kuranuki.sonicgarden.jp @kuranuki
  2. 2. Social Change - ソフトウェア開発者が経営者になるまでと、これからの戦略  はじめに:自己紹介 http://www.sonicgarden.jp/
  3. 3. 自己紹介 倉貫  義⼈人  Yoshihito  Kuranuki   昭和49年年⽣生まれ  38歳  京都府出⾝身   株式会社ソニックガーデン  代表取締役社⻑⾧長   Twitter:  @kuranuki   ブログ:  Social  Change!        http://kuranuki.sonicgarden.jp   「⼼心はプログラマ、仕事は経営者」   http://www.sonicgarden.jp/
  4. 4. 日経BP社さんにはお世話になってます ⽇日 経 ビ ジ ネ ス  ⽇日 経 S Y S T E M S  ⽇日経コンピュータ   http://www.sonicgarden.jp/
  5. 5. テレビ東京系列「ワールドビジネスサテライト」に出演! 「エンジニアのための    リーンスタートアップ⼊入⾨門」連載   http://www.sonicgarden.jp/
  6. 6. サービスと導入先 Share minds in your room. http://www.sonicgarden.jp/
  7. 7. 「IT投資に対するソフトウェアの価値を最⼤大化すること」  「習慣を変えることのできるソフトウェアをつくること」   に取り組んでいるソフトウェア企業が  SonicGarden  です。   アジャイル Ruby クラウド 【事業内容】   1.  オリジナルのソフトウェアの提供   2.  ウェブアプリケーションの受託開発   くわしくは   http://www.sonicgarden.jp/
  8. 8. アジャイルソフトウェア開発宣⾔言  私たちは、ソフトウェア開発の実践あるいは実践を⼿手助けをする活動を通じて、よりよい開発⽅方法を⾒見見つけだそうとしている。この活動を通して、私たちは以下の価値に⾄至った。   プロセスやツールよりも   包括的なドキュメントよりも   個⼈人と対話を、   動くソフトウェアを、   契約交渉よりも   計画に従うことよりも   顧客との協調を、   変化への対応を、   価値とする。すなわち、左記のことがらに価値があることを   認めながらも、私たちは右記のことがらにより価値をおく。   http://www.sonicgarden.jp/
  9. 9. DRY 保守性 高い生産性を維持継続 Don’t Repeat Yourself.
  10. 10. スモールスタート   仮想化 &  Infrastructure / Platform as a Service スケールアウト  
  11. 11. ソニックガーデンのビジネス領域 特定顧客向け   不不特定多数   オーダーメイド   ⾃自社プロデュース   利利⽤用   クラウド  サービス   納品のない受託開発   特殊   汎⽤用    オンプレミス製造納品   システムインテグレータ   所有   パッケージベンダー   http://www.sonicgarden.jp/
  12. 12. ソニックガーデンで開発しているソフトウェアの特徴 「所有」から「 利利 ⽤用 」 へ    「完成」から「 持 続 」 へ     http://www.sonicgarden.jp/
  13. 13. ソニックガーデンでは、⾃自社企画も受託開発も、   「ソフトウェアそのもの」を売るのではなく、  「ソフトウェアが使えること」を売っています  
  14. 14. Social Change - ソフトウェア開発者が経営者になるまでと、これからの戦略  これまで経験した変化 http://www.sonicgarden.jp/
  15. 15. 戦 略略 と は 何 か  
  16. 16. これまでのキャリア 2011年年MBOによる株式会社ソニックガーデン設⽴立立  2009年年TIS社内ベンチャーとしてSonicGarden⽴立立ち上げ   2008年年SKIPオープンソース化   2005年年Rubyで社内SNS:SKIP開発  2004年年ADC2004受賞      書籍執筆  &  ⽇日本XPユーザグループ代表就任   2003年年TISにて基盤技術センター⽴立立ち上げ   1999年年⽴立立命館⼤大学院卒業  &  TIS(旧:東洋情報システム)⼊入社   http://www.sonicgarden.jp/
