次期SharePointのご紹介
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

次期SharePointのご紹介

on

  • 974 views

 

Statistics

Views

Total Views
974
Views on SlideShare
974
Embed Views
0

Actions

Likes
0
Downloads
10
Comments
0

0 Embeds 0

No embeds

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    次期SharePointのご紹介 次期SharePointのご紹介 Presentation Transcript

    • ROOM C~人とビジネスをつなぐ統合基盤~次期 SharePointのご紹介日本マイクロソフト株式会社Office ビジネス本部エグゼクティブプロダクトマネージャー米野 宏明
    • 本日の内容• トレンドと背景• 次期 SharePoint 進化のポイント• デモンストレーション 免責 当セッションは、製品リリース前のカスタマープレビューの情報に基いており、 内容については予告なく変更される可能性がございます。
    • ワークスタイルのトレンド10億 50% 82% 全世界のインターネット利用2016年までに利用されるス の大企業ユーザーがマートフォンの数 クラウドへ移行中 者のうち、ソーシャルネット 39%そのうち3.5億台が ワークを利用する人の割合ビジネス利用 の中小企業ユーザーが3年 以内にクラウドを利用
    • プロダクティビティ ビジョン ハイブリッド オンプレミス オンラインあらゆるデバイスで快適に利用 用途に合わせたクラウド活用 エンタープライズ レポーティングメッセージング 音声とビデオ コンテンツ管理 ソーシャル と分析 統合された最高のソリューションをご提供
    • 新しい時代の Office様々なフォーム パーソナライズ SNS との統合 情報漏えい対策、ファクターへ対応 データ保持、eDiscovery 新しいクラウド エンタープライズタッチ、ペン、 アプリケーションモデル ソーシャル 新しい 展開モデルマウス、キーボード サブスクリプション 多拠点間 アプリケーション情報閲覧、デジタル オンライン HD 会議 互換性ノート
    • SharePoint 進化の歴史デスクトップを 人と人、人と情報を 全世界での販売が情報コクピットに つなぐ 10億ドルを突破効率的な情報共有 効果的な共同作業 ポータル  パーソナライズ 検索  人の検索 文書管理  個人用サイト 統合ビジネス プラットフォーム コラボレーション 基幹ビジネス基盤 プラットフォーム  ソーシャルへの対応 仮想ワークスペース クロス デバイス 人、情報、プロセス  をつなぐ  Office Web App  アプリ基盤 WCM  カスタマイズ シームレスな情報連携  高度な検索  クラウド  BI/LOB 連携機能   ワークフロー拡張  タグ 2001 2003 2007 2010 2013
    • 統合ビジネス プラットフォーム シーンや目的に応じて クラウドやオンプレミス上の 適切なインターフェースから コンテンツやアプリケーションを いつでもどこからでもアクセス 組み合わせて構成共有する 整理する 見つける 組立てる 管理する Out-of-Box の高度な機能を提供
    • SharePoint の新たな進化迅速な作業を支援 エンタープライズ ソーシャルの追加 クラウド / オンプレミス / ハイブリッドアイデアの共有とつながりの発掘 コンプライアンス対応のコンテンツ管理 データベース接続 / 遅延アップグレードモバイル デバイスの広範なサポート 対話型のビジネス インテリジェンス クラウド対応の共通開発フレームワークOffice 連携 エンタープライズ検索の統合 標準対応の Web コンテンツ管理
    • アイデアの迅速な作業 共有と を支援 つながりの 発掘モバイルデバイスの Office 製品群 広範な との連携サポート
    • 迅速な作業を支援 少ない操作で確実に必要な情報を手に入れる、直感的な UI自分に関連する 画面を遷移させずに あらゆる場所ですべての情報を集中管理 必要な情報を格納、発掘、操作 必要な情報を作成、更新、共有ニュース フィードで人のアクティビティやド ポップアップ ウィンドウ内で Word、Excel、 SkyDrive Pro の安全なクラウド ストレージで、常キュメント更新など最新情報を自動入手 PowerPoint をプレビューし操作 に最新のドキュメントを同期、共有チームや個人、Outlook のタスクを一括表示 ブラウザー上に直接ファイルをドロップ SkyDrive Pro クライアントでのオフライン利用
    • アイデアの共有とつながりの発掘 人や情報のつながりを経由した、新しく有用な知識の伝播オンライン コミュニティを 常に最新の情報が届けられる 必要な人と簡単に作成、活性化 ニュース フィード 直接コミュニケーションCommunity Site テンプレートにより、テーマに 人やサイト、ドキュメントを「フォロー」し情 コンテンツの作成者や更新者、人の検索をキー基づくコミュニティをすばやく簡単に作成 報の更新を常に把握 として必要な人をすばやく発見貢献度合いや役割に応じた投稿者の評価 人のつながりを通じた知識ネットワーク構築 Lync 連携によるプレゼンス表示と直接対話
    • モバイルデバイスと Office 連携 さまざまなデバイス/インターフェースを通じ、いつでも、どこからでも必要な情報にアクセスデバイスに最適な チームサイトのコンテンツを Office ファイルを直接デザインとコンテンツを提供 Outlook から利用 クラウドに保存し同期、共有HTML5/AJAX によるリッチなインターフェース サイト メールボックスで、チームのコミュニ Office の各種設定とドキュメントをクラウドに保 ケーションを集約して管理 存し、異なるデバイスから利用Windows 8、Windows Phone、iOS 用のネイティブなモバイル アプリケーションを提供予定 ライブラリのドキュメントを同期して利用 保存されたドキュメントを任意の相手と共有
