Your SlideShare is downloading. ×
PCD作成手順
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

PCD作成手順

109
views

Published on

PasQのPCD作成手順。岡山県立大学大学院情報系工学研究科の安良田晃一によるドキュメント。

PasQのPCD作成手順。岡山県立大学大学院情報系工学研究科の安良田晃一によるドキュメント。

Published in: Technology

0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
109
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. PCD作成 動作環境 ・JavaScript が使用できるウェブブラウザ ・Apache HTTP Server 2.0 以上 準備 ローカルホスト下にauthoringフォルダを 配置 http://localhost/authoring Authoring下のresourceフォルダ内に使 用するパノラマ画像を配置 Authoring下のimageフォルダ内に使用 する地図画像を配置
  • 2. 準備 Setpano.htmをワードパッドなどで開き、使用する地図画像の設定 271~274行目を変更 271行 表示する地図の緯度・経度 273行 使用する地図の緯度・経度 (使用する画像の左下・右上を設定) 274行 使用する地図画像の指定
  • 3. 空間構築準備 ブラウザから http://localhost/authoring/setpano.htm を表示。
  • 4. 方位の設定 方位情報設定を選択。 方位情報の初期値にパノラマ画像の 北の向きにあたるピクセルを入力。 右下図は北の向きが1180ピクセル だったため初期値に1180を入力。 0 15001180
  • 5. パノラマID・位置情報付与 パノラマ配置および一括配置を選択し パノラマ画像を配置していく。 配置することで、個々のパノラマ画像 にパノラマIDと位置情報(緯度・経度) を付与していく。 パノラマIDは配置した順に、 pano0,pano1,pano2….と設定されてい く。
  • 6. 初期方位設定 スタートパノ設定を選択。 PasQ起動時に表示したいパノラマ画 像のマーカーを選択。 選択したマーカーは紫色に変わります。 初期方位にはPasQ起動時に表示を行 う向きを入力。 入力範囲は0°~360°まで。 *先ほど設定した方位の初期値が 0°となります。 0°180°
  • 7. 保存 保存を選択。 保存ファイル名を「pcd_opu」にして保 存。 *後に使うプログラムでは現状、 「pcd_opu.xml」しか適用されないため。 保存したファイルは authoring/resource に作成されます。
  • 8. 切替範囲の付与 先ほど作成したファイルをPCDmakeに 移動。 コマンドプロンプトを開く。 カレントディレクトリをPCDmakeに変更 し、「java convertPCD」を入力。 「Complete.」が表示されれば成功。 これにより切替範囲が付与される。
  • 9. PCDmakeフォルダ内に 「cnv_pcd_opu.xml」が作成されるので、 これをauthoring/resource内に移動さ せる。
  • 10. 切替範囲の確認 ブラウザから http://localhost/authoring/setpano.htm を表示。 読込を選択。 「cnv_pcd_opu.xml」を開く。
  • 11. 近傍情報確認 近傍パノラマ表示にチェックを入れる。 マーカーを選択し、 切替先パノラマID及び切替範囲の チェックを行う。 選択したマーカーは赤色で表示され ます。 右図では切替先が一つしか設定され ていないため、表示をうまく行うことが できない。(ソース8行目) *切替先は最低2つ以上必要である ため。
  • 12. 切替先が1つの場合 ソース内の<chpanos>に切替先を追加。 切替先が一つしか必要ない場合は、 ダミーの切替先として <chpano panoid=""></chpano> を入力。(ソース9行目) これにより、右図ように切替先のパノ ラマと切替範囲が表示される。 切替先のマーカーは紫色で表示され ます。
  • 13. 確認 右図では選択したマーカーの切替先 のパノラマIDが正しく設定されていな いため、近傍パノラマ表示がおかしな ことになっている。 Pano4の切替先がpano4とpano2に なっている。
  • 14. 切替先が不自然な場合 ソースの切替先のパノラマIDの変更を 行う。 今回は切替先のパノラマIDをpano5と pano3に変更。 右図が変更後の近傍パノラマ表示と なる。
  • 15. 切替範囲の変更 <range>の「end」と「start」の値を変更 することで切替範囲の設定を行うこと ができる。 「end」を75 「start」を0とすると 0°~75°の範囲を向いている時 に切替を行う。 右図に切替範囲を示す。
  • 16. 保存 保存を選択。 保存ファイル名を「pcd」にして保存。 保存したファイルは authoring/resourceフォルダ内に作成 されます。
  • 17. PasQ準備 先ほど作成された「pcd.xml」及び「パ ノラマ画像」をPasQフォルダ内の 「resource」内に移動。