  17. 17. 学生時代   ベンチャーで働きプログラミングに夢中に    研究室の仲間たちとフリーソフトを開発    インターネットで世界と繋がることを実感   http://www.sonicgarden.jp/
  18. 18. 現場エンジニアの時代   ⼊入社年年度度に経営⽅方針の転換    デスマーチプロジェクトに参加    プログラマとして挫折    XP/アジャイルとの出会い   http://www.sonicgarden.jp/
  19. 19. きっかけは社外との交流   アジャイルをするのに社内に賛同者ゼロ    社外の勉強会やコミュニティに参加    ⾃自分の脳のブレーキを壊す⼈人との出会い    ⾃自分からの情報発信が更更なる出会いを産む   http://www.sonicgarden.jp/
  20. 20. エンジニアからマネージャへ   直属の先輩でありリーダーの退職    マネジメント経験ゼロ、お⾦金金も⼈人付き合いも苦⼿手    アジャイル開発が教科書    逆転の発想で乗り切切る   http://www.sonicgarden.jp/
  21. 21. ガラパゴスなキャリア戦略略   ⾃自分を取り巻く環境も⾃自分の価値   ⾃自分にしか出来ない価値を⾒見見つける   正々堂々と社外活動をする   http://www.sonicgarden.jp/
  22. 22. 社会人としての転機   2005年年秋、チームの解散、サラリーマンの宿命    マネージャ挫折、転職を決意    好きなことを好きなだけ      やってから辞めよう    マネージャからプログラマへ      JavaからRubyへ      受託から社内システムへ   http://www.sonicgarden.jp/
  23. 23. ディフェンシブな開発  アジャイルは悪くないが、ビジネスモデルが問題   予め決まった⾦金金額と要件の中で納品と検収を⽬目指す   利利益を出すにはリスクを取らずに「守り」に⼊入る  システムで価値を産むこと  <  要件通りに作ること   http://www.sonicgarden.jp/
  24. 24. ディフェンシブな開発がもたらす問題   SIビジネスの本質は保険屋    お⾦金金さえ出せば⾚赤字だろうと最後まで責任を持ってくれる    リスクの丸抱えをするだけの企業体⼒力力のみが優位性になる    技術者からみたSIビジネス    「⼈人⽉月による⾒見見積もり」と「成果物の完成責任」の捻捻れ?    プログラマの⽣生産性が上がれば上がるほど売上が下がる?   http://www.sonicgarden.jp/
  25. 25. ジョブチェンジ   捨てたもの  Java  マネジメント  SIerの受託開発  社内での出世 http://www.sonicgarden.jp/
  26. 26. 社内システムをアジャイルに   社内システムの開発に従事    社内SNS:SKIPの開発と運⽤用    内製でのアジャイル開発の効果を実感    社内の評価も上々   http://www.sonicgarden.jp/
  27. 27. SKIPの経緯   2005年年11⽉月〜~2⼈人で開発して運⽤用    2006年年7⽉月から公式な活動に    2007年年4⽉月に全社展開   http://www.sonicgarden.jp/
  28. 28. サラリーマンとしての契機   2007年年春、部下の異異動、サラリーマンの宿命    解散に対する危機感、再び    SKIPを使った事業の⽴立立ち上げ    SKIPのオープンソース化   http://www.sonicgarden.jp/
  29. 29. オープンソースから社内ベンチャーまで   2007年年12⽉月にオープンソース化の決裁通過    2008年年4⽉月に会社が経営統合、そして社⻑⾧長交替    2008年年6⽉月にオープンソース化、新社⻑⾧長と対峙    2008年年11⽉月に新規事業開始、2009年年5⽉月に設⽴立立   社長 取締役会 本部長 部長 部門 http://www.sonicgarden.jp/
  30. 30. 会社で新しいことするには?  提案ではなく相談:YES/NOを求めない  肩書きはくだらないけど⼤大切切:ショートカット  トップからの視点と⾔言葉葉を⾝身につける   http://www.sonicgarden.jp/
  31. 31. 会社の中で意識をしてきたこと  現状に疑問をもつこと   常に準備しておくこと   プレゼンスすること   仕事を楽しむこと   新しいことにチャレンジすること   http://www.sonicgarden.jp/