    • 新しいユーザーインターフェースDEMO
    • エンタープライズ エンタープライズ ビジネス ソーシャル コンテンツ管理 インテリジェンス Social ECM BI エンタープライズ Web コンテンツ 検索 管理 Search WCM
    • エンタープライズ ソーシャル 組織を横断したコミュニケーションの活性化とイノベーションの促進 参加を促す フォロー直感的なインター 評価機能フェースにより気軽に情報発信しコミュニケーション いいね! 人や情報のつなが りを通じて、通常 では知りえない情 共有された ドキュメント 報を入手
    • エンタープライズ コンテンツ管理 コンテンツおよびプロセスの統制とコンプライアンス対応 仕事仲間や Outlook で Office プラット 専門家と ドキュメントを フォーム横断で 共同作業 オフライン利用 の統合クエリー プロパティに基 ブラウザー上で づくコンテンツ Office ファイル ルーティング ディスカッショ を簡易編集 ンやフィードも 保持インラインで Lync を含むWord や Excel、 Office アプリか 多様なコンPowerPoint の内容 ら直接タグ付け テンツ種別をプレビュー 直感的なインターフェースですばやく確実に操作 情報の適切な分類、整理と eDiscovery
    • ビジネス インテリジェンス 専門スキルの組織全体への展開による意思決定支援 Inquire / Apps for Office Compare でクラウドの ツール パワーを活用 Audit and Control PowerView で Management 動的なリアル Server 2013 タイム分析 ブラウザー上 でも同様のイ ンタラクティ ブ操作が可能Excel の標準機能でリッチなダッシュボードを作成 Excel や Access の差分比較とリスク分析
    • エンタープライズ検索 文書から人の知識まで意思決定に必要な情報の発掘過去の検索結果に基づ クエリーを理解く推奨 し適切なコンテ ンツ種別を返す よりスムーズに 検索結果を得る コンテキストに即 ためのクエリー したプレビューと ルールの設定 アクション FAST を完全統合した高度な検索エクスペリエンス クエリー ルールのカスタマイズ
    • Web コンテンツ管理 管理性とデザイン性を備えた高度な Web サイトの開発 ECM と発行機能の 活用により高度な 検索クエリーによ コンテンツ管理を るユーザーに最適 自動化 なページコンテン ツの自動生成 デバイスごと に最適なイン ターフェース を提供 DreamWeaver など一般的な編 集ツールを利用 可能Web 標準技術ベースのリッチなエクスペリエンス 適切なユーザーに適切なコンテンツを提供
    • クラウド データベースオンプレミス 接続/遅延ハイブリッド アップグレード クラウド対応の 共通開発 フレームワーク
    • クラウド/オンプレミス/ハイブリッド 当初からクラウドに最適化するように設計された SharePoint による、高い展開の自由度と機能性 Market Place SkyDrive Pro展開の選択肢を提供 ハイブリッド構成をサポートSharePoint Server、SharePoint Online、Virtualization、SharePoint on Azure … ドメインや展開を横断した統合検索、BCS、Duet Enterprise Olnine …あらゆる展開でほぼ同等の機能を提供 SkyDrive Pro によるクラウドストレージ
    • クラウド対応の共通開発フレームワーク クラウド時代に最適な、容易な展開と高い柔軟性を実現するアプリケーション プラットフォーム IaaS Web Service Market Place REST REST Sandbox HTML5 AJAXApps for SharePoint SharePoint アプリケーション カタログREST など標準対応のクラウド サービスが SharePoint や Office 上で動作、イ 自社内に展開する Apps for SharePoint や Apps for Office をホスト、ユーザーンターフェースとロジックの分離によりあらゆる展開で利用可能 が任意にダウンロード可能なプライベート マーケットプレイスマイクロソフトのマーケット プレイスからアプリを購入可能
    • 管理と運用のコスト削減 柔軟なアップグレード オプションとリソースの節約、管理タスクの自動化スムーズで確実なアップグレード 高い管理性とパフォーマンスデータベース接続アップグレードによる、サービス アプリケーションを含 PowerShell による管理タスクの自動化むコンテンツ データベースのスムーズな移行 Windows Server App Fabric ベースの分散キャッシュや、ダウンロード最小サイト コレクション所有者による遅延アップグレードのサポート 化によるパフォーマンス向上
