次期Projectのご紹介
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

次期Projectのご紹介

on

  • 635 views

 

Statistics

Views

Total Views
635
Views on SlideShare
635
Embed Views
0

Actions

Likes
0
Downloads
1
Comments
0

0 Embeds 0

No embeds

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

次期Projectのご紹介 次期Projectのご紹介 Presentation Transcript

  • ROOM E~真に柔軟なプロジェクト管理 の実現~次期 Project のご紹介 日本マイクロソフト株式会社 Office ビジネス本部 シニアプロダクトマネージャー 冨士野 光則
  • 本日の内容• これまでの歴史と背景• 次期 Project の特徴• デモンストレーション 免責 当セッションは、製品リリース前のカスタマープレビューの情報に基いており、 内容については予告なく変更される可能性がございます。
  • 進化する Project の歴史デスクトップのスケジューリングからポートフォリオマネジメントまで 20101987計画作成レポートタスク管理メール機能リソース管理
  • システム利用形態のトレンド 1301 billion million 2014年までにスマートフォン利用者30% は10億人まで増加すると予想されて いる
  • システム利用形態のトレンド 1301 billion million 2014年までにモバイル型クラウドア30% プリケーションの利用企業は1億3千 万社まで増加すると予想されている
  • システム利用形態のトレンド 1301 billion million 2014年までにはソフトウェア購30% 買総額の30%がクラウドアプリ ケーションになると予想されてる
  • 変化するプロジェクト管理のニーズオフィス内外のどこからでもチームメンバーとコミュニ インフラへの先行投資を抑えケーションをとれるようにし てプロジェクトマネージメンたい ト出来る柔軟性が必要事業の優先順位に則った投資 チームメンバの活動をよりが出来て初めて競争に生き残 可視化し、統制をとれるようることができる にしたい
  • 新しい Project の特徴Project プロジェクト ポートフォリオ管理 (PPM) にも日常的な業務にも対応する、 オンライン及びオンプレミス型ソリューション
  • より使いやすく 様々なデバイスを通じて、どこからでも業務遂行が可能 • すぐに始められる • どこからでもアクセスが可能 Windows Phoneなどの様々なデ バイスからアクセス 選択したタスクとの依存関係を強調表示マネジメントを開始するまでのステップをアイコンで簡単に表現
  • SharePoint との統合 新しい共同作業機能を活用することで、日々の作業が 迅速化されコスト削減に寄与 • コミュニケーションの促進 • 情報共有 • データを元にした意思決定Lync との連携 - プロジェクトファイルからLync を通じてリアルタイムな会話、インス エクセルと親和性の高いレポーティングツールタントメッセージの活用 を活用し、迅速且つ簡単に進捗状況を把握 Project siteで、遅延しているものを 含め全ての作業を簡単に確認
  • クラウド対応 ハイブリッド オンプレミス オンライン~ 真に柔軟なプロジェクト管理の実現 ~
  • Online, Scalable, FlexibleDEMOクラウド & ソリューションビジネス統括本部ソリューションスペシャリスト加藤 直樹
  • Project 導入のメリット スタート画面の変更  マイサイトでタスク管理  最適なポートフォリオ  初期投資の抑制 タイルでステップを表現  プレゼンスの統合  需要の管理  即座にシステム適用 どこからでもアクセス可能  リアルタイムな会話  タイムマネジメント  メンテナンスの簡易化 タスク依存関係の視覚化  強化されたレポーティング  管理機能の向上  強固なセキュリティ
  • リソースProject カスタマープレビュー http:// aka.ms/jp-projectOffice カスタマープレビュ http://office.com/preview次期 Office ブログ http://blogs.technet.com/b/Microsoft.office/Project 製品サイト http://www.microsoft.com/japan/project/default.aspx
  • 次期 Office 製品群 展示ブース 展示会場 Office / Office 365 のタッチ&トライコーナー 入口入口から左手奥
  • アンケートにご協力ください。
  • © 2012 Microsoft Corporation. All rights reserved. Microsoft, Windows, and other product names are or may be registered trademarks and/or trademarks in the U.S. and/or other countries.The information herein is for informational purposes only and represents the current view of Microsoft Corporation as of the date of this presentation. Because Microsoft must respond to changing market conditions, it should not be interpreted to be a commitment on thepart of Microsoft, and Microsoft cannot guarantee the accuracy of any information provided after the date of this presentation. MICROSOFT MAKES NO WARRANTIES, EXPRESS, IMPLIED OR STATUTORY, AS TO THE INFORMATION IN THIS PRESENTATION.