  32. 32. クラウドのソフトウェア提供 Share minds in your room. 【企業内のネットワーキング】 【グループでの情報共有】企業内での社員の人脈形成、自発 企業をまたぐプロジェクトや、小規的な情報発信を促し、ナレッジの共 模な組織での効率的な情報の共有有を実現します。 を実現します。 【絆をつなぐマネジメント】 企業向け営業担当の顧客との関係 性やコンタクト履歴の管理を行うた めの営業支援ツールです。 http://www.sonicgarden.jp/
  33. 33. 多くの企業で使って頂いています http://www.sonicgarden.jp/
  34. 34. ソニックガーデンのビジネス領域 特定顧客向け   不不特定多数   オーダーメイド   ⾃自社プロデュース   利利⽤用   クラウド  サービス   特殊   汎⽤用    オンプレミス製造納品   システムインテグレータ   所有   パッケージベンダー   http://www.sonicgarden.jp/
  35. 35. 「Point of Sales」から「Point of Use」へ Point of Sales Point of Use 買った時点が最⾼高で、そこ 常に使っている時点で最⾼高、 から陳腐化が始まるもの   最新のものを利利⽤用できる  q q 利利⽤用中が最⾼高品質   買った時点が最⾼高品質   (常にアップグレード)   利利⽤用   すぐに利利⽤用開始   償却   構築   t t 製造業   サービス業   http://www.sonicgarden.jp/
  36. 36. http://www.sonicgarden.jp/
  37. 37. 起業を決めたときに考えたこと   リーンソフトウェアビジネス   ライフスタイルカンパニー   http://www.sonicgarden.jp/
  38. 38. 自分戦略についてのふりかえり http://www.sonicgarden.jp/
  39. 39. Social Change - ソフトウェア開発者が経営者になるまでと、これからの戦略  IT業界に産業革命を起こす http://www.sonicgarden.jp/
  40. 40. SonicGardenのビジョン  顧客企業の真のパートナーとして価値を提供し続ける   プログラマを⼀一⽣生の仕事にする、⾼高みを⽬目指し続ける   いつまでも、いつからでも夢に挑戦できる社会にする   http://www.sonicgarden.jp/
  41. 41. 「ディフェンシブな開発」から脱却を   IT投資のコストパフォーマンスの悪さ    1)ベンダの⾒見見積りにおける過重なバッファ    2)開発と運⽤用で別の業者を利利⽤用していること    3)最⼤大時を想定したハードウェアを購⼊入していること   http://www.sonicgarden.jp/
  42. 42. 「 完 成 」 と 「 納 品 」 が 問 題 な の で は ?    
  43. 43. ソフトウェアパートナーシップモデル 「オーダーメイドの受託」と  「納品しないこと」と「派遣しないこと」の両⽴立立   • 「定額モデル」で⾦金金額を⾒見見積もりから分離離する   • ⽉月額定額の中で出来る範囲の開発と運⽤用をする   • 顧問弁護⼠士や税理理⼠士のような顧問ビジネスに近い   • 内製部隊としてライフサイクルすべてを受け持つ   • クラウドを活⽤用してエンジニアの派遣はしない  ⽬目指す姿は、リスクを理理解したお客様と、プログラマが直接対話し、お客様のためにオーダーメイドで、価値を産むソフトウェアを提供するスタイル   http://www.sonicgarden.jp/
  44. 44. サービス型の受託開発とは クラウドで使えるソフトウェアの  開発および運⽤用を   メリット③  ⽉月額定額で   いつでも要求を変更更す ることができます。  チームを固定して提供   メリット①   いつでも動くサービス で仕様確認ができます。   メリット④   メリット②   いつでも作り⼿手と直接 いつでも顧客の⽴立立場に に対話できます。   たった提案をします。   http://www.sonicgarden.jp/
  45. 45. サービス型の受託開発での事例   事例例1:データ販売サイト     ⼤大量量データの管理理が必要     1ヶ⽉月でサービスイン     C/O後約4ヶ⽉月で延べ127社が利利⽤用     バージョンアップを頻繁に実施     4ヶ⽉月で31個の機能を追加    事例例2:ドキュメント配信     全世界の⽀支店で利利⽤用される資料料を配布     利利⽤用したい機能の全貌と、ユーザからのフィードバックが不不明だった    事例例3:ウェブサイトホスティング企業     複数のサービスを次々と開発:都度度⾒見見積だとコスト⾼高     プロダクトオーナーを専任し、次々と開発を実施   http://www.sonicgarden.jp/