    • SharePoint 導入がもたらす効果の一例 プロジェクトを整理する: 個人のタスクやチームのプロジェクトにおけアイデアを共有する: アクティビティ フィードを使って、人やサイト、 るすべてをまとめることができます。左から右へ流れるビューにインドキュメントをフォローすることで、現在関わっているプロジェクト ジケーターとともに表示されるタスクにより、効果的に優先順位を決やドキュメントに関する最新情報とフィードバックをすばやく得るこ 定できます。プロジェクト タスクを集約し可視化することで、リソーとができます。 ス ギャップや改善エリアの判別が可能になります。 エキスパートを発見する: 会社全体からエキスパートの知識にアクセスドキュメントを共有する: ドキュメント ライブラリを離れることなく必 し、質問を投げかけ回答を得ることができます。評価や評判によって要な人とコンテンツを共有し、Office Web Apps を使ってブラウザー上 エキスパートを簡単に見つけ出し、組織全体で知識やベスト プラクでドキュメントを共同編集することができます。 ティスを共有できるよう、コミュニティやフォーラムの運営を支える 新しいツールが提供されています。 答えを発見する: 組織全体の人々と、答えを見つけ、新しいアイデアをどこからでも共有する: 離れた場所にいたり、会議室を移動している途 テストできます。対話型の Excel レポートやダッシュボード、すばやく中でも、ドキュメント共有やアクティビティ フィードのチェックなど 簡単に作成、共有できます。常に更新される最新のデータに基づくの共通タスクを、スマートフォンやタブレットからすばやく行えます。 SharePoint でのレポート発行により、レポートの共有や分析、フィー ドバックと情報に基づく意思決定が簡単になります。.コンテンツを整理する: 日常アクセスしているドキュメントの更新は、 つながりを発見する: 組織横断で新しいコンテンツを発見し、人々を識SkyDrive Pro により提供されるデスクトップ フォルダーで常に 別できます。専門分野や作成されたドキュメント、コミュニティ ディSharePoint と同期されているため、重要なコンテンツを簡単に管理で スカッションなど人の行動に基づく専門性の検索、フォローすべき人きます。 やドキュメントの推奨などが可能です。チームを整理する: チームを編成しリアルタイムに活動するためにサイ アプリケーションを発見する: 追加のアプリケーションやサービス拡張トを作成、カスタマイズできます。またサイト メールボックスにより、 が必要になったら、新しい SharePoint や Office のストアからリッチなチームがすべてのドキュメントと電子メールを Outlook または サードパーティ製アプリケーションを見つけ、ダウンロードできます。SharePoint で利用できるようになります。 必要な時にストアでクリックするだけです
    • エンタープライズ ソーシャル基盤 チャット イノベーション
    • クラウド アプリケーション基盤 クラウドサービス REST オンプレミス データ / プロセス
    • 次期 Office 製品群 関連セッション Room B Room C Room E PT-011 PT-016 PT-02113:00-13:50 ~ 次期 Office はここが違う ~ ~「人」が起点のユニファイド コミュニ ~ 革新的デザイン力の向上 ~ 新しい Office のコンセプトと新機能解説 ケーション基盤 ~ 次期 Lync のご紹介 次期 Visio のご紹介 PT-012 PT-017 PT-02214:00-14:50 管理者のための次期 Office 365 ~ 人とビジネスをつなぐ統合基盤 ~ ~ 真に柔軟なプロジェクト管理の実現 ~ Enterprise 入門 次期 SharePoint のご紹介 次期 Project のご紹介 PT-013 PT-018 PT-023 ~ 企業内コミュニケーションの要、電話を統合 ~15:10-16:00 ~ どこからでもよりスマートに ~ Lync で実現するエンタープライズ ボイス Office 365 for Education 概要 次期 Exchange のご紹介 のご紹介 と最新事例の紹介 PT-014 PT-019 PT-02416:10-17:00 ~ 管理者のための次期 Office ~ マイクロソフトの実践事例にみる、 加速するクラウド サ-ビス : クラウドになった Office の展開と管理 次世代企業内ソーシャルの展開手法 Office 365 の中小組織へのインパクト PT-015 PT-020 PT-02517:10-18:00 ~ 次期 Office はここが違う ~ 次期 Office 製品群でさらに強化された 次期 Office 製品群の 新しい Office のコンセプトと新機能解説 競合製品との差別化ポイント 新しい開発モデルの解説
    • 次期 Office 製品群 展示ブース 展示会場 Office / Office 365 のタッチ&トライコーナー 入口入口から左手奥
    • 関連情報• SharePoint 製品情報サイト sharepoint.microsoft.com/ja-jp/pages/2013.aspx• Office カスタマープレビュー HOME office.com/preview• 製品紹介資料ダウンロード aka.ms/mod
    • アンケートにご協力ください。
    • © 2012 Microsoft Corporation. All rights reserved. Microsoft, Windows, and other product names are or may be registered trademarks and/or trademarks in the U.S. and/or other countries.The information herein is for informational purposes only and represents the current view of Microsoft Corporation as of the date of this presentation. Because Microsoft must respond to changing market conditions, it should not be interpreted to be a commitment on thepart of Microsoft, and Microsoft cannot guarantee the accuracy of any information provided after the date of this presentation. MICROSOFT MAKES NO WARRANTIES, EXPRESS, IMPLIED OR STATUTORY, AS TO THE INFORMATION IN THIS PRESENTATION.