  46. 46. 究極のパートナーシップモデル ウェブサイトの読者と作者をつなぐ   新しいコミュニケーションツールです。   株式会社MessageLeafの共同設⽴立立   http://www.sonicgarden.jp/
  47. 47. 新たなニーズの発見 スピード重視   フィードバック   初期のユーザを獲得するた 開始後に出るニーズや得た め早期に市場に出したい   経験を反映していきたい   スモールスタート   スケールアウト   事業開始時にかかる初期投 事業が軌道に乗るに従い 資額はなるべく下げたい   KPIに応じた拡⼤大をしたい  要件が不不確定で⼩小規模なため、⼀一括請負では⾮非効率率率   http://www.sonicgarden.jp/
  48. 48. エンタープライズシステムの分類 内部システム   事業システム   利利⽤用者   社員   お客様・社外   提供部⾨門   情報システム部⾨門   事業部⾨門   コスト削減   売上アップ   ⽬目的   汎⽤用的に解決可能   本業への付加価値          こんな⽅方にお勧めです      ⾃自社の新規事業でウェブサービスを⽴立立ち上げようとしている        開発だけでなく、運⽤用までできるパートナーを探している      ⽤用途がニッチで、SaaS/パッケージ製品では機能が多すぎる   http://www.sonicgarden.jp/
  49. 49. ソニックガーデンのビジネス領域 特定顧客向け   不不特定多数   オーダーメイド   ⾃自社プロデュース   利利⽤用   クラウド  サービス   納品のない受託開発   特殊   汎⽤用    オンプレミス製造納品   システムインテグレータ   所有   パッケージベンダー   http://www.sonicgarden.jp/
  50. 50. ソニックガーデンで開発しているソフトウェアの特徴 「所有」から「 利利 ⽤用 」 へ    「完成」から「 持 続 」 へ     http://www.sonicgarden.jp/
  51. 51. 「完成指向」から「持続可能」へのパラダイムシフト   バグをなるべく出さないようにする        →  バグが出てもすぐに直せるようにする    サーバは落落ちないようにする        →  落落ちてもすぐに復復旧できるようにする    データ変更更ないように設計する        →  データ変更更しても対応できるようにする    ビジネスのプランを重視する        →  ユーザのフィードバックで製品を変える   http://www.sonicgarden.jp/
  52. 52. 「バグが出てもすぐに直せるようにする」ためには? 継続的リリース   コードの共同所有   リファクタリング   テストコード   コードレビュー   ペアオペレーション  フレームワークの統⼀一   プラットフォームの統⼀一   http://www.sonicgarden.jp/
  53. 53. 「品質」とはなにか?   「誰が顧客なのかがわからなければ、何が品質なのかも わからない。」(リーンスタートアップより)    そのテストの⽬目的はなにか?何を売っているのか?   プログラム の正しさ   仕様の正しさ   ビジネスの正しさ   http://www.sonicgarden.jp/
  54. 54. 「Point of Sales」から「Point of Use」へ Point of Sales Point of Use 買った時点が最⾼高で、そこ 常に使っている時点で最⾼高、 から陳腐化が始まるもの   最新のものを利利⽤用できる  q q 利利⽤用中が最⾼高品質   買った時点が最⾼高品質   (常にアップグレード)   利利⽤用   すぐに利利⽤用開始   償却   構築   t t 製造業   サービス業   http://www.sonicgarden.jp/
  55. 55. 「Point of Use」で大事なこと DevOps   継続性   保守性   運⽤用中⼼心プロセス   http://www.sonicgarden.jp/
  56. 56. 役割分担 ビジネスオーナーの役割     ソフトウェアで解決したい問題の設定   ゴールおよびビジョンの設定 ビジネス   企画・マーケティング・プロモーション オーナー (お客様) プロダクトオーナーの役割     ソフトウェアの機能およびUI/UXの設計プロダクト   何を作れば正解か(=仕様)の決定 プログラオーナー マチーム   決定権の混乱を防ぐため1名と限定します(お客様 (弊社) or 弊社) プログラマチームの役割     プロダクトオーナーの設計の⽀支援   プログラミングとクラウドでの運⽤用   メインとサポートの2名体制で対応します ファシリ テーター ファシリテーターの役割   (弊社)   プロジェクト進⾏行行のサポート   契約内容に関するご相談(営業担当) http://www.sonicgarden.jp/
  57. 57. ツールとプロセス プロダクトオーナー エンドユーザ ①ユーザストー ⑦いつでも確認 ⑨利用 リーを登録 ③普段の対話 ⑤週1の会議 ⑧リリース ④ソース共有 ②見積もり後 ⑥継続デプロイ に作業開始 プログラマ記載の社名・製品名・ロゴは各社の商標または登録商標です。 http://www.sonicgarden.jp/
  58. 58. テスト プログラマ   • Capybara プロダクトオーナー   • Cucumber フィーチャー   • RSpec • TDD/BDD ロジック   チケット   • PO受入テスト • ユーザビリティ・UX オペレーション   マーケティング  • パフォーマンス監視 • A/Bテスト• セキュリティチェック • コホート分析 ビジネス   • MVP(Minimum viable Product) • 価値仮説と成長仮説 http://www.sonicgarden.jp/
  59. 59. 運用 航空業界LCC(ローコストキャリア)的発想   技術要素の統⼀一    AWS  /  Heroku    Ruby  on  Rails    徹底的な⾃自動化    セットアップ・監視    バックアップ・リカバリー   http://www.sonicgarden.jp/
  60. 60. 「ソフトウェアを利用する」時代におけるオープンソース   開発の現場におけるオープンソース    「納品」がなければ、オープンソースを使うのは必然    オープンソースを使うことはもはや競争⼒力力にならない     共通基盤・共通財産としてのオープンソース    ライブラリやフレームワークはOSSであることが重要    戦略略上、会社毎の部分最適を⽬目指しても⽣生き残れない  ビジネスとオープンソースが相互に価値を産む時代へ   http://www.sonicgarden.jp/
  61. 61. ソニックガーデンで開発しているソフトウェアの特徴 「所有」から「 利利 ⽤用 」 へ    「完成」から「 持 続 」 へ     http://www.sonicgarden.jp/
  62. 62. IT業界における産業⾰革命!   http://www.sonicgarden.jp/
  63. 63. Social Change - ソフトウェア開発者が経営者になるまでと、これからの戦略  夢を諦めない社会にする http://www.sonicgarden.jp/
  64. 64. SonicGardenのビジョン  顧客企業の真のパートナーとして価値を提供し続ける   プログラマを⼀一⽣生の仕事にする、⾼高みを⽬目指し続ける   いつまでも、いつからでも夢に挑戦できる社会にする   http://www.sonicgarden.jp/
  65. 65. SonicGardenのもう一つのモデル スタートアップ   プラットフォーム   モデル   http://www.sonicgarden.jp/
  66. 66. そもそも新しいビジネスは難しい   http://www.sonicgarden.jp/
  67. 67. 経験値はどこにいくのか?   http://www.sonicgarden.jp/
  68. 68. ⽇日本における起業のイメージ   http://www.sonicgarden.jp/
  69. 69. 起業リスクをマネジメントする   http://www.sonicgarden.jp/
  70. 70. ウェブで必要なコストは何か?   http://www.sonicgarden.jp/
  71. 71. ホールインワンを⽬目指すのか?   http://www.sonicgarden.jp/
  72. 72. スタートアップは  まだ産業ではない   http://www.sonicgarden.jp/
  73. 73. 経験と学びの時間が⾜足りない   http://www.sonicgarden.jp/
  74. 74. いつまでも、いつからでも  夢に挑戦できる社会にする   http://www.sonicgarden.jp/
  75. 75. SonicGardenのアーキテクチャ スタートアップ ソフトウェア プラットフォーム パートナーシップ スタートアップチーム   ⾃自社サービス   顧客向けサービス   クラウド  アーティストやスポー サービス  ツ選⼿手のように扱う   ファーム   財務・経理理・法務・ 広報もサポート   マネージャというよ りファシリテータ   マネジメントチーム   http://www.sonicgarden.jp/
  76. 76. Social Change - ソフトウェア開発者が経営者になるまでと、これからの戦略  プログラマを一生の仕事にするということ http://www.sonicgarden.jp/
  77. 77. SonicGardenのビジョン  顧客企業の真のパートナーとして価値を提供し続ける   プログラマを⼀一⽣生の仕事にする、⾼高みを⽬目指し続ける   いつまでも、いつからでも夢に挑戦できる社会にする   http://www.sonicgarden.jp/
  78. 78. プログラマとして⾼高みを⽬目指し続ける   http://www.sonicgarden.jp/
  79. 79. プログラマとは何か?   http://www.sonicgarden.jp/
  80. 80. ソフトウェアのエンジニアリングすべてに責任をもつ   http://www.sonicgarden.jp/
  81. 81. ソフトウェアのすべてを⾒見見る覚悟   http://www.sonicgarden.jp/
  82. 82. ソフトウェアの価値とは?   http://www.sonicgarden.jp/
  83. 83. http://www.sonicgarden.jp/
  84. 84. どんなことに時間を費やすのか?   http://www.sonicgarden.jp/
  85. 85. だから、あなたにも出来る   YOU can do it ! http://www.sonicgarden.jp/
  86. 86. Social Change - ソフトウェア開発者が経営者になるまでと、これからの戦略  さいごに http://www.sonicgarden.jp/
  87. 87. 「IT投資に対するソフトウェアの価値を最⼤大化すること」  「習慣を変えることのできるソフトウェアをつくること」   に取り組んでいるソフトウェア企業が  SonicGarden  です。   アジャイル Ruby クラウド 【事業内容】   1.  オリジナルのソフトウェアの提供   2.  ウェブアプリケーションの受託開発   くわしくは   http://www.sonicgarden.jp/
  88. 88. SonicGardenのビジョン  顧客企業の真のパートナーとして価値を提供し続ける   プログラマを⼀一⽣生の仕事にする、⾼高みを⽬目指し続ける   いつまでも、いつからでも夢に挑戦できる社会にする   http://www.sonicgarden.jp/
  89. 89. ビジョンのための仮説 ビジョンのための仮説  人口の減少 と 技術の進歩(インターネット)専門家の時代:職人的な働きかたと高い報酬小さな会社が、働く人にとっての幸せを感じやすいhttp://www.sonicgarden.jp/
  90. 90. プログラマをスターにしたい   属⼈人性の幻想    プログラマはマニュアル化のできないナレッジワーカー    ナレッジワーカーの働きかたはノマドでタイムフリー    マネジメントできないナレッジワーカーに⼤大企業は不不要    ⼈人を信頼する    出来る量量で嘘をつかないという「信頼」が重要    ソーシャルメディアによる「信頼」と「共感」の世界    個⼈人の顔が⾒見見える範囲の会社で⼗十分   http://www.sonicgarden.jp/
  91. 91. さいごに:ソニックガーデンのミッションとビジョン Embrace  Change   変化を受け⼊入れ変わっていくこと   Fearless  Change   変化を恐れず⾃自ら変えていくこと   Social  Change   ⾃自らの変化を周囲に広げていくこと   http://www.sonicgarden.jp/
  92. 92. ありがとうございました 続きはブログで…  http://kuranuki.sonicgarden.jp kuranuki@sonicgarden.jp http://www.sonicgarden.jp/

×